野尻湖釣具店ルアー通販

釣りでのやらかし…忘れられない悪しき思い出

釣りでのやらかし…忘れられない悪しき思い出
Photo by bassmaster.com

釣りでの失敗談。その時の感情はたしかに辛いものだと思いますが、失敗を受け入れること、失敗から学ぶことで、成長した今の自分があります。それは自分の失敗だけでなく、他者の失敗からも同じように学ぶことができます。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Long list of bad choices”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bassmaster.com ”Long list of bad choices”by James Hall | December 9, 2020

みなさんは、釣りまたは釣行全体で、何かやらかしてしまったことって、ありますでしょうか?

釣りというのは、私個人的にはですが、いい思い出が勝手に残っていくものだと思うんです。

それほどのことでなくても思い出って美化されていってしまうので、その思い出を当時一緒に過ごした連れに話すと「そんなにすごくなかっただろ」という返しをされてしまうこともあるんですよね(笑)

まあ、私自身が楽天家な性格なので、その傾向はより強くなってしまうのでしょうけどもね。

いずれにしても、釣りの楽しかった思い出、嬉しかった感情は今でもたくさん思い出すことがあります。

しかし、そればかりではないですよね。

釣りは成長するものですから、色々な失敗の上に成り立っている部分があるはずなんです。

成長がある以上は、失敗もあるはず。

「失敗は成功のもと」という言葉の通り、失敗することそれ自体は悪いことではありません。あくまでも成長の過程、成功までの道のりの中にあるだけです。

たしかに、その失敗したことをあらためて振り返ってみると、笑いごとじゃすまされなかったり、心の傷をえぐられるような気分になることもあると思います。

ですが、失敗談だからといって、それを共有することは悪いことではありません。

この記事は、アメリカバスマスター公式サイトのコラム記事で、「これまでやらかしちまったこと」と題し、バスマスターマガジンの編集者ジェームズ・ホール氏が、自信の過去の失敗談を掲載してくれています。

これはあくまでも、失敗を批判するためのものではありません。

他者の失敗から学ぶこと、また、本人がもう笑い話として消化できている話を楽しむことを目的としています。

ということで、読ませていただくことにしましょう。

 気になるところだけ読んでもOKです 

今まででやらかしたこと

引用文(タップすると開きます)
It’s hard to pick just one. When you’ve made as many bad choices as I have on the water, picking the “baddest” is no easy feat. For the record, this is not a subject on which I dwell. Too much time spent considering my failures would require a level of introspection that is not only uncomfortable, but would likely conclude with a doctor-ordered mental health assessment. Still, I couldn’t help but ponder a couple of moments of my own that I’d like to redo. Two years ago, I was the boat captain for my son, Austin, and his partner, Zach, for a high school bass tournament. We were running late to the launch, so I didn’t stop and get my traditional extra-large cup of coffee (cream, no sugar). When we arrived, all the other boats were in the water. I zipped around the launch; the kids jumped in the boat. I put the plug in, unhooked the nose from the trailer and dumped them in the lake. Man, it was smooth. Took all of 2 minutes, 15 seconds. No doubt the onlookers were impressed by our flawless execution. Because of my tardiness, I had to park about a mile away from the ramp. So, it took a few minutes for me to get back to the kids. As I neared, I could hear my son screaming something that I couldn’t make out. “We are singing!” I thought I heard him yell. Good for you, little fella! I was just about to break out into a tune of my own when I heard him better: “We are sinking!” I ran down closer to make sure I heard him properly. I did. There was already a couple of inches of water in the floor, and that measurement was increasing. So, I ran back to the truck, zipped back around and slid the trailer in the water. I jumped in the boat — water was up to my ankles — and put her back on the trailer. After I pulled the boat out of the water enough to start draining the hull, I realized my mistake. I put the plug in the hole for the livewell, not the drain. And all 200-plus boats waiting to blast off had front-row seats to my titanic mistake. So, if I could go back and do it all over, I’d make sure I stopped for that cup of coffee. Back in 1999, I had the chance to fish Lake Fork with local legend Mark Pack. The first place we stopped, I got bit on my fourth cast. Seemed fairly insignificant. I set the hook, and the fish was coming in without fuss. “Do I need to get the net?” Pack asked. “Nah, little fellow,” I replied. As the fish surfaced next to the side of the boat (I can still picture it to this day), its mouth opened wide enough to put my head in. It jumped once, boatside. As Pack leapt from the front deck to get the net, I pulled the fish to the surface just long enough to watch the jig fall out. As it slowly swam away, Pack thrust the net towards the beast a moment too late. “Holy cow! That sucker was well over 13 pounds!” I simply sat down and quietly wept. If I could do it all over, I’d have pushed Pack into the lake for estimating its weight out loud. Of course, there was the time in 2005 when I fished Lake El Salto and was in too big of a hurry to retie and watched a double-digit fish jump 20 yards away and break my line. The first time I fished Mille Lacs, I put too much pressure on what would easily have been my personal best smallmouth and ripped the little drop-shot hook out of its snout before getting my hands on it. In 2015, I flippantly declined a trip with smallmouth guide Chris Noffsinger out of Traverse City. He landed a 32-pound limit of brown bass that day. Unfortunately, I could go on. Instead, I’ll look up recommendations for a good therapist.

