野尻湖釣具店ルアー通販

若手FLWバスプロ、ジェイコブ・ウォール氏の挑戦【ニシネルアーワークス】

若手FLWバスプロ、ジェイコブ・ウォール氏の挑戦【ニシネルアーワークス】
Photo by majorleaguefishing.com

本日はFLWの若手バスプロ、ジェイコブ・ウォール氏(26)に注目した記事をご紹介いたします!彼はニシネルアーワークスのルアーでFLWのトップカテゴリー、プロサーキットを戦っているんです。気になりますよね!

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Cruising Erie with Wall”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:majorleaguefishing.com ”Cruising Erie with Wall”by KYLE WOOD|AUGUST 8, 2020

今回はいつものバス釣り攻略系の情報記事とはちょっと違う感じで、あるひとりの若手トッププロの紹介記事に注目してみました。

バスプロを目指し、いつかはアメリカの舞台で活躍したいという野望を持つアングラーさんや、より深くアメリカのトーナメントを楽しみたいという方に読んでいただき、お役に立てばと思います。

ちなみになぜ今回この選手に注目したかといいますと、ニシネルアーワークスさんとこのサポートプロ選手なんですね。

ニシネルアーと西根さんファンの自分としては自然と視線がいったという感じです。

彼の名前はジェイコブ・ウォール氏。アメリカ北西部のオレゴン州出身の26歳です。

オレゴン州はバスよりもトラウトが有名なところらしいのですが、小学生のころトラウトからバス釣りに目覚め、地元トーナメントに参加し、ハイスクール(高校)トーナメントと、カレッジ(大学)トーナメントを頑張って全国大会で好成績を収め、そこからプロの道へ入って行ったようです。

物心ついたころからトーナメンターですね。

彼のフェイスブックに友達申請したらあと300人しか増やせない(当時)のに承認してくれました。やった(笑)!

しかし、ただファン精神だけで彼に注目しているのではありません。

彼は今年のこの時点(2021年2月)ではプロ3年目をスタートしたばかりなのですが、前年は年間ポイント争い(AOYレース)の最終戦を2位でむかえるという優勝争いを演じていたんですね。

プロデビューした2019年はメジャーリーグフィッシングのバスプロツアーに選手が大量に流れたこともあってか、多くの30歳以下の若手選手が参入してきました。

そんな総勢180名ほどのプロサーキット(FLWのトップカテゴリー)のなかで、2019年のルーキーイヤーを年間55位という好成績で終えました。

そして去年、プロ2年目の最終戦まで2位につける優勝争い。いわゆる2年目のジンクスを跳ねのけた実力者ですね。恐ろしい男です。

結果、その2020年最終戦の優勝争いは予選落ちしてしまいポイントに絡めず、年間AOYポイントレースは6位ということで終えましたが、いや恐ろしく立派です。

さらに今後、ニシネルアーを高々とウイニングルアーに掲げるシーンがあるのではないかと想像するだけで、ファンでなくとも楽しみになりませんか。

ということでもう少し、この選手について知っておきましょう。

この記事はアメリカメジャーリーグフィッシング公式サイトのコラム記事で、ライターのカイル・ウッド氏が、エリー湖での最終戦のプラクティス2日目のジェイコブ氏の釣りを取材したものです。

このエリー湖の試合でジェイコブ君(すみません西根さんがジェイコブ君と呼ぶのでどうしてもこの呼び方になってしまいます)は結果的には予選落ちしてしまったのですが、この時点ではまだ結果が出ていない段階です。

