野尻湖釣具店ルアー通販

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

こんにちは!店長の小山です!

本日は小ネタになりますが、8月25日の木崎湖釣行のようすとおまけ情報?をお伝えさせていただきます!

おまけ情報というのはロケットバグの虫チューンをするときの追加チューンのことになりますが、よろしければご覧くださいませ!

この日はちょっとだけ出船

この日はモダンリゾートTVの撮影をしておりまして、空き時間にバス釣りができたらいいなーという感じだったのですが、水野プロとモダンボートさんが時間をくれましたので午後の数時間ほど出船することができました!

最近、モダンボートさんでスタッフとして働いているのですが、そのなかでお客様と情報交換していただいて感じることは、季節の変化が進んでいるということと、一方で季節がまだ進んでいない魚もいるということ。

釣りは少しタフってきつつあるのですが、釣っている人を見ていると、自分が得意なことをしているか、8月にパターンを見つけた人はまだそのパターンが生きている感じかな、という感じなんです。

ということは、私が最近釣っているロケットバグの虫チューンでもまだ釣れるはず…ということでその検証をしてみました。

ロケットバグの虫チューンをさらにチューン

このブログや当店のYoutubeをご覧いただいている方にはお分かりかと思うのですが、このロケットバグの虫チューン、私がマスバリを使うせいで、バスを釣るとどうしても切れてしまうんですよね。

よく釣れるのはいいのですが、虫チューンという手を加えたものが1匹で消えてなくなってしまうのがどうしても切ないので、どうにかしたいなと思っていたんです。

そこで思いついたのがバネチューンです。

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

画像の左上にあるのがバネ。

適当な長さでニッパーで切って(マスバリを使うのならまあまあ短くても大丈夫です)、ワームの先端にねじ込むだけです。

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

生まれ変わった虫チューンのロケットバグ(超適当)。釣れて針持ちが良くなれば言うことなしです!

吉田撃プロのバネチューンをご存知ない方はこちらをどうぞ

このバネチューンをしたことで、おそらく今まで1本で無くなっていたものが数本釣っても大丈夫だろうと思うんです。

ついに私にもボムスキルが発動する日が来たんだゼッツ!

釣り方とバネチューンの結果

ということで、結果は40ないくらいのバスが1本のみ、しかもファーストフォールで食ってたという嬉しいような不本意なような釣れ方でした(笑)

でもそれって、ルアーが合ってるということですよね!

動画はインスタまたはフェイスブックからご覧くださいませ

フェイスブック・インスタはフォロー、いいねもお願いしますね!!

ポイントはキャンプ場沖の水深8mくらいです。

ロケットバグはボリュームがあって比重が高いため、ディープでも割と着底が早いので助かります。

早いといいましても、8mのボトムでフロロ3lbで着底まで約50秒…これを待てれば釣るまではあと少しですね(笑)

でも、私の場合はだいたい1キャストに最低でも5分くらいはかけるものですから、そのうちの50秒くらいはあまり大した時間ではないのです。私の場合はですが…

今回はファーストフォールで食いましたが、実際にやりたかった(やっていた)パターンはリフト&フォールです。

このようなフォールの釣りがこの時点ではまだ有効なようですので、ぜひ試してみてください。

さて、肝心のバネチューンの成果はといいますと、動画でロケットバグがちゃんと回収できているので効果あり!ということになりました!

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

いままで「ルアーが飛んじゃったんですけど…これです」と言って紹介するのが本当に辛かったので、ルアーがあって本当に嬉しかったのです(笑)

1本釣った後の状態がこんな感じ

8月:晩夏の木崎湖でもやっぱり?ロケットバグの虫チューン(おまけ情報つき)

すごくないですか!? ほとんどまったく裂けていませんよね。

これは間違いなくあと数本は釣っても大丈夫でしょう。

虫チューンのやり方はこちらをどうぞ

というわけでまだまだ釣れてくれる沈み虫パターン。

これは野尻湖でも晩秋まで実績のある釣りですので(晩秋の釣り方は放置が中心になりますが)、まだお持ちでない方はぜひ試してみてくださいね。

当店のロケットバグはただいまセール価格(税込598円)ですので、ほぼ日本一安いのではないかと思います!

ご注文お待ちしております!

それではまた。

毎度ありがとうございます!