野尻湖釣具店ルアー通販

釣ったことがないルアーで釣るためには

釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

市場には常に新しいルアー、新しいテクニックというのが出てくるものですが、アングラーとしては、できれば新しいもので成功したいと考えるもの。しかし、新しいもので成功する人と、そうでない人に分かれるのはなぜでしょうか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”How to Develop Confidence with New Bass Fishing Baits”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:wired2fish.com ”How to Develop Confidence with New Bass Fishing Baits”By Shaye Baker •Feb 1, 2021

次々と新しいルアーが発売されていくバス釣り業界。

本当にこれ以上ルアーが必要なのかと思うほどたくさんのルアーを持っていても、つい買ってしまいますよね。

ルアーを買う理由といえばやはり、もっとバスを釣りたい、楽しくバスを釣りたい、これがあると安心するといったポジティブなものだと思います。

他にも、このジャンルで釣ったことがないけど、今まで買ってきたルアーでは釣ることができなかったから、このルアーに期待して、新しいテクニックやジャンルを身に着けたいといった建設的な理由もあるかと思います。

しかし、その釣れなかったというルアー。

メーカー的にはテストを重ね、釣れると分かっているから発売されたはずのルアーなのに、なぜ、自分には釣ることができなかったのでしょうか。

これは、市場に新しいルアーが発売された時や、新しいテクニックが開発されたときなど、自分に新しいものを取り込もうとするときにはよく起きることだと思います。

それがうまくいかなかった時、「だまされた」「自分には向いていない」「必要ない」と考えたくなるのですが、実際にそのルアーでバンバン釣る人もいるんです。

ということは、何かやり方があるはずなんですよね。

新しいものを使って釣る人と、釣ることができない人には、どんな違いがあるのでしょうか。

また、新しいルアーで釣るには、どうしたらいいのでしょうか。

この記事は、アメリカのバスフィッシング専門メディア「Wired 2 Fish」の記事で、新しいルアーを自信を持って使えるようになるには、ということについて解説してくれています。

世の中には新しいもの好きな方と、そうでない方がいらっしゃいますが、どちらの方にも読んでいただくと良いのではないかと思います。

やり遂げる

引用文(タップすると開きます)
If you want to develop confidence in a new bait, you can’t give yourself an out. Say you like to throw a small swimbait on a jighead but you really think those same suspended fish you target with it would eat a spybait as well, maybe even better. You can’t have both tied on. The temptation is just too great to pick up the swimbait again after five minutes of fruitless fishing with the spybait. You can’t give yourself that option if you really want to quickly develop confidence in a bait. I would even go as far to suggest not taking anything else with you and I do mean “anything". If you’re walking the bank, take just the bare essentials you need for that technique you’re wanting to work on. If you’re going in your boat, take everything else out. Leave yourself no plan B. I know this sounds extreme and it’s not something I’m suggesting you do on a regular basis. But when you have a bait that you really think could be a difference maker as an addition to your arsenal, it’s worth it to do this once in a while. You might actually find you don’t need to put near as much stuff back in the boat afterwards, which is a win-win in my book.
釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

新しいルアーに自信をつけたいのなら、逃げ道を作ってはいけません。あなたがジグヘッドスイミングが得意なアングラーだとします。しかし、それで釣れるサスペンドバスを狙うのであれば、スパイベイトも有効になると思います。1本のロッドで両方のルアーを同時に投げることはできませんから、スパイベイトでとりあえず5分間釣りをする、しかし、釣れない。ということでジグヘッドリグにチェンジすれば、釣れるかもしれませんよね。しかし、本当にルアーへの自信を持ちたいのであれば、あなたはその選択をすべきではありません。

私は、それ以外は何も持って行かないことを提案します。そう、「何も」です。オカッパリであれば、釣りたいルアーやそのテクニックに必要な最低限の必需品だけを持っていってください。ボートであれば、他のタックルはすべて降ろしてください。プランBは無しです。これはとても極端な話ですので、常にそうしたほうがいいというものではありません。しかし、あなたが自分の武器になる可能性があると考えているルアーであるなら、これをする価値があります。実際、本当にそのルアーだけで充分だったということもありますし、そうなれば願ったり叶ったりです。

バイトがありそうな場面で使うこと

引用文(タップすると開きます)
It’s also important that you don’t try to develop confidence in a new bait on derby day. I’ve fished a lot of tournaments where I’m hoping to get a mere five or six bites and it’ll be a good day. That’s when you need your confidence baits the most and the worst time to be throwing something in which you have no confidence. Instead, on those days you want to try something new, you want to give yourself the best odds possible and know you’re around several fish. I’ve done this with a Ned rig before on Lake Martin. It had been out awhile with a huge buzz about it and I had casually tossed it around a bit. But it wasn’t until I fully committed to it on Martin one day that I saw the number of bites it was actually capable of producing. I know Martin has thousands of spotted bass in it, so I was bound to get several bites. You can do the same thing in a pond. If a bass in a pond will react to a bait, a bass in a lake likely will as well. It just won’t be quite as easy to trigger the bites and they certainly won’t come as often, but you’ll develop confidence in the bait quickly and get a feel for it.
釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

