野尻湖釣具店セール

夏から秋へと移り行くバス釣り:秋パターンのはじまり

夏から秋へと移り行くバス釣り:秋パターンのはじまり
Photo by wired2fish.com

秋になると、フィールドから釣り人の姿が減っていきます。これはバスが釣れなくなってきたことを表しているのかもしれません。しかし、この状況をチャンスと捉えることができれば、秋のバス釣りは変わります。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”How to Quickly Find Transitioning Fall Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:wired2fish.com ”How to Quickly Find Transitioning Fall Bass”By Wired2Fish Editors •Sep 9, 2014

秋が近付くと、湖上は静かになっていきますよね。

これまで大盛況だったウェイクボードも、サップやカヤックを楽しむ人たちも一気に減っていきます。

しかし、他にも減ってしまったものがあります。

それは、バス釣りをするアングラーと、バスの釣果です…。

夏パターンから秋パターンになるころからバスは釣りにくくなっていくと言われています。

秋になり水温が下がり始め、バスの適水温になると、これまで避暑地に集まっていたバスたちが散り始め、魚影の濃かったエリアでのパターンがなくなってしまうためだったり、フォールターンオーバーが起こり、日替わりで水質が悪化するエリアが出てくるため、変化に対応しきれないところがあったりと、その理由は様々あるようです。

そういわれてしまうと、私たち釣り人としてはなかなかフィールドに出掛けにくくなってしまいますよね…。

しかし、そんなことはないという人々もいます。

特にそのフィールドを良く知るプロガイドの方々、また何かのメディア取材でロケをされるバスプロの方々は、こういった時期こそ良い釣りができると言っていますよね。

「そんなの、プロだから言えることでしょ」と思うことも確かにあるのですが、私たちとプロの違いというのは私たちが勝手に決めつけた単なる呼び方の違いであって、バスからすればそんなものは関係ありません。

バスは誰が相手だろうとそこにいて、自分が過ごしたいように過ごしています。

バスに変わりはありませんから、プロのやり方を学べば、私たちも良い釣りをすることが可能なはずですよね。

この記事は、アメリカのバスフィッシング専門メディア「Wired 2 Fish」の記事で、元BASSエリートアングラーのティム・ホートン氏に秋に移り行くバス釣りについて取材されたものです。

アメリカのプロに学び、秋になりつつあるフィールドのバスを捉えられるようになりましょう。

視野を広く持つ

引用文(タップすると開きます)
Throughout much of the year, the number of fishing rods on an angler’s front deck can serve as a fairly reliable indicator of their recent bass fishing success. It’s often assumed that the folks with a few select rods are on a specific pattern while the ones with dozens of rods are struggling to find a consistent bite. That’s certainly not the case right now. “I absolutely love fishing the fall transition period because there are so many great patterns happening at once,” Horton said. “It’s easy to struggle this time of year because we often get tunnel vision. If we think the bass are shallow, we fish shallow. And if we think they’re deep, we spend all of our time in deep water. If you can keep an open mind and integrate multiple patterns throughout the day, your chances of success will skyrocket.” So why are there so many possibilities right now? Horton believes three primary factors contribute to this wide variety of bass behavior. Shad dictate bass movement—“I really believe that the bass move to and from shallow water based on shad behavior—not necessarily water temperature or current flow,” Horton said. “They go where the shad are and, coincidentally, there are two separate populations of shad right now.” Shallow shad—“The shad fry that hatched in June and July are finally getting big enough for the bass to feed on them,” Horton said. “This results in a population of bass flooding the shallows much earlier than you’d expect. These shad represent an easy meal and the bass are hot on their tails.” Deep shad—“You can also expect to see a lot of larger shad still hanging around deeper structure such as river ledges and creek ledges,” Horton said. “As the fall approaches and water temperatures continue to cool, these larger shad will eventually move shallow. But until then, this diversity gives anglers opportunities at both ends of the spectrum.”

