大森貴洋プロ:レッドクレストへの想い【MLF】

      2019/08/19

大森貴洋プロ:レッドクレストへの想い【MLF】
Photo by major league fishing.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”REDCREST 2019: Omori Eager to Add Another Championship Trophy to Resume”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:majorleaguefishing.com ”REDCREST 2019: Omori Eager to Add Another Championship Trophy to Resume”By Tyler Brinks - July 27, 2019

いよいよメジャーリーグフィッシング(MLF)のバスプロツアー(BPT)のチャンピオンシップが8月21日から25日にかけて行われます。

このチャンピオンに贈られるトロフィーはレッドクレストと呼ばれています。

MLFバスプロツアーは年間8戦が行われ、8戦合計の獲得ポイント上位30名がチャンピオンシップに出場でき、レッドクレスト獲得のチャンスがあります。

今回、大森プロは8戦合計で25位に入りましたので、チャンピオンシップに出場します。ちなみに30名の選手とそれぞれの獲得ポイントは次の通りです。

  1. エドウィン・エバーズ - 510ポイント
  2. ジェフ・スプレーグ - 500ポイント
  3. ブレント・イーラー - 491ポイント
  4. ジェイコブ・ウィーラー - 488ポイント
  5. マイケル・ニール - 470ポイント
  6. トッド・フェアクロス - 468ポイント
  7. ジョーダン・リー - 460ポイント
  8. ダスティン・コネル - 445ポイント
  9. ボビー・レーン - 437ポイント
  10. マーク・ローズ - 431ポイント
  11. アンディ・モーガン - 428ポイント
  12. マイク・アイコネリ - 417ポイント
  13. ケーシー・アシュリー - 414ポイント
  14. アーロン・マーティンス - 413ポイント
  15. アンディ・モンゴメリー - 413ポイント
  16. オット・デフォー - 406ポイント
  17. ウェズリー・ストラダー - 406ポイント
  18. ジャレッド・リントナー - 406ポイント
  19. グレッグ・ハックニー - 406ポイント
  20. フレッド・ルンバニス - 405ポイント
  21. ブラッドリー・ロイ - 402ポイント
  22. スティーブン・ブラウニング - 399ポイント
  23. ジェイコブ・ポロウズニク - 390ポイント
  24. ザック・ビルジ - 385ポイント
  25. 大森貴洋 - 376ポイント
  26. グレッグ・ビンソン - 374ポイント
  27. ブランドン・パラニューク - 371ポイント
  28. マーク・ダニエルズJr - 369ポイント
  29. コディ・メイヤー - 365ポイント
  30. ランダル・サープ - 361ポイント

(名前の読みが間違っていたらすみません)

この顔ぶれ、改めて見るとすごいですね。

さて、 メジャーリーグフィッシング公式サイトのコラム記事では、こんな価値あるバスプロツアー初年度のレッドクレストをかけて戦う大森プロが意気込みを語っています。

応援の意味も込めて、ぜひ読んでみてください。

大森貴洋が求めるもうひとつのトロフィー

引用文(タップすると開きます)

If you ask MLF pro Takahiro Omori to sum up his 2019 season on the Bass Pro Tour, he’ll tell you that he’s proud to have finished 25th in the points standings and qualified for the inaugural REDCREST, but also already looking forward to the 2020 season.

Omori was one of the 31 anglers who entered the season with previous experience competing in the MLF format. But despite his familiarity with SCORETRACKER® and the strategy involved in the “every scoreable bass counts” rules, the Daiwa pro quickly admits that it was a big adjustment going into the 2019 Bass Pro Tour season.

“Coming from having no practice days and just showing up for MLF events to having two practice days before the event, that was a big change,” Omori said. “I learned right away that you have to catch way more fish to do well in the Bass Pro Tour than you do in the Cup format.”

Omori started the season strong with a 10th-place finish at Stage One on Lake Toho, and then finished third at Stage Three in Raleigh. Despite that quick start, he still believes that he should’ve done better, and is certain that he’ll be even more competitive as he becomes more attuned to the format.

“We have 80 anglers who are ‘the best of the best,’ and they figure it out quickly if you give them time to do homework on the fisheries, and then get to practice,” Omori said. “That’s why I feel proud to have made REDCREST in the first season. But I believe I can do better next year.”

MLFプロの大森貴洋にBass Pro Tourでの2019年シーズンの総括をお願いしたところ、総合ポイント25位でレッドクレスト獲得権を得たとこに誇りを持っていると言いますが、次の2020年シーズンもすでに楽しみにしていると言います。

大森は、以前よりMLFのフォーマットで戦っていた31人のアングラーのうちの1人としてシーズンインしました。しかし、これまでの「すべてのバスをカウントしていく」ルールに沿った戦略に慣れていたにもかかわらず、大森は2019年のバスプロツアーシーズンが始まるや大きなアジャストが必要であることにすぐに気づきました。

「これまでカップ戦ではプラクティスがなかったのが、バスプロツアーには試合前の2日間にプラクティスが設けられました。これは大きな変化でした」と大森は言います。 「これにより、バスプロツアーでは、カップ戦よりも多くの魚を釣る必要があるということを直感しました。」

大森は第1戦のレイクトホで10位入賞、第3戦ローリーでは3位に入りました。良いスタートダッシュを決めたにもかかわらず、彼はもっとよくなると考えていて、彼がよりこのフォーマットに慣れてくることでさらに自分は競争力が上がると確信しています。

