野尻湖釣具店ルアー通販

バス釣りの「運」と「準備」の関係

バス釣りの「運」と「準備」の関係

立派なバスプロの方々はバス釣りで成功した時には運が良かったと言い、失敗した時には運のせいにせず、準備不足だったと言います。つまり、運と準備は表裏一体で、相互関係にあるということです。では、運を味方につける準備とはどのようなものなのでしょうか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”THE ELEMENT OF LUCK”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bayoulifemag.com”THE ELEMENT OF LUCK”by Kenny Covington

釣りの話をしていると、必ず出てくる「運」というワード。

私はオカルト大好き人間ですので、運は存在するものと考えていますし、運によって釣果が左右されることはあると思っていますし、あってもいいと考えます。特に私のようなファンフィッシングをしている者にとっては。

しかし、プロアングラーの皆さんは、運は考えません。

少なくとも、運に任せるような釣りはしません。

彼らはトーナメントやメディア取材のためにあらゆる準備をし、細心の注意を払ってこれまでの経験と技術を現場に投入しています。

バスプロの方がトーナメントに勝ったり取材で釣ったことの解説をするとき、これは私の意見ですが、「このルアーを使ったからよかった」というコメントをしますが、これはスポンサー向けに出た商業的な言葉だと思います(もちろん真実も含まれていますよ)。

真実は、メディアで言葉にするにはあまりにも華がない地味な事…たとえば、他の選手よりも多くのことを試した、足音を立てないように集中した、船の向きが重要だった…このようなことが非常に重要だったのではないかと思うんです。

もしかしたらバスプロの皆さんにとっては当たり前すぎて些細な事のように思ってるから口にしないのかもしれません。

しかし、結果として、「運悪く」願いが叶わなかった多くのプロアングラーさんを私は見てきていますし、前向きに誠実に努力する方にこそ幸運が舞い込むことも見てきました。

そして立派なプロになるほど、成功した時は「運が良かった」と言い、失敗した時は運のせいにせず、準備が足りなかったと言います。

つまり、運と準備は表裏一体で、相互関係にあるということでしょうか。

それはいかにもオカルト好きな私らしく(笑)やや強引なこじつけかもしれません。

でも、もしそれが本当だとしたとき、運を味方につける準備というものには、具体的にどんなことがあるのでしょうか。

この記事は、アメリカテキサス州南東部にあるバイユー地方を中心とした生活情報ウェブマガジン「Bayou life」の記事で、プロアングラーでありライターのケニー・コヴィントン氏が、運を味方につけるための準備について共有してくれています。

ほんの些細なことかもしれませんが、今後の釣果に大きく関係する内容だと思います。

ぜひ読んでみてください。

使うルアーのフックサイズが合っているか

引用文(タップすると開きます)
Make sure your choice of hook matches your technique. When I purchase a topwater lure or a crankbait the first thing I look at are the hooks. Some I will sharpen on my own, most I will change out. I also look to see if it is possible to put a bigger hook on the lure without changing the action of it. This simple change can make all the difference in the world in your hook-up to catch ratio. When changing out hooks, one lure that comes to mind and that is the popular Whopper Plopper. The larger versions have a #2 treble hooks and they are about as sharp as a factory installed treble hook can be. However, through trial and error, I have upgraded my hooks to a 1/0 treble. The bait still runs fine and the bigger hooks have allowed me to have more success landing larger bass the lure is known for attracting.

トップウォーターやクランクベイトなどのルアーを購入するとき、最初に目にするのはフックです。 自分で研ぐものもあれば、変えるものもあります。 また、ルアーのアクションに影響させない程度のなるべく大きなフックを付けることはできないかについても考えます。 この単純な変更により、フッキング率とキャッチ率が大幅に変わる可能性があります。

フックを交換する例として、人気のワッパープロッパーがあります。 大きいサイズのルアーには#2サイズのトレブルフックが付いていて、工場出荷状態でも充分鋭いものです。 しかし、試行錯誤の末、フックを#1/0のトレブルフックにしました。 ルアーのアクションは失わずに、フックが大きいので、よりビッグバスのランディング率が上がったと私は考えています。

ラインの種類と太さですべてが変わる可能性がある

引用文(タップすると開きます)
Line type and size can mean all the difference in the world. Personally, I do not use fluorocarbon line. I know a lot of people use it and that’s fine but I have heard more horror stories about line breakage due to the use of fluorocarbon than I have any other line style. It’s going to break your heart, especially if you fish competitively. I use P-line CXX, Berkley Big Game monofilaments and various braided lines. The monofilaments are used when flipping/pitching or any other soft plastic techniques. I also use it on some of my topwaters such as a Pop-R, for spinnerbaits and crankbaits. If I could only choose one size line it would be 15 lb. in both P-line CXX and Big Game and 90% of my fishing would be covered. I use 50 lb. braided line on my frogs, buzzbaits, and larger moving topwaters such as a Spook or a Whopper Plopper. In all of the instances I just spoke of, it is very important to match the rod you are using with the line style and technique.

