春はスピナーベイトの季節!春にスピナーベイトでバスが釣れる理由

過去の本日はこんな記事を書いてました。読んでみてくださいね。

気になるテーマでブログ内を検索!

春はスピナーベイトの季節!春にスピナーベイトでバスが釣れる理由
Photo by jacksonadventures.com

トラウト用のスピナーとラバージグという、釣れるルアーの組み合わせであるスピナーベイトが釣れないはずがありません。しかし、どうも最初は取っ付きにくい形で釣れる気がしないルアーという人も多いんですよね。そんな方は、この春からスピナーベイトに挑戦してみましょう。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Spring Spinnerbaits for Bass Fishing”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:jacksonadventures.com ”Spring Spinnerbaits for Bass Fishing”by joey monteleone | Feb 28, 2020

みんな大好きスピナーベイト!

私個人的には最近はあまり出番のないルアーのひとつになってしまいましたが、過去にはよく八郎潟、ウィードが多い時の琵琶湖、霞水系へラージマウスを狙いに行っていましたので必需品でしたし、よく釣れていたのでお気に入りのルアーです。

スピナーベイトのいいところは狙ったところへのキャストのしやすさと、これひとつで表層からボトムまでだいたい攻めることができて、さらに根掛かりもしづらいところ、なにより、繰り返しますがよく釣れるところです。

スピナーベイトのよくないところは、見た目が変なところで、はじめは釣れる気がしないことで取っ付きにくかったところです。私の場合だけかもしれませんけど、やっぱりそんな方は多いようですね。

考えてみれば、トラウトを釣る時のスピナー(インラインスピナー)は好きだし、ラバージグも好きなのに、その組み合わせのスピナーベイトはなぜか好きになれなかったのはなぜか自分でもよく分かりません。

でも、なんとなく納得いかなかったんです。

ちなみにトラウト用のインラインスピナーは1930年ごろにはもう存在していたかなり歴史あるルアーのひとつで、今もあるということはずっと釣れ続けているルアーなんですね。

それをアレンジしたルアーに納得いかなかった自分はどれだけ損をしていたのだろうと、今になって思います。もっと早く理解していればもっと釣れたかもしれませんよね…。

もしかしたら、私と同じように、今まさに「スピナーベイトはいまいち釣れる気がしない」と思ってこれを読んでおられる方がいるかもしれませんが、そんな方にはこの春こそスピナーベイトに挑戦していただきたいと思います。

なぜこの春から始めるのか?というところには、理由がしっかりあるんですね。

この記事は、アメリカのカヤックメーカーであるジャクソンカヤックのホームページ「Jackson Adventure」のコラム記事で、春にスピナーベイトを投げることをおすすめする理由が書かれています。

お手持ちのスピナーベイトを想像しながら読んでみてください。

春はスピナーベイトの理由①:サーチベイトとして優秀

引用文(タップすると開きます)
Versatility of the waters they work in makes them popular, shallow to deep spinnerbaits are effective. Spring time fish in less than a foot of water will slug em during the pre-spawn months and slow roll the same lure during the summer in 30 feet and you get hits. An artificial bait that can be worked in every water column, spinners are most versatile in their performance. In new waters the use of a spinner makes a perfect search bait to help locate fish.

スピナーベイトはシャローからディープまで効果的に使える汎用性の高さで人気があります。 春のプリスポーン時期は水深30センチでヒットすることもあれば、夏に同じルアーを水深6メートルでスローロールさせてもヒットします。 あらゆるレンジで使用できるルアーとして作られており、スピナーベイトはその性能をどんな場面でも発揮できます。 初めて訪れるフィールドなどでスピナーベイトを使用すれば、バスを見つけるのに役立つ完璧なサーチベイトになるでしょう。

春はスピナーベイトの季節!春にスピナーベイトでバスが釣れる理由
Photo by jacksonadventures.com

春はスピナーベイトの理由②:あらゆる水質に対応できる

引用文(タップすると開きます)
For those who like to customize and play “create a bait” endless combinations of blade configurations also lend themselves to changing spinners and this increases the versatility in the look and performance. The three most common blades being Colorado, willow leaf and Indiana and the ability to mix and match is staggering. Generally the willow leaf blade is best in stained to muddy water, the Colorado in clear colder waters and Indiana in places that receive heavy fishing pressure. Normal for me is slinging a size 3 ½ gold willow back blade with a small nickel Colorado in front on a 3/8 ounce head. Using this model bait I’ve caught everything everywhere. In dirty, muddy, dark water a double willow leaf combination provides maximum flash. With the advent of a group of dedicated bait painters I enlisted the services of a friend to paint some blades blue, I then replaced the standard blades on a few of my spinners and experienced some success. The blue flash is a great imitation of the flash coming from shad, a bass’s frequent food source.

