野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

キャロライナリグを使いこなす5つのコト

   

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 Ways to Maximize Your Carolina Rig Success”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”5 Ways to Maximize Your Carolina Rig Success”By WALKER SMITH 07/26/2016(海外サイトです)

 

キャロライナリグ…野尻湖においてスモールマウスバスを釣るための方法として、かなり信頼されているリグのひとつですよね。

野尻湖では「ライトキャロが釣れる」と良く聞かれると思います。これはミドルからディープのフラットエリアで広範囲をドラッギングする時にはライトキャロが良いということで、オカッパリで釣るときは飛距離を優先したキャロにすればいいと思います。いずれにしても、キャロライナリグはよく釣れますよ。

そして野尻湖だけにとどまらず、ライトキャロ、ヘビキャロ問わず、かなりのフィールドにおいて実績の高いリグだということは皆さんもよくご存じなのではないかと思います。

そんなキャロライナリグ、アメリカのB.A.S.Sエリートプロ、マーク・メネンデスはビッグバスを釣るために1年中有効なリグだとこの記事の中で言っています。

まずはキャロライナリグの特徴の解説と、キャロライナリグをより使いこなすための5つのヒントを読んでみましょう。

 

キャロライナリグの利点

Carolina rigs take a fair amount of rigging and knot tying, so why wouldn’t we save ourselves the hassle and opt for a traditional Texas rig instead?
“Whenever you drag a Texas rig, the entire focus point is small and every component—the hook, weight and plastic—is on the bottom,” Menendez said. “A Carolina rig, however, has a weight seperate from the business end that’s creating a disturbance and drawing attention while the soft plastic is hovering a few inches off the bottom. This makes it much easier for a bass to locate and attack it.”
Above the water, Carolina rigs offer anglers two primary advantages: Constant feel and an unsually high hookup ratio.
“Novice anglers can enjoy a lot of success with this rig,” Menendez said. “It gives you a constant feel of your bait and acts as your underwater eyes; you’re able to paint a clear picture in your head of what the bottom of the lake looks like. In addition, Carolina rig fish will often hook themselves. Because there’s a length of line between the sinker and hook, you don’t always feel the initial bite, which reduces your chances of a premature hookset.”

キャロライナリグは多くのパーツと結び目があるという理由で、その煩わしさから、代わりにテキサスにしてしまうことはありませんか?
「テキサスリグをズル引きした時、全体の見た目が小さく、フック、シンカー、ワームすべてひっくるめて底にべったりですね」とメネンデス氏は語る。「しかしキャロライナリグは、シンカーが底を掻いて注意を引き、ワームが底から数センチのところに浮かぶという、離れた2つのパーツがそれぞれの仕事をすることで、バスが見つけやすくなり、攻撃するのがずっと楽になります。」
水上でも、キャロライナリグには、釣り人に主な2つの利点があります。
「初心者の釣り人はこのリグで多くの成功を収めることができます」とメネンデス氏は述べています。 「それはボトムの一定の感触を与え、水中の目として働きます。あなたは、湖の底がどのようになっているのかイメージでき、頭の中にはっきりとした絵を描くことができます。さらに、キャロライナリグの釣りは、フックアップ率も高めます。シンカーとフックの間には長いリーダーがあるので、最初のバイトを感じるとは限らず、早アワセの可能性が減ります。」

 

1.タングステンシンカーを使う

The emergence of tungsten weights has opened up an entirely new world to bass anglers around the world. This material is much harder, denser and smaller than lead which dramatically aids in sensitivity transmission. Yes, they’re more expensive; but Menendez believes they’re a worthy investment.
“Tungsten weights are hugely important when you’re Carolina rigging,” Menendez said. “They will give you a much better feel of not only the bottom composition, but also subtle bites. Instead of a bullet-shaped weight, I prefer the barrel-shaped Strike King Tour Grade Tungsten weights. They don’t get stuck in small cracks and crevices, which increases your efficiency tenfold.”
In regards to weight size, Menendez suggests keeping things as simple as possible. For depths up to 15 feet, he’ll use a 1/2-ounce weight and upsize to a 1-ounce weight when fishing areas any deeper.

