秋のスモールマウスバスの釣り方探し方

      2019/09/21

秋のスモールマウスバスの釣り方探し方
Photo by everything-smallmouth.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Finding Fall Smallies”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:everything-smallmouth.com ”Finding Fall Smallies”By Christopher Smith

私が良く釣りに行く野尻湖は、1995年ごろにルアーフィッシングが解禁になりました。

当時はバス釣りブームが全盛期だったこともあり、解禁当初のスレてないバスが釣れるパラダイス的なフィールドであること、また、スモールマウスバスという新たなターゲットの出現の情報が広がり、かなり賑わっていたように思います。

正直、私でもよく釣れました。

船舶免許がなかった私は、数年間はオカッパリで野尻湖に通っていましたが、毎年毎年、夏が過ぎ、秋になると、当時の野尻湖でもさすがに釣れなくなりました。

どうやら秋になると、バスは沖へ行ってしまうということを知った私は、フットターボという足こぎボートをレンタルし、初めてのボート釣りを体験しました。

しかしそれでも、秋のスモールマウスは釣れず、あんなに釣れていた魚が大金を出してボートまで借りたのに釣れなくなることにショックを受けたことを覚えています。

それから実に20年以上が経っているのですが、いまだに、秋の野尻湖には苦手意識があります(笑)

秋の野尻湖のバス釣りがちっとも上達しないんです。

まあ、私は釣りが上手なほうではありませんので、私が釣れないのはまだいいのですが、それでも多くの方が「秋はムズい」と言われること、そして湖上に出るボートの少なさが、やはり難しさを物語っているのではないかと思います。

釣り人が少ない=情報も少ない、ということにもなりますから、余計にまずいことになってしまいます。

秋だって野尻湖のバス釣りを楽しみたいと思う方は私だけではないはずです。

そしてできれば、スモールを釣ってこそ楽しいと言いたいものですよね。

この記事は、アメリカのスモールマウスバス情報の専門ウェブサイト「everything-smallmouth.com」の記事で、秋のスモールマウスバスの探し方や釣り方について解説されています。

秋のバス釣りをどう攻略するのか、ぜひ読んでみましょう。

秋のスモールマウスバス探し

引用文(タップすると開きます)

While many resources say that bass are all schooled in certain areas, for example up shallow in the creek mouths looking for shad, our lakes here don’t have shad so this leaves them feeding on sunfish, perch, and the last soft shelled crawfish. When the water turns over I have found those pesky little 3” smallmouth in depths of forty feet and more. No longer are all the little guys hanging around the safety of the bank. The larger fish may now find this forage at any depth. On my last few outings I have been amazed at where I have found smallmouth putting on their feedbags for winter. This may make finding fish seem like a daunting task but just remember a bass is still a bass and a bluegill (or other baitfish) is still a bluegill. They would rather be near structure and/or the bottom. Narrow your search quickly by finding an area that can be fished from one to fifty feet in a single cast. I’m talking about a steep bank with chunk rock, cliffs, or anywhere with a good change in bottom materials. Look for a steep bank with something different than the rest of the steep banks. Often the lake levels are lower this time of year so the banks will give you hints as to what difference they offer below the water.

多くの情報を見ると、バスはすべて特定のエリア、たとえばシャッドを追ってクリークマウスのシャローにいると言われていますが、この湖はシャッドがないため、ブルーギル、パーチ、最後の脱皮を終えて殻の柔らかいザリガニを食べています。ターンオーバーが起こった時、やっかいなことに私は水深12メートルよりも深いところで体長10センチの小さなスモールマウスバスを見つけました。すべてのスモールマウスが先ほど言われたようなバンクのそばのシャローにいるわけではないということです。ましてビッグフィッシュは、エサを探してどんな水深でも見つけることができます。

シーズン終盤の数回の釣行の時、私はスモールマウスが冬に備えて荒食いをしている場面を見て驚きました。そうです、バスを見つけるのは難しい作業のように思えるかもしれませんが、バスはいつまでもバスであり、ベイトフィッシュはいつまでもベイトフィッシュであるということを覚えておくべきだということです。

彼らは、地形変化のあるボトムに近いところにいるようです。 1回のキャストで水深30センチから15メートルまで釣りができるようなエリアを見つけることで、サーチがすばやくできます。これはつまり、岩、崖、またはボトムの質に大きな変化がある急深のバンクのことを意味しています。  他の急なバンクとは異なる何か  を持つ急なバンクを探してください。多くの場合、湖の水位はこの時期は下がっているため、バンクを見れば水面下でどのような変化があるかをつかむヒントがあるはずです。



秋のスモールマウスを釣るルアー

引用文(タップすると開きます)

While many resources say that bass are all schooled in certain areas, for example up shallow in the creek mouths looking for shad, our lakes here don’t have shad so this leaves them feeding on sunfish, perch, and the last soft shelled crawfish. When the water turns over I have found those pesky little 3” smallmouth in depths of forty feet and more. No longer are all the little guys hanging around the safety of the bank. The larger fish may now find this forage at any depth. On my last few outings I have been amazed at where I have found smallmouth putting on their feedbags for winter. This may make finding fish seem like a daunting task but just remember a bass is still a bass and a bluegill (or other baitfish) is still a bluegill. They would rather be near structure and/or the bottom. Narrow your search quickly by finding an area that can be fished from one to fifty feet in a single cast. I’m talking about a steep bank with chunk rock, cliffs, or anywhere with a good change in bottom materials. Look for a steep bank with something different than the rest of the steep banks. Often the lake levels are lower this time of year so the banks will give you hints as to what difference they offer below the water.

