スモールマウスバス釣りの基本のカタチ

      2018/03/03

スポンサーリンク

Photo by mysterytacklebox.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Everything You Need To Know About Smallmouth Bass Fishing”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mysterytacklebox.com”Everything You Need To Know About Smallmouth Bass Fishing”(海外サイトです)

 

アメリカ生まれのブラックバスという魚の親戚のひとつ、スモールマウスバス。

このブログを読んでおられる方々は、もはやスモールマウスバスフィッシングのエキスパートレベルであるにもかかわらず、新たな情報を探してたり、復習の意味で読んでおられる方と、まだスモールマウスを釣ったことがなく、まずは1本釣ってみたい、という方と、いろいろいらっしゃるのではないかと思います。

日本に入ってきた(認知された)のが遅かったため、ラージに比べると情報がだいぶ少ないのが現状ですもんね。

 

さてご当地アメリカでも、昔はアメリカ北部特有のものと思われていたようですが、今ではアメリカ全土でゲームフィッシュとして愛されています。

しかし広大なアメリカという土地柄、まだスモールマウスを釣ったことがないというバスアングラーも非常に多いようで、そういう意味では日本と同じような状態と言ってもいいのかもしれません。

この記事は、特にスモールマウス初心者さんに宛てられたもので、スモールマウスバスの広い意味での動きと釣り方などが紹介されています。

そうは言っても、きっとエキスパートの皆さんも読んでいかれることかと思います(笑)。お好きですからね!

もちろん構いません。ぜひ勉強していきましょう。

 

初心者向け:スモールマウスバス釣りのヒント

Its name implies this fish can eat only small morsels at a time, so smallmouth bass usually receive a steady diet of diminutive baits from novices. However, savvy smallmouth anglers know these voracious eaters will attack anything, even if it is more than a mouthful. These anglers also have learned from experience that the best way to catch a trophy-size brown bass is to offer it a magnum-sized meal. Even smallmouth on streams with gin-clear water can be taken consistently on larger lures with standard baitcast tackle.

その名の通り、この魚は一度に少しのエサしか口にすることができないため、初心者の方がスモールマウスバスを安定して釣るためには、小型のルアーをおすすめしています。 しかし、スモールマウスのエキスパートたちは、この貪欲な魚は口の大きさ以上のものにも攻撃してくることを知っています。 彼らエキスパートアングラーはトロフィーサイズのスモールマウスを釣る最善の方法はマグナムサイズのエサを使うことだと経験から学んでいます。 ジンクリアーウォーターが流れる河川のスモールマウスでも、通常のタックルに大き目なルアーで安定してキャッチすることはできます。

Photo by mysterytacklebox.com



スモールマウス用ルアー

Some of the most productive lures for stream smallmouth fishing include 1/4-ounce spinnerbaits and buzz baits and a variety of soft plastics, such as spider-style plastic grubs (rigged on 1/8- to 1/4-ounce jigheads), tube baits, jerk baits and 6-inch plastic worms. Choose stream lures to imitate crawfish or minnows in four basic colors: brown, white, silver and chartreuse.

Smallmouth on the big waters of natural lakes and man-made reservoirs will also hit spinnerbaits as large as 3/4- or 1-ounce models with number 5 willowleaf blades. Other big baits for taking heavyweight smallies include 5/8-ounce buzz baits, 1/2-ounce jigs tipped with bulky plastic chunks or craws, 5 1/2-inch suspending stickbaits, deep-diving crankbaits and Zara Spooks.

Any soft plastic bait that imitates gobies is deadly for smallmouth on the northern lakes infested with the invasive species. Dragging plastic tubes or drop-shotting finesse worms or small soft-plastics imitating gobies or minnows are two of the most popular tactics for catching northern smallmouth.

川のスモールマウス釣りのための最も有効なルアーとしては、1/4オンスのスピナーベイトやバズベイトを含め、フラグラブのジグヘッドリグ(1/8〜1/4オンス)などのワーム類、チューブベイト、ジャークベイト、6インチワームなど様々なものがあります。流れの中では、ザリガニや小魚を模倣するために、茶、白、シルバー、チャートの4つの色を基本としたルアーを選んでください。

ナチュラルレイクやリザーバーなど大きな水域のスモールマウスは、#5のウィローブレードの3/4から1オンスのスピナーベイトがいいでしょう。ビッグスモールマウスを釣るための他の大きなルアーとしては、5/8オンスのバズベイト、1/2オンスのラバージグの先にバルキーなチャンクやクロー系ワームを付けたもの、13~14センチのサスペンドミノー、ディープクランクベイト、ザラスプークなどがあります。