タングステンウェイトの出現は、世界中の釣り人のためのまったく新しい世界を開きました。 この素材は、鉛に比べてはるかに硬く、密度が高く、感度の伝達に劇的に役立ちます。 ただ、高価なんです。 しかしメネンデスはそれが価値ある投資だと考えています。
「タングステンのシンカーは、キャロライナリグは非常に重要です」とメネンデス氏は述べています。 「ボトムの質だけでなく、わずかなバイトの感触も与えるでしょう。 私はバレットシンカーの代わりに、樽型のストライク・キング・ツアー・グレード・タングステンシンカーを好みます。 これは小さな亀裂や割れ目にはまってしまったりせず、効率が十倍良くなります。
シンカーの重さに関して、メネンデス氏は可能な限り単純に考えることを提案しています。 水深が最大4.5メートルまでは、1/2オンスを使用し、より深い場合は1オンスの重量にアップサイズします。

 

2.リーダーの長さを軽視しない

For anglers who don’t frequently use a Carolina rig, a lot of guesswork goes into leader lengths. We’ll go through the lengthy rigging process, tie our knots perfectly and when it’s time to cut the leader, we’ll get lazy and adopt a “good enough” attitude. In order to present your correctly and get more bites, it’s essential to pay close attention to the length of your leader.

キャロライナリグを頻繁に使用しない釣り人は、リーダーの長さを当てずっぽうで決めています。 私はこのリグに長い経験があるので、全部のノットを結び、リーダーをカットする時は、適当にやったとしても「まあまあの」出来になるでしょう。 正確にそこに送り込み、より多くのバイトを得るためには、リーダーの長さに細心の注意を払うことが不可欠です。

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

 

40から45センチ

“For years, professional anglers have been beat by Peter Thliveros and his ‘Petey rig’,” Menendez said. “Essentially, it’s a 3/8-ounce or lighter Carolina rig with a short, 15 to 18-inch leader. He has won hundreds of thousands of dollars on it because it’s so darn effective.”
This shorter leader is most productive in colder water leading up to the spring spawning period. The fish are very aggressive, you’re able to fish it much faster and your hookup ratio skyrockets; if a bass bites, you’re likely to catch it.
“If you frequent older reservoirs without much cover in the water, this is an outstanding way to catch both quantity and quality. It has caught on like wildfire among professional anglers and it will often work when all else fails.”

「何年もの間、プロの釣り人はPeter Thliveros(ピーター・スリベロス。B.A.S.Sプロ)のキャロライナリグによって打ち負かされてきました」とメネンデス氏は言う。 「基本的に、3/8オンスかそれより軽いキャロライナリグで、40~45センチの短いリーダーです。 効果的だからこそ彼は何十万ドルも稼いでいるのです」
この短いリーダーは、春の産卵期までの水温の低い時に最も効果的です。 魚は非常に積極的で、素速く釣ることができ、フックアップ率も上がります。 バスが噛んだら、キャッチできる可能性が高いです。
「水中に多くのカバーがないようなリザーバーで頻繁に釣りをする場合、これは質と量の両方をキャッチする優れた方法です。 何をやっても上手くいかない時はこれだと、プロの釣り人たちのあいだに瞬く間に広がりました。」

 

1.2から1.5メートル

When the spawn ends and the bass begin utilizing their deep, summertime haunts, the leader length of your Carolina rig should be adjusted and made longer. This is a tough time to be a bass, as they’re exhausted from the spawn and becoming increasingly lethargic due to high water temperatures.
“The longer your leader length, the more natural and non-threatening your presentation will be,” Menendez said. “This time of year, the bass are fairly obstinate and it can be downright tough to get a bite. When this happens, a longer leader and slower retrieve will work wonders. This is the leader length I use most often.”

スポーニングが終了し、バスが夏の日差しを避けてディープを利用し始めると、キャロライナリグのリーダーを長く調整する必要があります。 これは、バスが産卵で疲れてしまい、高水温のためにますます衰弱していく中で、バスがタフになる難しい時期です。
「リーダーの長さが長くなればなるほど、プレゼンテーションはナチュラルでバスを脅やかすものにはならないでしょう」とメネンデスメネンデス氏は言います。 「この時期、バスはきわめて強情で、バイトを得るには難しいかもしれません。 こうなったら、リーダーを長くとり、リトリーブを遅くすると驚くほどよく効きます。 これは私が最も頻繁に使うリーダーの長さですね。」

 

2メートル

It can be a booger to cast, but a 7-foot Carolina rig leader is notorious producer when fishing lakes with submerged vegetation. This extra length requires a lob-type cast—similar to an umbrella rig—and is most effective when casting to open water.
“A 7-foot leader may seem like an overkill, but it gives you one very important advantage when faced with vegetation,” Menendez said. “It keeps your soft plastic higher off the bottom and above the grass, giving the bass a much better look at your offering. It can be a hassle, but it’s certainly worth it.”