こういった地形変化を釣るのに使う私のお気に入りのルアーの1つはジグです。スカートを取り外し、小型のトレーラーを使用して、コンパクトにしましょう。これにより、警戒心のあるバスでも美味しそうで食べやすそうなルアーに抵抗するのが難しくなります。ボートから岸際に向かって投げ、ジグをゆっくりとズル引きまたは斜面を舐めるように、岩のボトムにできるだけ接触させます。ボートの真下に来るまで釣ります。多くの場合、バンクの斜面からボトムが平らになる場所があれば、リフト&フォールのアクションで釣れます。魚探があればすぐに見つかるかもしれませんが、魚探がなくても心配する必要はありません。これは、魚探なしで魚を見つける最も速い方法の1つなのです!魚探に映ったりバイトがあってもフックアップできなかった場合は、ワームを小さくしたりいろんなアクションを試してみてください。

晩秋になって冷えてきた時期の低活性なバスを探す時、私は極端な釣り方をするのが好きです。最初に、前述のようにディープへ向かう急なバンクを釣り、次にシャローフラットを素早くサーチします。これは少し無駄なことにも思えるかもしれませんが、これをすることで、その日は水深3メートルから12メートルの急なバンクに魚がいることがわかりました。これにより時間を節約できるだけでなく、急なバンクでバスのバイトがない場合に、フラットで釣りをする自信も得られます。フラットで釣りをするときは、ラトルトラップ(バイブレーション)やスピナーベイトを試してみてください。特にここではリズムを試してください。高速リトリーブから始めて、スローダウンします。ポーズを入れると、追ってきたスモールがバイトしてくる場合があります。冬が近づくにつれて、そのリズムをより遅くしたり、より長いポーズを試してみる実験を増やしてみます。



釣りを限定しない

引用文(タップすると開きます)

Keep an open mind and don’t let too many big bass articles limit where you fish this season. Go out and enjoy catching smallies in places you’ve never caught them before! Remember at this time of year the smallmouth and forage are comfortable at many depths because the changes in temperatures and oxygen levels throughout the lake range less. Don’t spend too much time in one area until you pull a fish out. When you do, throw the anchor down because you may be in for one of your best fishing days of the season. If you catch more than a few and the bite slows there are likely more fish to be caught. Change baits and keep on catching them!

オープンマインドをもってください。またこの時期は、大きなバスが釣れた情報に踊らされないようにしてください。釣りが限られてしまいます。 まずは釣りに行き、今まで釣れなかったスモールマウスを釣りに行きましょう! この時期は、湖全体の水温や酸素レベルの変化が少ないため、スモールマウスやそのエサとなる生き物はどのレンジでも快適に過ごせます。 魚が釣れるまでは、1つのエリアで時間をかけすぎないでください。 もしかしたら、シーズン最高の釣りになるかもしれないので、アンカーを投げることも考えてください。 数匹ほど釣るとバイトが遠のくかもしれません。そんなときはルアーを変えたりして、釣り続けてください!

秋のスモールマウスバスの釣り方探し方
Photo by everything-smallmouth.com

秋のスモールマウスはベイトに着きます。

沖に行ってしまうんです。

そう思っていましたら、そればかりではないようですね…。

特に晩秋になってくるにつれ、バスは沖の中層ではなく、バンク沿いで釣れるようになるようです。

正確に言うと、沖の中層の魚より釣りやすいバスがバンクに寄る、という感じでしょうか。

この記事では、ボートからバンクに向かってジグをキャストするという釣り方が紹介されていましたが、逆でもいいんです。

ボートを岸ギリギリに着け、沖に投げてアップヒルで誘うんですね。

急なバンクですから、ちょっと投げればもう水深15メートルになります。

ですので、斜め沖に向かって投げて、ポーズを入れながら斜めにゆっくり回収することで、ルアーがボトムから離れず、効率が良くなるといった作戦です。

ただしこれは根掛かりが増える危険が高くなりますので、根掛かりしづらいリグでやらなければなりません。

またこの記事にも書かれていた通り、オープンマインドで挑むことも本当に大事だと思います。

決めつけず、限定せず、そのときに思ったことをやる。

経験が増えてくると、逆にこれがなかなか難しいのですが、とにかく、気まぐれな秋の空とスモールが相手ですので、粘らず、移動し続け、良い場所を見つけるような釣りをしてみたいと思います。

難しいと言われると釣りに行くのがもったいないような気がしてしまいますが、1本の価値が高いと言われる時期です。

それは釣れるバスがデカいという意味もありますが、この時期に釣ることで確実に釣りの腕が上がるという意味もあります。

ご自身のスキルアップを目指し、ぜひスモールマウスを釣りに野尻湖へお出かけいただきたいと思います!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を
毎月第1日曜日はスカパー無料DAY!釣りビジョンも無料で見られます!

加入から1ヶ月は無料、お好きな1chから契約OK!
24時間釣り番組!釣りビジョンが無料で見られるAbemaTV

AbemaTVプレミアムに登録ですべてが見放題&広告表示なし!


UEFAチャンピオンズリーグ開幕!
まずは今から1ヶ月を全部無料(タダ)で見てみよう!

 - 攻略法,  スモールマウスバス,  秋

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status