野尻湖釣具店ブログ

夏のバスを釣る方法:リザーバー&ナチュラルレイク

      2019/07/06

夏のバスを釣る方法:リザーバー&ナチュラルレイク
Imaged by FIX.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”How to Catch Bass All Summer Long”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:fix.com ”How to Catch Bass All Summer Long”WRITTEN BY MIKE CORK PUBLISHED ON July 21, 2015

夏のバス釣りには色々な魅力があります。

バス釣りに限ったことではないのですが、夏は植物を含め、いろいろな生き物が活発になる時期で、冬に比べ、釣りをしているとはるかに色々な動植物を目にします。

バス自体も、夏の方が活発です。

冷血動物のバスは、水温が上がると強制的に新陳代謝が上がり、食べなければ痩せてしまいます。本能に「食べろ」と命令されている状態のため、活発にエサを探しているんですね。

あまりにも水温が上がってしまうと、バスも緊急事態のスイッチが入り、消費カロリーを抑える方を優先するため、一か所でじっとしていることが増えるようですね。

バス釣りが上手な方にとっては、この状態が、バスの居場所を予想するのに役立つというわけです。

夏は激しい気温や水温の変動が少ないため、バスの居場所も安定し、同じエリアで過ごすことが多いようです。

でも、どんなところにバスが居るのかが分からなければなりません。

この記事は、アメリカのアウトドア系ライフスタイルを提案するサイト「FIX.COM」の記事で、夏のバスをリザーバーとナチュラルレイクに分け、それぞれを釣る方法が共有されています。

夏は色々な生き物が活発になるとは言いますが、人間には最も厳しい季節のひとつです。

夏に効率よく釣りをするため、覚えておきたいところですよね。さっそく読んでいきましょう。

夏バスはどこを探せばいいのか

引用文(タップすると開きます)

To locate summer bass, you need to determine a lake’s composition. Separate lakes into two basic categories – reservoirs or natural lakes – to establish the places largemouth bass call home during the warm water months. Man-made reservoirs present different options than natural lakes. However, a bass requires certain core items to survive: shelter, food, and oxygen. Regardless of the lake composition, bass will seek these items. Understanding the lake composition from the start helps anglers determine where to locate bass.

夏のバスを探すためには、まずどんな湖で釣るかを決める必要があります。 湖をリザーバーとナチュラルレイクという2つの基本的なカテゴリーに分けて、夏の間にラージマウスが居着く場所を確立します。 人工的なリザーバーと天然の湖とでは違った選択肢となります。 しかし、バスが生き残るためには特定の条件を必要とします:避難所と食物と酸素です。 湖の種類に関係なく、バスはこれらの条件を探します。 まず最初に湖の種類を理解することで、釣り人がバスの居場所を探すのに役立ちます。

リザーバーのバス

引用文(タップすると開きます)

In most reservoirs, bass reside on ledges and drop-offs adjacent to shallow-water feeding grounds. They travel along these areas in search of food. On the deep side of the ledge or drop-off, bass experience comfortable temperatures and better oxygen levels. The depth provides shelter while the shallow side provides food sources such as bait fish, bluegill, and crawfish. To determine where to start your search, look for ledges and drop-offs with a significant edge. The faster the drop from shallow feeding grounds to deep water, the more comfortable a bass feels in its environment. During low light conditions (typically early and late in the day), anglers should target bass on the shallow side of ledges and drop-offs. However, with significant cloud cover, bass may stay on the shallow side for most of the day. When cloud cover prevents bright sunlight, many anglers fail to capitalize on shallow-feeding bass during the mid-day hours, so savvy anglers may have these bass all to themselves. In bright, sunny conditions, lures presented to the deep-water side of the ledge or drop-off will be more productive.

ほとんどのリザーバーでは、バスはシャローのフィーディングスポットに隣接するブレイクラインや棚にいます。彼らは食料を求めてこういったエリアに沿って移動します。棚やブレイクラインの深い側では、バスは快適な温度と酸素レベルを得ることができます。浅い側でベイトフィッシュ、ブルーギル、ザリガニなどの食料源をフィーディングしつつ深いところを避難所としています。バスを探すのにどこから始めるかを決めるには、そのような段差を持つ棚やブレイクラインを探します。シャローのフィーディングスポットからディープ側へ落ちる距離が短ければ短いほど、バスはその環境がより快適と感じています。

暗い場所や、早朝や夕方は、釣り人は棚やブレイクラインの浅い側のバスを狙うべきです。ただし、かなりの雲が出ているときは、バスはほぼ一日中シャロー側にいることがあります。雲により明るい日差しが遮られているとき、釣り人は昼間のシャローにいるバスのことを忘れがちになります。明るく日当たりの良い状況では、棚やブレイクラインの深い側を通せるルアーの方が有効になります。

夏のバスを釣る方法:リザーバー&ナチュラルレイク
Imaged by FIX.com

ナチュラルレイクのバス

引用文(タップすると開きます)

Typically, natural lakes are shallow and filled with multiple types of vegetation. Bass enjoy this vegetation for several reasons. Because natural lakes rarely have deep-water sanctuaries, vegetation provides shade and concealment from predators and a better chance to ambush prey. In addition, shallow lakes get very warm in the summer heat, which depletes the oxygen content of the water. Bass seek out vegetation because it generates oxygen. When fishing on natural lakes, anglers should search for significant amounts of vegetation. Look for places where two or more vegetation types come together or where vegetation has a distinct edge, which creates the travel routes necessary for bass to migrate in search of prey. Just as in reservoirs, bass relate to fast edges – the more significant the change in type or thickness of vegetation, the more productive.

通常、ナチュラルレイクは水深が浅く、色々な種類のウィードがあります。 バスはいくつかの理由でこのウィードを利用しています。 ナチュラルレイクにはディープの聖域といったものがあまりないため、ウィードは日陰と天敵からの隠れ家をもたらし、獲物を待ち伏せするための格好のスポットとなります。 さらに、浅い湖では夏の暑さによって非常に高水温になるため、水中の酸素含有量を使い果たします。 そのためバスは酸素を発生させるウィードを探しています。

ナチュラルレイクで釣りをするとき、釣り人はウィードが大量にある場所を探すべきです。 2種類以上のウィードが生えている場所、またはウィードエッジがハッキリしている場所を探してください。これは、バスが餌を求めて移動するための移動ルートとなります。 リザーバーの項目と同じように、バスは急な変化を好みます。 ウィードの種類が多かったり濃いものほど有効になります。

夏のバスを釣る方法:リザーバー&ナチュラルレイク
Imaged by FIX.com
引用文(タップすると開きます)

In both natural lakes and reservoirs, vegetation can create very thick walls that provide a transition from feeding grounds to concealment. After a bass completes its feeding period, it moves inside the vegetation to conceal itself and benefit from the improved oxygen levels. Anglers should target bass early and late in the day with surface baits along these vegetation edges. As the sun brightens, anglers should switch to baits that can fall through the vegetation. The goal is for bait to reach the bass resting near the bottom as it waits for the next feeding opportunity.

ナチュラルレイクもリザーバーでも、ウィードは厚い壁を作り出し、それがフィーディングスポットから隠れ家への回遊行動をもたらします。 フィーディングを終えたバスは、隠れ家となり心地いい酸素レベルを得るためにウィードの中へと移動します。 釣り人はそんなウィードエッジに沿ってトップウォータールアーを使って早朝や夕方に釣りをするべきです。 陽が昇るにつれて、釣り人はウィードの中を通せるルアーに切り替えるべきです。 目的は、次のフィーディングに向けてボトムの近くで休んでいるバスに届けることです。



バスは何を食べているのか

引用文(タップすると開きます)

Figuring out what bass prey on during summer months is pretty simple. As with most creatures, Mother Nature takes care of things. For largemouth bass, the case is no different. Before summer, bass are only concerned with one thing: reproduction. For the six to eight weeks prior to summer, bass build nests, seek mates, mate, and then protect their young. During this time, bass feed very little and become thin and weak. In fact, many bass do not survive spawning rituals. At the beginning of summer, several species of shad begin to spawn. Spawning shad are oblivious to the world and water around them, becoming easy targets for hungry, tired bass.

夏にバスが何を餌にしているのかを見つけるのは簡単です。 ほとんどの生物と同様に、大自然の与えるままです。 ラージマウスバスの場合も何ら変わりはありません。 夏になる前、バスは1つのことだけに集中していました。繁殖です。 夏になる前の6〜8週間、バスはネストを作り、パートナーを探し、見つけ、そして生まれた稚魚を守ります。 この間、バスはほとんど何も食べず、弱っていきます。 実際、いくつかのバスはこの産卵の儀式なるものを生き残ることがでいません。 夏が近づくと、いくつかの種類のベイトフィッシュが産卵し始めます。 産卵場にいるベイトフィッシュはまわりのことを気にしなくなるため、空腹で疲れたバスの格好のターゲットとなっています。

シャッド(ベイトフィッシュ)

引用文(タップすると開きます)

When water temperatures stabilize in the low to mid-70s, shad will move to shallow waters to spawn. To find shad spawning areas, be on the lake at daybreak. Most shad spawn within the first two hours each morning. Reservoir bass move along shallow ledges to feed on the shad and then retreat to deep water for shelter. In natural lakes, bass will also seek out spawning grounds to feed. If there is enough vegetation to sustain shelter, they will move into it and wait for the next feeding opportunity. The shad spawning season may last for several weeks, and it is long enough to strengthen bass after their own spawning season. An angler that finds these shad spawning locations has also found bass feeding grounds. Locating shad spawning grounds is not difficult. Shad will spawn just about anywhere. Using hard surfaces like rocks, timber, or any man-made structure (such as docks), shad will group up in pods of two to 20. These groups will circle hard objects, then lay eggs and milt that attaches to the surfaces. Bass know these shad are easy to catch and seek them out every morning until the shad-spawning season is over. Anglers should start their search for shad spawning grounds based on the weather. Unlike bass, a shad will still feed during its mating season. Shad feed on plankton blown around a body of water by wind and wave action. Watch the wind forecasts the night before arriving at the lake. Search the areas the wind blew on during the night or the night before. Match the predominant wind with hard objects, and you’ve found shad spawning grounds. Shad will not spawn in areas with strong wave action. If the wind is extreme, look for protected pockets with the necessary substrate During the shad-spawning season, the majority of bass already live in shallow water because they just finished their own mating rituals. The shad move to shallow water when they spawn, which reduces the effort the weak bass have to exert. Bass that have already spawned generally move to slightly steeper banks or vertical cover. This vertical cover can be anything from flooded timber to man-made structures, such as docks. Shad will also use these vertical objects to spawn, so bass will stake them out.

水温が21℃を越えて安定すると、シャッドは産卵のために浅瀬に移動します。シャッドの産卵場所を見つけるためには、湖上にいてください。ほとんどのシャッドは毎朝最初の2時間以内に産卵します。リザーバーのバスはシャローの棚に沿って移動してシャッドをフィーディングし、その後は避難のためにディープへ落ちます。ナチュラルレイクでは、バスはまだフィーディングのために産卵場所に残るかもしれません。避難として成立する充分なウィードがある場合は、バスはそこに移動し、次のフィーディングの機会を待ちます。

シャッドの産卵期は数週間ほど続くかもしれません。そしてその期間はバス自身の産卵後の体力を回復するのに充分な長さです。こういったシャッドの産卵場所を見つけた釣り人は、バスのフィーディングスポットを見つけたことになります。シャッドの産卵場所を見つけることは難しくありません。 シャッドはほぼどこででも産卵します。シャッドは2~20ほどのグループに分かれ、岩、木、桟橋などのマンメイドストラクチャーなどの表面の硬いものを利用します。グループごとに硬いものの周りを回りながら、表面に卵を付着させ精子を掛けていきます。バスははこれらのシャッドは捕まえやすいことを知っているため、シャッドの産卵期が終わるまで毎朝それらを探しています。

釣り人は、天気を見てシャッドの産卵場を探し始めるべきです。バスとは異なり、シャッドは産卵期であっても餌を食べます。風と波によってそのエリアの周りに吹き寄せられたプランクトンを食べます。湖で釣りをする前の夜の風予報を見てください。夜間または前の晩に風下だった場所をサーチします。風が当たっていた場所とハードストラクチャーを組み合わせてください。そして、シャッドの産卵場所を見つけましょう。 シャッドは強い波が打ち寄せる場所には産卵しません。風が強い場合は、小さなワンドなど保護されているような環境を探してください。

シャッドの産卵期には、バスも自身の産卵を終えたばかりであるため、大部分はすでにシャローにいます。シャッドが産卵のためにシャローへ移動することは、弱ったバスの回復のための苦労を減らしてくれます。すでに産卵を終えたバスは、一般的には急なバンクや垂直のカバー(縦ストラクチャー)へ移動します。この垂直系のカバーというのは、沈んでいる木材から桟橋などのマンメイドストラクチャーでも何でもかまいません。 シャッドはこれらの垂直系カバーを使って産卵するので、バスはそれらを見張っています。

ブルーギル

引用文(タップすると開きます)

Next up on the bass’s menu are bluegill and bream (also known as sunfish). As the summer gets into full swing, most species of sunfish start to spawn. Sunfish spawn in the same locations as bass. When the shad spawn ends, summer bass begin to feed on spawning sunfish. Bass feed on sunfish throughout this spawning cycle because sunfish drop their guard while actively spawning. As their spawning cycle comes to an end, the absent-minded sunfish are tired and weak, which makes them easy prey for bass. Seek out spawning sunfish to find an exceptionally large summer bass. Finding sunfish beds are extremely easy. Scan the bank lines between one and five feet of water. Look for several clear spots about the size of a butter dish lid. Typically, sunfish spawn in groups of 10 to 20. Each will have a bed (clear spot). All these spots will be next to each other in a small area about 10 square feet. Bass will prowl the outside edges of these spawning grounds, watching for stragglers that can be easily picked off.