シーズン中のアングラーのボートに積んであるタックルの本数を見れば、バス釣りが成功するかどうかの分かれ道を占うことができます。多くの場合、数本しかロッドを積んでいないアングラーを見れば、パターンを絞り込めていると考えられ、数十本もロッドを積んでいる人は、バイトを得るのに苦労していると言うことができるかもしれません。しかし、この時期はそうではありません。

「秋へと移り変わる時期のバス釣りは大好きです。たくさんのパターンが一度に起こりやすいからです」とホートンは言います。 「私たちはどうしても思い込みというものがあるため、この時期は苦労してしまうことがありますが、バスがシャローにいると感じたらシャローを釣ります。そして、バスがディープにいると感じたら、私たちはディープへ行けばいいのです。オープンマインドで、1日を通して複数のパターンを使いこなすことができれば、成功の可能性が飛躍的に高まります。」

では、なぜこの時期は多くの可能性があるのでしょうか。 ホートンは、3つの主な要因がこのさまざまなバスの行動に関係していると考えています。

  • ベイトフィッシュがバスの動きを変える—「バスはベイトフィッシュの動きにもとづいてシャローに出入りすると思っています。必ずしも水温や流れではないです。 バスはベイトフィッシュのいる場所に行きます。そして偶然にも、この時期のベイトフィッシュは2つの別々の群れがいるのです。」
  • シャローのベイトフィッシュ—「6月から7月に孵化したベイトフィッシュの稚魚は、バスが食べたくなる大きさに育ちました。 これにより、思ったより多くのバスがシャローへ集結しています。このベイトフィッシュのベイトフィッシュを食べるのは非常に簡単であり、バスは喜んで追っています。」
  • ディープのベイトフィッシュ—「リバーチャンネルやクリークチャンネルなど、ディープの地形変化では大きなベイトフィッシュがサスペンドしていることも予想できます。 秋が近づき、水温が下がるにつれて、この大型のベイトフィッシュは最終的にはシャローへ移動します。しかし、それまでの間は、釣り人はこの両方のパターンを追うことができます。」

可能性の高いエリアに集中する

引用文(タップすると開きます)
Being aware of both shallow and deep water shad activity can certainly be advantageous, but it can also become overwhelming. You could certainly adopt the “fish it all” approach and try every possible location, but narrowing your approach to the most high percentage areas will save you a lot of time and, in many cases, frustration. “Bass behavior and positioning can be very volatile right now,” Horton said. “It’s important to understand that your shallow bite is often at its best in the mornings and your deep water bite will take over as the sun gets higher during the day. The bass will move shallow overnight to feed and when the light penetration becomes too much for their sensitive eyes, they’ll gradually slide out to deeper cover and structure.”

シャローとディープの両方のベイトフィッシュの行動を知るということは確かに有利ですが、それはまた、話をややこしくする可能性があります。 すべてを釣るつもりで、可能な限りあらゆる場所を試すのもいいのですが、最も可能性の高いエリアに絞り込むことで、多くの時間を節約でき、イライラすることも減るはずです。

「バスの動きやポジショニングは、この時期は非常に不安定な場合があります。 朝のシャローでボイルが起きるのが最高の状態として、日中に太陽が高くなるにつれて、ディープへ移ってフィーディングを続けていると理解することが重要です。 バスは夜になるとシャローへ行きフィーディングしています。太陽光がバスの目にとって負担になってくると、徐々にディープの地形変化に移動していくのです。」

