野尻湖釣具店セール

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
Photo by on the water.com

本格的な寒さがやってくると、タックルボックスの中に増えてくるルアー、それが「メタル系ルアー」ではないでしょうか。このタイミングでぜひ、メタルジグ、スプーン、メタルバイブなどのメタル系ルアーの基礎・基本についておさらいしておきましょう。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Metal Baits for Big Autumn Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:onthewater.com ”Metal Baits for Big Autumn Bass”by Tim Allard October 1, 2020

本格的な寒さがやってくると、気になるルアーがありますよね。

そうなんです、メタル系ルアーというやつです。

メタル系ルアーが必ずしも寒い時期のルアーというわけではありません。

ハイシーズン中でも釣れますし、むしろ暖かい時期に好んで使っている方もいらっしゃるでしょう。

寒くなって良く使われるのは、他の手段が通じにくくなってしまうため、つまり食わせの釣りが効かずに、リアクションの釣りに頼る場面が増えるためだからだと思います。

また、私の通う野尻湖ではスモールマウスバスの群れがかなりのディープへ落ちるため、ディープゾーンを効率よく攻められる重く沈みの速いルアーが重宝するのですが、そういったことも良く使われ、よく釣れている理由のひとつになっているのでしょう。

ディープレンジでササッとジャークしていると突然「ドンッ」または「グッ」と重く真下に来るバイトはこの釣りならではの楽しさがあり、興奮します。

また、この釣りで釣れるバスは大型のものが多く、満足感のある釣りなのですが、一方でメタル系ルアーが多く入ったタックルボックスもかなりの重さになり、運ぶのが面倒臭く、ひと苦労する釣りでもあります(笑)

そんなメタル系ルアーですが、今日ではひと昔前よりもアングラーからはかなり一般的に受け入れられるようになり、市場にはさまざまな製品が生まれ、細分化が進んでいます。

まさに晩秋のこのタイミングでいま一度、メタル系ルアーの基礎・基本についておさらいしておきたいところですよね。

この記事は、アメリカのゲームフィッシング専門メディア「ON THE WATER」のコラム記事で、メタル系ルアーでの伝統的な釣りを解説してくれています。

特にこれからメタル系ルアーに本格的に取り組んでみようと考えていたアングラーさんは、読んでみてはいかがでしょうか。

よく釣れるメタル系ルアー

引用文(タップすると開きます)
Jigging spoons and blade baits catch largemouth and smallmouth bass year-round but are particularly potent during cold-water periods. In recent years, several new metal baits have arrived on the market, a sign of their effectiveness for catching bass, along with other fish species. The term “spoon” represents a broad range of baits. When bass fishing in northern lakes, it is hard to go wrong using a 2- to 4-inch spoon. Spoons can be categorized many ways. Here, we’ll lump them into either straight or bent models since this trait influences their action and fall rate, among other things. The ACME Kastmaster, Bass Pro Shops XPS Tungsten jigging spoon, Bass’n Bait Company Rattle Snakie, Hopkins Shorty, Luhr Jensen Cast Champ, and Northland Buck-Shot Rattle Spoon are straight spoons. They sink quickly and have conservative fluttering actions, which makes them well suited for bass with narrow strike windows. They’re equally effective for precision vertical tactics like jigging over an irregular bottom or along a steep ledge. A bent spoon moves more erratically, and the curvier the bait, the wilder it behaves. As a result, these lures sink more slowly than straight spoons. This action increases their hang time in the water, which is useful for attracting scattered or suspending bass as well as temping bites from hesitant onlookers. The ACME Little Cleo, Blue Fox Moresilda, Custom Jigs & Spins Slender Spoon, Freedom Tackle Minnow Spoon, Luhr Jensen Krocodile, and 4-inch Strike King Sexy Spoon are bent spoons. A blade bait is another formidable metal lure for autumn. Classics include the Heddon Sonar, Silver Buddy, and Reef Runner Cicada. More “recent” arrivals are the Damiki Vault and Vortex, Lucky Craft ILV 50, Johnson Thinfisher, Steelshad, and the unique Sebile Vibrato. Blades emit lots of vibration and flash on the upstroke, and have much tighter fluttering actions during the fall compared to spoons. And, unlike a spoon’s vertical profile, a blade bait is horizontally oriented. Having each style of lure lets an angler present bass with two distinct profiles, plus differing degrees of flash and vibration frequencies. Color options abound, though silver and gold patterns are must-haves, and a selection of yellow perch, white, and hot patterns (like clown and fire tiger) are also recommended.
秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
Photo by on the water.com

