野尻湖釣具店ルアー通販

夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう

夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう

夏の釣り人にとって大事なことは「夏の釣りを楽しむこと」ですが、自分の体調を壊してしまってはそれは絶対にできません。自分やご家族の安全を守るため、夏の熱中症対策と予防は必ず覚えて出かけましょう。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”HANDLING THE HEAT WHEN BEING OUTSIDE IS NOT OPTIONAL”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mossyoak.com”HANDLING THE HEAT WHEN BEING OUTSIDE IS NOT OPTIONAL”July 8, 2021

夏の釣り人にとって何より大事なのはもちろん、夏の釣りを楽しむことだと思います。

夏の釣りには、セミの声、夕立の匂い、多様な昆虫などの生き物観察などなど、夏ならではの釣りが実感できるものがいろいろとありますよね。

特にご家族で釣りに出かける場合、子供さんとの思い出を残すためには、釣果以上に「楽しかった記憶」が必要でしょう。

そこでひとつ覚えておかなければならないのが、夏ならではの重要な事「熱中症対策」ではないでしょうか。

近年のアウトドアブームと新型コロナウィルス(Covid19)感染拡大の影響で、単独またはご家族での車中泊、テントキャンプ、キャンピングカー(オートキャンプ)が多くなっておりますが、これらについては熱射病や熱中症が最大の敵で、危険に対する対策と予防を知ることは必要不可欠です。

この記事は、アメリカのハンティングとフィッシングのアパレルブランド「Mossy OAK」の記事で、夏の熱中症や熱射病に対する安全対策が解説されています。

自分とご家族の身を守るため、必ず覚えておきましょう。

夏の暑さによる危険

引用文(タップすると開きます)
Depending on your location, summer temperatures can reach the triple digits. Spending hours or days outdoors in this kind of heat can lead to heat emergencies, especially for those who have jobs working outdoors. The human body uses homeostasis to maintain a core temperature of 98.6℉. In hot weather, your body cools itself by sweating, lowering your internal temperature. In hot, humid weather, especially when combined with too much activity, your body cannot regulate its core temperature and essentially overheats. Heat emergencies pose a severe threat to your health, so it is crucial to know the signs of a heat emergency and what to do if you experience one. HEAT CRAMPS One of the first signs of a heat emergency is heat cramps. Heat cramps are signaled by tight muscles and muscle pain which typically occur when you exert yourself in the heat. You may experience heat cramps if you attempt hiking or playing a sport in hot weather. Heat-related cramps are typically caused by dehydration and an electrolyte imbalance that causes your muscles to contract abnormally. Those most at risk for heat cramps are young children, the elderly, those who are overweight and those with alcohol in their system. HEAT EXHAUSTION Heat exhaustion is more severe than heat cramps. It causes several symptoms, including dizziness, cramps, fast heart rate, fast breathing rate, mild confusion, headache, extreme thirst, pale skin, heavy sweating, fainting, irritability, nausea or vomiting. HEATSTROKE Heatstroke is the most severe of heat emergencies. It is a life-threatening condition that must be addressed immediately. Those with heatstroke may experience a body temperature of more than 104°F, a rapid, weak pulse, confusion, hallucinations, rapid, shallow breathing, seizures, dry skin and loss of consciousness.

お住まいの地域によっては、夏の気温が40℃に達することもあります。このような暑さの中で何時間または何日も屋外で過ごすと、特に屋外で仕事をしている方々にとっては熱による緊急事態につながる可能性があります。人体は体内の中心温度を37度に保とうとするホメオスタシスという機能があります。暑い時には汗をかいて体を冷やし、体温を下げようとします。

高温多湿の環境での活動が多すぎると、体はその中心温度を調節できず、オーバーヒート状態になります。この事態はあなたの健康に深刻な脅威をもたらすので、暑さによる緊急事態の兆候とそうなってしまった場合の対処法を知ることは重要です。

熱けいれん

熱緊急事態の最初の兆候の1つは、熱けいれんです。熱けいれんは、暑さの中で身体を酷使したときに起きるもので、通常は筋肉の硬直や筋肉痛として表れます。暑い時期にハイキングやスポーツをしようとすると、熱けいれんを起こすことがあります。

暑さによるけいれんは通常、脱水症や電解質のアンバランスによって引き起こされ、筋肉が異常に収縮してしまいます。熱けいれんのリスクが最も高いのは、幼児、高齢者、太りすぎの人、体内にアルコールが含まれている人です。

