野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

ヘアジグでスモールマウスバスを釣る方法

      2017/01/19

Pocket

Photo by flwfishing.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”HOW TO CATCH SMALLMOUTHS WITH HAIR JIGS”という記事を引用してご紹介いたします♪

引用先:flwfishing.com”HOW TO CATCH SMALLMOUTHS WITH HAIR JIGS”June 23, 2016 by Curtis Niedermier(海外サイトです)

ヘアジグというルアーをご存知でしょうか。

ジグヘッドにマラブーという素材をくくりつけてラバージグっぽく成型したものですよね。でっかい毛バリです。

(マラブーという単語はフライマンなど釣り人の間ではフライ(毛ばり)の素材としての呼び名になっていますが、もともとコウノトリの仲間の鳥の名前です。なお現在は七面鳥の羽毛で代用されているようです)

このヘアジグというルアー、日本では昔から釣具屋さんの店頭で見かけることはあったものの、あまり浸透しているイメージがありませんよね。

アメリカでも長年にわたりシークレットベイトとされていたこともあってか、昔から存在はしていたものの、実はたいした人気もなかったようです。しかし近年になって徐々に色々なプロがそのシークレットを解禁し始め、盛り上げってきたジャンルのようです。

ここではアメリカのFLWツアープロのグスタフソン(通称グッシー)がスモールマウスバスに対するヘアジグの使い方についてWEB上に共有してくれたので、見てみましょう。

 

ヘアジグ

The “right” hair jig for smallmouths is a small 1/16- to 1/8-ounce marabou jig with a round or mushroom-shaped head. The jig is similar to marabou jigs used by crappie fishermen, but bass models will often have a larger, stronger hook and possibly a longer or thicker skirt. Naturally, anglers have their favorites, and there are subtle differences in jigs that make some better than others.

For a quality commercially available jig, Gussy recommends the Northland Marabou Jig (photo above, at left) or the BT Fishing Boo Jig (above, middle), which is a semi-custom job sold by Kruger Farms. Gussy uses both but also ties his own (above, right) with a specific premium hook that he prefers for smallmouths.

Most smallmouth anglers use jigs in natural colors such as brown, black or green. The exception is when fish are spawning, when a brighter jig aids in visually targeting bedding fish.

Photo by flwfishing.com

スモールマウスのための "軽い"ヘアジグは、ラウンドヘッドまたはキノコ形ヘッドの1/16〜1/8オンスの小さなマラブージグです。このジグは、クラッピー釣り師が使用するマラブージグに似ていますが、バスモデルはより大きく、より強いフックと、より長くまたはより厚いスカートを備えています。当然のことながら、ジグには微妙な違いがあり、アングラーは自分の好きなものを持っています。

市販の高品質のジグについては、ノースランドマラブージグ(上写真、左)またはBTフィッシングブージグ(上、中)をお勧めします。これはKruger Farmsが販売するセミカスタムです。グッシーは、両方を使用するだけでなく、自分の好みの(上、右)特定のプレミアムフックを結び付けています。

ほとんどのスモールマウスバスアングラーは、茶色、黒色または緑色などのナチュラルカラーのジグを使用します。例外として、スポーニング中はより明るいジグが視覚的にベッドの魚を狙いやすくなることがあります。

 

背景

First things first: Hair jigs are nothing new to bass fishing. From tiny float-and-fly jigs to big bucktails, hair jigs have been catching bass for years. However, the marabou jig, as common and well-known as it is, hasn’t exactly lived a glamorous life as a bass-whacking tournament tool.

Partly that’s because anglers such as Gussy have been keeping its effectiveness under wraps for so long, even though they’ve been mopping up with it in major team tournaments on both sides of the U.S.-Canada border, on lakes where smallmouths stay shallow all summer and dominate tournament limits.

“It’s kind of like the secret’s out now a bit,” says Gussy, who guides on Lake of the Woods, a natural lake that sprawls across the border separating Minnesota from northwest Ontario. “It’s something that originated in my part of the world, believe it or not, with a few guys that were guides on Lake of the Woods in northwest Ontario. They started really winning some of our big team tournaments up here on them. Word started to get out. And several of us were going to Sturgeon Bay for the Sturgeon Bay Open in the late 2000s – 2005 to 2010. It worked really, really good there.”

