野尻湖釣具店ブログ

夏のワームのバス釣り

      2019/08/05

夏のワームのバス釣り
Photo by lucky tackle box.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”4 TIPS FOR WARM WATER WORM FISHING FOR BASS”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:luckytacklebox.com ”4 TIPS FOR WARM WATER WORM FISHING FOR BASS”Written by Andrew Schadegg

夏のバス釣り!梅雨時期のことを思い出してみると、釣りに行く日が雨ばかりでうんざりしていましたよね。

不安定な時期を過ぎると晴れの日が多くなり、釣りに出掛けるにはいい気分です。

そんな夏ですが、皆さんはどんな釣りを展開されますでしょうか。

私なんかは、せっかくの夏ですので、まず朝はトップで静かな水面を釣ります。うまくいけばガバッと出て、朝からいい釣りしてるなー!なんて自己満足に浸りたいところです。

そして日が昇ると水面のバイトは出づらくなり、作戦変更を余儀なくされるのですが、ここからが問題なんです。

さてどうするかな…

一応色々とやってみるのですが、やっているうちに、蝉の声が段々とうるさく感じ、気温の高さと、それに合わせてまわりの草木の湿気が身体にまとわりつく感じも辛くなってくる。

釣れないな…ワームに変えてじっくりやってみるかな。

という風になるのが私の夏の釣りの展開です。しかし、ただ釣れないからと言ってワームに切り替えたところで釣れるということもなく、夏には夏のワームの釣りを展開しないといけなかったりするんですよね。

では、夏のワームの釣りには、どんなやり方があるのでしょうか。

この記事は、アメリカのオンラインタックルショップ「Lucky Tackle Box」のブログ記事で、夏のワームの釣りのプレゼンテーションについて解説してくれています。

夏の暑さを吹き飛ばすほどのバスと出会うためには、ぜひ覚えておきたいところですよね。

早速読んでみましょう。

ビッグワームを使う

引用文(タップすると開きます)

One of the best (and my personal favorite) techniques for worm fishing in the summertime is getting out the monster 10-12 inch worms and rigging them up Texas style. This technique is a favorite among many anglers in the summer, because it tends to catch better quality fish. Bass in the summer don’t want to travel far for their meals, so when something a little bigger falls in front of them they’ll snatch it up quickly. It’s a versatile technique as well, because you can flip it up shallow around docks or in the weeds, but you can also toss it out deep off ledges and points, hopping it or dragging it.

夏のワームフィッシングのための最高のテクニックであり私も個人的に好きなものの1つは、10~12インチのモンスターワームのテキサスリグです。 これはよりハイクオリティーなバスをキャッチできる傾向があるため、夏には多くのアングラーの間で人気があります。 夏のバスは食事のときになるべく遠くに行きたくないので、大きめのものが目の前にやってくると、すぐに食いついてしまうのです。

これは非常にバーサタイルな釣り方で、シャローの桟橋まわりやウィードエリアはもちろん、沖の棚や岬まわりに投げてもいいですし、ズル引きしてもホップさせる使い方でもいいのです。



小さいワームを使う

引用文(タップすると開きます)

If the giant worms aren’t your style, the other option is to go really small. This is also a great technique, as bass are frequently feeding on the freshly spawned bluegill, baby bass, and other species in the 2-4 inch range. This is an excellent time to throw a drop shot with a 4-inch worm or even a smaller Ned Rig style plastic in the 3-inch range. Consider going ultra-light on your line as well. Especially in clear water or high pressure situations, the thinner the line, the better.