その精神状態の中、どんな話が出てきたのでしょうか。ぜひ読んでみてください。

 気になるところだけ読んでもOKです 

ジェイコブ・ウォールのエリー湖の釣り

引用文(タップすると開きます)
In his second year as a professional on the Tackle Warehouse Pro Circuit, Jacob Wall finds himself in a position he never thought possible with one event left in the regular season. This week, Wall will not only have a chance to win the final Pro Circuit Super Tournament of the year on Lake Erie, but he’ll also be competing for one of the most coveted titles in the sport as he sits second in the Pro Circuit points race – Angler of the Year. With a lot at stake, I took the chance to jump in the boat with the 25-year-old pro to see how he was getting ready to tackle this massive fishery on the second day of official practice. Wall pulls into the Mazurik Boat Access on Lake Erie a hair before 6:45 a.m. ET and quickly realizes the landing is much more packed than it was on Friday. Walleye anglers are just as eager to hit the lake as he is, so Wall pulls off to the side and begins to prep his boat for launching. After a few minutes of waiting, Wall dumps his boat in the harbor and promptly gets the truck parked. He’s on the fence about chasing largemouths or smallmouths to start his day, despite having spent the majority of his first day of practice looking for largies. As we idle out of the ramp a little past 7 a.m., Wall still isn’t sure what to do. As we get on plane, he finally makes a decision. “Screw it, I’m going after largemouths first,” says Wall. Entering a nearby marina, Wall starts launching a buzzbait next to some riprap and scattered weeds. It doesn’t take long for Wall to connect with the first willing participant of the morning. It’s not the size he’ll need this week, but at least he’s got the skunk out of the boat early. After a few minutes of fishing, Wall is already digging more rods out of the locker as he sees what the marina has to offer inside. Despite putting a few new weapons on the deck, Wall sticks to the buzzbait to cover water. As the sun starts to rise higher in the sky, Wall hooks up with another largemouth, though it won’t do him any good during the tournament. Still, it’s a good sign of life. Meandering around the boat slips, Wall spots some good matted grass and eagerly picks up his flipping stick. “I know it’s probably too early to flip a big weight, but it just looks too good,” Wall says. For as good as it looks, it doesn’t produce any bites and he keeps pressing on. With the luscious grass not yielding much worth note, Wall decides to try a few boat docks. He grabs a wacky-rigged Nishine Namazu and starts skipping it around. A few skips later and he connects with his first solid keeper of the day. As he releases the fish, I ask about his decision to put so much emphasis on largemouths in practice. “I’ve just been fishing really well shallow this year and it’s where I feel the most confident,” says Wall. “I’d rather be comfortable and confident all day than out doing something where I feel out of my element. “It’s going to take a lot to catch Ron [Nelson] this week. I think I can find something to cash a check with by doing something I’m comfortable with. At the end of the day, I’m here to do my job and cash a check.” Wall spots more matted grass ahead of him and picks his flipping rod back up after digging out a new Gambler Stinger to put on it. As he probes the grass, I ask him what he thinks about being second in points with one event to go in his second year as a pro. “It’s crazy,” he laughs. “I need to think about it a little more, but if you would have told me I’d be where I’m at right now at the beginning of the season I would have said ‘no way.’ I’ve just been doing my thing this year, where last year I’d get stuck on one thing during a tournament and it’d cost me. This year I’ve been trusting my gut and making good decisions and trying to stay consistent. “It’s also nice to know that this year was the foundation I need to pursue [fishing] as a lifelong career. I’m just taking it all in and enjoying every second of it.” As Wall looks out across the vast basin of Lake Erie he decides he better go see what’s happening out in smallmouth country. So, he stuffs a few baitcasters in the locker and swaps them for a Ned rig and a few drop-shots. The weather is gorgeous, with very little wind and plenty of sunshine, so the run out in the lake shouldn’t be too bad – which is the main factor behind heading out there now. Wall now resides in New Hope, Ala., but is originally from Oregon, so he’s used to fishing for smallmouths. However, he’s quick to point out that fishing for brownies back home is a lot different than chasing them on Erie. “The smallmouth back home in Oregon are trout eaters,” he says. “I’m used to being able to pull up on something that looks good and find fish. Not out here. There’s so much stuff out here that looks good and they don’t always live on it. It’s harder to find them I feel like, but I know I need to put some time in doing it.” After idling a few different places, Wall finally stands up and fires his Ned rig out. Almost immediately he hooks up with one of the thousands of drum that call Erie home. Though it provided a brief moment of excitement, Wall quickly gets back to work. There’s no shortage of rock on the bottom of Erie and attached to those rocks are hundreds of zebra mussels. The shells of the zebra mussels are like little razor blades and Wall finds himself breaking off several Ned rigs in his prospect for smallmouths. In an effort to try to cover water a little quicker offshore, Wall ties up a Nishine Finesse Football Jig. A few casts in and he hooks up with yet another drum. So, he pulls the trolling motor and gets back to idling. With the sun beating down now Wall makes sure to reapply some sunscreen. It also seems like a nice break from staring at his graphs as we move along a deeper break. Of course, snacking and idling go together like peanut butter and jelly, so Wall also utilizes the time to grab a CLIF bar. Finally, he sees something he likes and drops the trolling motor. Opting for a drop-shot to try to avoid losing any more Neds, Wall connects on his first cast. The feisty smallmouth immediately comes flying out of the water as if to give Wall reassurance that he’s found the right species. The smallmouth wouldn’t keep, but Wall seems just fine to know that he at least is casting at structure that holds smallmouths. Wall digs out another Nishine Drop Shot Minnow and makes several more casts on the spot without any takers. As it nears noon, more and more pleasure boaters have taken to the lake and it becomes very apparent how busy it is as Wall bounces around the front deck thanks to all the boat wakes. Making a move to a nearby marina to get away from the boat traffic, Wall fields a few phone calls from his parents and girlfriend, Michaella. Fishing along, he spots several small bass of both species and convinces a feisty smallmouth to try his jerkbait. Knowing he’s got to make a move, he makes the call to pack up and head back to the ramp to drop me off. It’s almost 2:30 by the time we get back to the ramp and Wall needs to run to his truck to get another hat after losing his on the bumpy ride back in. With a fresh lid in hand, Wall hops back in his boat and heads back out to look for some more largemouth water. Having four days of practice for this tournament, Wall feels he can take advantage of the extra day by sampling some stuff he may overlook if there were just three days. So, it’s back to the bays and harbors of Erie’s south shore to follow his gut and instincts, which have treated him well this season. Good luck, Jacob.