まずはじめに:ヘアジグはバス釣りにとって新しいものではありません。小さなフロート・アンド・フライジグから大きなバックテールジグまで、ヘア・ジグは長年にわたりバスを捕らえています。しかし、マラブージグは、一般的でよく知られているように、大きなバストーナメントのツールとして輝ける人生を過ごしてきていません。

たとえアメリカとカナダの国境を挟む(5大湖の)両側で主要なチームによるトーナメントが行われていたとしても、スモールマウスバスが夏にシャローにいる間は、トーナメントでリミットメイクをするのに優位に立つためにグッシーのようなトーナメンターが長い間その効果を部分的に秘密にしておいていたからです。

「シークレットが少しずつ出てきたようだ」グッシーは言います。彼はミネソタ州北西部からミネソタ州を隔てる国境を越えて広がっている自然の湖であるレイクウッズのガイドです。 「それは、オンタリオ州北西部のレイクウッズのガイドであった少数の人々と一緒に生まれたものです。それから彼らはここで大きなチームトーナメントを実際に勝ち取り始めました。 それでうわさが広まり出したのです。そして、私たちの何人かは2000年代後半、2005年から2010年にかけて、スタージョンベイオープンに出場するため、スタージョンベイに行きました。そこでは本当に、本当にすごかったのです。」

Gussy has been a regular at the Sturgeon Bay Open in Wisconsin, which is sort of like the kickoff to the Northern bass tournament scene each year, and where massive stringers of big-water smallmouths get hauled to the scales. Gussy says the Sturgeon Bay fish are usually in their spawning transition when the event is held each spring, and catching them means fooling nomadic here-today, gone-tomorrow fish on vast areas with little contour. Most fish are caught by targeting a specific depth range and casting at faint black rock spots on sand flats or patches of sand mixed in on larger spans of dark bottom. There aren’t a lot of secret areas, which means boats often group up in spots together. The difference maker in some years was the hair jig.

“When we first started fishing there you could literally go through those big groups of boats and catch eight fish to their one with it,” Gussy says of the little jig, which he’s been fishing since his pre-teen years.

Now, it’s used throughout the North Country on small inland lakes, rocky lakes, weed-filled lakes and just about anywhere that smallmouth bass stay shallow during summer.

グッシーはウィスコンシン州のスタージョンベイオープンの常連でした。これは、毎年ノーザンバストーナメントシーンのキックオフのようなもので、広大な湖から巨大なスモールマウスバスが量りに運ばれています。グッシーは、毎年春に開催されるスタージョンベイの魚は通常、スポーニング時期にあり、ネストのバスを相手にしていることを意味すると考えています。今日は、ほとんどの魚は、特定の深度の、砂底のフラットにある黒い岩、暗いボトムに見える砂と砂利混じりの大きめのパッチをターゲットにしてキャスティングされます。多くの秘密の場所はありません。バスは広大なエリアから消え去り、明日にはもういません。つまり、ボートはしばしば同じスポットに集まります。その中で違いを生み出すもの、それがヘアジグでした。

「初めてそこで釣りをしたときは、大きなボートの集まりを抜けて、その一個だけで8匹のバスを釣ることができたんだ」グッシーは小学生のころから使っていたその小さなジグのことを話してくれました。

現在では、ノースカントリー中の小さな内陸の湖、岩が多い湖、ウィードの濃い湖で、そして、ちょうどスモールマウスバスが夏の間にシャローにいる場所で使われています。

 

ターゲットエリア

The hair jig in this instance is a finesse bait, unlike larger bucktails that sort of cross the line between finesse and power in the South. And because the jigs being used for smallmouths are so light, they’re most effective when the fish are set up between 4 and 12 feet deep.

“Up here where I live, when we get those runs of really nice hot weather in the summer, a lot of fish are going to be up shallow, hanging around clumps of cabbage and rock piles,” says Gussy. “They suspend a little bit. That hair jig is like an after dinner mint. If you drag it in front of one, it’s going to eat it. It’s the most deadly trick I have to catch them.”

The jig shines in slick-calm conditions, when smallmouths get “lazy” or, as Gussy suggested, when they suspend. A topwater or soft jerkbait will catch them too, but Gussy compares the hair jig to a Yamamoto Senko, in that big and small fish alike just can’t resist it. In windy conditions, he often opts for a more aggressive tactic, such as winding a spinnerbait across the same weeds or rocks.

