バス釣りアパレルTシャツ
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

他人からバス釣りを学ぶということ

他人からバス釣りを学ぶということ
Photo by themeateater.com

釣りが上手な人に対して「運が良いから」だとか「恵まれているから」だとか言っている暇はありません。彼らは見えないところで日々の経験を積み、努力を重ね、考えをまとめています。彼らの言うことを聞くことは自分の成長に繋がります。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”ADVICE FROM PRO ANGLERS: HOW TO OUT-FISH YOUR FRIENDS”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:themeateater.com”ADVICE FROM PRO ANGLERS: HOW TO OUT-FISH YOUR FRIENDS”by CHRISTOPHER BANCROFT|Aug 7, 2020

私は、今となってはほとんどひとりで釣りに出かけるようになりましたが、昔は複数人や大勢で釣りに出かけることもしょっちゅうありました。

そして今、私は野尻湖や木崎湖のローカルトーナメントに出ることも増えまして、そういう場面ではひとりで釣りをしながら、複数人で情報や結果を共有することができています。

このように複数人で釣りをすると、ほとんどと言っていいほど釣果に差が出ます。普通は、釣りが上手な方が安定して釣っているものではないでしょうか。

不思議ですよね。

同じ日に、同じような場所で釣りをしているのに、釣れ方が違うなんて。

釣りが上手な方というのはどこへ行ってもいるものですが、釣り人としてのスタートラインは誰にとってもあまり変わりません。だいたいみんな一緒です。

しかし上手な方というのは、野心があったり、スキルの向上に努めていたり、情報収集をしたりと、目に見えない努力をしたり、自分に対する投資を他の人より多くやっていたりするものなんです。

それなのに私なんかは「今日は水温が低くて…」とか「濁りが入っちゃったから…」などといって、釣れないのを自分のせいにしなかったり、「あの人はいつも運がいいね」などと負け惜しみを言ったりします。

たしかに運はある程度あるのかもしれませんが、毎回のように釣り負けていると、それも言えなくなってしまいます…。(くっそー)

やはり自分自身に必要なのは学ぶことです。

プロや有名人からでなくても、身近な友人からでも学ぶことはできるのですからね。

この記事は、アメリカのアウトドア専門メディア「MeatEater」のコラム記事で、ライターのクリストファー・バンクロフト氏が、プロアングラーやプロガイドへのインタニューで、目には見えない、彼らの成功についての考え方を共有してくれています。

プロの考えを知り、何を学べばいいのか、この記事を読んで考えてみましょう。

難しい釣りがあってこそ、釣り人は育つ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Difficult Fishing Breeds Great Fishermen The best anglers seek out challenging fish in conditions that would send most folks motoring toward the parking lot. Professional fly fisherman Jeff Currier has landed over 400 different species, but continually finds himself seduced by the unattractive carp. Stumped by their picky appetite and finicky behavior, Currier said, “I love the challenge.” He learns more from wading algae-infested water looking for carp than in any other place. These common but selective fish help hone accurate casting and perfect presentation, while putting up a helluva fight when it all comes together. Currier also continues fishing when the weather and water conditions deteriorate. He says difficult days are an opportunity to see a fishery from a different angle. Did the fish change their feeding habits? Did they move to another area or depth? He and his professional peers are constantly trying to answer those questions. With this method of analysis, each day becomes an opportunity to gain knowledge and experience. The pros opt to zip up their raincoats and double down when success is uncertain. “Think deeper and try to solve it,” Currier said. “If it’s tough because I’m off, then I laugh at myself.”

最高のアングラーというのは、多くの人がなるべく簡単に釣りたいと願う中で、挑戦的な釣りを続けています。プロのフライフィッシャーマンであるジェフ・カリアーはこれまで400種以上の魚を釣ってきましたが、今はなぜか鯉に魅了され続けています。鯉の独特のうるさい食の好みと気難しい行動に困惑したカリアーは「私は挑戦が大好きなんです」と言っています。

彼は鯉を探すために他の場所よりもウィードが多いフィールドで釣りをすることで多くを学びます。鯉のようにメジャーな魚でありながらも食にうるさい魚を釣ることは、正確なキャスティングと完璧なプレゼンテーションを磨くのに役立ち、すべてが上手くいったときに初めて釣ることができます。

天気や水質が悪くなったとしても、カリアーは釣りを続けます。タフな日というのは、別の角度からフィールドを観察できるチャンスだと彼は言います。魚の食性が変わったのか?魚は別のエリアやレンジに移動したのか?

