バス釣りアパレルTシャツ

冬のバスは重い!

冬バス釣り
Photo by northshorefishingreport.com

冬のバス釣りでよくあるのは、ガイドが凍ること…これって当たり前のことかもしれませんが、かなりイライラしますよね。冬のバス釣りが嫌いになっても仕方がないレベルだと思います。しかし、また釣りに行ってしまう…今日はそんな釣り好きさんの物語です。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Winter time means stacked bass!"という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:northshorefishingreport.com”Winter time means stacked bass!"

冬バス釣り
引用元記事はこちら

冬のバス釣りをしていて、ガイドが凍ったことってありますでしょうか?

私の住む長野県で冬のバス釣りをしている方なら当然のように経験されていると思います。

普通、凍るんです(笑)

そりゃ冬にバス釣りすればガイドぐらい凍るでしょ、とは思うのですが、普通とはいえ実際そうなるとかなりイライラするんですけよね。

イライラしてまでバス釣りをする必要はまったくありませんから、そういう時はちょっと休憩して時間を潰してあとでまた釣りをしてみるか、他の場所へ移動したりします。

もちろん、冬はもうバス釣りをしない!と割り切ってしまうのもぜんぜん悪くありませんよね。

私が、そんなに寒いのに冬でもバス釣りをしたくなるのは単純に好きだから、または、冬にこんなバスを釣ってやったぜ!と釣り仲間に自慢したいだけなのかもしれません。

まあ、冬にバス釣りをする理由なんていうものは、その人によって様々あるものでしょう。

さて今日は、そんな冬の大変な日にバス釣りをしてしまうアングラーの物語をひとつ紹介いたします。

この記事は、アメリカの南部、バイユー地方のバス釣り情報共有サイト「north shore fishing report.com」のコラム記事で、ライターのロナルド・ピエリ氏が、ある冬のバス釣りの一日を綴ってくれています。

あなたもきっと共感できるお話だと思いますので、ぜひ読んでみてください。

 気になるところだけ読んでもOKです 

冬のバス釣りは重たいことを意味する!