個人的にはフロロカーボンラインは使用していません。 多くの人が使っていることは知っていますし問題ありませんが、フロロカーボンラインを使用していたことによるラインブレイクの話は、他のラインよりも多く耳にします。 特にトーナメントアングラーにとってそれは心をえぐられる思いだったでしょう。

私はさまざまなナイロンラインとPEラインを使用しています。 ナイロンラインはフリッピング/ピッチングまたはその他のソフトベイトで釣る時に使用します。 スピナーベイトやクランクベイト、トップウォーターでも使用しています。 もしラインの太さを1つしか選択できなかった場合は15ポンドにします。これで釣りの90%は対応できます。

フロッグ、バズベイト、ペンシルなどのより大きいトップウォーターには50ポンドのPEラインを使用しています。 ひとつ前の項目と同じように、使うロッドをラインスタイルやテクニックと一致させることも非常に重要です。

カラーは本当に重要か?

引用文(タップすると開きます)
Does color really matter? Someone once said the best lure you have in your tackle box can be found sitting between your ears. Confidence is that all important variable that plays a significant role in an angler’s success. Your choice of lures, colors, areas to fish and decisions you make on the water, based on self created confidence will make you a better angler. There are no magic colors, lures or secret spots. With confidence you will be able to find each of your own.

タックルボックスにある最高のルアーは頭の中でもう決まっているとよく言われています。 自信は、すべての変数の中でも釣り人の成功に重要な役割を与えるものです。 これまで自らが積み上げてきた自信に基づいて、ルアー、カラー、釣りをするエリアなど、フィールド上での決断をすることで、より良い釣り人になります。 魔法のカラー、ルアー、秘密のスポットはありません。 それらは自信を持つことであなただけのものを見つけることになるでしょう。

うまくいかなかった理由を考えること

引用文(タップすると開きます)
Figure out and then understand why you weren’t successful. I have never fished a tournament or spent a day on the water when someone didn’t catch fish. Someone always catches them. On the days when I am not successful, I take an honest assessment of what I did even though what I did obviously didn’t work. Did I fish too fast? Did I choose the wrong area of the lake? There will be a lot of questions and there are no easy answers but with practice and preparation the least of your factors in your fishing decisions will be luck.

私がトーナメントなどで1日をフィールドで過ごした時、誰にもバスが釣れなかったことはありません。 いつも誰かがバスを釣っています。 うまくいかなかった日は、何がうまくいかなかったのかはっきりさせるために、自分がしたことを正直に評価します。 釣りが速すぎたのか? 間違ったエリアで釣ってしまったのか? 自分に対するたくさんの質問があり、答えは簡単ではありませんが、練習と準備をすれば、釣りの決定におけるあなたの運という要素は最も必要のないものになります。

バス釣りの「運」と「準備」の関係

準備ができていればいるほど、運の要素は必要なくなる。上手くいかなかったことも正当に評価する。

そういうことをこの記事では言っていますね。

私は冒頭で、バスプロの方々はこれまでの経験や技術をもって細心の注意を払っていると書きましたが、その経験の中にはもちろん失敗も含まれているはずです。

近年大ブレイク中のバスプロである藤田京弥プロへの取材で、数々のルアー、改造ルアー(そのときはワームをちぎって使った)でキャストを試し、優勝パターンに辿り着いたという記事を読みました。

数々の実験をしたということは、その数だけ失敗をしたということになります。

練習では誰よりも多く失敗をしたということです。

また、青木大介プロのドキュメンタリー番組では、彼のガレージにスポンサー商品以外の他社製品がずらっと並んでいるのが映っていました。

青木プロもどんなルアーでも実際に使って試し、自分が勝つための釣れるルアーの開発に役立てるほか、もしかしたらライバル選手が使うルアーを試し、試合の日のライバル選手の行動までシミュレーションしていたのかもしれません。

そう考えると、彼らの強さは運ではないことは良くわかりますよね。

私も(それほど高いレベルで考えるわけではありませんが)、できるだけ運という要素に頼る部分を少なくし、釣れなかった日も正当に自分を評価できるようになりたいものだと思います。

でもですね…釣りのときはだいたいは撮影をするので、天気予報が雨予報でも「晴れてくれー」と願って運任せで出掛けたりすることもあるのですよね(笑)

この時点で運の要素が最大なわけですが(笑)

みなさんは釣れなかった時、運や他人やほかの事のせいにしたりしていませんか?

それではまた。

毎度ありがとうございます!