Because the jig is light and must be fished slowly, it’s most efficient when used to fish specific targets.

“Cabbage weeds are a magnet,” adds Gussy. “You can sort of float through the stuff and pitch to clumps of weeds and catch fish. Big schools of smallmouths will get out in those flats and set up on clumps of isolated cabbage, though I’m usually fishing more rock places – a point, chunk of bank or a reef. If you can find grass that has some rock adjacent to it then that’s going to be a high-percentage spot.”

Photo by flwfishing.com

ヘアジグはこの場合、赤道より南部のパワー&フィネスとして使われるバックテールジグのようなより大きなヘアジグとは異なり、フィネスルアーです。そして、スモールマウスバスのために使用されているジグは軽いので、水深1.2~3.6メートルのバスを狙うときに最も効果的です。

「私が住んでいるところでは、本当に素敵な暑さの夏という季節になると、たくさんのバスがシャローに上がり、ウォーターキャベツ(フローティングベジテーション)が茂るまわりやロックパイルに着きます。」とグッシーは言います。「そこでサスペンド状態になります。ヘアジグは、ディナーのあとのミントのようなものですから、そのバスの前に引いてくれば、食べるでしょう。それは私がそれらをキャッチしたいときの最も素晴らしいトリックだ。」

ヘアジグは、ベタ凪でスモールマウスがだらけている時や、グッシーが言うようにサスペンドしたときに輝きを放ちます。トップウォーターやソフトジャークベイトでもそれらをキャッチしますが、グッシーはヘアジグをゲーリー・ヤマセンコーと同等であるとしています。大小のどんな魚も抵抗することができません。風の強い状況では、彼は同じウィードや岩の中にスピナーベイトを巻くなど、より積極的な戦術を選ぶことが多い。

ジグは軽く、ゆっくりと釣らなければならないので、特定のターゲットを釣るのに使用すると最も効率的です。

「ウォーターキャベツはマグネットです」とグッシーは付け加えます。 「浮いているウォーターキャベツの茂みにピッチングなどで押し込んで魚をキャッチすることができます。私は通常、岩場でより多くを釣っていますが、スモールマウスの大きなスクールがフラットエリアから離れ、孤立するウォーターキャベツの塊につくでしょう - 岬、岩盤や岩礁のバンク。それに隣接する多少の岩を伴う水生植物を見つけることができれば、それは高い確率で好スポットになるだろう」

 

TACTICSー戦術ー

The hair jig is an off-bottom technique for clear-water fishing. You don’t want it in the top 2 feet of the water column, but you don’t want it dragging on bottom either.

“When you fish it you kind of glide it through the water column two-thirds of the way to the bottom. You don’t really touch the bottom too much,” says Gussy. “You want to ‘pendulum’ it through the water. It’s kind of like the way guys are fishing the bucktail jigs on the Tennessee River, but it’s a much lighter, much more finesse approach, sort of gliding it through the water column.”

The presentation goes something like this: Cast the jig and let it sink with the rod tip pointed at the jig, counting it down if you have a set depth in mind. Then lightly lift the rod and pause so that the jig swings back down and in. Take up the slack as you point the rod back at the jig and repeat, lifting and letting it glide back toward the boat while trying to visualize keeping it at the desired depth.

The technique takes some practice, and Gussy says it’s a challenge to explain with words, but he believes the gliding technique is more effective than simply casting and winding the jig back to the boat.

“It’s not the easiest bait because you need the right rod to be able to cast it, and it’s really all about feel,” he says. “The majority of the time I want that thing to be in the middle of the water column. Smallmouths can see your stuff way better than you think they can. I’ve seen them come from 20 feet to hit a Fluke.

Photo by flwfishing.com

ヘアジグは、クリアウォーターフィッシングのためのオフボトムテクニックです。水面から60㎝くらいで使うわけではありませんが、ボトムを引っ張ってもいけません。

「それで釣るときは、ボトムに行く途中で一定層を滑るようにします。ボトムにはあまり触れません」とグッシーは言います。 「水中で揺らしてください。それは、テネシー川のバックテールジグでの釣りに似ていますが、水中を滑り落ちるような、より軽い、よりフィネスなアプローチです」

