史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ

気になるテーマでブログ内を検索!

史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ
Photo by insideline.net

バス釣りをする方の多くは、お気に入りのワームというものがあると思いますが、私のような趣味の者が言うのと、トーナメントプロの方が言うのとではその意味はちょっと違いますよね。ゲーリーヤマモト・スーパーグラブはあるトーナメントプロが愛する究極のワームなんだそうです。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Gary Dobyns’ “Super Bait"”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:insideline.net ”Gary Dobyns’ “Super Bait"” By M.L. Anderson MAY 21, 2020

皆さんには、お気に入りのワームというものはありますでしょうか。

おそらくバスアングラーの方なら誰にでも、お気に入りのワームというものがあるのではないかと思います。

では、「なぜそのワームがお気に入りなのですか?」とお聞きすれば、これもまたほとんどの方が「釣れるから」と答えるのではないでしょうか。

ごもっともな話です。

私たちは常によく釣れるルアーやワームを探し続ける旅人のようなものです。あちらに釣れるワームがあると聞けば買って試し、またあちらに新しい釣れるワームが出たと聞けば、買って試す。これの繰り返しですよね。

そうしてようやく見つけたよく釣れるルアー(そして釣れるカラー)を買い続けるようになったりします。これは釣り人として当然のことでしょう。

釣れるって、私たちにとって本当に大事なことなんですから。

さて、それが私のような趣味で釣りをする人間であれば可愛いものです。

しかし、それが第一線で活躍するトップトーナメンターだったらどうでしょう。

スポンサーの商品しか使えないという(目に見えない)制限はあるものの、トッププロが凌ぎを削るトーナメントの世界に生きる方がお気に入りのワームがあるということは、つまり勝てる本物のワームだというほど熱狂的なものであるはずですよね。

私の言うお気に入りとはケタが違うでしょう!

今回はアメリカ西海岸のプロ、ゲーリー・ドビンズが溺愛するワーム、ゲーリーヤマモト・スーパーグラブについて、ゲーリーヤマモトアメリカのHPのコラム記事にて解説してくれています。

日本ではスーパーグラブはティムコが取り扱うゲーリーヤマモト製品ですが、日本でもロングセラー商品です。

最近はあまり話題にならないワームかもしれませんが、さて、スーパーグラブの出番はもうないのでしょうか。

昔は使っていたという方も、スーパーグラブの存在を知らないという方も、ぜひ読んでみてください。

ゲーリー・ドビンズが1番に愛するワーム

引用文(タップすると開きます)
“Swimming a grub on a dart head jig is my absolute favorite way to fish it,” Gary says. “You absolutely can’t fish it wrong. No matter what you do with it, that tail is moving and that bait is fishing for you 100% of the time. You can swim it at any depth, any speed, over almost any cover and it will catch fish.” His son Richard, he says, caught his first fish on a swimming Yamamoto Grub – a four-pound rainbow trout on Lake Berryessa. Now Gary has a grandson, Garrett, who absolutely loves to fish, and he is learning on a grub as well.

A grub is the ideal bait for a beginner, he says. He just rigs up a spinning rod with 8-pound-test fluorocarbon, ties on a Gamakatsu dart head, and puts a grub on it. The huge controversy back in the day was whether you should rig it tail down or tail up, he says, and people really got heated about it. He always rigs his with the tail down (opposite the hook bend), but he says his team partner always rigs his tail up and they both catch fish. There just isn’t a wrong way.

His usual technique when swimming is to cast out, let the grub hit bottom, then just slow-reel it back in. He’ll actually just go down the bank with it like a crankbait, because you can fish it anywhere. He fishes a grub on steep walls, across points, in backs of coves, on pilings, and one of his favorite grub spots – the face of a dam. The bite varies. Most of the time the rod just loads up. Sometimes the fish grabs it from behind and keeps coming right at you, so the line just goes slack. Other times they come from the side and grab it and nearly knock the rod out of your hands.