自分でルアーをカスタムすることが好きで、ルアーを改造して釣りたいというアングラーにとっても、ブレードの変更や組合せには終わりがなく、見た目や性能を向上させることにもつながるルアーです。一般的な3つのブレードとして、コロラド、ウィローリーフ、インディアナがあり、その無限の組み合わせには圧倒されます。一般的に、ウィローリーフブレードはステインからマッディーウォーターに有効で、コロラドブレードはクリアで低水温の時、インディアナはフィッシングプレッシャーが高いような場所で効果的です。私にとっての普通のスピナーベイトは、3/8オンスのヘッドにフロントがシルバーの小さなコロラドブレード、リアがブラックのウィローリーフブレードのもので、これをよく投げています。このスピナーベイトを使って、私はいたるところでバスを釣っています。ウィローリーフブレードは、濁ってマッディーな暗い水中で最大限のフラッシュを出してくれます。ルアーのリペイントで生計を立てている友人がいるので、彼に何枚かブレードを青く塗ってもらうように依頼し、いくつかのスピナーベイトの純正のブレードと交換して使ったところ、何度もいい経験をしました。青いフラッシュは、バスのメインベイトであるシャッド(淡水ニシン=ベイトフィッシュの一種)のキラメキに非常によく似ています。

春はスピナーベイトの理由③:使いどころが春に合っている

引用文(タップすると開きます)
The optimum times that shine for fishing spinners of all types are windy days, spring pre-spawn bass, aggressive fish, areas with scattered cover, open water, high water and bass feeing throughout the fall. The windier days change the light penetration limiting the vision of the bass and make it easier to not be detected by the fish and also give the momentary flash to a fish looking for a meal in the form of forage and various types of baitfish. When the wind blows pick up the spinnerbait! Aggressive fish will pound spinners, cover like submerged wood is great, spinnerbaits being a single hook lure make it easier to move in and through the wet woody hideouts. Cast past the perceived holding object and “bounce” the bait off any type of cover to draw the deflection bite. Open water fish are seeking schools of bait and the spinner simulates that look and movement, try punctuating the retrieve with an occasional pause. Pre-spawn fish are looking for easy meals and lots of it much like fish loading up later in the year in preparation for winter prior to the spawn fish build up their fat reserves. They do not feed during the spawn which might last 10 days to two weeks.

どんな種類のスピナーベイトであっても、釣りをするのにベストなタイミングと言えば、風の強い日、春のプリスポーンのバス、高活性のバス、カバーが散らばっているエリア、オープンウォーター、増水時、ベイトフィッシュを食べまくっている秋です。風の強い日は、バスの視界に影響する光の透過を抑えてくれるためバスに見切られにくくなり、さらに、ベイトフィッシュやその他のエサを探しているバスに対して瞬間的なフラッシュを与えます。まさに風が吹いたらスピナーベイトです!高活性なバスはスピナーベイトに良くヒットしますし、水中のウッドカバーに効果的なのは、スピナーベイトはフックが1本のルアーであるため、水中の隠れ家となるウッドカバーの中でも簡単に通すことができるためです。バスが隠れているであろうカバーの向こうへキャストし、ルアーをカバーに当てていくことで、リアクションバイトを引き出します。オープンウォーターのバスはベイトフィッシュの群れを探しており、スピナーベイトはベイトフィッシュの群れの見た目や動きを模していますが、時々リトリーブを止めてポーズを入れることも試してみてください。プリスポーンのバスは簡単に食える食事を探しており、その多くは、越冬前の荒食いをしている秋の太ったバスとよく似ています。 ただし産卵中である10日間から2週間ほどはフィーディングをしません。

春はスピナーベイトの理由④:誰にでも使いこなせる

引用文(タップすると開きます)
Almost any retrieve will catch fish when using spinners. On any given day one will be better than another and their preference switch as the day goes and on and the weather and water conditions change. Slow and steady is automatically what the majority of people use and that will catch fish. Speeding up or slowing down during the retrieve in many instances will incite fish, especially bass, to strike, much like topwater fishing there is a certain cadence that will out produce at certain times. Stop and go as well as “stop and drop” imitates a fleeing or dying baitfish, both of these looks will trigger hits. Experiment and more importantly watch the reaction of the fish, be flexible and change. When the rod tip goes down, you know you got it right. One of my biggest bass ever, 10 ¼ pounds, was caught in mid December on a spinnerbait cast out over a long point. The bait was allowed to flutter down and the trophy bass nailed it immediately.

スピナーベイトを使用すると、あらゆるリトリーブでバスを釣ることができます。 ある日は誰かが最高の釣果をあげたとしても、日が変わって天気や水質が変われば、バスの好みも切り替わります。 スローステディリトリーブは、大多数のアングラーが無意識のうちにやっていることであり、それでバスがよく釣れています。 しかし多くの場合、リトリーブ中にスピードアップやスローダウンまたはポーズを入れるといった、特にトップウォーターでの釣りでよくやるような特定のリズムを付けてやるとバスはよくヒットします。 ストップ&ゴーやストップ&フォールは、逃げるベイトフィッシュや死にかけているベイトフィッシュを模倣し、その2つの見た目によって、バイトのきっかけになります。 いろいろ試してみて、さらにバスの反応をうかがい、柔軟に変えていきます。 ロッドティップが引き込まれたら、それが正解だと思っていいでしょう。 私の釣った最大のバスの1つである10ポンド1/4オンスのバスは、12月中旬にスピナーベイトを大きな岬にキャストしたときに釣れたのですが、このビッグバスはスピナーベイトのフォール中のキラメキによって完璧に捉えられたと言っても差し支えないでしょう。

春はスピナーベイトの季節!春にスピナーベイトでバスが釣れる理由
Photo by jacksonadventures.com

スピナーベイトのタックルの重要性

引用文(タップすると開きます)
Equipment for spinnerbaits is equally critical, more for catching than for casting. For accuracy, ease of casting, hours of retrieval and playing the hooked fish my money is on baitcasting outfits. My preference is a reel geared to about 6:3 to 1 retrieve ratio. That keeps the bait coming back and allows you to resist the temptation to “burn” it back to the boat like some of the high speed reels. If something gives the appearance of being injured, frightened or easier to catch it is more like to get bit. If you fish spinnerbaits for a long time, hours at a time it can become tedious, the baitcasting reel as opposed to spinning or a closed face reel, makes it less of a chore. The rod should be medium action, about seven feet in length and have a limber tip. This set up allows for a good seeping hook set, critical in spinnerbait fishing and also allows you to play a big fish down with the rod and tip working in concert to wear the fish out. It took me a while to realize that the medium heavy rod I had been using was consistently costing me fish. You can use an open faced spinning rods and reels but you sacrifice control of the fish and the retrieve of the lure, especially the heavier ones, is much more work. My preference for line is 12 pound test monofilament. The “mono” has a little give to it and allows the fish to full take the bait before your side sweeping hook set.

スピナーベイト用のタックルもやはり、キャストやランディングをするためには重要です。正確さ、キャストのしやすさ、リトリーブしやすさ、フッキングからバスとのやりとりのことを考え、私のタックルはベイトタックルを揃えています。私の好みは、6.3:1くらいのギア比のリールです。これは普通のリトリーブだけでなく、ハイスピードリールでやるようなバーニング(表層での高速巻き)も頑張ればやることができます。もし傷ついたり怯えているベイトフィッシュが見えるようであれば、それでバイトが増えるかもしれません。またスピナーベイトをスピニングリールで長い時間を釣り続けていると、面倒臭くなることが多くなるかと思います。ベイトリールの方がスピニングリールに比べて面倒な作業が少ないでしょう。ロッドの長さは7フィート前後のミディアムアクションで、柔らかいティップのものがいいでしょう。これだと、スピナーベイトでの釣りに不可欠であるスウィープフッキングが決まりやすくなり、ロッドティップを含むロッド全体がビッグフィッシュの体力を削る働きをし、バスとのファイトで主導権を握ることができるでしょう。私がこれまで使っていたミディアムヘビーのロッドだとバスをバラしやすいことに気付くには少し時間が掛かってしまいました。もちろんスピニングタックルを使用することもできますが、スピニングタックルはキャスト精度が犠牲になってしまうこと、また使用するルアーウエイトが重めなものになることでリトリーブが大変になるでしょう。私のお気に入りのラインは、ナイロン12ポンドです。 ナイロンラインには伸びがあるため、もしビックリ合わせをしてしまった場合でもルアーがバスの口の中へ入りやすくなります。

春はスピナーベイトの季節!春にスピナーベイトでバスが釣れる理由
Photo by jacksonadventures.com

スピナーベイトには春に釣れる理由がいっぱいあるんですね。

春は風も吹いて荒れやすいですし、濁りがあったり無かったり、増水していたり減水していたり、天気も変わりやすいなど、実際のところはフィールドに出掛けてみないと分からないことが多い、そんな季節です。

そんなときにタックルボックスにスピナーベイトがあれば、だいたいのことに対応できてしまうということなんですね。なるほどです。

しかし気になったのは、マッディウォーターでウィローリーフブレード、クリアウォーターでコロラドブレードという使い分けです。私は一般的には逆だと思っていましたが、どうなんでしたっけね?

ただ、いずれにしても、それなら私にとっては新しい発見であって、試してみたくなることが増えただけです。

青いブレードもあまり見たことがありませんので、逆にやってみたくなります。

私にも数々のバスをもたらしてくれたスピナーベイト。

そういえば八郎潟や琵琶湖ではライギョもよく釣れましたっけ。

最近あまり出番がありませんが、またスピナーベイトで釣ってみたくなってしまいました。皆さんも春ナベ、ぜひやってみてくださいね。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。

過去の本日はこんな記事を書いてました。読んでみてくださいね。