野尻湖釣具店ルアー通販

初心者でもバス釣りトーナメントを楽しもう!

初心者でもバス釣りトーナメントを楽しもう!
Photo by jacksonadventures.com

バス釣り初心者の方がトーナメントに出場すること、これは人によっては抵抗があることかもしれません。しかしそれは自分自身の問題で、トーナメント自体は初心者さんでも大歓迎なものがほとんどです。今こそ情熱を燃やし、世界を広げ、バス釣りの上達を目指しましょう。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Kayak Fishing Tournaments 101”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:jacksonadventures.com ”Kayak Fishing Tournaments 101”by Emily Jackson | Mar 30, 2021

バス釣りの先進国アメリカでは、現在カヤックフィッシングが流行しています。

これは私の考えですが、カヤックは環境に優しく、手軽で、ステルス性も高いためスレたバスも釣りやすいというメリットがあるというのが受け入れられているように感じます。

アメリカのトーナメント団体であるB.A.S.S.(バスマスター)でもプロのカヤックアングラー部門があり、年間5試合ほど、また1試合当たりの優勝賞金は60万円ほどという内容で行われています。

ちなみにカヤックはライブウェルがないということでデジタルウェイイン方式、1日5本のバスの合計の長さを競います。

このようなカヤックによるトップトーナメントがローカルの末端アングラーにまで浸透しており、ローカルトーナメントレベルでもカヤック部門が増えているようですね。

ちなみのちなみにですが、アメリカでは高校や大学に公式のバス釣り部があり、それぞれに高校トーナメント、大学トーナメントに出場し、優勝校には賞金やバスボートなどが授与されています。

バスプロアングラーを目指すための奨学金制度まであります。

バス釣り業界を育てるための草の根運動が盛んなんですよね。

日本の子供がプロ野球選手を目指すのと同じようなレベルで、アメリカの子供たちはバスプロを目指しているんです。

日本の子供や保護者の方は、野球初心者だからって野球部に入部させないという判断はあまりしませんが(はじめは下手で当たり前なので)、日本のバストーナメントはどうでしょう、初心者さんにとってハードルが高くありませんでしょうか。

初心者が出たら恥ずかしいとか、足を引っ張りそうで申し訳ない気持ちがどこかにありませんでしょうか。

まあ、実際のところは、そんなことはありませんよ、初心者さんだってウェルカム。そんな大会ばかりなんです。

私が言いたいとすれば、トーナメントに遠慮しているのは自分自身のほうで、やってみたらなんてことはなかったというのが私の感想です。

それどころか、その日に私が勝てなかった相手の話を聞けるというのはとても有意義で、自分自身が成長できる最高の場だとまで思うことができました。

さて、そんな経験談は、カヤックトーナメントに出場したある釣りガールさんのエピソードでも読み取ることができます。

この記事は、アメリカを代表するフィッシングカヤックメーカー「JACKSON KAYAK」公式HPのコラム記事で、カヤック釣りガールのエミリー・ジャクソン氏がトーナメントの経験談を共有してくれています。

これは初心者さんに対するトーナメントへのお誘い記事のようですが、ベテランアングラーさんも忘れかけている情熱を思い出させてくれるかもしれません。

ぜひ読んでみてください。

初心者視点のバストーナメント

引用文(タップすると開きます)
Kayak Fishing Tournaments- A Newbie’s Perspective Hey Jackson Readers, My name is Emily Jackson, I’m a 30 year old whitewater kayaker, mother of two, full time employee, wife and nomad. In my spare time, (which isn’t as often as I would like), I love fishing. Something about only focusing on catching the fish is super meditative to me. I also love precision casting, so even when I am not catching a lot, I love trying to nail the perfect cast. I have competed in two Kayak Fishing Tournaments in my lifetime, both times with very little gear or equipment. The first tournament was the Pan American Championships in Cookeville, TN (my home waters.) where I placed 1st in the Women’s Class and 3rd in the Men’s Class. The second one which was more recent- the KBF Trail Series at Lake Kississme in Florida. I had no idea on what to expect. I was super nervous as I hadn’t fished FL waters very much and there are Alligators…. Not to mention that at the boat ramp everyone looked so fancy, decked out, experienced and professional. I did get to talk to one other gentleman who was also a little nervous as it was his first ever fishing tournament, and by reminding him, “it’s all about having fun out on the water.” Hearing myself utter those words helped me alleviate any self doubt or concerns I was having. “What if I drop my pole? What if I get eaten by an Alligator? What if I don’t catch anything? What if I mess up the photos or something?” To be honest there wasn’t much to be worried about, so I started worrying about things that are complete irrelevant. I knew I could catch fish, I knew I wouldn’t get eaten, and I knew I could handle taking a photo. Being prepared and knowing the key aspects of what you DO need in order to participate helped me shut out all the random concerns I was creating in my head. I want others to know how much fun these tournaments are and the simplicity in participating. You CAN keep it simple.

