満身創痍でもバス釣り:ラリー・ニクソン

気になるテーマでブログ内を検索!

満身創痍でもバス釣り:ラリー・ニクソン
Photo by insideline.net

バス釣り界の生ける伝説のひとり、ラリー・ニクソンはもう70歳を超えていますが、今もトップトーナメンターとして活躍しています。さて、果たして私たちは、70歳を超えてもバス釣りをしているでしょうか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Rebuilt Nixon Will Be Ready By January”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:insideline.net ”Rebuilt Nixon Will Be Ready By January”By Pete Robbins SEPTEMBER 10, 2017

私たちは今、バス釣りや他の釣りに情熱をもって取り組んでいると思います。

このブログを読んでいる皆さんは、きっとそうに違いありません。

こんな文字数がやたら多いくせに読みやすい工夫もたいしてなされていないブログを読んでいるなんて、情熱がなければ無理だと思います(笑)。ありがとうございます。

皆さんがよくご存知のバスアングラーの中に、ラリーニクソンという人物がいると思います。

御年70を超えた大ベテランですが、今もFLWのトップリーグでプレーしている現役バリバリのトッププロですね。

私もバス釣りについては並々ならぬ情熱をもって取り組んでいるつもりではありますが、現時点でプロアングラーではありませんし、彼と比べるのもおこがましい話ですが、私が70歳を過ぎたときに自分なりに高いレベルでバス釣りをしているかどうかと言えば、正直、何とも言えません。

年をとっても情熱はあると思うんです。釣り好きはきっとずっと続くと思うんですよね。

しかし、怖いのは身体の故障です。情熱を支えるほどのフィジカルコンディションが整っていなければ難しいのではないのでしょうか。

特にトップアスリートになるほど、怪我や体の故障に泣かされると思います。毎年多くのトップアスリートの方が、ケガや肉体的な理由で引退されていますもんね。

ラリー・ニクソンもやはり、これまでの間に色々なケガなどに泣かされてきたようです。

この記事は、ゲーリーヤマモトのアメリカ本社が運営するバス釣り専門情報サイト「inside line」のコラム記事で、ラリー・ニクソン氏の2017年当時の雄姿について書かれています。

私たちが長く釣りを楽しむためには、偉大なる先輩から学ぶことがあると思います。ぜひ読んでみましょう。

 気になるところだけ読んでもOKです 

ラリーニクソンが肉体改造に成功した

引用文:タップすると開きます
Larry Nixon may not be running entirely on original factory parts, but he’s convinced that he still has plenty of fuel in the tank to keep his long and consistent fishing career going.

Nixon, who turned 67 years old on September 3rd, received for his birthday the best gift an ailing fisherman might hope for – a new left hand. Repetitive motion had worn it out so the doctor went inside and took out all of the cartilage in between his thumb and the first joint on his wrist. That sort of monumental surgery might’ve scared most anglers as it directly impacts their ability to work, but Nixon had undergone the same procedure on the opposite side 15 years earlier. He knew what to expect, and furthermore he’d been through a more serious procedure in between the operations on his hands when he endured major heart surgery in 2016.

ラリーニクソンの身体には色々な部分にメスが入ってしまいましたが、長くコンスタントにトップレベルで釣りを続けるための燃料はまだタンクに充分残っているようです。

9月3日に67歳になったニクソンは、高齢アングラーとして最も嬉しいプレゼントである「新しい左手」を誕生日に受け取りました。 同じ動作をするせいで消耗してしまった親指と手首の関節の軟骨を医師の手によって摘出したのです。 そういった類の手術というのは、アングラーとしての能力や感覚に狂いが出てしまいそうなので恐ろしいものだと思いますが、ニクソンは15年前にも反対側の手に同じ手術を受けていました。 彼は手術によりどんな風になるのかを知っていましたし、さらに2016年にはその両手の手術よりも深刻と言える、大規模な心臓手術も行っていました。

満身創痍でもバス釣り:ラリー・ニクソン
Photo by insideline.net
引用文:タップすると開きます
No one could blame Nixon if after all of this body work he’d call it quits and renounced life on the FLW Tour. After all, contemporaries like George Cochran and Denny Brauer have left the FLW Tour and Elite Series, respectively, and now compete relatively infrequently. Others like Rick Clunn continue to compete, but not consistently at Nixon’s high level. Indeed, the most famous resident of Bee Branch, Arkansas, is a victim of his own success. Even at an age when he’s eligible to receive Social Security, he continues to be in the hunt at nearly every tournament he fishes. He finished 19th overall in the FLW points race this year, and would have done much better if not for a lone clunker at the Potomac River. Even at that one, he was around eventual winner Tom Monsoor, and made a strategic error in how best to intercept and catch the plentiful bass.

