野尻湖釣具店セール

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ
Photo by best bass fishing lures.com

水温上昇のピークを越えた秋のバスは活性が高くなります。しかし、バスの状態は良くなる一方で、気まぐれな行動が多くなり、つかみどころがないのも事実です。秋のバスを釣るためには、適したルアーを正しいアプローチで使うことなんですね。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Best Fall Bass Lures”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bestbassfishinglures.com ”Best Fall Bass Lures”

悲しいことにバス釣りは、夏をピークに、釣り人の姿がフィールドから減っていきます。

一般的には、秋という季節は春夏に比べてやや難しくなると言われています。

これまで10匹釣れていたものが、1匹とか2匹しか釣れなくなってしまったら、釣りにかかるお金は同じですから、コスパが悪くなってしまいますしね…。

そんなことを言われたら敬遠したくもなりますよね。

しかし、それは正しくもあり、間違いでもあります。

これまで水温上昇のピークに苦しんでいたバスたちは、水温の低下によりその苦しさから解放され、活性は高くなります。

また、水温の低下はバスの活性を上げるとともに、その先の冬の訪れを知らせることになり、バスたちは越冬の準備として脂肪を蓄えようとするんですね。

ガリガリな体型が多かった夏のバスが、秋はブクブクと太っているバスが多くなるのはこのためです。

さて、夏と秋、どちらのバスが魅力的でしょうか。

しかしながら、秋のバスが気まぐれな行動をしていてつかみどころがないというのも事実です。

これについては、秋には秋に適したルアーを使い、正しいアプローチを理解することが一番だと思うのですが、では、その秋に適したルアーやアプローチというのは、どういったものなのでしょうか。

この記事は、アメリカのバス釣りのルアー&ヒントをまとめたサイト「best bass fishing lures」の記事で、秋のラージマウスバス釣りに適したルアーとその使い方などがまとめられています。

秋に釣りに行く回数が減ってしまうという方は、損をしているかもしれません。

その分を取り返すため、ぜひ参考にさせてもらいましょう。

秋のラージマウスバスルアートップ3

引用文(タップすると開きます)
There are certain lures that are especially great for fall bass fishing. Of course lure selection should be based more on actual water temperature than the date on the calendar. But you can almost always rely on these lures to produce in the cooling water temperatures of the fall. 1. Jigs There is no overall better performing lure for fall bass fishing than a jig. Jigs performa all year long because of how versatile they are. And it’s their versatility that plays the major role when you are trying to dial in on the fall pattern. Listen to any professional bass fisherman talk about fall fishing and they will always mention a jig. When bass are feeding aggressively for the winter they tend to get dialed into a pattern of targeting a particular prey. In most cases this will be either crayfish and/or some specie of baitfish. By rigging a jig with either a craw trailer or paddle-tail swimbait trailer, you can easily match the profile and action of either type of prey. You also have full control of the color pattern on a jig. Between being able to select the color of the head, the skirt, and the trailer, you have the ability to combine whatever colors you want. This flexibility allows you to zero-in on any color combinations that best represent the prey you want to match. So between the customization of the action, the profile, and the color combos, jigs are the perfect lure for mimicking the prey bass are feeding on. We recommend BiCO Original Jigs, because you can fish them as flipping jigs or swim jigs. If you want to learn more about them click here to read our full review. But another big reason jigs are one of the best fall bass lures is their flexibility in retrieve speed. You can burn a swim jig when bass or active or slow them down when they’re not. The end of fall brings much cooler water temperatures, making bass more sluggish and less aggressive. This is when working a jig slowly on the bottom is your best bet. 2. Buzzbaits Buzzbaits have a strong reputation for being a springtime bait, and this is because spring is a time when bass are feeding heavily and the water temps are favorable for fast-moving topwater baits. Well, fall brings with it very similar conditions, especially in early fall. Fall bass are feeding on shad and other baitfish, which is what a buzzbait represents. The sputtering and splashing is designed to send off signals of a small, distressed fish swimming erratically up on the surface. Similarly, the fall is a time when bass tend to be in and around weeded areas, places where a buzzbait excels. Bass use the weeds as cover to ambush baitfish as they pass by. Running a buzzbait like a Strike King Buzz through grass and along weedlines is a great tactic for luring bass out to explode on the surface. 3. Swimbaits If you’re not looking for numbers and mainly want to target big bass, then swimbaits are what you should be throwing. At a time of year when bass are gorging on other fish, a swimbait is an excellent choice for anglers pursuing the bass of a lifetime. As the swimbait craze continues, with it comes new designs of extraordinarily detailed baits. Whether bass are feeding on bluegill or rainbow trout, with the wide selection out there today you can almost identically match the species you’re looking to mimic. Waking a big swimbait like a Spro Rat on a rippled surface, or slow-rolling a soft paddle tail swimbait like a Huddleston Trout along the bottom are both effective methods for getting a big bass to bite in the fall. Most of these big baits are slow-moving, and not only represent an easy meal but a filling one too.

秋のバス釣りには最適なルアーというものがいくつかあります。ルアー選びというのはカレンダーの日付ではなく、実際の水温に基づくべきです。ほとんどの場合、秋の水温低下に伴い、これらのルアーを信頼することができます。

ラバージグ

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ
Photo by best bass fishing lures.com

秋のバス釣りでは、ラバージグほどパフォーマンスの良いルアーはありません。ラバージグは用途が広いため一年中有効なのですが、秋のパターンを見つけようとするときにこれがなぜ重要かと言えば、その多様性です。バスプロが秋の釣りについて話すのを聞くと、彼らは常にラバージグのことを話します。

バスが冬に向けて積極的にフィーディングするようになると、バスは特定の獲物にのみ反応する傾向があります。ほとんどの場合、これはザリガニ、または何らかのベイトフィッシュです。クロー系のトレーラーまたはシャッドテールワームをトレーラーにしたラバージグを使うことにより、どちらのタイプの獲物のシルエットアクションにも簡単に一致させることができます。

また、ラバージグはカラーパターンも思いのままです。ヘッド、スカート、トレーラーの色を選択することで、好きな色を組み合わせることができます。この柔軟性により、マッチザベイトの色の組み合わせを上手くこなすことができます。

まとめると、アクション、シルエット、カラーの組み合わせによって、ラバージグはバスがフィーディングしているものに合わせるために最適なルアーということです。

しかし、ラバージグが秋バス用ルアーであるもう1つの大きな理由は、リトリーブスピードの柔軟性です。バスがアクティブな時は早巻きで、そうでなければスローダウンすることができます。晩秋にもなると水温が大幅に下がり、バスの活性は下がり、積極性も低下します。こうなれば、ラバージグをボトムでゆっくりとズル引くのが最善の策です。

バズベイト

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ
Photo by best bass fishing lures.com

バズベイトは春のルアーであるというイメージがあります。これは、春にバスのフィーディングが増えるということと、水温の上昇が動きの速いトップウォーターに適しているためです。これは、初秋にも非常に似た状態となります。

秋のバスはシャッドなどのベイトフィッシュを食べています。プロペラ音と水しぶきは、不規則に水面を泳いでいる苦しそうな小魚のと同じ信号を送るように設計されています。

また秋のバスは、ウィードエリアとその周辺という、バスベイトが得意とする場所にいる傾向があります。バスはウィードをカバーとして使用して、ベイトフィッシュが通り過ぎるのを待ち伏せしています。 バスベイトをグラスやウィードに沿って通すことは、バスを水面まで誘い出すための魅力的な戦術です。

スイムベイト

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ
Photo by best bass fishing lures.com

数釣りではなく、ビッグバスだけを狙いたい場合は、スイムベイトを投げるといいでしょう。バスが他の魚に襲いかかって食べているとき、ビッグバスハンターが選ぶべきルアーは、スイムベイトです。

スイムベイトが定番化されたことにより、非常にリアルで新しいデザインが登場しています。バスがブルーギルやニジマスなど、何を食べていようと幅広い選択肢があるので、模倣しようとしているものとほぼ一致させることができます。