彼や彼のプロの仲間は常にそういった疑問に対する答えを求めています。このような分析が、毎日の知識や経験を積む機会になります。プロはレインコートをしっかりと着て、厳しいと感じる日はいつもの倍がんばるつもりでいます。

「より深く考えて、疑問を解決しようとします」とカリアーは言いました。 「釣れなそうだから釣りに行かないなんていう考えが自分自身にあるなら、私自身を笑い飛ばしますね。」

準備ができているか

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Preparation Whether it’s an expedition into South American jungles or an afternoon at the neighborhood pond, productive fishing requires foresight. Author and famed fly tyer Scott Sanchez takes this seriously. Preceding the actual act of casting, he prioritizes time preparing. He dumps countless hours into creating innovative flies like the popular Double Bunny streamer that mimic the appearance and movement of his target’s prey. “Fly tying augments your fishing by allowing you to modify and create flies to solve situations and needs,” Sanchez said. The devotion and thoughtfulness he invests before even setting foot in the water increases his odds of success. Beyond creating something a fish may find appetizing, the obsession with understanding prey helps Sanchez learn the ins and outs of a specific ecosystem. This isn’t to say preparation ends when the gear is neatly stuffed into a bag. The most successful anglers exhaustively research prospective fishing locations. Time spent reading books, surfing the Internet, consulting peers, and taking advantage of satellite mapping technology pays dividends. Upon arrival, they probe local guides and fishing shops for information. It’s a painstaking approach, but it sets them up for success.

南米のジャングルへ釣りの遠征をするときであっても、近所の池で午後からのんびり釣りをするのでも、釣果を求めるなら先を見通すこと必要です。著者で有名なフライタイアーのスコット・サンチェスはこれについて真剣に受け止めています。実際の釣りの時間よりも、彼は準備の時間を優先します。彼は釣りをする魚が食べているエサの見た目やアクションを模倣する人気のダブルバニーストリーマーのような革新的なフライの開発に信じられないほどの時間を費やしています。

「フライフィッシングでは、状況やニーズに対応するためにフライをカスタムしたり作り直すことで、釣りの幅を広げることができます」とサンチェスは言います。

実際の釣りを始める前に彼が考えたり準備をすることは、彼の成功の確率を高めます。魚の食欲を刺激するものを作るというだけでなく、エサとなる生き物を理解することにもこだわるのは、特定の生態系を全体的に理解するのに役立ちます。

これは、バッグをタックルでいっぱいにすることで準備が完了するという意味ではありません。上手なアングラーというのは、釣りに行く場所について徹底的に調査します。本を読んだり、インターネットを使ったり、仲間に相談したり、グーグルアースを利用したりするのに時間を費やした結果、利益をもたらします。釣り場に到着したら、地元のガイドや釣具店で情報を調べます。これは骨の折れる作業ですが、成功への準備が整っていきます。

プロのギャンブラー

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Professional Gamblers Nothing is guaranteed in fishing, and the best way always come prepared is to bring a positive attitude and a healthy amount hope. Similar to a habitual gambler, you have to think each cast could be the big money. How long are you willing to play when a full house is a 12-pound bonefish or 5-pound trout? For professional bass fisherman Luke Dunkin, the answer is sun-up to sun-down. “You’ve got to be confident that at some point in the day you’re going to get bit,” Dunkin said. The photo of a massive fish in the hands of a pro only captures a second of what may have been weeks or months in the making, he said. However, like a professional poker player, Dunkin tries to remove as much guesswork as possible. “Fishing is not random and it’s not luck. Sometimes the size of fish you hook can be lucky, but there’s nothing lucky about fishing,” the Southern bass master said. By refining his ability to recognize fishes’ patterns and weaknesses, Dunkin can alter his tactics to best suit the situation. This ability comes from dedication to the sport and a daily dose of hope.