夏から秋へと移り行くバス釣り:秋パターンのはじまり
Photo by wired2fish.com

この時期に忘れてはいけないこと

引用文(タップすると開きます)
Topwaters: Azuma Popper Z (target casting), Azuma Z Dog (covering water) Jigs: 3/4-ounce Swampers Lures Football Jig (deep structure), 7/16-ounce Swampers Lures Flipping Jig (shallow cover) Crankbaits: Azuma Z-Boss 20 As is the case with every bass fishing season, it’s important to spend your time efficiently by targeting areas known to play host to active bass. Over his long career, Horton has found the following areas to be hotspots throughout the fall transition period. Seawalls—“In stained water, bass still have to know where they are,” Horton said. “Just like you’d feel for the walls to navigate in a smoke-filled room, the bass do the same thing with seawalls in areas with low visibility. Seawalls can be loaded with roaming bass, especially in the early mornings.” Grass lines—“If you can find a grass line adjacent to deep water, you can expect to catch some great bass right now,” Horton said. “Shallow bass can use these edges as ambush points for smaller shad and deeper bass can slide up early the day, get an easy meal and fall back into the deeper water to concentrate on larger shad.” Docks—“When the bass are in this ‘in-between’ mode, docks are always a staple for me,” Horton said. “Docks create shade all day which, in turn, attracts resident fish. I’ll start at the front of a pocket and quickly fish all of the nearby docks while making mental notes of my bites. By the time you’re done, you have a very easy-to-duplicate pattern that can work lake wide.” Bridges—“This time of year, you have bass moving to shallow water each day,” Horton said. “Bridges act as bottlenecks that concentrate migrating bass into a small, predictable area. I love to target the corners of the riprap and also the pilings because they offer consistent shade.” Deep brush—“Deeper brush piles can pump out some monster bass right now,” Horton said. “Those fish that get shallow in the mornings will often relocate into these piles as the day warms. It’s not uncommon for me to concentrate on seawalls in the mornings and slide out to deep brush around lunchtime.”
  • トップウォーター:ポッパー(ピンポイントで狙う用)、ペンシルベイト(広く探る用)
  • ラバージグ:3/4オンスのフットボールジグ(ディープの地形変化用)、7/16オンスのフリッピングジグ(シャローカバー用)
  • クランクベイト:ディープクランク

他の季節の場合と同様に、活性の高いバスがいるエリアをターゲットにして、効率的に時間を費やすことが重要です。ホートンは長いキャリアの中で、秋へと移り行く期間は次のようなエリアがアツいエリアであることを発見しました。

  • 護岸帯—「濁りがある状況では、バスは自分がどこにいるかを知る必要があります。 部屋中が煙だらけになってしまったら壁伝いに歩きたくなるのと同じように、バスも視界が悪い場所では護岸沿いで同じことをするのです。護岸帯は、特に早朝に回遊するバスを発見できます。」
  • ウィードライン—「ディープに隣接するウィードラインを見つけることができれば、うまいことバスが釣れると期待できます。 シャローのバスはこのウィードエッジを小さなベイトフィッシュの待ち伏せ場所として使用し、ディープにいたバスが朝にここに移動してこのベイトフィッシュを食い、日中にディープへ戻って大型のベイトフィッシュを食べます。」
  • 桟橋—「バスがこの時期の移行モードになったとき、桟橋は常に私にとって定番スポットとなります。 桟橋には一日中シェードがあり、それにより居着きのバスがいます。ワンドの入り口から釣り始めて、付近のすべての桟橋をすばやくチェックして、バイトがあったところを覚えておきます。それができれば、非常に簡単にパターン化しやすく、フィールド全体で通用します。」
  • ―「この時期、バスは毎日シャローに移動してます。 橋は、移動するバスをより狭い範囲に絞りこめるボトルネックとして機能します。リップラップの角や橋脚のシェードにはコンスタントにバスが着くので、こういうところを狙うのが大好きです。」
  • ディープのオダ—「ディープにあるオダは、この時期モンスターバスが付きやすいです。 朝にシャローへ上がったバスは、日が高くなるにつれてこのオダに移動しやすくなります。朝は護岸に集中し、昼にディープに移動するのは珍しいことではありません。」