ゴビー(ハゼ系の小魚)を模倣するワームは、外来種が蔓延している北部の湖のスモールマウスには効果的です(アメリカ北部ではラウンドゴビィという外来種に悩まされているらしいのですが、それをスモールが食べている)。チューブワームのズル引きか、ゴビーやミノーを模した小さなフィネスワームのダウンショットの2つが、北部のスモールマウスを釣るための最も一般的な戦術となっています。

Photo by mysterytacklebox.com

季節ごとのスモールマウスバス釣り

Fishing for smallmouth on the Great Lakes, Lake Champlain and other large natural lakes in the north can be fantastic, but it can also be frustrating when trying to find brown bass in those vast expanses of water. Knowing the seasonal patterns of smallmouth is the key to finding these fish on massive fisheries.

From April through June, northern smallmouth will be in various stages of the spawn congregated in depths of 10 to 20 feet. By late June and July the fish move to deeper structure n the 20 to 25 foot range. By August the fish have moved to the deepest structure (25 to 35 feet) before moving back to the shallows again in the fall.

Good electronics with mapping are crucial for finding the isolated rock piles, expansive flats, rocky points, reefs and shoals that smallmouth favor on the big waters. While some smallmouth will suspend over structure, most of the time the fish will hold within about 5 feet of the bottom since their main forage of gobies always stay close to the lake floor. Since smallmouth will be gorging on gobies rather than chasing baitfish, the key to triggering strikes is keeping your bait close to the bottom.

Whereas the northern lakes freeze up in the winter, the man-made reservoirs below the Mason-Dixon Line provide year-round access to smallmouth bass fishing. During the winter, reservoir smallmouth tend to gather on channel swings and in the middle of deep guts at depths of 25 to 30 feet. Vertical jigging with 3/4-ounce slab spoons or bumping tube baits or finesse jigs along the bottom are effective tactics for catching wintertime smallies.

五大湖、シャンプレーンレイク、そして北部の他の大きなナチュラルレイクでのスモールマウスフィッシングは確かに素晴らしいものなのですが、その膨大な水域でスモールマウスを見つけようとすると気が遠くなることもあります。スモールマウスの季節的なパターンを知ることは、大きなフィールドで魚を見つけるための鍵となります。

4月から6月にかけて、北部のスモールマウスは、スポーニングの段階次第で3〜6メートルの様々なレンジのどこかにかたまっています。 6月から7月の終わりにかけては、魚は6〜7.5メートルレンジのディープの地形変化に移動します。 8月になると、魚は秋に再びシャローへ戻ってくるまで、最も深い地形変化(7.5〜10メートル)に移動しています。

マッピング機能を備えた魚探は、孤立するロックパイル、広大なフラット、岩場の岬、岩礁帯やサンドバーなど、広大な水域からスモールマウスの好むものを見つけるために重要になります。一部のスモールマウスは地形変化の上にサスペンドしますが、ほとんどの場合、バスのメインベイトであるゴビィが常に湖のボトム付近にいますので、魚はボトムから約1.5メートル以内にいることになります。スモールマウスはベイトフィッシュを追うというよりもむしろゴビィを食いまくっていますので、バイトを引き起こす鍵は、ルアーをボトム付近に置くことです。

冬には北部の湖は凍結してしまいますが、メーソン・ディクソン・ライン(アメリカ南北戦争終結の際に引かれた、アメリカを南北に分ける境界線。だいたいニューヨークより少し下くらい)あたりにあるマンメイドリザーバーは、1年中スモールマウスバス釣りができます。冬の間、リザーバースのモールマウスは、チャンネルの曲がり角や7.5〜9メートルのディープのど真ん中で集まる傾向があります。 冬のスモールマウスバスを釣るには、3/4オンスの厚めのメタルジグのバーチカルジギング、チューブワームのボトムバンピング、スモラバをボトムに這わせていくと効果的です。

Photo by mysterytacklebox.com



どこでどうやって釣るか

In early spring, prespawn smallmouth move to secondary points on their migration to spawning areas in pea gravel coves or gravel flats. The best baits for prespawn smallies include medium-diving crankbaits in crawfish or fire tiger hues, jigs tipped with plastic chunks and plastic grubs. When the fish start nesting, try a Mojo rig with French fry-style finesse worms or 6-inch plastic lizards.