くっそキャストしづらいのですが、2メートルのキャロライナリグのリーダーは、ウィードレイクで釣りをするときには有名なやり方です。 この必要以上ともいえる長さは、アラバマリグのような山なりのキャストを必要とし、オープンウォーターにキャストするときに最も効果的です。
「2メートルのリーダーは、長すぎるように見えるかもしれませんが、ウィードに直面したときに非常に重要な1つのメリットがあります」とメネンデスは言いました。 「それはワームをボトムやウィードのより上、高く保つことができます。 面倒かもしれませんが、確かに価値があります。」

 

3.フロロラインを使う

Line selection is perhaps the oldest and most hotly debated topic when it comes to Carolina rigs. With the introduction of braided line, one would assume it would work perfectly for this technique; it’s sensitive, it’s strong and it allows for rock-solid hooksets. But it is really the best choice?
Menendez doesn’t quite buy into it.
“I use fluorocarbon main line with a fluorocarbon leader almost exclusively,” Menendez said. “Braided main line is a terribly risky proposition; it’s far too easy to over-set the hook and break your leader off. If you think about it, your leader and barrel swivel are taking the full brunt of that shock and sooner or later, something is going to give and it could cost you the fish of a lifetime. You have to have enough stretch and shock absorption in your rig.”
Because most of his Carolina rig fishing occurs around hard-bottom areas adorned with jagged rocks and sharp shell beds, Menendez uses 15 to 17-pound Seaguar InvizX fluorocarbon for his main line—even in gin-clear water.
“Because your main line is so far away from your bait, you can get away with a larger diameter,” Menendez said. “The main line is taking all of the abuse as the weight dredges the bottom, so it’s important to use line that’s heavy enough to handle it.”
For his leader line, he chooses 12 to 15-pound Seaguar InvizX.

ラインの選択はおそらく、キャロライナリグの場合は、昔から熱く議論されている事柄です。PEラインの登場により、キャロライナリグにはPEが完全にマッチすると言われています。敏感で、強く、確実なフックセットが可能です。しかし、それは本当にベストの選択なのでしょうか?
メネンデス氏はそれを評価していません。
「私はほとんどフロロカーボンのメインラインにフロロカーボンのリーダーを使用しています」とメネンデス氏は言いました。 「PEのメインラインは非常に危険なデメリットがあります。フッキングが強すぎるとすぐにリーダーが切れてしまいます。考えてみてください、リーダーとスイベルはフッキングの衝撃をモロに受けています。そしていつ、あなたに生涯の自己記録の魚がかかるかもわからないのです。このリグには十分な伸びと衝撃吸収力を持たなければなりません。」
彼のキャロライナリグの釣りの大部分は、デコボコした岩場や鋭い貝殻などのあるハードボトム周辺で使われるため、メンデンスは15〜17ポンドのシーガー・フロロカーボンをメインラインに使用します。
「メインラインはルアーから遠く離れているので、より太いラインを使うことができます」とメネンデス氏は述べています。 「メインラインはシンカーがボトムを叩くときにすべてのダメージを受けているので、それを扱うのに十分なヘビーラインを使用することが重要です」
彼はリーダーのラインには、12から15ポンドのシーガー・フロロカーボンラインを選んでいます。

 

4. 5タイプのワームを用意する

Almost everyone reading this article—including the guy writing it—is guilty of having too many soft plastics. We’ll start clicking around on Tackle Warehouse and before we know it, we’ve racked up a cart filled with crazy-looking soft plastics.
Carolina rigging, however, doesn’t need to be overcomplicated in regards to soft plastics. Just a few shapes will work in virtually every situation.

この記事を読んでいる人は誰もが、これを書いている私を含めて、あまりにも多くのワームを持っているという罪を犯しています。 私たちは通販の「レジへ進む」ボタンをクリックします。その前に、カートの中は狂ったようにワームでいっぱいなのです。
しかし、キャロライナリグは、ワームに関しては複雑すぎる必要はありません。 事実上すべての状況でいくつかの形を用意すれば機能します。

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

クリーチャー系

“If I could only choose one bait for a Carolina rig, it’s going to be a creature bait such as a Strike King Game Hawg,” Menendez said. “These baits are bulky, but compact enough to appeal to bass when they’re not on a major feed. Their rate of fall is also much slower than traditional straight-tail worms, which helps them stay in the optimal strike zone for a longer period of time.”

「キャロライナリグでひとつだけワームを選ぶということであれば、それはストライク・キング・ゲーム・ホークのようなクリーチャーベイトになるだろう」とメネンデスは言った。 「これ系のワームはバルキーですが、メインベイトに関わっていないバスにアピールするにはコンパクトなものです。 フォールはストレートテールワームよりもずっと遅く、長い時間、最適なストライクゾーンに留まるのに役立ちます。

 

フィネスワーム

A bona fide limit-getter, small finesse worms appeal to both largemouth and spotted bass when used in conjunction with a Carolina rig. Menendez prefers a Strike King KVD Finesse Worm and relies on it heavily in water temperatures exceeding 80 degrees.