こんにちは、私の名前はエミリー・ジャクソンです。私は30歳のカヤックアングラーであり、2人の子供の母親であり、会社員であり、妻であり、旅人です。休日は(望むほど多くないのですが)、釣りをするのが大好きです。魚を釣ることだけに集中することは、私にとって瞑想のようなものです。正確なキャストをすることが大好きな性格なので、あまり釣れなくても完璧なキャストの練習になると思えば苦になりません。

私はこれまで2つのカヤックフィッシングトーナメントに出場しましたが、どちらもタックルやカヤックの装備はほとんどありませんでした。最初のトーナメントは、テネシー州クックビル(私のホームレイク)で開催されたパンアメリカン選手権で、女子クラスで1位、総合でも3位になりました。

2番目の大会はフロリダのキシミーレイクでのKBFトレイルシリーズです。私は何がどうなるかなんて全く予想もできませんでした。フロリダという地区でほとんど釣りもしたことがなかったし、ワニがいるのでとても緊張しました…。言うまでもなく、会場では誰もがとても上手に見え、カッコよく、経験豊富なプロフェッショナルに見えました。

私のほかにもうひとり、初めての大会ということで少し緊張気味の男性と話をすることができました。彼に掛けた言葉は「釣りを楽しみましょう」ということでした。私がその言葉を言い、自分自身がその言葉を聞くことで、私が感じていた緊張や不安を和らげることができました。 「パドルを落としたらどうしよう?ワニに食べられたらどうしよう?何も釣れなかったらどうしよう?写真がうまく撮れなかったらどうしよう?」