秋にビッグバスからのバイトを得たいとき、水面に波があるときはウェイク系のビッグベイトを使ったり、ハドルストンのハドルトラウトのようなソフトスイムベイトをボトムに沿ってスローロールをするなど、どちらも効果的な方法です。こういったビッグベイトのほとんどは動きが遅いため、簡単に食べられる食事を模しているだけでなく、すぐに満腹になりそうな誘惑にもなります。

秋のバス釣り

引用文(タップすると開きます)
Although spring is a much more complex season for bass fishing, it’s actually not all that different from fall. In terms of water temperature becoming more favorable it’s very similar. More specifically, it’s similar to when bass move up to shallow water from the depths in search of food. The only difference is in spring the shallows are warming up and in the fall the they are cooling down. But those temperatures are both moving towards more comfortable water is what makes them comparable. Bass behavior is highly affected by water temperature, they are typically most active in 60 to 75 degree water. In temperatures colder or warmer than that range, bass begin to get more lethargic. Naturally, a lethargic bass is more difficult to catch than an active one. That’s what makes this temperature range a highly sought after window for bass anglers. As these more comfortable water temps move in, and with bass sensing that winter is fast approaching, they go into what is known as “the fall feed”. This is a time when bass tend to gorge themselves in preparation for winter. When winter sets in, bass become so lethargic that they barely need to eat at all. In fact, since their bodies burn such little energy these cold conditions they can survive on a single bait fish for an entire month.
初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ

春はバスフィッシングのシーズンとしてなかなか複雑なものとされていますが、実際は秋も同じようなものです。水温がバスを釣るためにより有利になるという点で非常によく似ています。また、バスが食物を求めてディープからシャローへ移動するということでも似ています。

唯一の違いは、春はシャローの水温が上昇しますが、秋には水温が下がるということです。しかし、その水温はどちらもより快適な水温に向かっているため、似たようなものです。

バスの行動というのは水温の影響を強く受けやすく、通常は16℃〜24℃で最も活発になります。それよりも寒いか、または暑いと、バスはより無気力になり始めます。当然、無気力のバスは高活性なバスよりも釣るのが難しいです。これが、水温をバスアングラーたちが非常に大事なヒントとしている理由です。

より快適な水温になり、冬が近づいていることをバスが感知すると、バスたちは「秋の荒食い」と呼ばれる状態に入ります。これは、バスが冬に備えて自分自身を太らせる傾向がある時期になるためです。

冬になるとバスは非常に無気力になり、ほとんど食べる必要がなくなります。実際、彼らの体は寒い時期には非常に小さなエネルギー消費量で済みますので、1ヶ月間を1匹のベイトフィッシュだけで生き残ることができます。

初秋から晩秋のラージマウスバスを釣るルアーはこれ
Photo by best bass fishing lures.com

秋は水温が適正になりバスが活発になること、そして来たるべき冬に備えてバスが太ろうとすること。

これは大きなバスになればなるほど太る割合が多くなるということですから、私たちにとってとても嬉しい状態ですよね。

もうひとつ、秋に嬉しいことと言えば、話が矛盾するようですが、アングラーの数が減ることです。

アングラーの数が減るということは好きなポイントで好きな釣りがいつでもしやすい状態だということです。

これはボート釣りでもオカッパリでも、これまでの季節ではなかなかできなかったことで、それだけでもある意味ではパラダイスではないでしょうか。

冬に向けて太る準備を始めたバスたちと、冬に向けてバスタックルを片付け始めたライバルアングラーたち。

その間を埋めるのが、このブログを読んでくださっている私たちのようなオフシーズンの無いアングラーです。

バスは偏食していて手強いかもしれませんが、活性は高いんです。

ぜひ秋のバスを探し出し、適したルアー、適したカラーを使い、丸々と太ったバスを仕留めるため、フィールドへ出掛けましょう。

でっかいラージマウス…私も釣りたいです…!

それではまた。

毎度ありがとうございます!