熱射病

熱射病は熱けいれんよりも深刻です。めまい、けいれん、速い心拍数、速い呼吸数、軽度の錯乱、頭痛、極度の喉の渇き、青白い肌、激しい発汗、失神、興奮状態、吐き気、嘔吐など、いくつかの症状を引き起こします。

熱中症

熱中症は、最も深刻な熱の緊急事態です。これは生命を脅かす状態であり、すぐに対処する必要があります。熱中症になると、40℃を超える体温、速く弱い脈拍、錯乱、幻覚、速く​​浅い呼吸、発作、乾燥肌、意識喪失になる可能性があります。

熱の緊急事態への対策

引用文(タップすると開きます)
To treat heat emergencies, it is advisable to take the following actions: 1. Call 911 if the person is experiencing vomiting, unconsciousness or seizures. 2. Get the victim out of direct sunlight and to a cooler area. 3. For heat cramps, gently stretch the affected muscle. 4. Apply cool, wet towels to their neck, chest, limbs and face. 5. For heatstroke, remove sweaty clothing and apply ice to wrists, groin and underarms. 6. Fan their skin. 7. Offer small sips of cool water every 15 minutes until symptoms fade.
夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう
Photo by Mossy OAK.com

熱の緊急事態を治療するには、次の行動をとるようにしてください。

  1. 嘔吐、意識不明、または発作を起こしている場合は、119番に電話してください。
  2. 被害者を直射日光の当たらない涼しい場所に連れて行きます。
  3. 熱けいれんの場合は、影響を受けている筋肉をそっと伸ばします。
  4. 首、胸、手足、顔に冷たい濡れたタオルを当てます。
  5. 熱射病の場合は、汗をかいた衣服を脱ぎ、手首、脚の付け根、脇の下に氷を当てます。
  6. 肌をうちわなどで扇ぎます。
  7. 症状が消えるまで、15分ごとに冷たい水を少しずつ飲みます。

暑さをしのぐ方法

引用文(タップすると開きます)
BEAT THE HEAT You can take several preventative measures to ensure heat emergencies don’t affect you and your family while camping or working in the summer heat. STAY HYDRATED Your best protection against heat emergencies is to stay hydrated. Drink plenty of cold, fresh water and replenish your electrolytes with a Mossy Oak wellness water bottle and fuel supplement which comes in four refreshing flavors: grape, orange, cherry and lemon-lime. Always avoid drinking alcohol during the hottest part of the day and limit your intake even in the cooler evening hours. REST OFTEN Heat emergencies are caused by too much physical activity in high heat. The problem is many people discover they’ve overexerted themselves after it is too late. The best action to take is no action at all. Rest often in the middle of the day when the temperature is highest, and plan any intense physical activity like hiking or mountain biking for earlier in the day or later in the afternoon. PICK A SHADY SPOT Pitch your tent in a shady spot. Shade helps keep you out of direct sunlight and allows your body to stay cooler. If you plan to walk or play a sport, do so in a shady area with lots of tree cover. AVOID CONFINED SPACES One of the most common causes of heatstroke is when people lounge in confined, poorly ventilated spaces. Temperatures increase in these areas and can easily put you at risk of a heat emergency. Avoid sitting in your tent or a cramped RV and instead sit outside in the cooler air or with a door or tent flap open. USE COOLING DEVICES Take advantage of modern cooling devices. Bring a battery-powered fan or use a cooling neck pillow. Bring a spray bottle and mist your face, neck, chest and limbs often. Misting mimics the body’s natural sweat response to cooling and helps you maintain a safe core temperature. DRESS APPROPRIATELY Loose, light-colored clothing is the best option for hot weather. Loose clothing allows your body to regulate its internal temperature better because sweat can form on your skin and evaporate. There are also technologies in fishing or fitness apparel that will help keep the body cool. Dark clothing draws in heat from the sun, so wear light colors to stay cool. BRING THE RIGHT GEAR When you go camping in the summer, make sure you have hot weather boots for your trip. You’ll want the necessary boots for hiking and potential mud, but you want to ensure your feet don’t overheat. Also, bring light-weight sleeping bags and tents with good ventilation for trips in those especially hot summer months. GO FOR A SWIM If you are camped near a body of water that is safe to swim in, take a dip. The water can help keep your body cool. If you aren’t near water, consider bringing an inflatable pool and filling it so you can soak your feet to help you stay cool. ENJOY SUMMER CAMPING SAFELY Don’t let a trip to the emergency room due to heatstroke ruin your summer camping experience. Prepare for the heat by staying hydrated with water and electrolyte drinks, wearing cool clothing, staying in the shade and avoiding alcohol and strenuous activity. As long as you keep an eye out for heat emergency symptoms and address them accordingly, you and your family can beat the heat and enjoy the outdoors this summer.