As a result of his strong overall campaign, he qualified for his third Forrest Wood Cup in the last five years, and finished 17th. It was his 16th Cup overall, to go with 25 Bassmaster Classic berths, a total of 41 major championships in 40 years.

Nixon downplayed the wear and tear that four-plus decades on tour has taken on his body. “You’re only out there eight or nine weeks a year,” he said. “You’ve got 52 to get well. And once you’re there, it’s only for seven days.”

He admitted, though, that that “I can’t do the things I used to do. I can throw a topwater for three or four hours but I can’t do it for nine. I can’t throw a big spinnerbait all day. And I’m not there at the crack of dawn like these kids are. I think that if you can’t find them between daylight and 4 or 5 or 6 o’clock, you’re probably not going to find them after that. It’s a timing thing. That’s what bass fishing is all about. As a full time guide for 10 years, I learned that there are certain times when you really have to work.”

この手術の結果次第でFLWでの選手生命に終止符が打たれたとしても、誰もニクソンを責めることはできませんでした。今やジョージ・コクランやデニー・ブラウアーなどの同世代のアングラーは、FLWツアーやエリートシリーズをそれぞれ脱退し、現在ではまれにしか試合に出ていません。 リック・クランなどはまだ他のチームで試合を続けていますが、ニクソンのような高いレベルの成績は収めていません(※皮肉にもこの記事の2年後にエリートで優勝しましたが)。実際問題、アーカンソー州ビーブランチの最も有名な住人であるニクソンは、自分自身の成功の犠牲者ともいえます。彼は年金を受け取る資格がある年齢になってもまだ、ほぼすべての試合に出場して釣りをしています。今年のFLWのポイントレースでは年間19位でフィニッシュしました。なかでもポトマックリバー戦では優勝したトム・モンスールと同じエリアにいて、出場選手中最も多くのバスをキャッチしていましたが、戦略的にミスを犯してしまいました。

これまでの彼の強さを振り返ってみると、過去5年間で3回フォレストウッドカップ(FLWの年間優勝決定戦的な大会)に出場し、17位になったこともありました。過去40年間では、16回の優勝、バスマスタークラシックには25回の出場、そして41回のメジャーな試合でのチャンピオンシップ戦に出場しています。

それでもニクソンは、トーナメントでの40年以上が彼の身体にもたらした消耗は大したことはないと言います。 「1年のうち8週間か9週間しかやっていませんからね。年間52日だけ頑張ればいいんです。そして1回の試合では、たった7日間頑張ればいいんですから。」

しかし彼は、「以前はできたことでも今はできません。 3〜4時間はトップウォーターを投げることができますが、9時間も投げることはできません。大きなスピナーベイトを1日中投げることもできません。そして私は、若者のように夜明けから動き出せません。明るくなってから夕方の4時、5時、遅くても6時までに私を見かけなければ、その後に私に会うことはないと思います。バス釣りで言うところのタイミングというやつです。 ここ10年間フィッシングガイドをやってきて、真剣に集中して仕事ができる時間には限りがあることが分かりました。」

バス釣り。ラリーニクソン
Photo by insideline.net
引用文:タップすると開きます
He feels that his innate understanding of those timing issues has enabled him to compete with anglers decades his junior. This year’s Forrest Wood Cup champ, rookie Justin Atkins, wasn’t even born when Nixon won the 1983 Classic on the Ohio River, just short of his 33rd birthday. That was half a lifetime ago for Nixon, whose kids are older than Atkins. While Nixon hasn’t won a major event since the 2012 FLW Tour tournament on the Detroit River, he’s consistently at the top of the heap, with nine Top 10 tour-level finishes since that last victory, so he’s hardly an elder statesman hanging on for dear life. He knows what he can and cannot do well, and that’s half the battle.

“There’s nothing I don’t like except swimbaits,” he said. “You really have to work with them. You’ve got to be committed and I can’t do it for a long period of time. It’s the casting part that has gotten me the past few years. I just never developed confidence in it because I never really got to work on it, although I did throw one at the Cup.” Similarly, while he said that he’s a capable sight fisherman, he’d always prefer to “fish for them” and hesitates to commit to spending the entirety of his practice without making a cast.