これは1つだけ選ぶのというのは難しいです。私の釣りの失敗談をお話しする時、最も「イケてる話」を選ぶのは簡単なことではありません。正直なところ、そんなによく覚えてもいません。自分の失敗談を考えてばかりいると、不快なだけでなく、精神科医によるカウンセリングが必要になるのではないかと怖くなってしまうレベルです(笑)。しかし、やはりどうしても思い出してしまうことというのはあるものです。

2年前、私は息子のオースティンとその相棒のハイスクールバストーナメントのボートキャプテンでした。出船時間に遅れそうだったので、いつものコーヒーを買うための寄り道をしませんでした。私たちが到着したとき、他のすべてのボートはもう浮いていました。私はスロープを急いでバックし、息子たちはボートに飛び乗ります。プラグを差し込んで、トレーラーからボートを切り離し、湖上に出しました。その作業のスムーズなこと。 ここまでトータルでわずか2分15秒です。見ていた人は間違いなく私たちの完璧な作業に感動したはずです。

到着が遅かったこともあり、スロープから駐車できるスペースまではかなりの距離になってしまいました。そのため、息子たちの乗るボートに戻るまで数分かかりました。近くまで行くと、息子がなにやら大声をあげているのが聞こえました。 「えらくノリノリで歌ってやがるな!」私は彼のシャウトをそう聞いていました。あいつらホント仲がいいな!しかし、彼の声をよくよく聞いてみると、なにかの曲を歌っているのではなさそうです。「この船、沈んでるぞ!」

私は彼の言うことを確認するために近づいてみました。やばい。すでにデッキ近くまで水が上がり、その量は増えているようです。私は車に走って戻り、スロープからトレーラーを水中に滑り込ませました。私がボートに飛び乗ったとき水は私の足首までありました。そしてボートをトレーラーに戻し、ボートをスロープの上まで引き上げたとき、私は自分の間違いに気づきました。ドレンコックではなく、ライブウェルの穴にさきほどのプラグを入れていたのです。そしてその失敗は、スタートを待つ他の200隻以上のボートにバッチリと見られていたのです。ですので、もし時間を戻せるのであれば、私は朝の一杯のコーヒーのための寄り道をしたいと思います。

1999年、地元のレジェンドアングラー、マーク・パックとレイクフォークで一緒に釣りをする機会がありました。最初のポイントに着いて4投目でバイトがあります。まあ、さすが予定通りといったところ。フッキングすると、バスは全然暴れずに寄ってきます。 「ネットやりましょうか?」とパックが聞いてきます。 「いや、小さいから大丈夫」と私は答えます。ボートの横までバスを寄せた時(今でも鮮明に思い出せます)、握りこぶしが入るほどのデカい口が開いているのが見えました。ボートの横でそいつがジャンプすると、パックがすかさずフロントデッキのランディングネットを手に取ってくれたものの、ジグが口から外れるには充分な時間だったようで、バスだけが水面に落ちました。そいつは悠々と泳ぎ去ろうとしているので、パックはそのモンスターに向かってネットを挿し入れましたが、少し遅すぎたようです。 「いまの見たかよ!13ポンド(6キロ)は超えていたぞ!」私はただ座りこむばかりでした。もし時間を戻せるのであれば、私はパックを湖に突き落としてでも、ネットに入れてもらうべきだったでしょう。(そこじゃないだろ笑)

他にも、2005年に私がレイクエルサルトで釣りをしたとき、気持ちが先走っていたのかノットを結び直し忘れていて、10パウンダーが20m先でジャンプしたときにラインブレイクしたこともありました。 ミルラコスでの初めての釣りのとき、自己最高記録となったスモールマウスの口に掛かったフックを外そうとしたときに力が入り過ぎ、自分の指に刺してしまったこともありました。 2015年、私はスモールマウスバスガイドのクリス・ノフシンガーとのトラバースシティからの釣行をキャンセルしなければなりませんでした。彼はその日、5本で32ポンド(約14キロ!)のスモールマウスバスを揃えてきました。残念だったことは、まだまだあります…。ちょっとすみません、良いセラピストを誰か紹介していただけますか?

釣りでのやらかし…忘れられない悪しき思い出

これは私の偏見かもしれませんが、釣りをする人というのは、良い人生を送っているように見えます。

いい人生というのはもちろん、何の不満も失敗もない人生ということでも、すべてが人生の成功者ということでもありません。

自分の失敗を認め、そこから成長することができる、人生を立て直すことができる人という感じです。

釣りはどうしても、自分の失敗を認めなければならないものですから、皆さん当たり前のように反省しますので、通常の生活や社会でもそれをすることができるのですが、それが普通の人にはなかなかできないのです。

だからといって、他人と比べていい人生ということでもありません。

あくまでも自分の成長を感じることで、過去の自分を越える喜びといいますか、そういうものを感じ取っている方が多いように思えるんです。

もしかしたら「それ笑いごとじゃないだろ」と言いたくなるような失敗談を聞くこともあるかもしれませんが、それはその人にとって必要なアクシデントだったわけで、それ以降はきちんと気を付けているからこそ笑い話エピソードとして出てくる話ですから、他人の失敗を批判するのではなく、そこから自分が学べることを学べばいいのではないかと思います。

まあ、ネット上で話せる内容にはさすがに限界があるでしょうから、気心の知れた仲間と会った時にでも、そんな話をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が辛かったことといいますと、数年ぶりの桧原湖釣行で大雨になり、釣ったシーンを録画できなかったこと、富山までアオリイカ釣行したときに急にその日が稲刈りの日になってしまい、朝の1時間ほど釣りをしたところで長野まで呼び戻されたことなんかがあります(笑)

ああ、時間を返して…!

みなさんも、たまには失敗談を詳しく思い出してみてくださいね(笑)!

それではまた。

毎度ありがとうございます!