メタルジグやメタルバイブは、一年を通してラージマウスバスやスモールマウスバスを釣ることができますが、低水温期には特に有効です。近年では、多くの新しいメタル系ルアーが市場に誕生しています。これは、バスをはじめ他の魚種に対してもこれらが有効であることを示しています。

「メタル」という用語は、幅広いルアーに当てはまります。スモールマウスバスレイクでバス釣りをするなら、小さなメタルジグを使っても間違いではありません。メタルルアーは多くの方法で分類できますが、ここでは、アクションやフォールスピードの特徴などが与える影響をもとに、メタルジグ系とスプーン系に分類します。

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
メタルジグ系:1.ACME Kastmaster 2. Bass Pro Shops XPS Tungsten Jigging Spoon 3. Bass’n Bait Company Rattle Snakie 4. Hopkins Shorty 5. Luhr Jensen Cast Champ 6. Northland Buck-Shot Rattle Spoon / Photo by on the water.com

ACME Kastmaster、Bass Pro Shops XPS Tungsten Jigging Spoon、Bass’n Bait Company Rattle Snakie、Hopkins Shorty、Luhr Jensen Cast Champ、Northland Buck-Shot RattleSpoonはメタルジグに分類されます。これらは素早く沈み、控えめなフラッターアクションをするため、ストライクゾーンが狭くなったバスに非常に適しています。また複雑な地形のボトムや急な段差沿いをジギングするなど、精密なバーチカルな釣りにも同様に効果的です。

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
スプーン系:1.Strike King Sexy Spoon 2. ACME Little Cleo 3. Blue Fox Moresilda 4. Custom Jigs & Spins Slender Spoon 5.Freedom Tackle Minnow Spoon 6. Luhr Jensen Krocodile / Photo by on the water.com

曲がったスプーンはより不規則に動き、カーブが大きいほど、よりワイルドなアクションをします。その結果、これらのルアーはメタルジグよりもゆっくりとフォールします。このアクションにより、水中を漂う時間が長くなり、散らばったバスやサスペンドしているバスを引き付けたり、バイトしようか戸惑っているバスからのバイトを引き出すのに役立ちます。 The ACME Little Cleo, Blue Fox Moresilda, Custom Jigs & Spins Slender Spoon, Freedom Tackle Minnow Spoon, Luhr Jensen Krocodile, and 4-inch Strike King Sexy Spoonなどがスプーンに分類されます。

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
メタルバイブ:1.Reef Runner Cicada 2. Damiki Vortex 3. Damiki Vault 4. Heddon Sonar 5. Silver Buddy 6. Lucky Craft ILV 50 7. Johnson Thinfisher 8. Sebile Vibrato 9. Steelshad / Photo by on the water.com

メタルバイブもまた、秋に有効なメタル系ルアーです。古いものには、ヘドンソナー、シルバーバディ、リーフランナーシケイダが含まれます。より最近のモデルとしては、Damiki Vault and Vortex、Lucky Craft ILV 50、Johnson Thinfisher、Steelshad、Sebile Vibratoなどがあります。メタルバイブはしゃくりあげた時に多くの波動とフラッシュを放ち、スプーンに比べるとフォール中のバタつきがかなりタイトです。また、メタルジグのバーチカルな釣りとは異なり、メタルバイブは横方向の釣りになります。このように、メタルルアーの各スタイルを知ることで、アングラーはシルエットのほか、フラッシュや波動の違いによりあらゆるバスに対するアプローチができます。

カラーについてはたくさんの選択肢がありますが、シルバー系とゴールド系は必需品であり、イエローパーチ、ホワイト、ホットパターン(ピエロやファイヤータイガーなど)もおすすめです。

ミディアムリトリーブの可能性

引用文(タップすると開きます)
While fishing quickly with spoons has its place in autumn, a mid-range pace is also worth trying for spoons as well as blade baits. A moderate, steady lift along with a lazy drop can be better at times for sluggish, neutral bass. And, certain lures produce their best action when fished at a mid-range speed. In fact, Haataja cautions against overworking blade baits on a casting retrieve. “Of all the techniques I teach, blade-bait fishing takes more time and persistence to have success,” Haataja said, explaining that overworking a blade by pulling it too fast or lifting it too far off bottom is a common mistake he sees clients make. “It’s all about small rod tip pops,” Haataja said. “Make a short snap and always keep a taut line when the bait sinks. Keep the rod tip in the hook-set position, so when the fish taps the bait you can quickly set the hook.” Haataja predominantly casts a light blade bait on 6- to 8-pound braid with a 10-pound fluorocarbon leader. He uses a medium-light rod to cushion the fight and keep small hooks on the ¼-ounce blade from pulling out. The soft rod absorbs some of the jigging action, so although we’re talking a 4- to 6-inch snap, the rod’s influence makes the blade’s speed a mid-range pace. (Search Haataja on YouTube to see his blade bait jigging retrieves along with other interesting angling topics.) feathered spoon Flutter Spoons Another bass trend is casting 5- to 8-inch flutter spoons to target suspending bass in mid- to deep water. This is a niche tactic requiring stout gear, but many of the casting principles discussed here can be applied with these larger spoons. Pictured: Nichols Ben Parker 8” Magnum Spoon Being able to cast a blade bait a country mile also makes it effective for catching suspending smallmouth bass feeding on open-water baitfish like shad and smelt. Here, a blade gives the angler another option beyond suspending jerkbaits, topwaters, spinnerbaits, spy baits, and other lures commonly used in this scenario. The blade can be retrieved directly beneath the surface or counted down to a specific depth. Steadily reel the blade while pumping the rod so it darts forward and then flutters down – hold on tight because smallmouth absolutely crush this presentation. A long-casting spoon can be used in a similar manner.