プレゼンテーションは次のようになります。ヘアジグをキャストし、ロッドの先端はジグの方へ向けたまま任意の水深までカウントしながら沈めさせます。その後、軽くロッドを持ち上げ、一時停止させて、ジグこちらに向けつつ下に落とします。ラインスラックを取りつつロッドティップをジグの方へ戻すのを繰り返し、またリフトして、任意の水深をキープするのをイメージしつつ、ボートの方まで滑らせてきます。

このテクニックにはある程度の慣れが必要であり、言葉で説明するのは難しいと言われていますが、このテクニックはシンプルにジグを投げて巻くだけの方が効果的だと彼は考えています。

「キャストするにはライトロッドが必要ですし、本当に感覚がすべてと言えますので、最も簡単なルアーという訳ではありません。」彼は言います。 「水中にあるうちの大部分の時間を、ヘアジグが中層にあることを望んでいます。スモールマウスはあなたが思うよりもルアーがよく見えています。私は6メートルも向こうからやってきてヒットしたのを見たことがあります。

“The problem a lot of people have when trying to understand how to use it and have success with it is they want to twitch their rod and bounce it off bottom,” Gussy continues. “But it’s all about just gliding it through and in front of the fish. They just kind of slurp it up. If the fish are in the mood for it and in the right depth – relatively shallow – it’s unbelievable.”

Another technique for fishing the little hair jig on larger areas is to stroll. If you fish it in a tournament, just make sure the technique is allowed per the tournament’s rules.

Strolling allows for covering a larger area such as a featureless flat, and it keeps the bait out away from the boat, which is important in gin-clear water.

Say the target zone is 8 to 10 feet deep. To cover it by strolling, position the boat in that depth range with the bow pointed in the direction you want to fish. Make a long cast perpendicular to the boat. Now troll straight ahead so that the jig swings slowly around toward the back of the boat in an arcing path.

“Going 1 to 1.2 mph is sort of the magic speed,” says Gussy. “That light jig won’t really touch the bottom, but it’ll get down enough in the water column depending on the size of the jig you’re using. You don’t want it dragging on the bottom. Eventually it’ll get to the back of the boat, so every so often just reel in and cast it again to get it away from the boat. In super-clear water, if you troll over those fish you’re probably spooking the fish, so keeping it out away from the trolling motor and boat helps. You might give it a little pop every once in awhile, but it’s very subtle. It’s a non-invasive little thing going through the water. Smallmouths like that.”

「使い方を理解しようとする多くの人が持っている問題として、上手くやろうとしてロッドをトゥイッチしてボトムで跳ねさせようとするのです」とグッシーは続けます。「しかし、それでは魚の脇を通り過ぎるだけです。彼らは上にあるものを食べようとしています。バスの気分が乗っていれば正しい深さ - シャローにいます - それも信じられないほどに。

大きなエリアを小さなヘアジグで釣るもう1つの方法はドラッギングをすることです。あなたがトーナメントでその釣りをするなら、そのテクニックがトーナメントのルールに従って許可されていることを確認してください。

ドラッギングは、何の変哲もないフラットのような広いエリアをカバーすることを可能にし、クリアウォーター下で重要な、ボートからルアーを遠ざけることができます。

ターゲットゾーンが2.4~3mの深さであるとします。ドラッギングでそれをカバーするには、魚を釣りたいポイントへバウを向け、釣ろうとする深さの範囲になったところでボートを止めます。ボートに対して垂直にロングキャストをします。すぐに、ジグが弧を描いてボートの後ろに向かってゆっくりとスイングするようにまっすぐにボートを流してください。

「時速1.6㎞から1.9㎞で行くことは、魔法のスピードと言うことができます」とグッシーは言います。 「軽いジグは実際にボトムに触れることはありませんが、使用しているジグのサイズに応じて水中で十分に沈んでいきます。でもボトムでドラッギングはしないでください。それで最終的にはボートの後ろあたりまで来るので、そうなったら回収し、再びキャストしてリーリングします。超クリアウォーターで、魚の上をに通ってしまったなら、おそらく魚を警戒させてしまうので、エレキやボートから遠ざけておくことが助けになります。しばらくリーリングして少しポップしてもいいかもしれませんが、とても繊細にです。それは水中を通る敵とは言えないな小さなもののようにです。 スモールマウスはそういうのが好きですから。

 

タックル

Gussy throws the hair jig on a 7-foot, 6-inch, medium-light G. Loomis NRX 901S spinning rod with a Shimano Stradic CI4+ 2500 reel. He pairs 8-pound-test yellow PowerPro braided line with an 8-pound-test fluorocarbon leader.