FLWプロサーキットのプロとして迎えた2年目、ジェイコブウォールは、レギュラーシーズン最終戦を前に、大変な位置につけています。ウォールは今週末に開催されるエリー湖でのプロサーキットスーパートーナメント最終戦に勝つチャンスがあるだけでなく、プロサーキットで年間2位につけているため、このスポーツで最も欲しいタイトルの1つを奪い合うことになります。そう、ポイントレース=アングラーオブザイヤーのタイトルです。

この危機迫る状況のなか、私は、エリー湖というこの超大型フィールドに立ち向かう25歳のプロのボートに飛び乗り、公式プラクティス2日目の様子を取材しました。

ウォールは午前6時45分より早くエリー湖のマズリックボートランプに来るやいなや、週末でもないのにスロープがかなり混雑していることに気付きます。どうやら多くのウォールアイアングラーも出船するようで、ウォールは横にそれてボートの準備を始めます。

数分後、ウォールはボートを湖上へ降ろすと、次はトラックを駐車場へ置きに行きます。彼は、プラクティス初日の大部分をラージ狙いで過ごしたらしいのですが、このときはまだラージ探しをするかスモール探しをするか迷っているようでした。

午前7時過ぎ、ランプでアイドリングをしている時もまだウォールは決まらず。アクセルを踏んでボートがプレーニング(スピードに乗った状態)してようやく決断したようです。

「まあいいや。最初はラージマウスを追います」とウォールは言います。

近くのマリーナに入り、ウォールはリップラップやウィードの切れ目の際にバズベイトを通し始めます。ウォールが朝イチのバスに辿り着くのにそれほど時間はかかりません。しかし試合で必要なサイズではなかったため、素早くボートからリリースします。

数分ほど釣りをしつつ、ウォールはマリーナの奥へ行くにしたがって必要と思われるロッドをデッキの下から取り出していきます。ただ、デッキに何本かロッドを出したものの、ウォールはバスベイトを投げ続けています。