After the spawn, reservoir smallmouth move into the 8- to 10-foot range along pea gravel points where they can be takin on the Mojo rig or small crankbaits. Summertime haunts for reservoir smallmouth bass fishing include humps and drop-offs of pea gravel points where the fish hold at depths of 15 to 25 feet. A Carolina-rigged French fry or plastic lizard is best for catching smallmouth in the heat of summer.

When fall arrives, brown bass move back towards the shallows and can be caught anywhere from the bank out to 20 feet deep. The fish will scatter along the gravel banks of the creeks and on the main lake so try fast-moving lures such as spinnerbaits in white or chartreuse or medium-diving crankbaits in crawfish, fire tiger or bluegill colors. Wind-blown banks usually produce the best action for reservoir smallmouth in autumn.

早春の頃、プリスポーンのスモールマウスは、スポーニングエリアとなる玉砂利や砂のフラットに移動する際、セカンダリーポイント(メインレイクより奥に入ったところにある岬)に移動します。プリスポーンのスモールマウスの最良のルアーは、ザリガニカラーかファイヤータイガー系のミディアムクランク、ラバージグの先にチャンク系やグラブのトレーラーを付けたものです。魚がネストを作り始めたら、フレンチフライ系のフィネスワームや6インチのリザードなどでMojoリグ(半固定シンカーのライトキャロ)を試してみてください。

産卵後、リザーバーのスモールマウスは玉砂利の岬に沿った2.4〜3メートルレンジに移動し、Mojoリグや小型クランクベイトで釣ることができます。夏のリザーバーのスモールマウスバスがよく出入りするところとしては、砂利系の岬のブレイクやハンプを含む水深4.5〜7.5メートルレンジになります。夏のスモールマウスを釣るなら、フレンチフライ系ワームやリザードワームのキャロライナリグが最適です。

秋が来ると、スモールマウスバスはシャローへ戻ってくるため、岸際から水深6メートルまでのどこでもキャッチすることができます。魚はクリークやメインレイクのロック系バンクに散らばりますので、白やチャートのスピナーベイト、ミディアムクランクのザリガニ、ファイアータイガー、ブルーギルカラーなどの巻きモノ系を試してみましょう。風の当たるバンクに向かうことは通常、秋のリザーバーのスモールマウスを釣るためのベストな行動です。

Photo by mysterytacklebox.com


 

いかがでしたか。

やっぱりその…アメリカのスモールマウスと日本のスモールマウスの釣りはダイナミックさが違うのかな…と思わざるを得ない内容というか感覚なような気がします。

スモールマウス用ルアーの項目について、もし初心者の方が参考にされるのであれば、使用するワームはひとまず3インチ前後にされることをおすすめいたします。

4インチだとちょっと大きいですし、3インチより小さいワームはフックに上手く刺すのがまあまあ大変で、ワームが曲がっていると食わないためです。

それと、記事内にあるMojoリグ(モジョリグ)ですが、中通しオモリの中にゴムの爪楊枝みたいなのを挿し込んで半分固定して使うキャロというかスプリットショットのようなリグの事のようです。

動画がありましたので参考になさってください。

 

これはライトキャロでいいんじゃないかと思いますが、ライトキャロより沈む効率がいいので、ディープでも使いやすそうです(普通はシンカーだけ滑ってどんどん先に沈んでしまう)し、何よりリーダーの長さを手軽に変えられるのが大きなメリットでしょう。

新たな武器(リグ)として採用するにはいい感じではないでしょうか。

 

また、野尻湖や木崎湖でよくスモールを釣っている方からすると、水深に関してはもっと深いところまでスモールはいるよと言われるかと思います。

実際、スモールはもっとずっとディープにいることがありますが、そのバスを狙うよりは、この記事にあるような10メートルくらいの水深をマックスに考えたほうが、慣れていない方にとっては効率がいいのではないかと思います。

もし、実際に野尻湖などに来られる場合は、比較的浅いレンジで釣りやすい6月から7月にして、スモールマウス面白いなと思ったら、他の季節にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この他にも、スモール独特の虫パターンなんて言う釣り方もありますし、スモールの釣りはこれからまだまだいろいろ出てくると思います。

その時のためにもぜひ、野尻湖、木崎湖にお出かけいただければと思います。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, スモールマウスバス

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status