釣りでは何も保証されていません。ですので最高の準備というのは、前向きな姿勢と適切な希望を持つということです。いわゆるギャンブラーと同じように、毎キャストが大金に化ける可能性があると考える必要があります。10ポンドオーバーのバスがロイヤルストレートフラッシュに相当するとした場合、あなたはどれくらいプレイしても構わないと思いますか?プロのバスアングラーであるルーク・ダンキンにとって、答えは日の出から日没までです。

「一日のどこかで必ずバイトはあると確信している必要があります」とダンキンは言います。プロが手にする巨大なバスの写真というのは、数週間から数か月をかけて追っていたバスのほんの一瞬を捉えているだけの可能性があると彼は言うのです。

ただし、プロのギャンブラーのように、ダンキンも可能な限り当てずっぽうな考え方は排除しようとします。 「釣りはランダムではなく、運でもありません。掛かるバスのサイズ的には運の部分もありますが、釣りにラッキーなどはありません」と言います。

ダンキンは、フィッシングパターンや弱点を認識する能力を磨くことで、状況に最も合うように戦術を変えることができます。この能力は、釣りへの献身と毎日の希望から生まれています。

燃え尽き症候群をなくす

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Avoiding Burnout Like gambling, fishing can be addictive. It will suck you up and spit you out like a clever tarpon with a fly. Failure and close calls make some anglers walk away for a while. Famed author, fly tyer, and Western trout guide Boots Allen has spent decades obsessing over fish without his interest fading. “There is no question, burnout impacts people. Burnout is a big freaking deal!” Allen said. To stave off the dreaded fatigue, Allen commits time to alternative hobbies. The occasional days spent skiing, biking, and even fly tying allow him to rest and reset his mind. If enthusiasm begins to dwindle, apex anglers aren’t afraid to put down the rod. The Wyoming guide also recognizes that a narrowed focus on one species or location can become frustrating and mundane. Allen is sure to change things up by occasionally avoiding the river he guides on. A new location and a novel fish can be a breath of fresh air. Variety enables top-notch anglers to commit a lifetime to the sport instead of a few hot-burning years.

ギャンブルと同じように、釣りには中毒性があります。しかし、ついに巨大なターゲットからのバイトを取り、夢のサイズを手にした。失敗を回避して成功を手にしたとき、アングラーはしばらくの間釣りをする気にならなくなることがあります。著名な作家、フライタイアー、そしてウエスタントラウトガイドであるブーツ・アレンは、何十年もの間、興味を失うことなく釣りに夢中になっています。

「たしかにそれはあります。燃え尽き症候群は人々にとって大きな衝撃です。燃え尽き症候群は本当にヤバい状態です!」アレンは言います。恐ろしい倦怠感を食い止めるために、アレンは別の趣味に時間を費やしています。スキー、サイクリング、フライタイイングに時間を費やすことで、休息し、心をリセットしています。

彼は自分の情熱が薄れたとき、ロッドを置くことを恐れません。彼はまた、1つの魚種やフィールドだけで釣りをしていると、平凡になったりマンネリ化してしまう可能性があると考えています。アレンは時々彼がガイドする川を変えることも狙ってやっています。新しい場所や新しい魚は新鮮な空気の入れ替えになります。釣りの幅を広げることは、一流アングラーとなって数年だけ激しく燃えるのではなく、釣りに一生を捧げることを可能にします。

完璧なアングラー

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
The Complete Angler That steady flame, fueled by a predatory determination, drives apex anglers to new locations. Avoiding the security of familiarity is a quality that sets some anglers apart. Few have embodied the traveling lifestyle better than television fishing host Carter Andrews. He has spent a lifetime cramming rod tubes into overhead compartments and exploring the world’s waterways by plane and boat. “Part of the excitement is the thought of the new experiences, the travel, the culture, and the species. But what I really get off on the most is the thought of new water or maybe a new species, new techniques, and applying old techniques,” Andrews said. He learns from others but also makes it his mission to teach himself. With this mindset, each trip becomes a quest to become a more comprehensive angler. Constant travel to exotic locations is likely not an option for the average person, but the principle still applies. Facing the uneasiness of ignorance will teach you more than focusing on one familiar fishery. Whether it’s a new lake, river, or fish, leaving your comfort zone will broaden your skillset. “You’ll see it’s a puzzle and the faster you can put the puzzle together, the more time you have to apply what you learned,” Andrews said. Inevitably, even the best anglers struggle on occasion. Ask any of these guys about the hard days they’ve experienced on the water and they will hand you a long list. The difference is, they have grown from the challenges instead of conjuring up excuses. Unfortunately, there is no shortcut in becoming an expert angler. It takes decades of obsession and commitment to develop these predatory abilities. Professional, devout dedication to fishing make these folks wolves on the water, leaving the rest of us dopey Labradors splashing around the pool. But by following their lead, there is hope for us all.