太陽が高くなりかけたころ、ウォールはまた別のラージマウスバスをキャッチしますが、これもまた試合では必要ないサイズ。まあ、釣れるのは悪くはないようです。

係留されたボートの周りを進みつつ、ウォールはウィードマットを見つけると、フリッピングロッドでのパンチングをしていきます。

「パンチングをするにはちょっと時期は早いとは思うのですが、これだけ見た目が良いい感じだと撃っちゃうよね」とウォール氏は言います。

見た目は良い感じですが、バイトはありません。しかし彼は続けます。

どうも反応がないということで、ウォールは桟橋を狙ってみることにしました。彼はニシネナマズのワッキーリグを手に取り、スキッピングし始めます。

数回のスキッピングの後、彼はその日最初のキーパーサイズをキャッチします。

彼がリリースする時、私は彼にプラクティスでラージマウス狙いをしている理由を尋ねてみました。

「今シーズンはシャローでの釣りをしていて調子が良いのですが、それは私が最も自信がある釣りなんです。 自分があまり得意ではない釣りをするよりも、一日を快適に自信のある釣りをするほうがいいんです。」彼は言います。

「試合ではロン・ネルソン(AOY優勝争いで首位の選手)も多くのバスを釣るでしょう。自分がやりやすい釣りをすることで、良いバスを釣ることができると思います。自分の仕事をやり終えたとき、自分にふさわしい賞金を得るために私はここにいます。」

ウォールはさらにいい感じのウィードマットを見つけると、フォローとして用意しておいたギャンブラー・スティンガー(クリーチャーワーム)のついたフリッピングロッドを手にします。

彼がウィードマットを撃っている時、私は彼に、プロ2年目で年間ポイントレースで2位につけていることについてどう思っているか聞いてみました。

「クレイジーだよね」と彼は笑います。 「そりゃあ確かにそうなりたくてやってはいるのですが、シーズンの初めに今の状況を予想できたかと言えば、「まさか」ですよね。ただ、今年の自分を振り返ると、去年の今頃は自分の考えに従うことができず、自分を犠牲にして、トーナメントでつまずいた。今年は、自分の感性を信頼して適切な決定をすると自分に言い聞かせてきました。」

「今年は、これからの釣り人生のキャリアで一番大切だろうそのことに気付けてうれしいです。私は自分をすべて受け入れて、その瞬間瞬間を楽しもうと思います。」

All Photo by majorleaguefishing.com

ウォールはエリー湖の巨大なワンドに目をやると、スモールマウスゾーンはどうなっているのかを見ておくべきだと判断したようです。 そこで彼は、ストレージにベイトロッドをしまい、ネッドリグとダウンショットロッドを取り出します。

風もあまりなく、日差しも多いという天気は、湖を走行しやすい状態。これが、今そこに向かう理由です。

ウォールは現在はアラバマ州ニューホープに住んでいますが、もともとはオレゴン州出身なので、スモールマウスの釣りには慣れています。 しかし彼はホームレイクのスモールの釣りとエリー湖でのスモールの釣りはかなり違うと言います。

「オレゴンのホームのスモールはトラウトを食っているんです。 ですので良い映像が魚探に映ればそれで釣るのには慣れていますが、 ここではそうはいきません。 ここは魚種が多く、魚探の映像がよさげなものが映ったとしても、それがバスとは限りません。 自分が釣りたい魚を見分けるのは難しいのですが、だからといってまったくやらないわけにはいきません。」

All Photo by majorleaguefishing.com

いくつかのエリアをアイドリングで回った後、ウォールは立ち上がり、ネッドリグをキャストします。すぐに彼はエリー湖に多く生息するドラムを釣ります。一瞬だけ期待しましたが、ウォールはすぐに平常心をとり戻します。

エリー湖のボトムには岩が多く、その岩には何百ものゼブラムール貝が付着しています。ゼブラムール貝は殻がカミソリの刃のように鋭く、ウォールはスモールマウスバスを探す間にネッドリグをいくつかブレイクして失くしています。

沖の釣りをもう少し効率よくするため、ウォールはニシネ・フィネスフットボールジグを結びます。数投のキャストで、彼はまた別のドラムを釣ります。ここで彼はエレキを上げ、アイドリングに戻ります。