Gary rarely uses anything but the 5-inch grub, and his favorite colors for swimming are Smoke/Large Black Flake #150, Salt and Pepper #187, Baby Bass #305, Natural Shad #306, and of course Green Pumpkin #297. He says some guys swim the grubs on pea head jigs but he doesn’t – it’s strictly dart heads for him because they seem to swim better.

「ジグヘッドリグのスイミンググラブが私のお気に入りの釣り方です。 この釣りに間違いというものはありません。あなたがそれをどう使ってもテールはよく動き、ワームは100%あなたのために働いてくれます。どんなレンジでも、どんなスピードでも、ほぼすべてのカバーでも泳がせることができ、バスを釣ることができます。」彼の息子リチャードは、生まれて初めてのバスをゲーリーグラブのスイミングで釣ったそうです(ちなみにベリーエッサ湖の2㎏近いニジマスだそうです)。現在、ゲーリーには釣りがとても大好きな孫のギャレットがいて、幼い頃から釣りに取り組んでいます。

グラブは初心者にとって理想的なワームであると彼は言います。彼はスピニングにフロロの8ポンドのラインを巻き、ジグヘッドを結び、グラブを付けます。昔からある論争で、テールを後ろ向きにリグるべきか、テール側を前にしてリグるべきかというものがありましたと彼は言い、人々は本当にそれについて熱く語り合っていたようです。彼は常にテール側を後ろにしてリグしますが、彼の釣り仲間は常にテール側からフックを刺し、どちらでも良く釣れています。間違った方法はありません。

彼のスイミンググラブのテクニックは、キャストし、グラブが着底したら、ゆっくりとリトリーブするだけです。実際にはクランクベイトと同じようにグラブを巻きながらバンクを潜らせていきます。彼は垂直岩盤、岬、ワンドの奥にある杭、そして彼のお気に入りのグラブ場のひとつであるダムの近くでグラブを使います。バイトの出方はさまざまです。ほとんどの場合はロッドに出ます。たまにバスが後ろから食いついてそのままこちらに向かって泳ぐので、ラインがたるむこともあります。他にもバスが横から来てバイトしたときは、手からロッドをひったくられるようになることもあります。

ゲーリーは5インチのグラブ以外はほとんど使用せず、スイミングで使う時に好きな色はスモーク/ラージブラックフレーク#150(日本未発売)、ソルトアンドペッパー#187(日本未発売)、ベビーバス#305、ナチュラルシャッド#306、そしてもちろんグリーンパンプキン#297です。彼はラウンドヘッドのジグヘッドを使う人もいますが、より泳ぎを良くするためには、厳密にはダートヘッド(先の尖ったジグヘッド)を使うと言っています。

史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ
Photo by insideline.net

トレーラーにもスーパーグラブ

引用文(タップすると開きます)
A 5-inch grub, says Gary, is the best jig and spinnerbait trailer ever made. He tends to favor shad colors for spinnerbait trailers and darker craw imitations for jigs. “It’s a phenomenal jig trailer,” Gary says. If he throws a 1/4-ounce jig he’ll drop down to the 4-inch grub, but most of the time he sticks with the 5-inch. His favorite jig trailer colors are Cinnamon/Black Flake #176, Dark Pumpkin #286, and Green Pumpkin #297. For spinnerbaits he uses Blue Pearl/Large Silver Flake #031 (his best color), Smoke/Large Black Flake #150, Chartreuse Pepper #156, Salt and Pepper #187, and Natural Shad #306.

Gary is known as a Power Fisherman, which he says is basically not fishing chicken. He covers water, fishes aggressively, and tries to get a pattern figured out. The grub plays right into his style because he can aggressively cover water with a single lure, fishing that lure deep or shallow, fast or slow, until he figures out the bite. A swimming jig, he says, is one of his favorites. Generally people think of jigs as a bottom lure, but he uses it like a crankbait, which is why he uses the single-tail 5-inch grub. The swimming jig is great for suspended fish or feeding fish that are at a certain depth. You can keep a jig at the right depth for a lot longer than you can a crankbait. It’s killer on spotted bass as well, he says.