キャロライナリグと組み合わせて使用すると、小さなフィネスワームはラージマウスとスポッテッドバスの両方にアピールする魅力的なリミットゲッター(とりあえずリミットメイクするのに十分な魚)となります。 メネンデスはストライクキングKVDフィネスワームを好んでおり、26℃を超える水温のときに大きく依存しています。

 

大きなクロー系ワーム

“Not many people do this, but I’ve started using oversized crawfish-shaped baits on my rigs, especially in dirtier water,” Menendez said. “The Strike King Rage Tail Space Monkey moves a ton of water and has that nice, flat bottom we talked about; it sinks slowly which keeps it in front of the bass longer.”

「これは多くの人が行っているわけではありませんが、私は特にマッディーウォーターで、大型のクロー系ワームを使用し始めました」とメネンデス氏は言います。 「ストライクキング・レイジテール・スペースモンキーは大量の水を動かし、私が言ったようなフラットボトムでゆっくりと沈んで、バスの前にそれを長く保つことができます。」

 

スティックワーム

Perhaps one of the most versatile soft plastics in existence, it’s hard to go wrong with a Carolina-rigged stick worm when the fish are in a negative mood. Menendez uses a Strike King Ocho when he’s fishing both very cold and very hot water.

おそらく最も汎用性の高いワームの一つであり、キャロライナリグのスティックワームはバスがネガティブな時にうまくいきます。 メネンデス氏は水温が非常に低いときや非常に高い時の両方で釣りをするときストライクキングOchoを使用しています。

 

ビッグワーム

“In the summer, I want to feed the bass a filet mignon because when they finally decide to eat, they want to make it worth their while,” Menendez said. “I’ll put a Strike King Rage Tail Anaconda on there anytime the water temperatures get hot. In the north, that usually means about 75 degrees while in the south, it means the 85-degree mark.”

「夏には、バスは特大のステーキを食べたいと思っています。なぜなら彼らが最終的に食べることを決めたら、彼らはもっともその価値があると思っているからです」とメネンデスは語った。 「水温が暑くなったらいつでもストライクキング・レイジテール・アナコンダをそこに置きます。 北部では通常約24℃、南部では29℃の水温です。」

 

5.ロングロッドを使う

Carolina rigging requires a great deal of line management. Whether you’re using a long or short leader, your casting and hookset mechanics are of the utmost importance. Using a traditional 7-foot rod will cause a lot of frustration throughout the day, which is why Menendez opts for a 7-foot, 6-inch casting rod.
“The only time I’ll use a shorter rod is when I’m throwing a lighter Carolina rig around specific targets,” Menendez said. “But other than that, the longer rod makes a dramatic difference. It will increase your casting accuracy and allow you to stick the fish on a long hookset.”

キャロライナリグは、多くのライン管理が必要です。 長いリーダー、短いリーダーを使用しているかどうかに関わらず、キャスティングとフックセットの技術は非常に重要です。 7フィートのロッドを使用すると、1日を通して多くの不満が生じます。メネンデスが7フィート6インチのロッドを選ぶ理由です。
「唯一短いロッドを使用するのは、特定のターゲットの周りに軽量のキャロライナリグを投げるときです」とメネンデスは言いました。 「しかし、それ以外のロングロッドは劇的な違いを作ります。 キャスティングの正確さが増し、長いストロークの合わせで魚に刺すことができます」

Photo by Walker Smith/Wired2Fish


 

いかがでしたか。

タックルセッティングなどは、自分のフィールド用にアレンジしていくことも必要なのかもしれませんが、キャロライナリグそのものの特徴や、リーダーの長さ、ワームの種類などについては、自分ではどこで使っているかというのをイメージしつつ、他の使いどころや思いがけない使い方などが見えましたでしょうか。

プロの中にもたくさんの人がいますし、プロじゃなくてもたくさんのバスアングラーさんはいますから、違ったとらえ方や使い方をされている方はもちろん多いのだと思いますが、自分の使い方と違う部分を否定的にとらえないで、新しい可能性と考えるとものすごく楽しくなりますよね。

初心者の方やキャロライナリグがいまいち苦手だな、という方に対しても、この意見はものすごく参考になる内容ですので、この通り実践してみてもいいかと思います。

野尻湖でも本当に釣れるリグですので是非やってみてくださいね!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと