ルアーをスキッピングさせる3つのコツ【バス釣り初心者向き】

      2019/07/08

ルアーをスキッピングさせる3つのコツ【バス釣り初心者向き】
Photo by fieldandstream.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Three Tips for Skipping Bass Lures”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:fieldandstream.com ”Three Tips for Skipping Bass Lures”By Ben Duchesney 2016年7月8日

例年ですと、もうそろそろ梅雨明けというところでしょうか。

日本は南北に長いですから、地域によってだいぶ時期に差がありますので何とも言えませんが、梅雨が明ければ本格的な夏シーズンの始まりですね!

夏が嫌いという方にとっては大変な季節が来てしまいますが、夏が嫌いという理由は、やはり「暑いから」でしょうか。

夏が好きという方が夏が好きな理由は、やはり「暑いから」ですよね(笑)

暑い夏はバスの居場所をより明確にしてくれるというメリットがありますから、狙いのスポットにルアーを入れることができれば、バスは釣りやすいというわけです。

夏の代表的なポイントと言えば、そのひとつに「シェード」があります。シェードとは日陰のことを言いますが、このシェードが濃ければ濃いほど、シェード内の水温が低くなる目安となります。

つまり桟橋や水面スレスレに広がるオーバハングツリーなど、水面近くまで何かのカバーがある方がバスにとっては涼しく、居心地がいい場所と言えます。

ただし、水面近くまでカバーがありますので、キャストしてルアーを入れるにはそれ用の技術が必要なんですよね。

それが、スキッピングという技術です。

ルアーをサイドハンドキャストで水面と並行に投げ、水面に刺さらずにジャンプさせてあげることで、水面近くまで迫るカバーをかわしながら奥まで入れるというテクニック。

しかし、ひとまず理屈ですとかやり方なんかはなんとなくわかるものの、やってみると上手くいかないことも多いものです。

この記事は、アメリカの総合アウトドアメディア「Field&Stream」の記事で、そんなスキッピングが上手になるコツを3人のプロからひとつずつで合計3つ、紹介してくれています。

すでに基本をマスターされている方も、新たな発見やレベルアップにつながるかもしれません。ぜひ読んでみてください。

ショートロッドでやってみる

引用文(タップすると開きます)

Pro Casey Ashley Home Water: Lake Hartwell, South Carolina Ashley, the 2015 Bassmaster Classic winner, says the first key is using the right rod. “It’s got to have a light, sensitive tip that allows your bait to load the rod in a fluid motion instead of your having to force it to load,” he explains. A shorter rod—7 feet or less—is more maneuverable and makes skipping easier. He also notes that threading a soft-plastic bait onto the hook makes the rig more compact than the traditional nose rigging. This helps it skip more smoothly and reduces the chance that it’ll smack and plunge.

プロ:ケーシー・アシュリー
ホームウォーター:サウスカロライナ州ハートウェル湖

2015年のバスマスタークラシックチャンピオンであるアシュリーは、まず最初に正しいロッドを使うことだと言います。 「ルアーを無理矢理投げるのではなく、滑らかな動きでロッドからルアーが飛んでいくような柔らかいティップのロッドを使うといいでしょう。」と彼は説明します。 短いロッド(7フィート以下)の方が操作しやすく、スキッピングしやすくなります。 彼はまた、フックの頭をワームの中までねじ込むことで、普通にやるよりもリグがコンパクトになり、よりスムーズにスキッピングするのを助け、水面に叩きつけられて急に失速する可能性を減らすと言います。



フロッグを使う

引用文(タップすると開きます)

Pro Scotty Pennington Home Water: Lake Chicot, Arkansas Most anglers tie on a jig first when skipping, but if you fish pressured water, that’s a mistake, Pennington says. “One of the most overlooked and easiest lures to skip is a hollow-body frog. Frogs have ample weight, but they float, which makes it almost impossible to accidentally drive one down into the water. Even on a poor cast, a floating frog will skip most of the time.” The fact that they’re weedless also makes frogs an ideal choice here. “I can skip a frog into the tightest spots and if I get wrapped around a rope or metal beam, I’ll get the lure back.”