「私たちは「トップ・オブ・トップ」の80名のアングラーであり、彼らにそのフィールドで学習する時間を与えれば、彼らはすぐさま答えを見つけ出し、そして実行に移すはずです。」と大森は言いました。 「だからこそ、私はこの最初のシーズンにレッドクレストに挑戦できることを誇りに思います。ただし来年はもっと上手くできると思います。」



ミシシッピーリバーでの経験

引用文(タップすると開きます)

Omori has tasted success on Pools 7 and 8 of the Upper Mississippi River out of La Crosse, Wisconsin. He finished in the Top 10 two of the four times he competed there on the Bassmaster Elite Series; in all, he’s finished 7th, 9th, 19th and 46th. Omori says the fishing in La Crosse is right in his wheelhouse. “I like the fishery because I can catch them the way I want to with shallow-water fishing,” he said. “Pools 7 and 8 fit my style perfectly. But I’ve never fished a tournament there in August and it’s a river system, so that means the fishing will all depend on the conditions. The water level and how fast the current is running will be important to figure out what the fish are doing when we get there.”

大森はウィスコンシン州ラクロスからミシシッピ川上流で行われたプール7と8の試合で好成績を収めています。 また彼はバスマスターエリートシリーズでも4試合のうち2回をトップ10入賞し、全体では7位、9位、19位、46位で終えています。

大森はラクロスでの釣りは彼の得意分野なのだと言います。

「私はあのフィールドが好きです。なぜなら、シャローの釣りで釣ることができるからです。 プール7と8は私のスタイルにぴったり合っています。 しかし、私は8月のトーナメントを戦ったことは一度もありません。そこは河川水系なので、釣りはすべてコンディションに左右されます。 私がそこに立った時、水位や流れの速さで、魚がどこにいて何をしているのかを把握することが重要になります。」



もうひとつのトロフィーを求めて

引用文(タップすると開きます)

Omori became a household name in the fishing world after becoming the first international angler to win the Bassmaster Classic at the 2004 edition on Lake Wylie in North Carolina with his dramatic last-minute catches. As part of the fraternity of past winners of the Bassmaster Classic or FLW Cup, he would greatly like to add another championship to his resume and place the REDCREST trophy into his collection. “This is a big deal, and in my opinion, we have the best anglers in the world fishing this event. Winning REDCREST would be a huge honor to me,” Omori said.

2004年、ノースカロライナ州ワイリーレイクで彼は劇的な最後の1分でのキャッチでバスマスタークラシックを勝ち取ったアメリカ人以外での最初のアングラーとなり、その後大森は釣りの世界で有名になりました。

バスマスタークラシックやFLWカップの過去の受賞者のなかの一人として、彼は自分の歴史のなかにまた別のチャンピオンシップを獲り、彼のコレクションにレッドクレストトロフィーを加えたいと考えています。

「これは大きな挑戦であり、私の意見では、この試合には世界最高のアングラーたちがいると考えています。 レッドクレストを獲ることは、私にとって非常に大きな名誉になるでしょう。」と大森は言います。

大森貴洋プロ:レッドクレストへの想い【MLF】
Photo by major league fishing.com

このチャンピオンシップ、大森プロが得意なミシシッピーリバー上流のウィスコンシン州ラクロスで行われるんですね。これは期待してしまいますね!

この試合の模様はMLFの公式サイトかMLFアプリでのライブ中継を無料で見ることができます。時差の関係で深夜になってしまいますが、ぜひ観てみたいです。

メジャーリーグフィッシング公式サイトはこちら。ライブ中継が始まると「LIVE NOW!」みたいな表示が出るのでそれをクリックするとすぐに見れます。

Major League Fishing
The Purest Form of Competitive Bass Fishing

MLFアプリはこちら。こちらもライブ中継が始まるとトップページですぐに見れるようになっています。

‎Major League Fishing
‎The Major League Fishing App brings the latest news, TV schedules, tips and angler profiles on the go with you! Follow along with Outdoor Channel's most popular show and keep up-to-date with the latest information.
大森貴洋プロ:レッドクレストへの想い【MLF】

そして今年6月、MLFではワールドチャンピオンシップが行われました。これもミシシッピーリバー水系の下流だったのですが、なんと大森プロは2位でフィニッシュしているのです!

なぜかワールドチャンピオンシップだけはCBSテレビでの放送になり、日本では見ることができず、ひっそりと終わってしまった感があるのですが、ここでもミシシッピーリバーに強い大森プロを見ることが出来たんですね。(現在はMOTVでワールドチャンピオンシップのダイジェストが視聴可能です)

これでさらにレッドクレストへの期待が高まります。

ちなみにこのワールドチャンピオンシップはかなり少数の選手で争われるのですが、文字通り非常に狭き門です。出場資格があるのは、

  • 前年の4つのカップ戦の上位3位に入ること(計12名)
  • 前年のカップポイントの上位2名に入ること(計2名)
  • 前年のレッドクレスト獲得者(計1名)
  • 前年のワールドチャンピオンシップの優勝者(計1名)

という感じになっています(選手がダブればその分出場選手が少なくなる)。残念ながら今年、カップ戦では大森選手はいずれも3位入賞は逃していますので、来年のワールドチャンピオンシップに出るにはレッドクレストを獲るしかありません。

ぜひ大森プロには頑張ってほしいと思います。私も影ながら応援させていただこうと思います。

みなさんももし起きていることができれば、メジャーリーグフィッシングを観てみてくださいね。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を

 - フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status