秋のバス釣りは早巻き

      2019/08/29

秋のバス釣りは早巻き
Photo by outdoorlife.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Burn, Baby, Burn: Reel Fast for Fall Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:outdoorlife.com ”Burn, Baby, Burn: Reel Fast for Fall Bass”By David A. Brown 2015年11月12日

早いものでもう間もなく9月に入ろうとしておりますが、皆様バス釣りの方はいかがでしょうか。そろそろ秋の釣りを意識されていますでしょうか。

なんとなく9月と聞くと秋という感じがしてくるのですが、実際はまだまだ暑いんですよね。9月という秋っぽい数字と暑さの実感にギャップがあるので、釣りにも迷いや混乱があったりします。

水の中の生き物はそのあたり敏感なもので、夏の最高水温から徐々にでもわずかでも下がってくるだけで動きやすくなるのか、岸際から沖の方までバスが散っているように感じます。

色んなエサをバスが追うようになるので、彼らもどう生きようか迷っているのかと思いきや、おそらくバスたちに迷いはなく、それぞれが生きやすい生き方をしているだけなのでしょう。

バスたちの食の好みが多種多様になる秋ですから、私たち釣り人がそれに合わせなければなりませんね。

そのためには、どんな釣り方があって、どんなルアーを使うと効果的なのかを知っておきたいところです。

この記事は、アメリカのアウトドア専門メディア「OUTDOOR LIFE.com」の記事で、ここでは色々な釣りの中から「早巻きでの釣り」について解説してくれています。

早巻きというのは、投げて早く巻くだけの釣りですが、なぜこの時期、早巻きなのでしょうか。

その理由と早巻きに適したルアーを見ていきましょう。

今はまさに荒食いの時期

引用文(タップすると開きます)

As shad and other forage fish migrate to the creeks and coves, bass follow in full-on predator mood.

“The bass are all about eating and getting ready for winter,” says Bassmaster Elite Series pro Jason Christie. “Their strike zone is wide, and you can cover a lot of water by burning baits.”

“I think with the water changing from warm to cool, the bass’ metabolism is up and they’re ready to chase baitfish,” adds California pro Chris Zaldain. “They’re also grouped up and competing with each other at this time.”

シャッドや他のベイトフィッシュがクリークアームやワンド内に移動していくこの時期、バスも完全にプレデターとなりそれに続きます。

「バスは、冬のために食いだめをすることがすべてです」と、バスマスターエリートプロのジェイソン・クリスティは言います。 「今、彼らのストライクゾーンは広くなっており、ルアーを早巻きすることで広い範囲をカバーすることができるのです。」

「夏の温かい水が冷えてくると、バスのやる気が上がり、ベイトフィッシュを追うようになるのだと思います。」カリフォルニアのプロ、クリス・ザルデインはさらに付け加えます。 「この時期は彼らは群れを成して動くようになり、互いに競争が発生するのです。」



バスは動いている

引用文(タップすると開きます)

As Christie notes, in fall, bass leave the deeper structure and vegetation they hugged throughout summer and lurk in the open water of creek arms, where they're looking up for their next meal. “This gives you a lot of opportunity to burn a bait by them,” he says.

クリスティが言うように、秋になると、バスは夏の間にずっと過ごしていたディープの地形変化やウィードエリアを離れ、次の食事のためにクリークアームのオープンウォーターへ探しに行きます。

「つまり、ルアーを早巻きすることでチャンスが増えるわけです。」と彼は言います。



騒がしいものがエサだと思いやすい

引用文(タップすると開きます)

Fall usually brings clearer water, so bass get a good gander at plodding presentations. Baits that zip across their radar typically trip a bass' predatory instincts.

“What you’re doing is triggering them to react,” says bass pro Shaw Grigsby. “They think it’s something trying to get away from them.”

“A lot of times when bait is abundant, bass are just gorging themselves making it hard to get them to respond to artificials,” says Texas guide Stephen Johnston. “Burning a lure through cover will make those baitfish jump and scatter. When those shad react, the bass will react. You can actually put them into a feeding frenzy if you've got the correct lure.”