得意な釣りをする

引用文(タップすると開きます)
Every bass angler has a certain skillset with which they are most comfortable—some people primarily target deep bass with their electronics while other anglers prefer to fish dirt-shallow water. It all comes down to confidence, which can be enormously important when deciphering a game plan during the fall transition. “Growing up on TVA fisheries, I’m probably most confident when I’m using my Raymarine units to find those last schools of deep bass,” Horton said. “Early in the transition period, I’ll focus on very specific depth ranges located above the thermocline. As the season progresses and that thermocline breaks up, I’ll broaden my search and focus anywhere from the 15 to 30-foot range.” If you don’t own high-end electronics, however, don’t worry. If you stick to a shallow water approach, you can actually use it to your advantage. “Covering shallow water quickly with reaction baits is an overlooked strategy this time of year,” Horton said. “This type of fishing is getting a lot less pressure due to the advancements in electronics, so you’ll often have these areas all to yourself. Because these bass aren’t being bothered as much, they’ll usually bite when you put a lure in front of them. It’s an easy way to have an awesome time out there.” Use the lack of boat traffic to your advantage this month. Instead of waiting for the shallow bite to fully develop, spend some time locating those “in-between” transitioning fall bass. Whether you’re a beginner or experienced angler, Horton’s tips will keep your thumbs raw in a time when many anglers struggle.

だいたいのバスアングラーは、最も得意な釣りというものを持っています。たとえば、魚探を使ってディープのバスを狙うのが得意な人、たとえば、濁りがあるシャローが得意な人。これは、すべて信頼感によるものです。この信頼感が、秋に移行する時期のゲームプランを構築するときに非常に重要になる可能性があります。

「クリアウォーターフィールドの多いテネシー州で育った私は、魚探を駆使してディープのバスの群れ見つけて釣ることが、おそらく最も自信があります。 秋へ移行する初期なら、サーモクラインの上のレンジに焦点を当てます。季節が進み、そのサーモクラインが壊れたら、サーチする範囲を広げて、4.5〜6メートルレンジに焦点を当てます。」

ただし、高級な魚探を持っていなくても心配はいりません。シャローの釣りに集中すれば、それはそれで有利になります。

「シャローをリアクション系のルアーで素早くサーチすることは、この時期に見過ごされやすい戦略です。 この手の釣りは、魚探の進歩により逆にプレッシャーが軽減されているため、多くの場合、エリアを独り占めできるものです。シャローのバスは誰にも狙われていないため、あなたがそのバスの前にルアーを投げると、あっけなく食ってきます。これは素晴らしい時間になる可能性があります。」

この時期は、ボートが少ないことを利用してください。シャローのバイトばかり狙うのではなく、少し時間をかけて、秋へと移動中のバスを探します。初心者から上級者まで、ホートンのくれたヒントは、多くの釣り人が苦労しているときに生きてくるでしょう。

夏から秋へと移り行くバス釣り:秋パターンのはじまり
Photo by wired2fish.com

人の性格とは様々あるもので、釣り人が多く集まっていると「ここは釣れるんだ」と思える人、釣り人が少ないと「貸切状態じゃん」と考える人など、モチベーションの上がり下がりはその人の性格によるところがあるんですよね。

しかし、この夏から秋へと移りゆく時期に関しては、釣り人が減ったてきたことをラッキーと捉えるようにした方が良いようですね。

秋→バスが釣れなくなってくる→釣り人が減る→スレてないバスが岸に寄る→釣りやすくなる

こんな図式をぜひ持っていただいて、自分の秋パターンを組みたてられるようにしたいものです。

私のよく行く野尻湖では、秋になるにつれてディープのパターンが最盛期を迎えます。

しかし、シャローを見ると大型のスモールが少ないながら見ることができます。

秋は減水していてオーバーハングが無効化されるので、バスがいればよく見えるのですが、このバスが実は釣りやすいバスなんですよね。

しかも朝も昼も関係なくそれが起きています。どうです?狙ってみたくなるでしょう(笑)?

もしかしたら皆さんのホームのフィールドでも、他の人が気付いていないところにバスがいるかもしれません。

釣り人が少ないと釣果情報そのものが減ってしまうため、少ない情報が正解だと思い込んでしまうというのは、人間ならではの言葉のトリックにハマっている状態だと思います。

釣り人が減ってきた今こそ、釣れないという先入観を捨て、貸切状態のフィールドを楽しみ、いいバスをゲットしようじゃありませんか!

実際のところ、まだまだ水温は高いと思いますが、水温が下がり始めたらバスなどの魚たちは敏感でしょうから、そういうサインを見逃さず、行動したいものですね。

みなさんも今のうちからフィールドチェック、欠かさないでくださいね。

それではまた。

毎度ありがとうございます!