野尻湖釣具店ルアー通販

嵐の前と後で変わる夏のバス釣り

嵐の前と後で変わる夏のバス釣り
Photo by slo-fishing.si

バスは天気によって行動を変える魚で、それに合わせて私たちアングラーも釣り方を変えます。夏は突然の嵐に遭遇することがありますが、当然のことながら、雨の前と後では釣り方も変わってくるんですね。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Is Bass Fishing Good After a Storm? [Or Before?]”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:slo-fishing.si”Is Bass Fishing Good After a Storm? [Or Before?]”

皆さんは釣りに行く前に、天気予報を気にされますか?

やっぱり天気は気になりますよね?

それはなぜでしょうか。

晴れていた方が快適に釣りができるからでしょうか。

それもあると思いますが、「釣れる天気にならないかなあ」という方もいらっしゃると思うんです。

ご存知の通り、バスは天気によって行動を変えます。

天気が気になるのは、当日の天気または天気の移り変わりを読んで、釣りの計画を立て、作戦を練るということではないでしょうか。

特にこの夏という時期は、夕立や雷雨といった短時間の嵐に遭遇することが多くなる時期だと思います。

当然、嵐の前と後では、バスの動きが変わります。

当日の天気の移り変わりによって自分の釣りを変えるというのは中級者以上になると自然と出来てくることかもしれませんが、私が初心者だったころは(あるいは今も)、天気の移り変わりによって釣りを変えるということができなかったんですよね。

では、具体的に夏の嵐に遭遇した時、その前と後ではどのように釣りを変えていけばいいのでしょうか。

この記事は、アメリカの釣り初心者のための釣りテクニック・知識などの情報提供サイト「Slo-fishing」のコラム記事で、夏のバス釣りで嵐の前と後の釣り方について解説されています。

特に雨でも平気で釣りができるアングラーさんは、読んでみてはいかがでしょうか。

嵐(雷雨)がバス釣りにどう影響するか?

引用文(タップすると開きます)
To understand how do thunderstorms affect bass fishing, you have to know what changes happen around it. Before the storm hits, barometric pressure starts to drop. At this time, fish will go into a feeding frenzy. At least, the majority of fish species. This rapidly dropping pressure is one of the best times to present your bait and get a bite. During a strong storm, many fish will calm down, as the pressure will be at the lowest point and the water is going to be very stirred up, especially in the shallows. At this time, bass will usually hide, at especially if they were previously present in shallow water. This often happenes with largemouth bass. Some other bass species, like spotted, may continue to feed, but I would not advise you to stay on the water, swinging with a rod, because it can get very dangerous. After the storm, when the rain stops, and the pressure begins to increase, bass will become active again, for a short period of time. However, they are not in the same location as they were before. I will mention this a bit later. Another thing that affects fish, is cloud coverage … Clouds block the sunlight, and low light conditions make a fish feel safe. Bass will take advantage of this situation. Small baitfish will emerge from the covers, bass will lurk from its hideouts.

雷雨がバス釣りにどのように影響するかを理解するには、雷雨の前後でどのような変化が起こるかを知る必要があります。

嵐が来る前は、気圧が下がり始めます。この時、バスはフィーディングタイムに入ります。バスに限らず、多くの魚種で同じような状態になります。

気圧が急に低下する時は、どんなアプローチでもバイトが出やすいタイミングのひとつです。強烈な嵐が来て気圧が最低点になるころから、特にシャローに濁りも入り、多くの魚が落ち着いてきます。

このとき、ずっとシャローにいたバス、特にラージマウスバスは通常は何かに隠れます。スポッテドバスなどは引き続きフィーディングタイムになっているかもしれませんが、湖上でロッドを振るのは危険な状態でもあるので、おすすめできません。

嵐の後、雨が止み、気圧が上昇し始めると、短い間だけ、バスの活性が再び上がります。ただし、嵐の前と同じ場所にはいません。これについては少し後のほうで触れます。

バスに影響を与えるもう一つのことは、雲の量です。

雲が日光を遮り、暗い場所では魚は安全だと感じます。バスはこの状況を利用します。小さなベイトフィッシュがカバーへ寄ってくるのを、バスはその隠れ家から狙っています。

では、嵐の後の方が良いのか?