秋は通常、クリアウォーターになりやすいため、バスは遅いプレゼンテーションでは見切ってしまいます。 バスの守備範囲内を高速で横切るルアーは、バスの略奪本能を刺激します。

「私たちがしたいのは、バスに反応させることです」と、バスプロのショー・グリズビーは言います。 「バスは高速で横切るルアーを逃げようとしている何かだと思うのです。」

「多くの場合、この時期はエサが豊富であり、バスが満腹になっていることも多いため、人工的なルアーに反応させるのが難しくなっています」とテキサスのガイド、スティーブン・ジョンストンは言います。 「カバーを高速でルアーを通していくと、ベイトフィッシュがジャンプして飛び散ります。 ベイトフィッシュがそういう反応をすると、バスも反応します。 正しいルアーを使うことで、バスをフィーディングモードにさせることができます。」



早巻き用ルアー:スピナーベイト

引用文(タップすると開きます)

Christie likes a ½- to ¾-ounce Booyah Spinnerbait with double willow leaf blades and a white or chartreuse skirt. (White or chartreuse blades are good for smallmouths.) Bending the wire into a compact, aquadynamic form helps keep the bait about 3 inches below the surface, while the heavier models prevent the surface rising blowouts common to smaller spinnerbaits.

クリスティは、ダブルウィローにホワイトかチャートのスカートの1/2~3/4ozのブーヤー・スピナーベイトが好きです。 (白やチャートのブレードは、スモールマウスに適しています。)ワイヤーを水の抵抗が少なくなるようにコンパクトに曲げることで、ルアーが水面直下数センチをキープしやすくなり、小さなスピナーベイトにありがちな浮き上がりやすさを重いモデルで防ぐことができます。



早巻き用ルアー:バイブレーション

引用文(タップすると開きます)

Zaldain throws a Megabass Vibration-X Ultra in Sexy French Pearl. The bait's nose-down shimmy and noisy rattles stimulate bass, but Zaldain works in the occasional pause.

ザルデインはメガバスバイブレーション-Xウルトラのセクシーフレンチパールカラーを投げます。 頭下がりでのシミーアクションにノイズの多いラトルでバスを刺激するのですが、ザルデインは時々ポーズを入れます。



早巻き用ルアー:ヘアージグ

引用文(タップすると開きます)

Johnston burns a Talon deer-hair jig, which needs no trailer—thanks to the length difference of its two-layered skirt. A ½- to ⁵⁄₈-ounce jig works best in depths of 1 to 15 feet. In deeper spots, a ¾-ounce jig affords a vertical burning look for fish holding lower in the water column. A cadence of burn, burn, burn, pause makes the hair skirt compress and flare with lifelike pulsation.

ジョンストンは、2段階の長さのスカートのおかげでトレーラーを必要としない、タロン・ディールヘアージグを早巻きで使います。 1/2~5/8ozのジグは、水深30センチ〜4.5メートルのレンジで最適に機能します。 より深い場所では、3/4オンスのジグを使い、低い位置の中層にいる魚に対しバーチカルに早巻きするようにします。 早巻き・早巻き・早巻き・ポーズのリズムは、ヘアーのスカートを生きているかのようにすぼめたり広がったりします。

早巻き用ルアー:スクエアビルクランク

引用文(タップすると開きます)

A good bet for winding over anything you might bump, these shallow running baits will deflect off wood, rocks, or even grass, so you don't lose the fast-paced momentum. Favoring a Strike King KVD 1.5, Grigsby targets weed lines and flat rocky points. With the latter, he'll cast shallow and burn the bait off the edge.