魚を釣りたいという心が燃やし続けるその炎は、頂点に立つアングラーですら新しい場所へと駆り立てます。慣れやマンネリ化を回避することは、アングラーをより高い場所へ導きます。釣りテレビ番組の司会者であるカーター・アンドリューほど、釣りをライフスタイルにした人はなかなかいません。彼の人生はつねにロッドケースを飛行機に持ち込み、飛行機やボートで世界中のフィールドを探索してきました。

「ワクワクするのは、新しい経験、釣行、文化、種について考えることです。しかし私が中でも楽しみなのは、新しいフィールドや初めての魚種が釣れるかもしれないこと、新しいテクニックのこと、そして古いテクニックが通用するかなどと考えることです」とアンドリューは言います。

彼は他人から学ぶだけでなく、自分自身に教えることを心がけています。この考え方で、各旅行はよりスケールの大きなアングラーになるための探求になります。エキゾチックな場所へ行くということは普通の人にはなかなかできないことである可能性がありますが、基本的な事は変わりません。無知への不安と向き合うことは、1つの身近なフィールドで釣りをする以上のことをあなたに教えます。新しい湖、川、魚種のいずれであっても、慣れから離れることでスキルアップにつながります。

「釣りはパズルだと言われていることが良くわかります。パズルを早く組み立てることができればできるほど、学んだことが活きていることが分かるからです」とアンドリューは言います。

いうまでもなく、最高のアングラーでさえ時には苦労しています。彼らにフィールドで経験した厳しい経験について何かありますかと尋ねてみてください。彼らはとんでもない量の経験を話し始めるはずです。違いは、言い訳をするのではなく、課題から成長したことです。残念ながら、エキスパートアングラーになるための近道はありません。釣りの能力を開発するには、何十年にもわたる経験と情熱が必要です。釣りへの専門的で熱心な献身をするほどプロに近づき、ほかの私のような普通の人々とをオオカミと犬のように分けます。しかし、彼らから学ぶことによって、私たち全員にも希望が生まれます。

他人からバス釣りを学ぶということ
Photo by themeateater.com

私には本当に耳の痛いお話しばかりで…

全ての話に納得ができます。そして、すべての話が、分かっていてもなかなかできない、またはついついやってしまうようなことばかりです。

しかし、ありがたいことに、私には持って生まれたポジティブな性格と楽天的な考え方があります(その性格がどうなんだろとは思っています)

私は学ぶことが大好きで、負けて悔しい気持ちと、学べて嬉しい気持ちが半々くらいの良いバランスでいられることを誇りに思っています。

ですので、この手の記事が大好きなのですが…いざこうして読んでみると…やっぱり耳が痛いもので(笑)

そんななか、この記事で特に好きだった言葉は、テレビ司会者のカーター・アンドリューの言葉「無知への不安と向き合うことは、1つの身近なフィールドで釣りをする以上のことをあなたに教えます。」という部分です。

他の人の言葉にも「自分の弱点を知る」とか「他のフィールドへ行く」といった共通点のようなものがありましたよね。

中国の「孫子」という本に出てくる有名な言葉「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」も、ちょっと違いますが似たようなニュアンスを感じます。

敵のことを知るのも重要ですが、それと同じくらい自分を知り、自分を認める、自分の弱いところを恥ずかしがらずに認めることが釣りが上手に人には出来ているんだなと思いました。

今、1990年ごろのバス釣りバブルが終わって30年ほどたちますが、その後、子育てでバス釣りから離れていた大勢の方々が子供から手が離れたことでバス釣りに戻ってきてくださっています。

私から見ると、彼らのような方々の態度はすごく謙虚で、バス釣りから離れていた分、時代から取り残されているのではないかという危機感から、学びの姿勢をものすごく感じます。

私たちが彼らから学ぶのはそのような学びの姿勢で、絶対になくしてはならないことだと思います。

また、記事にも書いてあった通り、バス釣り以外の他の釣りをすることも、結局はバス釣りのスキルアップに繋がったり、改めてバス釣りが好きな自分を発見することに繋がりますので、ぜひ、他の魚種、他のフィールド、初めての体験のために自分自身に投資してみてください。

これは多くのバスプロさんを見ていても間違いありませんからね。

もし余裕があれば、長野県の野尻湖、または木崎湖に出掛けてみてください。最高のロケーションとスモールマウスバスが出迎えてくれるはずです!

野尻湖のレンタルボートはピノキオさん

木崎湖のレンタルボートはモダンボートさん

私が利用させてもらっているボート屋さんですので、何かございましたら問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

それではまた。

毎度ありがとうございます!