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Most bass anglers usually end up in deer stands and duck blinds during the dead of winter. Lets face it, bass fishing can be tough during this time of year but I’m going to try and convince you otherwise. I have had days where it was frigid, windy and down right bone chilling and have put more than 100 bass in the boat by 1pm (my neighbor being a first hand witness). Now there will be times where the weather will down right test your fishing skills and sheer willingness to be out on the water. I wont tell you that it will be like this every time you get out on the water during the winter, but if you do find them they will be stacked up in huge bunches. After telling you this it brings me back to one particular day where my neighbor and i decide at the spur of the moment to get out on the water during an arctic cold front! Here is the story of that day and the lures we used to catch our fish during the dead of winter. One evening while cleaning out my boat and organizing my lures I get a phone call from my neighbor Will. He asked what I was up to and I let him know that I was in the garage cleaning up my boat and putting away some of my new rods and tackle. He came over to shoot the bull for a bit over coffee and we got to talking about bass fishing. Well, after telling each other stories of big fish catches and about the “big" ones that got away we both had the itch to get out on the water for a day of fishing. We both get the nod from our wives agreeing to let us go as long as we came back for about 1 pm to do some holiday shopping. We headed to “the holy grail of bass fishing" Bass Pro Shops to get a few last minutes items we “needed" for tomorrows trip. While at Bass Pro choosing our tackle for the trip we run into a salesman and shoot the bull for a few letting him know we were going out to get em the following morning. He gives us a grin shaking his head saying “you guys better watch the news, they have a big cold front that will be on our door steps tomorrow." He also told us that it would turn the bass off and we would be lucky to get a bite during weather like that. “Well lucky for us we have a one track mind and are die hard fisherman", my neighbor says jokingly. At the register I start thinking about the weather conditions and that I might need to think of a game plan for tomorrow giving the weather that was expected and not going wasnt even an option. ​We get home and start getting our gear together for tomorrows fishing trip. We shoot the bull some more not even thinking about the weather and only thinking about catching those green bucket-mouths. We decide to call it a night and i let him know that I was going to watch the weather and told him to dress warm for tomorrow. After getting inside and get a few things together for tomorrows trip i flip to the local news. Well low and behold the guy at Bass Pro was exactly right, north winds were forecast to blast through at 25-30 mph and morning temps were going to be a bone chilling 29 degrees with an added wind chill on top of that. I think to myself, " what in the world did i get myself into" but lucky for us there was no rain forecast for the morning, so that was a plus. It would be bad enough to get out on the water, freeze and get skunked without having to worry about getting wet on top of that.
引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Bed time before a fishing trip is a killer especially for me. Everyone knows how exciting it is the day before a fishing trip and if your like me its hard to get in a nap without watching the clock tick minutes by. The last minute trip to Bass Pro didn’t help as I couldn’t wait to get on the water to try my new lures. As many times as I have been out on the water it still has the same affect on me as it would a hunter the night before opening day or a kid the night before Christmas. After my so called “nap" I get up to get everything ready for the day ahead. I peek my head out in the back patio and the wind is howling, my wife’s bottle brushes are flapping in the wind like there is no tomorrow. I quickly jump inside and grab a cup of coffee to warm me up, almost second guessing a fishing trip in conditions like this. But I’m a die hard fisherman, I take a deep breath, shake my head and get ready for a day on the water, making sure I was dressed for the task at hand. I open the garage and start my truck to let it warm before we take off and find the windshield frosted over. I meet up with my neighbor and its an awkward silence as we load up the boat and head for the gas station. We both have this " what the heck are we thinking look" on our faces. As we listen to crickets chirp on our way to the store. We start loading fuel and groceries into the boat and my neighbor jokingly asks if we needed iced for today. It kinda took the edge off for a second knowing he was feeling the same way until a guy in a truck pulls up and asks " you guys aren’t going fishing in weather like this are ya?" After telling him yes he shakes his head with a grin on his face and says “you guys are crazy, good luck out there." On the way to the launch I notice that the temp sensor on my truck said 27 degrees. I know they tend to read warmer or colder at times but it was close enough to let us know it was down right cold outside, we might have been flirting with insanity for even attempting to be out on the water.
引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
We get to the deserted launch and start prepping the boat for take off. I go to pull up on my rod locker hatch and it wont budge. The carpet was damp from me cleaning it the day before and had froze during the 1 hour drive to the launch. After pulling and pulling finally freeing the locker doors, I go to grab the rope and its frozen to the deck. Now all indications are telling us not to even attempt it but as a die hard fisherman I couldn’t resist. We launch and head down the bayou drinking the last bit of our coffee trying to stay warm. We were greeted to white caps on the bayou just south of the no wake zone. I didn’t even dare to get my boat up on plane and make a run, the sheer thought of that gave me the chills. We get into the bayou where i had planned to fish. The trees and houses around us protected us from the wind. I drop the trolling motor and turn on my electronics to see the graph light up with fish arches in the near by deep hole. I thought to myself “no way", its probably garfish. I reach for my rod with a lip-less crankbait on it and when I pick up my head I see a 3lb class bass blow up on shad. I make a cast and had the bass inhale it as soon as it hit the water. I know some say its bad luck to catch a fish on the first cast but I don’t believe that mumbo jumbo. I reel the fish in and its a fat 3 lber with a big belly. The bass had a yellow tint to it because it was so fat and it was slap full of shad. As I was unhooking my fish I hear Will saying he had another good fish on his first cast. Suddenly the air didn’t seem as cold and the wind not a factor. We were in the fish! I quickly cast and hook up again, this time with a 2lb class fish as I’m fighting the fish to the boat playing it with ease I see other fish following it back to the boat trying to get the lure out of its mouth. Will hooks up again, a few casts later I double on one lure!!!!!! This place is on fire, after awhile we break out the old crappie counter I had in my boat just to keep track of the numbers of bass we caught and released. I made 18 casts and caught 19 bass one of the casts had two fish on one lure. We continued to make repetitive casts with deep running cranks, lip-less cranks, suspended jerk baits and jigging spoons. We caught fish on just about every cast that day and at one point we had to shed some clothes because all of those fish catches had us warmed up in no time. Both Will and I were boat flipping 2 to 3 lbers in at will. That’s not an easy feat especially in an area known for smaller bass but high numbers. These bass were so fat and plump it looked like they were about to pop. Will and I both were talking about how much fish they had in the area and we wouldn’t be surprised to catch a few big bass before the day was over. I make a cast with a jerk bait and as I reeled it down I felt a THUD…….I pick up the slack and rare back to have my rod bent double. As I started to fight the fish came up and surfaced. I knew immediately that it was better than a 3 lb class fish. This felt like a good fish. The fish attempted a jump but i lowered my rod tip just in time to get it to roll back down. I got a good glimpse of her and she was big! I never bring a net in the boat but this is one time I wish I did. I only had 8 lb fluorocarbon spooled and I had a 5 maybe a 6 lb class bass on the other end. For as cold as the water was you would have never thought bass would have been this active. She ran and fought until she couldn’t any more, I fought back and at one point she had me to my knees as she ran under the boat. Will knelt down to lip her but I told him I wanted to because she was barely skin hooked and if I was going to lose her I wanted it to be my own fault. The bass came to the surface and I got a thumb in her mouth and hung on for dear life, as I held her up to take a good look at her my lure fell out of her mouth. She weighed in at 5lbs 12 oz. We start cheering and yelling about the catch celebrating the fact that we had a monster. On the next cast Will had a jerk-bait on and his rod bent over double. I snapped a few pics of the fish and let her go as Will had a fight on his hands too. Will landed the fish and it weighed in at 4lbs 15 oz. We continued to catch fish after fish all through the day not paying much attention to the time until our cell phones started ringing. Ah, the dreaded " why are you guys running late call". Well, needless to say no matter how many fish we were catching a promise is a promise and we headed back in. The number totaled 131 on the fish counter and we didn’t log in a few bass because of all the excitement we were having. We had one in the 5 almost 6 lbs class a 4.5 lbs class fish and a bunch of 2 and 2.5 lbers, not to mention a ton of 1 to 1.5 bass. This was a trip that Will and I were going to talk about for a long time. It was definitely my personal best since I have been living on the Northshore. I have told people this story over and over. For some its hard to believe but to those who know how fishing is on the Northshore know that its definitely possible and have similar stories to compare. I hope you guys enjoyed this story as much as I enjoyed writing it. Be safe on the water, good luck fishing and Happy Holidays.