こんなことを心配してもしょうがないので、マイナス思考になることを止めました。魚は釣れるでしょう、ワニに食べられることはないでしょう、写真はうまく撮れるでしょう。

準備を整え、参加することが重要なのだという側面を意識することで、頭の中で生じていた混乱や懸念をすべてシャットアウトすることができました。

トーナメントがどれほど楽しいか、そして参加の簡単さを皆さんに知ってもらいたいです。これはとてもシンプルなことなんです。

初心者でもバス釣りトーナメントを楽しもう!
Photo by jacksonadventures.com

トーナメント参加へのステップ

引用文(タップすると開きます)
Step 1- Register for your event Something I learned here is that occasionally the entry fees are for ONE day, so check when you register if it’s for one day, or the weekend. Also ensure you are part of whatever organization may be required to participate. Such as KBF, you need to be a KBF member. Step 2- Fishing License If you are fishing in a different state, or if you don’t have your Fishing License, make sure that you do! Step 3- Know what equipment is required Kayak Fishing Tournaments 101 Kayak- – I was going for simplicity, and had planned on visiting manatees with my kids afterwards, so I brought the Jackson Kayak Staxx- with the fishing kit. – Since I was racing trolling motors to my spots, I was very happy with the hull speed of this kayak, and I loved that it was an ideal platform for fishing and rec boating with my kids afterwards. – You can use a peddle. Paddle, or trolling motor, all are allowed. Paddle- – I used a Werner Paddle, there are lots of different brands out there, but my Werner paddle breaks down into two pieces for easier transportation, AND its super light, when you are paddling hard all day, its nice to have a lighter paddle. PFD – – Safety First! Your PFD must be on at all times, no matter what, even if you’re getting the worse tan lines. I was in my Kokatat Levitihan as I like all the pockets and storage it has for quick acces, and my tools. – I don’t believe this can be a pull PFD, it must be a standard PFD. Poles- – I brought 3 poles each day, I could have gotten away with two but I was grateful to have 3 on the last day as I had some bad backlash that wasn’t cooperating on one reel. Lures- – I used one lure on both days, the whole time… My good Ol’ Wacky Worm. My Dad (pro bass fisherman Eric Jackson) kept putting all these other lures in my tackle box and I was just like “chances of me trying those out are slim to none…” He said well you may end up wanting them. But deep down I knew I wanted to fish with what I was confident with- My Ocho Strike King Wacky Worms, and if I was feeling daring, I might even switch up the color. But green pumpkin was my baby… – Key tip is to fish with what you’re confident with. – Hooks and weights are essential too! Extra never hurt anyone. Flashlight- – This is another safety requirement. Since you take off in the dark, your flashlight must be on until after sunrise. I used a high powered GoPro Zuess as its waterproof, long lasting and clips on easily. Measuring Board – This is important to either ask or look up board requirements before you take off. Some tournaments only allow certain certified ones. The KBF trail series ONLY allowed Ketch measuring boards. This is to ensure everyone is using the same measuring tools. But each tournament could be different so be sure to check ahead of time so you’re not DQ’ed for the wrong board. Tourney Tag – This is another requirement- it’s how they ensure the fish are caught the day of the tournament. Generally a code is given out the night before the tournament, and this code goes onto a little square piece of paper that you can either print or ask the organizers for (but they much prefer you to print your own) Make sure the code or codes are in the right spot and visable once you slide it into your tourney tag holder. (tourney tag holder is a little ziplock on a band. – The Tourney Tag can be in two locations, wrist or on measuring board. Remember if the CODE cannot be seen in the photo, the photo won’t count. – If it’s a multiday event, you will need a new code before the second day, so ensure you have multiple print outs of the tag. Phone- – First step with your phone is to download the APP they will be using for scoring. The two that I am aware of is Tourney X and Fishing Chaos. – Once you have these set up, make sure you have set up your profile. – Make sure you have room on your phone for lots of photos. Phone Case with leash – When you’re trying to wrangle your fish, get the on the board and get them to pose properly for the photo, it can be a little overwhelming, so having a leash on your phone (and your phone in a waterproof case) it will help you not have to worry as much. The case you have will need to be a clear one that you can take your photos through. As IF you are taking your phone out each fish, the chances of you losing your phone is a lot higher (Lost phone, means no options for continuing in the tournament.) Other Tools In my PFD I had: • My Pliers • Scissors • Extra Hooks Goodies – I also brought my GoPro to capture part of my Day- you never know what may happen! – Snacks- LONG days, so bring some food in case you get into an energy lull – Water- cant forget your water! – Sunblock, Hat, Glasses – Sun Safe can help you maintain your energy longer! I sure I am missing a few things that people may label as necessary- but this is my general overview from my perspective. I don’t use nets personally but many people do. Once you have all your stuff here are 2-3 tips that I worked out from my day on the water- Practice taking your photos of the fish- there are a lot of rules here Fish mouth butted against the board – and closed- you lose an inch when it ¼ inch open, and your fish won’t count if its open any more then that. Ensure the tourney tag is readable Make sure the photo isn’t too blurry Dorsal fin pointing away from you (so fish pointing to your left) Don’t put your hand under the fishes gill. Eyes need to be clearly visable Drink water before you’re thirsty! Don’t get discouraged when people come close to your space and are catching fish I was surrounded by a team of 3 guys at one point and I hadn’t caught any good fish for a little bit, but I stuck my ground and caught my biggest fish in an area that they had fished and left.