何かにぶつけていくような使い方をするならこれは良い判断で、このシャロークランクは、木、岩、またウィードさえも逸らすので、速いペースの勢いを失うことがありません。 ストライクキングKVD 1.5を好むグリズビーは、ウィードラインや尖った形をしていない岩場の岬をターゲットにしています。 後者の場合、彼はシャロー側へ投げ、ルアーをエッジから離すように高速巻きします。

秋のバス釣りは早巻き
Photo by outdoorlife.com

いかがでしょうか。私はこれを読んでいたら、高速巻きでルアーを使いたくなってしまいました。

なぜなら、私が秋のバスを釣る時、荒食いしているというイメージとは裏腹に、巻きモノではバイトが少なく、ついついスローリトリーブで使い続けてしまうのです。

なんとなく、弱気になればなるほど、スローリトリーブになってしまう感じです。

そしてスローリトリーブにしたからと言って、目に見えて釣果が上がったという体験はほとんどなかったと思います。

ただ単に、私がベイトがいない、またはバスがいないところで釣っていたから釣れなかっただけなのかもしれませんが、いずれにしても高速巻きで使い続けたことなどなかったと思うのです。

これは、思い切って高速巻きで釣る秋にするチャンスのような気がします(笑)

もし、私のようにスローリトリーブで釣れないと思う方がいらっしゃるようであれば、試してみる価値はありそうではないでしょうか。

ちなみに、記事内に出てきた、あまり日本ではなじみのないヘアージグですが、当店に少し在庫がございます。

ピカソ スペシャルFX ヘアージグ 1/4oz-野尻湖釣具店
スレ切ったバスに対抗するアメリカバスフィッシングシーンの答え・ヘアージグ。 Picasso FX Hair Jigは、天然のバックテール(鹿の尻尾)と高品質な長めのフェザーのみを使用してアメリカ国内で手作業で巻かれており、合成繊維では出せない完璧なアクションをもたらします。 ヘッドは完璧にバランスがとれており、ジグを水中に滑り込ませると、ナチュラルでリアルなプレゼンテーションで、スレ切った魚を引き付けることができます。 あなたの釣りのニーズに合わせて様々な長さとサイズで利用できますが、この4インチモデルはシャローに魚がいるときや冷水期のパターンに最適なサイズです。 フックにはブラックニッケル マスタッド・ウルトラポイント3Xストロングフックを装備しており、合わせの時に容易に開かず、確実な貫通力が得られます。 ※すべて天然素材を使用しているため、長さや色が多少異なる場合があります。 アメリカ製。 ウエイト:1/4oz フック:#4/0マスタッドフック 1個入り
秋のバス釣りは早巻き

ピカソのヘアージグです。記事内ではディールヘア(鹿毛)と書かれていましたが、こちらは水鳥の羽根を使ったヘアージグです。若干使用感が違うかもしれませんが、トレーラーいらずでストレートリトリーブでスイミングさせて使うものです。ウェイトは1/4ozです。

あまり使われていないだけに、試してみる価値はあるかと思います。

スプロ ファットフライ ヘアージグ 1/8oz SPRO PHAT FLIES-野尻湖釣具店
スレたバスを釣るだけじゃなく、ビッグバスを視野に入れたヘアージグ、ファットフライ。 SPRO Phat Fliesは、フロート・アンド・フライフィッシング(ウキでのルアー釣り)を新しいレベルに引き上げるために設計されました。 最もタフな条件下でバスを釣るように設計されただけでなく、ビル・シーメンテルはこのジグをカリフォルニアのビッグトロフィーバスに合わせて設計しました。 北アメリカのフィールドにおける最も一般的なベイトフィッシュに合わせたカラーリング。 ウキの下に垂らすと水平を保つよう完全にバランス調整されています。 世界最先端のがまかつフックを使用しており、SPRO Phat Fliesは市場で最高のヘアジグと言えるでしょう! ウエイト:1/8oz フック:がまかつラウンドベンド直角ジグヘッド#1 シンキング 2個入り
秋のバス釣りは早巻き

こちらは1/8ozというかなりフィネスなヘアージグです。

スピニングタックルでフィネスに誘う時、またはスモールマウスにはこちらかもしれません。

ストレートリトリーブで非常に繊細なアクションをしますのでおすすめです。

秋はとにかく、手を変え品を変え、攻め方を変え、エリアを変えていくスタイルがいい結果になりやすいようですので、この高速リトリーブも自分のひとつの武器になるように、修行していきたいと思います。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を

 - 攻略法,  秋

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status