引用文(タップすると開きます)
So, Is Bass Fishing Good After a Storm? Many anglers know that fishing is great before the storm, but bass, same as other fish species, has its own behaviors during various conditions. Many anglers ask, especially during summer, is bass fishing good after a storm? Many anglers will tell you that after a storm, bass will not bite. That is usually true for recreational anglers who do not have a lot of experience. But the truth is, bass will bite, if you know what to do and where to find them. After a storm, low light conditions will still be present, and bass will still bite if the lure is presented correctly. When the weather finally clears, wind stops, and sun starts to shine, then bass will slowly go to a clam state it was in before the storm started approaching. This behavioral change is extremely visible during hot summer, when lazy bass becomes very aggressive. So, the answer is yes, fishing for bass is good after storm, but it may not be so successful for beginners.

多くのアングラーは、嵐の前のほうが良いと考えていますが、バスは他の魚種と同じように、さまざまな条件で独自の行動をします。

では多くのアングラーが、夏の嵐の後のほうがバスが釣りやすいといいますか?

多くのアングラーは、嵐の後のバスはバイトが減ると言うでしょう。 これは通常、まだ経験の少ない初心者アングラーさんには当てはまります。 しかし真実は、何をすべきか、そしてバスをどこで見つけるかを知っていれば、バスはバイトして来るはずです。

嵐の後、ローライトの状態がまだ続いていて、ルアーを正しくプレゼンテーションすれば、バスはまだバイトしてきます。 天気が晴れ、風が止まり、太陽が輝き始めると、バスはゆっくりと口を閉ざした貝のような状態になっていきます。 この行動の変化は、暑い夏にバスが非常に積極的になるほど、顕著に表れます。

ですので、答えとしてはイエスです、ただ嵐の後のバス釣りが悪いとはいえないものの、初心者さんにとってはそれほど良くないかもしれません。

ではやはり、嵐の前の方が良いのか?

引用文(タップすると開きます)
Or, Is Bass Fishing Better Before a Storm? So, is bass fishing better before or after a storm? Bass fishing it is better before the storm. At this time, you can find bass at its usually places, feeding becomes very aggressive, and no mater of your experience level, you can probably catch them. Also, a dropping pressure is better than the rising one, when it comes to triggering the bass feeding frenzy. Also, these conditions make small prey fish go out of their hiding places, and the bass will follow. After a strong storm, these small fish may remain dormant for a while, so it will be harder to get a bass bite. You can enjoy some nice fishing after a storm too, but it will be a much harder task. Your biggest chance to catch them is immediately after the storm passes. Waiting for too long is not advisable as bass will go dormant again. If you have a chance, find a safe place near by while the storm lasts, and as soon as it calms down, head back to the water. Just be careful, as summer storms can appear one after another, and you don’t want to be hit by lightning.

嵐の前のバス釣りはいいです。嵐の前のタイミングでは、教科書通りの場所でバスを見つけることができ、フィーディングも積極的で、アングラーの経験レベルに関わらず釣りやすいと言えるでしょう。

バスのフィーディングスイッチが入りやすいのは、気圧の上昇よりも下降している時です。また、このタイミングでは小さなベイトフィッシュも隠れ家から出てくるため、バスもそれに続きます。

強い嵐が去ると、ベイトフィッシュたちはしばらくお休み状態になるため、バスもバイトしにくくなります。

ですので嵐の後もバス釣りを楽しむことができますが、やや難しいということになります。

嵐の後でバスを釣る最大のチャンスとすれば、嵐が過ぎ去った直後でしょう。あまり長いこと釣りをしてもバスのスイッチがオフになってしまうため、おすすめできません。

チャンスがあれば、嵐が来ている間は近くの安全な場所を見つけて、嵐が落ち着いたらすぐに戻ってください。ただし夏の嵐は次々とやってくる可能性があり、落雷の危険がありますので注意してください。

嵐の前と後で変わる夏のバス釣り
Photo by slo-fishing.si

夏の大雨の後のバス釣りは良いか悪いか

引用文(タップすると開きます)
Summer Bass Fishing After Heavy Rain – YES or No? Summer bass fishing after heavy rain can be excellent, but it also depends on how heavy the rain was. Here is why … Heavy rain will saturate the land and continue flowing into the water body you are fishing at. It will wash down insects, worms, and similar land creatures that make a tasty prey for hungry fish. Small fish will eat those, while bass will hunt for small fish. Extremely heavy rain can even cause small currents to form, and these currents will take the nutrients around the water. Rain also brings oxygen, and cools down the water. Warm waters in summer can be low on oxygen, so this will make fish active. The only thing that can have a negative effect is a muddy water. And I’m not talking about a bit of dirt that is washed from the riverbank. I mean a real pile of mud that ends up in a water as a result of heavy rain. Of course, this depends on a location only, and not every place can experience these conditions. So, if you want to fish after strong rain, go to a location you know well.

夏の大雨の後のバス釣りは素晴らしくなる可能性がありますが、それは雨がどれほど激しいかにもよります。

理由は次の通り

大雨は大地を通り、釣りをしているフィールドに流れ込み続けます。それは、空腹の魚たちのための美味しい獲物となる昆虫、みみず、その他の陸上の生物を流し込んでくれます。

まず小魚がそれらを食べ、バスはその小魚を狩ります。

極端に激しい雨は小さな川をも形成することもあり得ますし、その流れも土地の栄養素を流し込みます。

雨は酸素をもたらし、水温を下げます。夏の温かい水は酸素が少ない可能性があるので、これも魚を活発にします。

悪影響を与える可能性があるとすれば泥水でしょう。ただし、川から流れ込む少しの濁りのことではありません。大雨の結果、本当に泥のようになってしまった水のことを意味します。もちろん、これは特定の場所で起きやすいことで、すべての場所でそんな状態になるわけではありません。

ですので、大雨の後に釣りをする場合は、よく知っている場所に行ってください。

バスは嵐の間はどこにいるのか?

引用文(タップすると開きます)
Where do Bass Fish Go / Hide During a Storm? I already mentioned some things about bass fishing before a storm, but to successfully catch one after it, you have to know what will bass do during a storm. This affects your fishing tactics, and those must be changed after a storm. Bass will emerge from the covers, but they will generally stay in a vicinity of them. That means that you can present your bait in similar places like you did before, just not exactly over structures or weeds. They are going to be deeper and a bit further away from large underwater structures. To catch them, you have to adjust the depth of your lure. If the storm was strong, present your baits a few feet deeper than you did before. Move your bait close to a drop off near the place you fished before a storm. As I already mentioned, species like largemouth who were feeding in the shallows, ran away from the storm when it was in its full power. As the weather improves, their activity will slow down and no matter what you do, there is a chance they just won`t bite.

嵐の前のバス釣りについてはすでにいくつか触れましたが、嵐の後のバス釣りを成功させるには、嵐の間にバスが何をするかを知っている必要があります。

これはあなたの釣りの作戦に影響を及ぼします、そしてその作戦は、嵐の後に変えられなければなりません。

嵐の間、バスはカバーから出てきますが、通常はカバーの近くにとどまります。ですので、嵐の前と同じカバーやウィードの上だけを釣るのではなく、少し深いところを釣ったり、カバーなどから少し離れたところも釣りましょう。

実際にバスを釣るには、ルアーのレンジを調整する必要があります。強い嵐だった場合は、以前よりも数メートル深くルアーをプレゼンテーションします。

嵐の前に釣りをしていた場所の近くのブレイク付近に移動するといった感じです。

先ほども書いた通り、シャローでフィーディングしていたラージマウスバスは、強力な嵐が来ることで嵐から逃げるのです。

そして天気が良くなると活動もスローになり、何をしてもバイトしない可能性があります。

夏の野池での嵐や大雨の後はどうか?

引用文(タップすると開きます)
How to Fish for Bass After Rain / Storm in a Pond? Bass fishing after rain in a pond can be good, but ponds differ from lakes, and because of that, rain affects them differently. Ponds are smaller, and their depth is not as big. Also, ponds often lack large underwater structures and steep drop offs. Due to their small size, after a heavy rain, ponds can experience a rise in a water level. If the newly flooded areas are not very muddy, you can present your bait in a vicinity of those newly flooded areas, as those are a great food source for smaller fish. If there is a water inlet somewhere on the pond, the amount of water it brings will increase after rain, so fish around that spot. Another thing to consider is downsizing your lures a bit, because as the time goes by, bass activity will slow down a bit. You will be able to find bass in the shallower area because of this. But, conditions after rain differ depending on a year time. In early spring, rain can cool down the water too much, because it just started warming up, so the activity can actually decrease. After a summer rain, water will cool a bit and receive a lot of oxygen. And here you can find more about fall fishing for bass …

池での雨上がりのバス釣りは良いと思いますが、池は湖とは異なるため、雨の影響も異なります。

池は小さく、水深がそれほど深くありません。また、池には大きな地形変化や急なブレイクもなかったりします。

フィールドのサイズが小さいため、大雨が降ると水位が上がる可能性があります。水中に沈んだエリアが濁っていない場合は、そのエリアの付近でルアーを投げると良いでしょう。これらは小さな魚にとっての素晴らしい食料源となるエリアだからです。

池にワンドがあれば、雨が降ると水量が増えやすいので、そこで釣りをします。

時間が経つにつれてバスの活性が少しずつ落ちていきますが、そこですべきことはルアーを少し小さくすることです。

こうすることでシャローエリアのバスを釣ることができます。ただし、雨上がりの状況は季節によって異なります。夏の雨の後は水温が少し下がり、多くの酸素が入るので良いですが、たとえば春先は水温が上がり始めたばかりなので、雨で水温が下がってしまい活性が低下する可能性があります。

その他の嵐のヒント

引用文(タップすると開きます)
Other Tips for Bass Fishing Before or After a Storm! So, now when you know is bass fishing good after a storm or not, here are some tips to help you get the most out of this situation: • Try fishing near creaks or water inlets. • If there is muddy water that contains food, try presenting your bait where the clear water meets the muddy one. • Use jigs for deeper areas where bass is hiding after s storm. • Try deep diving crankbaits too. • Use lipless crankbaits to fish around covers if targeting smallmouth bass. • If you have a fish finder, use it. • Use highly vibrating or rattling lures if fishing in locations where water is a bit murky. • Make your presentations a bit faster before a storm and slower after the storm. • If the winds are strong, baitfish will be blown near the banks, so you should present lures that imitate local baitfish in those areas. • Fishing after a storm can be hard for beginners, so don’t give up and try different techniques to learn what works better in your specific location. • Try early morning bass fishing.

さて、嵐の後のバス釣りが良いかどうかがわかったところで、この状況を最大限に活用するためのヒントをいくつか紹介します。

  • インレットや川の流れ込みの近くで釣りをしてみてください。
  • エサとなる生き物が流れていそうな濁りが入っている場合は、クリアウォーターとマッディウォーターの境い目にルアーを投げてみてください。
  • 嵐の後にバスが移動したような深いレンジにはラバージグを投げてみてください。
  • ディープクランクも試してみてください。
  • スモールマウスバスを釣っている場合は、バイブレーションでカバーの周りを釣ってみます。
  • 魚探をお持ちの場合は、最大限に活用してください。
  • 少し濁りのある場所で釣りをする場合は、振動の激しいルアーやラトル入りのルアーを使用してください。
  • 嵐の前は速いアプローチ、嵐の後は遅いアプローチ。
  • 風が強いと岸辺にベイトフィッシュが寄せられるので、そのエリアでそのフィールドにいるベイトフィッシュを模倣したルアーを投げてみます。
  • 嵐の後の釣りは初心者にとって難しい場合がありますが、あきらめずにさまざまなテクニックを試して、その場所場所で何が有効かを学びましょう。
  • 早朝に釣りをしてみてください。
嵐の前と後で変わる夏のバス釣り
Photo by slo-fishing.si

全体的に、夏は嵐が来ることでフィールドは良くなる傾向があると思います。

しかし、嵐の後に急にカーッと晴れて風もピターッと止んでしまうのは良くないんですよね。

こればっかりは大自然のすることですから、文字通り運を天に任せるしかありません。

ちょっと長い記事でしたのでざっとまとめてみます(翻訳がわかりにくくてすみません)と、

  • 夏の嵐の後の湖のバスはややレンジが下がり、カバーの近くにいるものの、完全に隠れるわけではない。池のバスはワンドなどのシャローにいる。
  • 嵐の後はそのように使うルアーやエリアをアジャストすること。
  • 釣りをするなら嵐の前か直後。嵐が過ぎると時間とともにバスの活性が下がっていく。

こんな感じでしたでしょうか。

ただし、これらはひとまずの傾向として書かれているもので、フィールドによってバスの行動はさらにさまざまに変化すると思われます。

夏の嵐の前後の釣りが良いか悪いかは結局のところ、そのフィールドで夏の嵐の前後に釣りをすることによってしか傾向がつかめないはずですので、雨を嫌わずにやってみるしかありませんね。

ただし記事にもあった通り、落雷、強風など危険が伴う場合が多いですので、皆様におかれましてはくれぐれも安全第一でお願いしますね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!