ステップ1-トーナメントに登録する
ここでは、開催スケジュールや参加費には釣り券などが込みなのかどうかを確認してください。

ステップ2-釣り券
釣り券・遊漁券・入漁料などが必要な場合は必ず購入してください。

ステップ3-必要なものを確認

  • カヤック
  • パドル
  • ライフジャケット
  • ポール(カヤック用品)
  • ルアー
     私はどちらの試合も1つのルアーをずっと使っていました。私の大好きなワームをひとつです。私の父(プロバスアングラーのエリックジャクソン)は、あらゆるルアーをタックルボックスに入れ続けましたが、私は「そんなの全部使うことなんてないじゃない…」と言っていました。そう、私は自分が自信を持っているもの、つまりストライクキングのワッキーワームで釣りをしたいと思っていました。まずい感じたらカラーを替えるくらいです。しかし、グリーンパンプキンさえあれば…ね。
    –重要なヒントは、自信を持って釣りをすることです。
    –フックやシンカーも不可欠です!予備がないと痛い目に遭います。
  • 懐中電灯
  • 写真用メジャー
    これは、参加する前に試合で使えるものか確認することが重要です。トーナメントんいよっては、特定の認定されたものだけが許可されているためです。 これは、全員が同じ測定ツールを使用していることを確認するためです。ただし、トーナメントごとに異なる可能性があるため、間違ったもので最悪失格にならないように、事前に確認してください。
  • トーナメントタグ
    デジタルウェイインで必須なもの。このタグと一緒に写真を撮らないと無効になります。
  • スマートフォン
    釣れたバスの写真を撮って送信するためのものです。写真を保存するための空き容量があることを確認してください。
  • ひも付きスマホケース
    バスを釣るたびにポケットから取り出して写真を撮るのは水没させる危険があるため、ひも付きケースが便利です。
  • その他のツール
    おやつ…長い1日なので、エネルギーが低下した場合に備えて食べ物を持ってきてください
    飲料水…水は絶対に忘れてはいけません!
    日焼け止め、帽子、サングラス…日焼け防止をすることで、エネルギーをより長くキープすることができます。

人によっては、これでは不十分だと言うかもしれません。しかしこれは私の視点での一般的な概要です。私は個人的にランディングネットを使用していませんが、多くの人が使用してるなど色々あるでしょう。

他に付け加えるとしたら

  • 喉が渇く前に水を飲むこと
  • 他の人があなたの近くで釣りをはじめても腹を立てないこと。
    ある時は3つの船に囲まれ、その間は釣れませんでしたが、彼らが去っていったあとに最大の魚を釣ったこともあります。
初心者でもバス釣りトーナメントを楽しもう!
Photo by jacksonadventures.com

楽しむこと

引用文(タップすると開きます)
Its skill, plus luck so be patient with yourself and enjoy the day. I didn’t think I was doing very well in the tournament as I watched people pull in fish all around me, but sure enough I ended in 13th! On the podium and with some money! Doing well in the tournament was honestly just the icing on the cake- I had a GREAT day and was reminded of the amazing community the Kayak Fishing World has! So if you’ve never had a chance- grab your gear and check out a local tournament near you! Here is a little video of my weekend out on the water. Happy Paddling,

自分が持つスキル、そして運も味方につけ、辛抱強く一日を楽しんでください。他のアングラーが釣っているのを見ていたので、この試合は厳しいかなと思いましたが、実は13位でフィニッシュとなりました! 入賞です、そして少しですが賞金まで!

トーナメントの良いところと言えば、これはケーキの上のアイスクリームだということです(好きなものの上に好きなものが乗っているという意味)。私は素晴らしい一日を過ごし、出場者のみなさんとの素晴らしいコミュニティを体験しました!

ですから、これまでトーナメントに参加するチャンスがなかったのであれば、必要なものを用意し、地元のトーナメントをチェックしてみてください。

それでは良い釣りを!

初心者でもバス釣りトーナメントを楽しもう!
Photo by jacksonadventures.com

これはアメリカのカヤックトーナメントの記事になりますので、私たちが参加するとしたらレンタルボートでの大会になりますでしょうか。

そうすると用意するものも変わってきます。

おおよそ改めて必要になる大きなものはライブウェルだと思います。

このライブウェルを用意するのがまあまあ高いハードルになるかもしれませんが、参加する大会の必要案件を満たすものを用意してください。

その他、デジタルウェイインの大会に参加する場合は、事前にバスの写真を撮る練習をしておいてもいいかもしれません。

でも、それくらいといえばそれくらいですよね。

やはりどちらかと言えば、必要なものを揃えるというよりは、やってみようという勇気を持つ方が難しいかもしれません。

この記事はトーナメントへの参加をすすめるものですが、釣りの楽しみ方はひとそれぞれですし、向き不向きというものもありますし、実際にバス釣りが上達するのにトーナメントがすべてではありません。

それでも、もし気になっているのであれば、経験に関係なく、思い切って厳しい環境に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのバス釣りライフ向上のお役に立てば幸いです!

それではまた。

毎度ありがとうございます!