An unusual way that Gary fishes a spinnerbait with a Super Grub is as a flippin’ bait. He does this all the time, he says, and the fish will totally ambush the lure so he can fish it really fast. He uses a single blade 3/8- to 1/2-ounce spinnerbait with either a Colorado blade or a willow leaf, but not a very big blade – just about a 4 to 4-1/2 blade. He’ll flip it in, let it fall, pump the rod tip, swim it out, then pitch it back in. This flipping technique gives him more flash and a completely different look from most of the baits that are flipped. He moves fast, not fishing it on the bottom. For instance, in five to six feet of water he’ll let it free fall about four feet, pump it, then swim it out. When everyone else is flipping a jig, the flash will sometimes trigger strikes the jigs aren’t getting.

ゲーリー氏によると、5インチスーパーグラブは、ラバージグとスピナーベイトの最高のトレーラーだそうです。スピナーベイトのトレーラーにはシャッドカラーを、ラバージグには暗めのザリガニ系カラーを好む傾向があります。 「これは素晴らしいラバージグ用のトレーラーです。 1/4オンスのラバージグを投げるなら4インチのグラブにしますが、ほとんどの場合、5インチスーパーグラブを使います。」彼の好きなラバージグのトレーラーの色は、シナモン/ブラックフレーク#176(日本未発売)、ダークパンプキン#286(日本未発売)、グリーンパンプキン#297です。スピナーベイトには、ブルーパール/ラージシルバーフレーク#031(日本未発売)、スモーク/ラージブラックフレーク#150(日本未発売)、チャートリュースペッパー#156(日本未発売)、ソルトアンドペッパー#187(日本未発売)、ナチュラルシャッド#306を使用しています。

ゲーリーはパワーフィッシャーマンとして知られています。彼は広い範囲を探り、積極的な釣りをし、パターンをつかもうとします。ひとつのルアーを使って積極的にキャストし、ディープでもシャローでも、速くも遅くも釣りをするタイプなので、バイトが出るまではこれが彼のスタイルにぴったりです。彼はスイミングジグがお気に入りの1つであると言います。一般的にはラバージグはボトム用のルアーと考えられていますが、彼はスイミングジグをクランクベイトのように使いたいため、シングルテールの5インチスーパーグラブを使用しています。スイミングジグは、一定の深さにサスペンドするバスやフィーディングするバスに最適です。クランクベイトよりもずっと長い間、ジグを狙ったレンジに保つことができます。スポッテッドバスにも有効だと彼は言います。

ゲーリーにはスーパーグラブを使ってスピナーベイトで釣るときの珍しい方法があり、それはスピナーベイトのフリッピングです。彼はいつもこれをしているようで、バスはルアーを待ち伏せしているので、これがスピーディーな釣りになるのだそうです。彼はコロラドブレードまたはウィローリーフブレードのシングルブレードの3/8〜1/2オンスのスピナーベイトを使用していますが、大きなブレードではなく、#4か#4.5のブレードです。それをフリッピングし、フォールさせ、ロッドティップを上下させて泳がせ、手元まで回収します。このフリッピングテクニックにより、多くのフラッシングとよくフリッピングで使われるルアーとは全く異なる見た目を与えられます。彼はそれをボトムで使うのではなく、その手前から動かします。たとえば、水深1.5メートルほどであれば、約1.2メートルまでフリーフォールさせてから、ロッドを上げて泳ぎ出します。他の誰もがラバージグのフリッピングをしているとき、そのフラッシングによりラバージグでは取れなかったバイトが出る可能性があります。

史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ
Photo by insideline.net

結論

引用文(タップすると開きます)
The “Super Grub” 5-inch Yamamoto Single Tail Grub is one of the best baits ever made, Dobyns says, it’s just that fishermen have let other techniques and baits replace it. It’s incredibly versatile, insanely easy to fish, and it will catch not just bass but also trout, crappie, catfish, and pretty much any other fish in the water. When he’s on the Columbia River, he throws a 5-inch grub 95% of the time – it’s killer on big smallmouth. Whether you are after numbers or giants, the “Super Grub” deserves a spot on your deck.