夏の暑さの中での仕事、釣り、キャンプなどをしていて、熱の緊急事態が自分や家族に起きないようにするためには、いくつかの予防策を講じる必要があります。

継続的な水分補給をする

熱の緊急事態に対する最善の対策は、水分補給を維持することです。冷たくて新鮮な水をたくさん飲みます。 1日の最も暑い時間帯は飲酒を避け、涼しい夜の時間帯でもアルコールの摂取は制限してください。

休憩を取る

熱の緊急事態は、暑さの中での過度の身体活動によって引き起こされます。問題なのは多くの人が、手遅れになってはじめて過度の運動だったことに気付くことです。取るべき最善の行動は、休憩を取ることです。気温が最も高い日中は頻繁に休憩し、ハイキングやマウンテンバイクなどの激しい運動は、涼しい早朝や夕方にするように計画します。

良い場所を選ぶ

テントは日陰の場所に張ってください。日陰は直射日光を避け、体を涼しく保つのに役立ちます。ウォーキングやスポーツを計画している場合は、木々に覆われた日陰のある場所で行ってください。

狭い場所を避ける

熱射病の最も一般的な原因の1つは、換気の悪い場所でくつろぐことです。このような場所では気温が上昇し、熱の緊急事態の危険にさらされる可能性があります。狭いテントや車内にこもるのは避け、外の涼しい空気の中に身を置くか、ドアやテントのフラップを開いた状態でくつろぎましょう。

夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう
Photo by Mossy OAK.com

冷却装置を使用する

最新の冷却装置を利用してください。電池式のファンを持参したり、首冷却バンドなどを使用してください。霧吹きを持ち、顔、首、胸、手足に時々吹きかけます。霧吹きは体を冷やすための自然な発汗作用と同じ効果があり、身体の中心温度を保つのに役立ちます。

適した服装

暑い季節には、ゆったりとした明るい色の服が最適です。ゆったりした服装は、汗が皮膚から出て蒸発できる可能性が増えるため、体の内部温度をより適切に調整できます。体を涼しく保つのに役立つ釣りやフィットネスアパレルの技術もあります。暗い色の服は太陽の熱を吸収してしまうので、涼しさを保つためには明るい色を着てください。

夏用のものを使うこと

夏にキャンプなどに行くときは、たとえば暑い季節用の靴を持っていることを確認してください。ハイキングや雨が降りそうなときに専用の靴があると便利なのと同じように、足が過熱しないようなものを選ぶ必要があります。ほかにも、暑い夏には、通気性の良い軽量の寝袋やテントを用意してください。

泳ぐこと

安全に泳ぐことができるエリアがあるところでキャンプをしている場合は、ひと泳ぎしてください。水はあなたの体を涼しく保つのに役立ちます。水場が近くにない場合は、膨らませてプールになるものを持って行き、水を入れることを検討してください。そうすれば、足を浸して涼しさを保つことができます。

夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう
Photo by Mossy OAK.com

夏のキャンプを安全に楽しむ

熱中症は夏のキャンプ旅行や釣り旅行を台無しにするばかりか、病院への旅行になってしまいます。水と電解質の飲み物で水分補給し、涼しい服を着て、日陰に入り、アルコールや激しい活動を避けて、暑さに備えてください。暑さによるこれらの症状に注意し、しっかり対応すれば、あなたとあなたの家族は暑さに打ち勝ち、この夏のアウトドアを楽しむことができます。

夏の釣りを安全に!【熱中症対策】を覚えよう

今日では地球温暖化の影響か、夏の最高気温、平均気温は年々高まってきています。

私が若いころは日射病がせいぜいで、熱中症という命の危険がある病状があることなど考えたこともありませんでした。

もし当時の私がいまこの時代にいたら、死んでしまうかもしれませんよね。

記事の中では熱けいれんを起こしやすい人は幼児・高齢者などと書かれていましたが、これは健康で丈夫な若者にリスクがないことを意味しているのではありません。

最近ではプロのスポーツ選手など、日ごろから身体を鍛えている人であっても、トレーニング中に熱中症で亡くなってしまうという事例もあります。

自分がどんな人物であれ、油断をしてはいけないのです。

ということで、私たちも夏の熱中症対策&予防をして、夏の釣りやキャンプなどのアウトドアライフを楽しみましょうね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!