多くのバスアングラーは、真冬の間は普通はオフシーズンになります。 正直なところ、この時期のバス釣りは誰が何と言おうと、厳しいかもしれません。 しかし私は、極寒で風が強いまさに真冬日に、午後 1 時までに 100 匹以上のバスを釣ったことがあります。 (私の隣人がその目撃者です)。

冬の天気が悪いときというのは、あなたの釣りのスキルや釣りをしたいという純粋な意欲が試される時かもしれません。 冬に釣りに行くたびに荒れるということはないでしょうが、もし悪天候に当たったならば、もしかしたら大釣りができるかもしれません。 この話は、私と隣の家に住む隣人とで最強寒波が来たときに釣りに行くことを決めたある日からはじまります! その日の話と、真冬に魚を釣るのに使ったルアーのお話です。

ある晩、ボートの掃除とルアーの整理をしていると、隣人のウィルから電話がかかってきました。 私が何をしているのかと聞いてくるので、ガレージでボートを掃除したり、新しいロッドとタックルを整理していると言いました。すると彼は世間話をするためにコーヒーを片手にやって来たので、いつも通りバス釣りについて話しました。

お互いの釣り自慢が終わると、私たちはフィールドに出て釣りがしたくなってしまいました。 私たちは2人とも、休日は買い物のために午後1時頃までに戻ってさえ来れば、妻は行ってもいいと言ってくれます。そこで、バスフィッシングの聖地バスプロショップスに向かい、明日の釣りに必要なアイテムをいくつか買いました。

バスプロショップスでタックルを選んでいると、店員がやってきたので、翌朝は釣りに行くと伝えました。 店員はニヤニヤしながら首を振り「ニュースを見たのかい?明日は大きな寒波がやってくるんだぜ。」と言います。 さらに、そんな天気じゃバスも口を使わないだろうから釣れたらラッキーだろうとも言います。

隣人は「ダイハードみたいにラッキーな結末が待ってるはずさ」と冗談で返します。 会計を済ますと私は明日の天気について考え始め、明日のゲームプランを考える必要があるかもしれないとhは思いましたが、釣りに行かないという選択肢はありませんでした。