“When I cast it out, I watch the line,” Gussy says. “You can see a lot of bites in the line. The jig is light enough that you’re always going to have a little bit of a bow in your line. If you try to use green braid you’ll get a headache trying to watch your line, and you’re using a leader anyway, so the [yellow line] color doesn’t hurt the presentation.”

Photo by flwfishing.com

グッシーは、G.ルーミス・NRX 901Sの7フィート6インチミディアムライトスピニングロッドにシマノ・ストラディックCI4+ 2500に8ポンドの黄色のPowerProPEラインと8ポンドテストのフロロカーボンリーダーを組み合わせでヘアジグを投げます。

「私がヘアジグを投げるときは、ラインを見る」とグッシーは言います。 「あなたはラインでたくさんのバイトを見ることができます。ジグは軽いので、ラインにはいつも少しのたわみがあります。グリーンのPEラインを使用しようとすると、ラインを見ようとしても良く見えず頭を悩ませてしまうでしょう。とにかくリーダーを使用しているので、[黄色のライン]はプレゼンテーションの邪魔になりません。

 

その他の活用法

Though Gussy says he’s caught some fish with the little hair jig at Beaver Lake, he’s yet to really whack a big bag in the South with it. He’s waiting on the conditions to line up for a shallow smallmouth bite in an FLW Tour event, and he might get his wish this week on Champlain. He says he caught some quality smallmouths with it in practice and plans to use it in the tournament.

Gussy says that there are other windows where fish suspend that he thinks it’ll work. A mayfly hatch, for instance, is a great time to use a small hair jig because it’s such a close semblance to a bug. When smallmouths roam shallow in clear Southern reservoirs in winter, they’re in range of the jig too.

And certainly there are other windows of opportunity just waiting for an angler to pick up the jig and give it a whirl.

“Eventually it’s going to crush it at one of these things,” says Gussy. “Around home I have it on every day.

“I just think it’s something very small and not aggressive. There are all kinds of little bugs and things in the water that they’ll eat, and the jig is something like that. Something that’s ‘finessy’ like that they don’t deny very often.”

グッシーはビーバーレイクで小さなヘアジグで魚をキャッチしたとは言いますが、彼はまだ南部ではそれを使ってビッグウェイトを叩き出していません。彼はFLWツアーの試合でシャローのスモールマウスのバイトのためにラインナップさせる条件を待っているし、彼は今週、シャンプレーン湖でその出番が来るかもしれない。実際にはそれでいくつかのクオリティースモールマウスマウスをキャッチし、トーナメントでも使用する予定だと彼は言う。

グッシーによれば、バスがサスペンドした場合は、他の手段でうまくいくと考えていると彼は言う。たとえば、カゲロウのハッチは、小さなヘアジグを使用するのに最適な時期です。なぜなら、これは虫にも似ているからです。冬の南部のクリアリザーバーのシャローをスモールマウスバスがウロつくときも、ヘアジグの範囲に入るということです。

そして確かに、アングラーがヘアジグを持って放り投げるのを待つ他の手段はあります。

「最終的には、この1つで打ち負かしに行くつもりです」とグッシーは言います。 「ホームでは毎日これを持っていたのですから」

「これは非常に小さく、好戦的なものではないと思う。バスが食事をする水中にはあらゆる種類の小さな虫や何かがあり、ヘアジグはそういうものです。確かにそこにある「微細な何か」なのです。」


 

スモールマウスバスにヘアジグ

いかがでしたか。

日本ではヘアジグというと冬の低活性な時期に投げって放置して、わずかな水流でもヒラヒラーとかフワフワーっと動くことでバイトを誘発する的な使い方が一般的ですよね。

この内容は全く違っていて、オンシーズンのスモールマウスへの使い方をレクチャーされていますよね。

ネストの釣りに対するレクチャーの部分もありましたが、全体的にはオンシーズンの食わせのルアーとして使われているようですし、それで試合に勝つというんですから、スモールマウスバスキラーとしての能力はあるルアーなんですね!

これはヘアジグ、使ってみるしかありませんね。

当店でももし仕入れましたらブログやSNSでアナウンスいたしますので、その時はよろしくお願いしますね(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, スモールマウスバス, タックルのこと