ゲーリーヤマモトの5インチスーパーグラブは、史上最高のルアーの1つであるとドビンズ氏は言います。アングラーが他のテクニックやルアーにその代わりをさせているだけなのです。 信じられないほど用途が広く、かなり簡単に釣りができます。バスだけでなく、トラウト、クラッピー、ナマズなど、多くの魚が釣れます。 コロンビアリバーにいるときは、95%の確率でこの5インチグラブを投げます。ビッグスモールマウスにもかなり有効です。 数釣りが好きな人も大物釣りが好きな人も、「スーパーグラブ」はあなたにぴったりです。

史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ
Photo by insideline.net

皆さんはこの5インチスーパーグラブをお使いになったことはありますでしょうか。

ほとんどの方が使ったことがあるであろうメジャーな4インチと、このスーパーグラブ5インチというグラブの違いは大したことが無いように思われるかもしれませんが、このサイズの違いはただ縮尺を変えただけではないんですね。

史上最高のワーム!ゲーリーヤマモト(ティムコ別注)・スーパーグラブ

写真をご覧いただくとお分かりの通り、ボディの太さは少し太くなっているものの長さはほぼ同じで、テールの幅と長さが大きくなって1インチ分を稼いでいる感じになります。(6インチジャンボグラブになるとテールよりもボディの長さが明らかに長くなっていますので、5インチスーパーグラブのボディとテールの大きさの関係はかなり特殊のように思います)

このテールの効果が絶大で、記事にも書かれていましたが、どんなことをしてもうまいこと動いてくれるんですね。

これが初心者の方におすすめできる理由を補足させていただきますと、まずはよく飛ぶということなのですが、実はそれ以上に、フックを慎重にまっすぐ刺せなくても、ある程度機能してくれるというところがあります。

最近のワームは本当にデリケートで、ワームが曲がってセットされていたり中心からフックがズレたりすると機能しないものが多いのですが、スーパーグラブは少しぐらい適当でも普通に良いアクションが出るのです。

ノーシンカーやテキサスリグのスイミングといった使い方ですとグルグル回ってしまうので、さすがに適当だとまずいのですが、普通のスローなズル引きテキサスやキャロなら関係ありません。ジグヘッドリグやスピナベのトレーラーで使うのであればかなり中心からズレてしまっても余裕でまっすぐ泳いでくれます。

本当ならできるだけ真っ直ぐの方がいいので、ワームの刺し方も練習しながら上達するべきところなのですが、刺し直すとワームがすぐダメになってしまうのでもったいないですからね、こういう懐の大きいワームって大事なんです。

そんな感じで、当店からもかなりおすすめしたいワームのひとつなんです!

このワームは1980年代から90年代にかけてかなり広く使われていたワームです。

冒頭でも書いた通り、私たちはよく釣れるルアーを求める旅人のようなものですから、新しいもの好きなところがあります。

でもそれは、古いルアーが釣れなくなってしまったということではありません。

使う人が少なくなってしまった釣れるルアーほど「オイシイ」ことはないという考え方も大いにアリですし、実際、バスは見たことがないルアーに良く反応するものです。

ゲーリー・ボビンズ氏の息子さんも幼いころにスイミンググラブで2キロ近いニジマスを釣ったというこの安定感。

ぜひみなさんもお試しください。

ちなみにアフターのスモールマウスにも最高の効き目ですよ。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。