家に帰ると、明日の釣りに向けてタックルを準備します。 天気のことなど気にせず、バスのことだけを考てはブツブツつぶやきながら。 途中、私は隣人に明日の天気から防寒だけはしっかりしていこうとだけ伝えに行きました。 部屋に戻り、明日の準備を終わらすと、天気予報を見ます。 どうやら朝の気温はマイナス2度、北風4~5mという極寒とのこと。

「なんでこんなこと思いついちゃったんだろう」と思いましたが、幸運にも午前中は雨の予報がなかったことだけがプラスでした。 これでさらに雨に濡れるなんて言ったらフィールドの上で身体が凍ってしまいますからね。

釣りの前日に寝ることというのは私にとっての試練です。 釣りの前日にワクワクする気持ちはきっと誰にでも分かっていただけますよね。私と同じように、時計の針だけが刻々と進むのを見ているだけで、ちっとも眠れませんよね。せっかくバスプロショップスで新しいルアーを買って気持ちを落ち着けたはずなのに、効果がありませんでした。

遠足の前の子供と変わりませんよね。

さて、寝たか眠れなかったか分からない状態のまま朝を迎え、その日の準備を終わらせます。窓から外を見ると、風がうなり声を上げ、風車がグルグルと回っています。 私は見なかったことにして、コーヒーを飲んで体を温めました。こんな状況での釣りのことを考えるなんてどうかしています。 しかし、私は根っからの釣りバカです。深呼吸をし、頭を振って、やるべきことをイメージすると、出掛ける準備をします。

ガレージを開けて車のエンジンをかけます。フロントガラスが凍っているので暖機運転をしなければなりません。 ボートにタックルを積み込んでガソリンスタンドに向かうとき、同行する隣人と合流しました。気まずい沈黙です。 私たちは2人して「俺たち大丈夫かな」という顔をしています。 スタンドへ向かう途中もまだ黙ったままです。ガソリンを入れ、お店で買った食料をボートに積み込むとき、隣人が冗談で「アイスは買っとく?」と聞いてきます。 ここでそうだなと言ったらどうなるだろうと考えると、ちょっとビビります。しかし、彼に「イエス」と言うと、彼は頭を振ってニヤリと笑って、「おまえマジかよドMだな」と言ってくれました。

道中、車の温度計はマイナス3℃を示しています。 まあ車の温度計なので少々の誤差はあるとは思いますが、外がめちゃくちゃ寒いことを知るには充分すぎました。

駐車場に着くと、出船の準備を始めます。 ロッドロッカーのフタを開けようとしますが、開きません。 カーペットを前日に掃除したことでまだ濡れていたようで、走行中に凍ってしまったようです。 何度も引っ張ってやっとドアを開けると、バランスを崩し、凍ったデッキにあるロープをつかむほどでした。 これは私たちに釣りをするべきでないことを伝えているのかもしれません、しかし、私のような釣りバカを止めることはできません。 私たちはコーヒーの最後のひと口を飲んで身体を温めると、出船します。

出船するとすぐに、いつもの白い帽子のような目印が見えるのですが、今日はゆっくりと走りました。
釣りをするつもりだったエリアに入ります。 周りの木々や家々が私たちを風から守ってくれました。 エレキを降ろして魚探のスイッチを入れ、近くのディープゾーンへ行くと、何かがいるようです。「いやいやまさかな」と思いました。おそらくガーフィッシュでしょう。 バイブレーションを結んだロッドを手にしたとき、目の前でベイトフィッシュに3ポンドクラスのバスがボイルしました。すかさずキャストすると、着水と同時にバスが食いました。

ファーストキャストでバスを釣るのは良くないという都市伝説がありますが、私は信じていません。 バスをランディングすると、まるまると太った3パウンダー(約1.4キロ)です。 バスはベイトフィッシュを食べて非常に太っていて、黄色がかっていました。

私がそのバスとファイトしているとき、隣人のウィルもファーストキャストでナイスフィッシュが来たと叫んでいるのが聞こえました。

突然、空気がそれほど寒くなくなり、風も影響しなくなりました。 私たちのまわりはバスだらけのようです! 私はすぐにキャストすると、またまた釣れました。今度は1キロくらいのバスでしたが、ファイト中に他のバスが食って来たのです、またフッキングします。1回のキャストで釣果が倍です!!!!!!!! この場所は激アツです。