プロ:スコッティ・ペニントン
ホームウォーター:アーカンソー州チコット湖

「スキッピングするとき、多くの釣り人は最初にジグを使おうとします。しかし、フィッシングプレッシャーの高いフィールドで釣るならば、あまりよろしくありません。」とペニントンは言います。 「スキッピングのためのルアーで見落とされがちで簡単にできるルアーの1つは、フロッグです。 フロッグには充分なウェイトがありながらもフローティングですから、間違っても水中に沈みこんでしまうということはありません。 フロッグにはかなり高いウィードレス性能があることも、ここでは理想的な選択肢になります。 「フロッグは相当厳しいところにでも投げることができますし、ロープや金属製の柱に巻きついたとしても、ルアーを回収することができます。」



スピニングタックルを使う

引用文(タップすると開きます)

Pro Steve Lytle Home Water: Swanson Reservoir, Nebraska Despite popular belief, Lytle says, spinning rods are better for nailing the perfect skip cast, especially when paired with a streamlined soft plastic like a Zoom Fluke. “Not everyone has the touch with a baitcaster,” he says. “If you keep a spinning reel’s bail open and use your finger to stop the line, you get the same control as a baitcaster without the backlash.” Lytle fishes his soft plastics weightless and keeps a sharp eye on his line to detect strikes in the shadows. “Keep a little slack in your line as you twitch. If it starts to tighten, the lure’s been picked up.”

プロ:スティーブ・ライトル
ホームウォーター:スワンソンリザーバー、ネブラスカ

多くの方の意見に反して、ライトルが言うには、特にZoom フルークのような流線型のワームとスピニングロッドの組み合わせは、より完璧なスキッピングキャストを決めやすいと言います。 「だれもがベイトタックルに慣れ親しんでいるわけではありません。」と彼は言います。 「スピニングリールのベイルを開いたまま指で放出するラインを止めることで、バックラッシュすることなくベイトタックルと同じコントロール性能が得られます。」ライトルはノーシンカーで釣るとき、シェードの中で起きるバイトを検知するため、ラインを鋭く見張っています。「トゥイッチしたらラインをたるませておいてください。そのラインがピンと張ってきたら、ルアーを食ったサインです。」

ルアーをスキッピングさせる3つのコツ【バス釣り初心者向き】
Photo by fieldandstream.com

スキッピングはコツをつかむまでは練習が必要だと思います。

練習するにはスピニングタックルが良いかと思います。

スピニングタックルはベイトタックルに比べて正確なコントロールをつけるのが難しいとされていますので、ベイトタックルでやった方がいいところに決まりやすいのではありますが、ベイトタックルの最大の敵はバックラッシュで、スキッピングはルアーを手前のほうから水面に付けていくので非常にバックラッシュしやすいテクニックです。

投げるたびにバックラッシュしてしまっては直すのにも時間がかかっていまうため、効率的ではありません。まずルアーをスキップさせる感覚をつかむということであれば、スピニングタックルの方が向いていると思います。

スティーブ・ライトルは記事の中で、出ていくラインを指で押さえれば(フェザリングと言います)、ベイトタックル並みのコントロールができると言っていますが、私もその通りだと思います。

ベイトタックルでのスキッピングがやりたいのであっても、ルアーが跳ねて水面を滑るようなキャストの感覚をつかんでから、次はベイトタックルで正確さを練習すればいいのではないかと思います。

ベイトロッドもやわらかいもので長すぎないものを使い、ワームも5インチ以上で手足などのパーツが少ないもの、または平べったいワームで、そして表面がツルンとしたもので練習すると上手くいきやすいのではないかと思います。

バスがシェードの中に入る夏。

これはすなわち、スキッピングを使う夏と言えると思います。

スキッピングを覚えれば夏の強力な武器となるのは間違いないと思いますので、ぜひ練習してモノにして、良い夏のバス釣りにつなげたいところですね。

こんなこと偉そうに言ってますが私、ベイトタックルのスキッピングがめちゃくちゃ下手なんですよね。

いい勉強になりました。練習します!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を
毎月第1日曜日はスカパー無料DAY!釣りビジョンも無料で見られます!

加入から1ヶ月は無料、お好きな1chから契約OK!
24時間釣り番組!釣りビジョンが無料で見られるAbemaTV

AbemaTVプレミアムに登録ですべてが見放題&広告表示なし!


UEFAチャンピオンズリーグ開幕!
まずは今から1ヶ月を全部無料(タダ)で見てみよう!

 - 攻略法,  ルアー&タックルのこと, フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status