What he has going for him, he said, is that he knows “what a bass thinks.”

“After three days of practice I know what’s going to work and what’s not going to work,” he explained. “I don’t waste any time on what’s not going to work. I am good at eliminating and developing what is going to happen. The kids today are so good. Me and Denny and Rick Clunn taught them everything we know. I can’t compete against that kind of skill. But where I can compete is in on-the-water decision making.”

He recognizes that the slew of injuries that have befallen him may have actually prolonged and benefited his career. When he wore out his right hand, he learned to flip and pitch left handed, but as he entered his sixties, he learned to rely more heavily on a Senko and a shakey head. He’d always been a proficient worm fisherman – indeed his Classic title came on the back of a Texas Rig – but late-developing physical limitations compelled him further to pick apart key areas. That’s part of the reason why he didn’t hesitate to have this most recent surgery.

“I’d been hurting really bad for three years,” he said. “I had to have shots before the Cup. But even if I’d retired it was still going to hurt. The doctor promised me that I’ll be good as new and fishing by January. Right now it’s all about deer and ducks, but come about January 15th or 20th, it’ll be all about fishing.”
He’s already looking forward to next year’s schedule, which he said gives him multiple chances to win. Nevertheless, if he doesn’t win another title, or even another tour-level event, Nixon will have been satisfied with where his career has taken him. He certainly wants to win the Cup, a victory that he said he’s had within his grasp on multiple occasions, but at this point in his career he’s thrilled to be competitive on a weekly basis. He’d retire “if I thought that I was out there embarrassing myself,” but clearly that’s not the case. His recent record speaks for itself.

“I don’t have to win anything else,” he concluded. “But I feel like I’m going to win another event somewhere. I’m not done yet. What can I say? I love it. It’s all about me and the fish. It ain’t about me and the other guys.”

彼は、これらのタイミングの問題に対する理解を、彼より何十歳も若い後輩たちから得ることができたと感じています。今年のフォレストウッドカップチャンピオンであるルーキーのジャスティン・アトキンスは、ニクソンが1983年にオハイオリバ―戦で優勝した時はまだ生まれてもいませんでした。それはニクソンにとってはキャリアのまだ半分のころです。ニクソンの息子たちもまだアトキンスより年上です。ニクソンは2012年のFLWデトロイトリバー戦以来メジャーな試合では勝っていませんが、その優勝から9回もトップ10入りを果たしていますので、とてもまだ余生を穏やかに過ごす老人とは言えません。彼は自分にできることとできないことが分かっており、そしてそれは戦いのうちの半分です。

「私にはビッグベイトにハマりまくった時期がありました。あれは本当にいい仕事をします。長い時間をかけなくていいのがハマってしまった理由です。ここ数年で私がこだわったのはキャスティングの部分です。この釣りが効くと分かるまではいまひとつ信頼を置けませんでしたが、勝ちたくて投げていました。」と言います。また彼は、優秀なサイトフィッシャーマンであり、彼は常に「釣れる魚かどうか」を見極めており、釣れると分かったらキャストもせず、プラクティスで無駄な釣りをしないようにしてきたのです。

彼がやっていることは、彼が言うところの「バスの気持ち」を考えるということです。

「3日間のプラクティスで、何が有効で、何が効かないかがわかります。」と彼は説明します。 「うまくいかないことに時間を使いたくはありません。私は起きたことに対する取捨選択が得意なんです。今日の若いアングラーはそれがとても上手です。私やデニー・ブラウアーやリック・クランは、私たちが知っていることをすべて彼らに教えてきました。ですので私はそんな彼らには対抗できないのです。しかし、私が勝てるとすれば、フィールド上での意思決定です。」

彼は、自分自身を襲った多くの怪我が実は彼のキャリアを長引かせ、逆に良かったのではないかと考えています。彼の右手がダメになった時、左手でフリッピングやピッチングをすることを覚えましたが、60代になったとき、ジグヘッドにヤマセンコーのシェイキングにもっと頼るべきだと学びました。彼はずっとワームが得意なアングラーで、実際に彼のクラシックタイトルはテキサスリグによってもたらされました。しかし、肉体的な痛みに限界を感じ、この重要な部分を手放すことを余儀なくされたのです。これも、彼が先ほどの手術を受けることをためらわなかった理由のひとつです。