しばらくして釣ってリリースしたバスの数を確認すると、18回のキャストで19匹のバスを釣っていました。

ディープランクランク、バイブレーション、サスペンドジャークベイト、メタルジグで連発っせました。 その日はほぼすべてのキャストでバスが食ってきましたので、身体が暖まってしまい、服を脱いだほどです。

ウィルも私もボートからフリッピングするだけで2 ~ 3ポンドのバスを思いのままに釣っています。 これは、小バスがやたら多いとされるこの地域では簡単なことではありません。 バスはどれも太く、はじけそうなほどでした。 ウィルと私でこのエリアに一体何本のバスがいるんだと話していました。前日まで、まさかこんなことになるなんて思っても無かったので…。

ジャークベイトをキャストし、リールを巻きまじめた時、ドーンという手応えとともにロッドがグーッと曲がりました。ファイトをしてバスを浮かせてくる時点で、あきらかに3ポンドクラスのバスではないことがわかりました。 これはビッグフィッシュだと。 バスはジャンプしようとしますが、私はすかさずロッドを下げてジャンプさせません。 チラッとバスが見えると、デカい!

私はボートにランディングネットを置かない主義なのですが、この時ばかりは後悔しました。このタックルはフロロ8ポンドで、恐らくバスは5ポンドから6ポンドクラス(2.5㎏前後)のバスです。 この低水温期に、バスがこれほど活発になるとは思ってもみませんでした。 バスはよく走って、力の限りファイトしています。 ひざをついてバスをランディングするとき、フックが皮一枚で掛かっていることに気付いたので「頼む!外れるな!」と言ってしまいました。 ようやくバスが水面に出てきたので、バスの口に親指を入れてランディングすると、そこでルアーが口から落ちました。

バスは 5ポンド12オンス(約2.6Kg)でした。 私たちはモンスターの出現にハイタッチをし、雄叫びをあげました。

ウィルも次のキャストでジャークベイトに食わせ、ロッドを曲げました。 私は自分のバスの写真を何枚か撮ると、ウィルを手伝おうとバスをリリースしました。 ウィルのバスは4ポンド15オンス(約2.2Kg)でした。

この日はスマホにアラームをセットしていたので、時間を気にせずずっとバスを釣り続けていましたが、ここで恐怖のアラームが鳴ります。どれだけ多くのバスを釣っていたとしても、約束は約束ですから、私たちは帰らなければなりません。バスを数えていたカウンターは合計131でしたが、興奮しすぎて何本かはカウントし忘れています。

5本に1本は6ポンドクラス、4.5ポンドから2ポンドまではたくさん、さらに1から1.5ポンドのバスは数えきれません。

これは、ウィルと私でいつか行こうと言っていた釣行でした。 ここノースショアに住んで以来、間違いなく自己ベストです。 私は多くの人にこの話を話してきて、信じてくれない人もいますが、ノースショアでの釣りをよく知っている人にとっては、似たような釣りを経験したことがある人はいるようです。

私が楽しくこの記事を書いたときと同じくらい、皆さんがこの物語を楽しんでくれたと信じています。 フィールドでは安全に釣りを頑張って、ハッピーな休日をお過ごしください。

冬バス釣り
Photo by northshorefishingreport.com

私はこの記事を読んで、もうニヤニヤが止まりませんでした。

たしかに、いくつになっても釣行前はなかなか眠れないんですよね。

話としてはかなり出来過ぎな感じですが、釣り人の気持ちがよく表れたいいエピソードだと思います。

釣りに行きたくなっちゃいますよね(笑)

そして私は、同時にもうひとつのことが頭に浮かびました。

それがこちらです。

カナダはオンタリオ在住のニシネルアーワークスの西根さん、そしてハーヤンパパさんによる真冬のアイスフィッシングライブ!

これこそこの物語のまんまのような展開で、ものすごい寒い中ですが魚探を見ながら、ニシネルアーワークスさんの製品を使い、なんやかんやしながら釣りを楽しんでいるんです。

ポジティブに今ある環境を楽しむ、これが釣り人に与えられた特権だと思います。

もし寒さが苦手な方は、このような釣りライブで冬を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

冬があるから、春が楽しい。学校や仕事があるから、釣りが楽しいんですよね。

今やるべきことを一生懸命やり、次の釣りを楽しみましょうね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!