太陽が降り注ぐため、ウォールは日焼け止めを塗り直します。このときもディープのブレイクを通りつつ魚探をしっかり見て、よさげなブレイクを探しています。もちろん、アイドリングのときは絶好のおやつタイムなので、ウォールはこの時間を利用してチョコバーを食べエネルギー補給をしています。

おっ、どうやら良さそうな場所を発見したようで、エレキを降ろしました。

ウォールはこれ以上ネッドリグを失くしたくないということでダウンショットにチェンジすると、1投目でバイトが来ました。スモールマウスバスは暴れますが、ウォールにここでOKだと教えるかのようにジャンプしてその魚体を見せます。スモールマウスはバレてしまいましたが、ウォールは少なくともここはスモールマウスが着いている地形変化だということさえ分かれば問題ないとのことです。

ウォールは別のニシネ・ドロップショットミノーを取り出し、そこで数キャストしましたが、バイトはありませんでした。

正午に近づくにつれ、多くのプレジャーボートが湖を航行するようになり、たくさんの引き波でウォールの立つフロントデッキがかなり不安定になってきました。

増えたボートを避けるために近くのマリーナに移動したウォールは、両親とガールフレンドのミカエラと何度か電話をしています。釣りもしています。彼はやる気のあるバスを探すためにジャークベイトを試してみると、ラージとスモールの両方の小バスを釣ります。彼はここも見切りをつけ、ひとまずボートランプに帰着して私を降ろすために連絡を入れます。

ボートランプに戻ったのは2:30ごろで、ウォールは荒れた湖面の走行中に帽子を飛ばしてしまったので、トラックへ予備の帽子を取りに戻りました。新しい帽子を手にしたウォールはボートに飛び乗り、もう少しラージマウスを探すと言って出船していきました。この試合の前に4日間のプラクティスを予定しているウォールは、もしプラが3日しかなかったとしたら、なにか見落としたことがないかを想定し、試すためにラスト1日を活用するようです。それはエリー湖の南岸のワンドにあるマリーナを探ることであり、今シーズンの彼の好調の理由である彼の本能と感性がそうさせるようです。
グッドラック、ジェイコブ。

All Photo by majorleaguefishing.com


トーナメントの緊張感とリラックスが当時に伝わってくるような感じと、ゲームの組み立てかたなどがいい勉強になりますよね。

この時の結果がもう出てしまっていますので、結果的にはこの取材の後、ジェイコブ君はエリー湖でグッドポイントを引き当てることはできなかったのですが、それはあくまでもひとつの結果です。

最終戦までの戦いは自分自身の直感や感性に従い、自分の得意な釣りに集中することで、年間優勝争いをしてきたわけですからね。

どんなプレッシャーがある時でも、いえむしろ強いプレッシャーがかかる時こそ、自分の得意なことをすることが大事なのでしょう。

しかしまあ、25歳で世界のトップに立とうとする1戦なわけですから、たまらない感覚なのでしょうね…!

もう経験できる若さの次元が違いすぎてまったく想像もできません。

ちなみに、このブログを書いている今、2021年のFLWは第1戦の3日目をライブ中継しています。上位10名が最終日の決勝戦を戦えますが、ジェイコブ君は現在28位。

10位とは8ポンド差ですが、10位の選手は5匹釣ってリミットメイク、ジェイコブ君は4匹であと1本追加できます。

順位はやや離れていますが、8ポンド差につけているのはまずますの状況かもしれません。

※先ほど試合終了し、開幕戦の順位は31位となりました。

今年も引き続き好調と言えるのでしょうか。

ぜひ皆さんもFLWのプロサーキットで活躍するジェイコブ君に注目してみてください。

ジェイコブ君がプラクティスで使っていたニシネルアーワークスの製品はこちら

いずれも在庫少量につき売切れの際はご容赦くださいませ。

しかし、いいですね!

私もいつかエリー湖でバス釣りをしてみたいです!

それではまた。

毎度ありがとうございます!