「ここ3年間、本当につらかったのです。 勝つためには(ケガをした手で)キャストをしなければならないわけですから。しかし、もしここで私が引退したとしても、この手はずっと痛いままでしょう。医者の先生は1月までには釣りができるようになると約束してくれました。今のところはシーズンオフなので鹿やアヒルのハンティングをしていますが、1月15日から20日頃になったら、釣りにシフトチェンジします。」

彼はすでに来年のスケジュールを楽しみにしています。ただ、彼が何かのタイトルや試合での優勝がなかったとしても、ニクソンは自分のキャリアがまだ続行できていること満足することでしょう。彼は確かに優勝したいと思っています。彼にとっては何度も手にしてきた優勝という文字ですが、そんなキャリアを持つ彼でさえ、毎週バスフィッシングの試合をすることに興奮しています。彼は「自分が恥ずかしい思いをしていると思ったら引退だな。」と言いましたが、明らかにそうではありません。彼の最近の記録がそれを物語っています。

「別に優勝がすべてではないのです。」と彼は結論付けます。 「しかし、どこかの試合では勝ちに行くつもりです。まだ終わりません。何て言えばいいのかな?好きなんです。私には釣りがすべて。他の人にどうこう言われる筋合いはないのです。」

満身創痍でもバス釣り:ラリー・ニクソン
Photo by insideline.net

好きだから続ける。ラリーニクソンは言っています。トーナメントトレイルも辛くはないと言います。

しかし、彼もプロです。そんなはずはないと思うんです。

あのレベルで好成績を出し続けるプロが何もしていないわけがありません。

恐らく、健康には人一倍気を使ったり、年齢以上のトレーニングなどの準備はしているのではないでしょうか。

それも含めて、好きだから苦にならないと言っているように私は感じました。

いくら好きでも、一定の努力といいますか、そのための準備をしていなければ、続けることはできませんよね。

私も中年期を過ぎ、肉体的な衰えは出てきました。

代表的なことを言えば、老眼があります。

始めは自分が老眼だなんて認めたくなかったため、無視していましたが、そのおかげで細いラインでダウンショットをリグるのがやりづらくなってきました。おまけに、普通の生活をしているだけで目の疲れもひどいのです。

自分が老眼であることを認めて、老眼鏡を買ってからは、その苦しさから解放されました。

メガネに慣れるまでは少し苦労しましたが、慣れてしまえばリグるのも楽ですし、パソコン作業を長時間しても目が疲れません。

結果として、釣果は落ちないどころか、まだ成長する余地もあると感じています。

どうですか、ラリーニクソンと比べてこのしょぼいエピソードは(笑)

でもですね、ラリーニクソンが言うとおり、「自分に出来ることと出来ないことを理解する」これってすごく大事だと思うんです。

これができないと、今の自分を受け入れないと、むやみにといいますか、事実以上にみじめになってしまうと思うんです。

そうなってしまったら、好きなことも好きじゃなくなってしまうかもしれません。まだやれるのに、です。

私が釣りが好きなのは、辛い日常生活があるからだと思っています。

釣りと釣りの間に辛い仕事があるから続けられる感じです。

ですので釣りを好きでいるためには、仕事を一生懸命やって、我慢することは我慢して、釣りに必要な体力も落とさないように気を付けるとか、健康に気を付けていることが必要なんですね。

これは人によって様々でしょうけども、年齢に応じて、今の自分をしっかり見つめてみるっていうのは必要なのかもしれませんね。

さて、私の事なんかよりラリーニクソンですが、数年前にオリジナルカラーのゲーリーワームを発売しましたが、ご存知でしたでしょうか。

「ザ・ジェネラル」と名付けられたカラーはいわゆるグリーンパンプキン/イエローチャートのツートンカラーです。

個人的にすごく好きなカラーですし実際に良く釣れていますので、興味がある方はぜひお試しください。

偉大なる人生の先輩のパワーを借りて釣果を出すっていうのもまた、科学の最先端のはずのバス釣りのロマンでもありますね。

しかしラリーニクソン、手術したのにオフシーズンに鹿やアヒルのハンティングで散弾銃でもぶっ放しているみたいですね…そもそも70過ぎで元気すぎじゃないですかね(笑)

それではまた。

毎度ありがとうございます!

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。