秋はメタル系ルアーで素早く釣りをするのがポイントですが、ミディアムリトリーブのメタルジグやメタルバイブを試す価値があります。適度なステディリトリーブと穏やかなフォールは、活性が低くニュートラルなバスに適しています。そして、ルアーによっては、ミディアムリトリーブでこそ最高のアクションを生み出すものもあります。実際、ハータジャ(エリック・ハータジャ=北米のプロフィッシングガイド&テレビ番組司会者)はメタルバイブをリトリーブで強く使いすぎないように注意します。

「私が教えている多くのテクニックの中でも、メタルバイブの釣りは成功するためにより多くの時間と持続性を必要とします」とハータジャは言い、メタルバイブを速く引きすぎたり、ボトムからリフトし過ぎたりすることは、ゲストさんが犯すよくある間違いだと言います。

ロッドティップは小さくポップさせるんです。 ショートジャークをし、ルアーのフォール中は常にラインテンションをかけています。ロッドティップはフッキングに備えた位置に保ち、バスがルアーに触れたらすばやくフッキングできるようにします。」

ハータジャは主に、PE0.6号に10lbのフロロカーボンリーダーで軽めのメタルバイブをキャストします。彼はミディアムライトのロッドを使用し、1/4ozという小さなメタルバイブのフックが抜けないようなクッション性を生かしたファイトをします。柔らかいロッドはルアーのアクションを吸収してしまう側面があるため、ショートジャークをするといっても、この柔らかめのロッドの影響によりルアーの速度はミディアム程度ということになります。 (YouTubeでHaatajaを検索して、彼のメタル系ルアーの使い方を確認してみてください。)

メタルバイブは遠投が効くので、ワカサギなどオープンウォーターのベイトフィッシュを追っているスモールマウスバスを釣るのにも効果的です。このときメタルバイブは、晩秋に一般的によく使われるサスペンドジャークベイト、トップウォーター、スピナーベイト、スパイベイト、およびその他のルアーに加わる、アングラーの別の選択肢となります。メタルバイブは、水面直下でのリトリーブでも、特定のレンジまでカウントダウンして使うこともできます。メタルバイブを一定スピードで巻きつつロッドをポンピングさせることで、前方にダートさせ、シミーフォールさせます。スモールマウスはこのプレゼンテーションで良く食ってきますので、しっかりとロッドを握っていてください。このアプローチはスプーンでも同様に使用できます。

バーチカルの釣り

引用文(タップすると開きます)
Vertical jigging a spoon or blade bait is another effective way to catch fall bass. I find this method works better for smallmouth, but if largemouth are deep in your area, be sure to give it a try. The key to vertical jigging success is good boat control: always position the boat into the wind. Using a bow-mount trolling motor is one strategy, but I also use my big tiller outboard to back-troll into the wind when in my Lund 1775 Pro Guide in rough conditions. Regardless of how you control the boat, the goal is keeping it over the lure so the line is as vertical as possible for maximum control. This is most important when drifting over a snaggy bottom to avoid hang-ups. When fishing less hazardous terrain, one can jig a bait with an angle in the line. The other advantage of fishing under the boat is that it positions the lure within the fishfinder’s sonar cone and allows its depth and fish reaction to be monitored on the display. This feedback is useful for refining the presentation and making bass bite. The fall rate is also important and, again, an angler must decide whether to let a lure fall on slack line or on a controlled fall. While not an absolute, I find a controlled fall effective with blades. Spoons are another matter and really can go either way depending on the specific lure and weight used. When it comes to autumn fishing for largemouth and smallmouth bass, spoons and blade baits are time-honored presentations. Whether cast or vertically jigged, the flash and vibration of these metal lures can trigger strikes from both non-feeding and aggressive bass. This fall, don’t leave the dock without a couple of these lures in your tackle box.
秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
Photo by on the water.com

メタルジグやメタルバイブをバーチカルジギングで使うことは、秋バスを釣るための効果的な方法です。この方法はスモールマウスバスに適していると考えられていますが、お住まいの地域にラージマウスバスがいる場合も、ぜひ試してみてください。

バーチカルジギングを成功させる秘訣は、ボートコントロールを適切にすることです。ボートは風の中に入れていきます。エレキを使用することは1つの戦略ですが、荒れた状態であれば、後ろのエンジンの向きも工夫します。ただ、あなたのボートコントロールがどうであろうと、やりたいことは、ルアーをボートの真下に保つことであり、できるだけラインが垂直になるようにコントロールするということです。ラインを垂直にするということはまた、根掛かりやすいボトムを流している時に根掛かりさせないためにも重要なことです。根掛かりの危険性が低い地形で釣りをするときは、ラインに角度を付けてジギングしても大丈夫です。

ボートの真下で釣りをするもう1つのメリットとして、ルアーを魚探に映る範囲で使うことで、深さとバスの反応を画面で見ながら釣りができるところがあります。これをすることで、釣りそのものが上達し、バスのバイトを引き出しやすくなります。

フォールスピードも重要です。アングラーはルアーをフリーフォールさせるか、コントロールしつつフォールさせるかを決定する必要があります。絶対とは言えませんが、メタルバイブを使っているときは、コントロールされたフォールが効果的なことがあります。メタルジグは話が別ですが、使用するルアーや重量に応じて、どちらかがうまく行く場合があります。

ラージマウスバスとスモールマウスバスの秋の釣りに関しては、メタルジグとメタルバイブは昔ながらの釣りです。キャストで使うにしろバーチカルに使うにしろ、このメタル系ルアーのフラッシュと波動は、やる気のあるバスからもやる気のないバスからもバイトを引き出す可能性があります。この秋、タックルボックスにこのメタル系ルアーを入れずに出掛けることのないようにしてください。

秋のバス釣り戦略:メタルルアーの使い方【メタルジグ・スプーン・メタルバイブ】
Photo by on the water.com

私は、メタルジグの釣りは好きで(釣れなくても)よくやるのですが、メタルバイブは実際のところ、得意ではありません。

メタルバイブでは、あまり釣れないんです。

その原因のひとつが、この記事の中にありました。

それは、私の場合はどうやら大きくリフトさせ過ぎているのではないか、というところです。

私はメタルバイブをどうしてもダイナミックに操作してしまうようで、しゃくるときにロッドを振りあげて「ブーーーン」と長くリフトさせるクセがあります。

これがいけないようです(笑)

この記事の感じですと、もっと「ブッ…、ブッ…」というイメージで小さくジャークする感じなんですね。

よし、次から意識してやってみますかね。

皆さんには、何か役に立つ発見などありましたでしょうか。

さて、当店にもおすすめのメタル系ルアーがございます。

ティムコのスライドバイブです。この新しい形状は今までのメタルバイブと違い、エビ状態にならないというところが素晴らしいルアーです。

通常のメタルバイブはエビになりやすいことで無駄なキャストが増え、それにイラついてメタルバイブの釣りをやめてしまい、結果として釣果に繋がらないという悪循環があります。

なんとなくイメージとしてはヘビーネコリグっぽい使い方になるこのスライドバイブ、ぜひお試しください。

スミスのトラウティンサージャーです。

これはこの記事には出てこなかった「ジグミノー」というジャンルのメタルルアーです。

このルアーはフォールが水平フォールでゆらゆらとゆっくりフォールしますのであまりに深いレンジには向きませんが、ベイトを散らしてバスにリアクションバイトさせる能力は素晴らしいです。

晩秋に使いたいルアーで忘れてはならないのがイガジグスピンでしょう。

主にステディリトリーブまたはリフト&カーブフォールという、横方向に使うルアーになりますが、秋には思いのほか小さなベイトを捕食しているビッグバスに非常に効果的なルアーです。

リジンは小さめメタルジグの王道的なルアーで、センターバランスかつ、狭すぎず、広すぎずなボディが適度なフォールスピードとなり、ディープの縦ストラクチャーに着くバスや中層に広くサスペンドするバスにアピールし、バイトに持ち込めます。

オカッパリで使うにも、その重さ以上に遠投ができることで、遠く、深くのバスにアプローチができますね。

ディープでも操作感が強く、使い勝手のいいメタル系ルアー、それでいてバイトが「ドンッ」と激しく出るルアーですので、ぜひこの秋、使ってみてくださいね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!