次にバスが狙うものとしては、ブルーギルやその仲間(サンフィッシュ)があります。夏が本格的になると、多くの種類のサンフィッシュが産卵し始めます。サンフィッシュはバスと同じ場所に産卵します。シャッドの産卵が終わると、夏のバスは産卵中のサンフィッシュを食べ始めます。

活発に産卵している間、ブルーギルたちは警戒心が薄くなるため、バスは産卵中のブルーギルを食べています。ブルーギルの産卵周期が終わると、彼らは疲れ弱っているため、さらにバスにとって簡単に狙われるようになります。スーパービッグな夏バスを見つけるためには、産卵中のブルーギルを探してください。

サンフィッシュのベッドを見つけることは非常に簡単です。バンク沿いの水深30センチ~1.5メートルまでを良く見ます。直径20センチほどの大きさのきれいな円形を探してください。通常、サンフィッシュは10から20のグループで産卵します。それぞれにベッドがあります(きれいな円形)。これらのスポットはすべて、約3平方メートルくらいの狭いエリアに互いに隣接しています。バスはこの産卵場所の外側の端をうろついて、簡単に食えそうなものから襲っていきます。

夏のバスを釣る方法:リザーバー&ナチュラルレイク
Imaged by FIX.com


まとめ

引用文(タップすると開きます)
Summer bass fishing is exciting and simple. Once an angler knows where to locate bass and what baits to present, catching them is just a matter of getting on the water and casting. Just like selling or buying a house, “location, location, location” is the most important factor in summer bass fishing. Because bass’s metabolisms are high, they will strike anything that looks alive. We’ve discussed some lure options, but confidence goes a long way in bass fishing. If you have a favorite lure, don’t be afraid to use it when in the proper location.

夏のバス釣りはエキサイティングでシンプルです。 釣り人がバスの居場所や使うべきルアーを知っていれば、あとの問題はフィールドに出て釣るのみです。 人間が家を建てるときや引っ越しをする時と同じように、「立地、場所」は夏のバス釣りで最も重要な要素です。 バスの代謝は高いので、彼らは生きているように見えるものは何でも襲うでしょう。 ここではいくつかのルアーの選択肢について書きましたが、バスフィッシングでは自信が大きく影響します。 お気に入りのルアーがある場合は、適切な場所にいるときにそれを使用することを恐れないでください。


日本にはいないシャッドの産卵の話が長かったため、少々読むのに疲れてしまいましたよね、すみません。

ただ私が思うに、バス釣りの楽しさのひとつには、こういったバスに関わる全ての生き物の行動や生態を観察することも含まれると思うんです。

シャッドの産卵の話を参考に、たとえばワカサギや鮎やウグイなど日本でバスのベイトフィッシュとなっているものの産卵時期はいつで、どこで産卵するんだろうとか、そういうことに興味が向くと、もっとバス釣りが楽しくなると思うんです。

釣具屋さんで教えてもらったルアーやバスプロの動画を見て使っているルアーをその通りに使って釣るバス釣りももちろん楽しいのですが、それとはまた別といいますか、平行世界といいますか、幅が広がると思います。

これはもう、バスだけでなくまわりの生き物のことですから、例えばオイカワが水面をパクパクしているのをバスが襲っているらしい、オイカワは何をやっているんだろう、どうやら水面の小さなユスリカを食べているっぽい。ユスリカは何をやっているんだろう、どうやら羽化しているらしい。ということはユスリカの羽化の時期は水面のルアーでバスが釣れる。

みたいな余計な?知識がどんどんついていって、釣りが楽しくなるといいますか、釣るための組み立てが面白くなる感覚が付いてくると思います。

そういうことを積み重ねることでバス釣りだけでなくいろんな釣りが上手になると思いますし、釣りをするたびに新しい発見があったりして、飽きることがありません。

まあこのあたりは私の考えの押し付けになってしまうのでここまでにしたいと思いますが、1~100まで教えられてやる釣りは飽きやすくて、自分で発見した釣り方で釣るのは面白いという、この感覚は小学校の頃に算数の式の解き方わかるようになってきた頃の感覚と変わらないかもしれません。

余計なことを書いてしまったようですが、ひとまず、この記事に出てきたナチュラルレイクとリザーバーの考え方、皆さんのホームレイクに近い方の記事をイメージしていただいて、夏の暑い時期を効率よく立ち回れたらいいのではないかと思います。

いい感じの回遊ルート、見つけたいですよね。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を
フォロースティックads

野尻湖釣具店全国WEBバス釣り大会

 - 攻略法,  ラージマウスバス,  夏

ネッドリグ
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status