巨大なワームが自分のスタイルとは違う場合、他の選択肢としては、逆に小さくすることです。 バスはこの時期、生まれたばかりのブルーギル、ベビーバス、その他の2~4インチのエサを食べているので、それも理にかなっています。 この時期は、4インチからもっと小さい3インチのワームをダウンショットリグで使うのに最適な時期です。

ラインの方もかなり細くすることを検討してください。 特にクリアウォーターやハイプレッシャーフィールドでは、ラインは細いほど良いです。



ディープを釣る

引用文(タップすると開きます)

Oxygen is the name of the game when it comes to hot, summer fishing and deep water has what the bass are looking for. They go deep because the water is cooler and the oxygen is better. This is when your deep water drop shot techniques, shaky heads or the old-school method of dragging a Carolina Rig can be really effective. Look for points, ledges, drop-offs, humps or any other deep water depth changes where bass might hold to. Quick, vertical access to shallow water is important as well, as many bass will come up in the mornings and evenings and retreat to their deep haunts during the heat of the day.

酸素は暑い夏の釣りには欠かせない要素です。そしてディープにはバスが探しているものがあります。 水がより冷たく、酸素がより多いので、ディープへ行くのです。 こういうときはディープでのダウンショット、シェイキーヘッド、キャロライナリグをズル引くといった古い手法が有効になる時です。

岬、棚(段差)、ブレイク、ハンプ、その他バスが涼んでいそうなディープの地形変化を探してください。 シャローが近くアクセスしやすいということも同様に重要で、多くのバスは朝と夕方にシャローに上がり、日中の暑い間には深いところへ戻っていくようです。



シャローを釣る

引用文(タップすると開きます)

Don’t like fishing deep? No worries. Summertime is also a great time to fish shallow. The key to shallow fishing is the same as it is for deep fishing. Oxygen. Bass need it, so any shallow area needs to be full of life. If everything is dead and the water is still with no appearance of life, get the hell out of there. If the weeds are green and lush and see bluegill or other fish darting around or kissing the surface, bass will be there somewhere. Find the shade or weed canopies, docks with vegetation or current and moving water. This is where the bass will stage up in the summer. Work those Texas-rigs, stick baits, shaky heads and flipping baits in and around these areas.

ディープの釣りはお好きではないのですか? 大丈夫です。 夏はシャローの釣りに最適な時期でもあります。 シャローで釣りをするときの鍵は、ディープの釣りの場合と同じなのです。 そうです、酸素です。 バスは酸素を必要としているので、シャローエリアには生命感が必要です。 何も生息していないし、水自体も死んでいるような場合は、そこは見切ってください。 ウィードが鮮やかな緑色をしていて、ブルーギルや他の魚が水面をパクパクしたり波紋を作っているのが見えたら、バスもどこかにいるでしょう。

日陰やウィードが天井になっているようなところや桟橋、または水が流れているところを探してください。 これはバスの夏の居場所です。 こういうエリアやその周辺では、テキサスリグ、スティックベイト、シェイキーヘッド、フリッピングワームなどが有効です。

夏のワームのバス釣り
Photo by lucky tackle box.com

夏のワームの釣りといっても、長いワーム、短いワーム、ディープ、シャローとそれぞれに釣れる条件みたいなものがあるんですね。

そのことがとても分かりやすい記事だったと思います。

私は10インチ以上のワームを使ったことがありません。あんなに長くてなぜフックのところを食ってくるのか、いまいち不安になってしまうんです。

でも、言われてみればハイクオリティーなバスしか食ってこないだろうなということも納得ですし、実際にそういうワームで釣果を上げているアングラーさんも日本に大勢いますもんね。

アメリカだから釣れるワームというわけではないですよね。

だからと言って、10インチや12インチのワームを買ってすぐにでもやるかと言えば、そういうことでもなく、大きなワームの考え方や使い方を理解して、今もっているワームに当てはめて考えてみたりですとか、そういうことでいいのではないかと思います。

でも本当は12インチなんていう長いワームででっかいバスを釣ったら楽しいだろうなあ、というあこがれもすごくあります。

せっかくの夏ですし、自分なりの楽しい釣りを達成してみたいものです。

皆さんもぜひ、夏のワームのバス釣り、楽しんでくださいね。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を
フォロースティックads

 - 攻略法,  夏

ネッドリグ
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status