試合のような重要な日に新しいルアーで自信をつけようとしないことも重要です。私はたくさんのトーナメントで釣りをしてきましたが、試合の日はたった5、6回のバイトでも充分だと思うことが多いものです。これをもし自信のないルアーでやっていたら、充分どころか最悪の印象にもなりかねません。何か新しいことを試したいときは、できるだけ可能性の高い時を選んで、数釣りができるようなときにしたほうがいいでしょう。

私は以前、マーティンレイクでネッドリグを使ったときにこれを思いました。ネッドリグが大きな話題になった時、私はいろんなところでこっそり使っていました。しかし、マーティンレイクでちゃんと集中して使うまでは、あまりバイトはありませんでした。マーティンレイクには相当な数のスポッテッドバスがいることは分かっていたので、絶対に多くのバイトがあるはずだと思っていました。池でも同じことが言えます。池のバスがルアーに反応するのであれば、湖のバスにも通用します。バスにバイトさせることはそれほど簡単なことではなく、頻繁に来ることもありませんから、ルアーへの自信をすばやく高め、理解を深めるにはいい方法です。

自分がコントロールできることはコントロールする

引用文(タップすると開きます)
This is a big one that I feel a lot of anglers overlook but it’s super important. One lost fish early on can put a real sour taste in your mouth for a bait that might have actually had a lot of potential. Controlling all the variables you can control will give the bait its best chance to shine. Say you want to try out a new crankbait; don’t just tie it on some random rod while your old faithful crankbait occupies your dialed-in cranking setup that’s stored away in the rod locker. Give that new bait the preferential treatment and put it on your best cranking setup. If you pull the bait out of the pack and you’re not all that impressed with the hooks, change them out immediately. Don’t wait until you lose a fish, get frustrated, cut the bait off and never tie it on again. Use the rod, reel, line, hooks and the rest in which you already have confidence and that will isolate the new bait as the only variable. Then you’ll get a true gauge of how good the bait actually is.
釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

これはすごく重要なことなのですが、多くのアングラーが見落としがちだと感じることです。 もっと早く気づいていれば、バラすことはなかったのではないかと苦虫をかみつぶす想いになることはあるものです。自分がコントロールできることはすべてコントロールすることで、ルアーの性能をフルに発揮させることに繋がります。 新しく買ったクランクベイトを試してみるとします。このとき、以前から使っていた信頼のあるクランクが一番使いやすいクランク用ロッドに結んであるからと言って、適当なロッドに新しいクランクを結んではいけません。 その新しい方のルアーにこそ最高のロッドを使うようにします。

パッケージからルアーを出したとき、フックが鈍いと感じる場合は、すぐに交換してください。 これをしないと、バスをバラし、不満が募り、ルアーを2軍に落とし、2度と使わなくなるかもしれません。 ロッド、リール、ライン、フックなどは、自信を持っているものを使用してください。これにより、新しいルアーだけに原因を追及できます。それができれば、そのルアーが実際にどれだけ有効かを正しく判断することができます。

仲間に頼る

引用文(タップすると開きます)
I was extremely fortunate to be born into the family I have. My parents are fantastic in a lot of ways but as it relates to fishing, I was fortunate to learn a lot from my dad. Not all anglers have that head start but over time, several of us find friends and mentors who are better at certain things than we are. Some of those friends actually enjoy imparting their wisdom on you. I had one such experience with a buddy of mine named Rich Howes. Punching thick vegetation was something in which I had zero confidence, though I had tried to build my confidence in it through these other methods over the years. I was fishing a lot of tournaments in Florida at the time and getting my teeth kicked in by a flipping stick. So I asked Rich to teach me how to punch and he did. We went out on a loaded hidey-hole down in Florida that has sense been ravished by the likes of every snowbird and local angler it seems. At the time, however, the place was loaded with big ones and they were eager to thump a punch bait. Watching a great flipper work in such close proximity revealed things he didn’t even think to tell me. I could see how he held his rod throughout the pitch, being sure to keep the tip high to let the bait fall through without the line dragging across the top of the mat and slowing it down. When I would see him do something, I would ask why and he would explain. Then I would copy that and since we were on a good fishery with a lot of fish, I was able to get bit duplicating the technique. I could have spent months trying to learn how to punch alone and not gained as much confidence as I did that day fishing with a friend who really knew what he was doing.
釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

私は家族に恵まれていました。私の両親は普通に素晴​​らしいのですが、釣りに関しては特に素晴らしく、父から多くを学ぶことができて幸運でした。すべての釣り人がそんな風に恵まれているわけではないのですが、時が経つにつれ、何かに優れた友人や師匠を見つけることがあると思います。そういう人というのは実際のところ、あなたに自分の技術を喜んで教えてくれるものだと思います。私の場合は、リッチハウズという名前の仲間とこんな経験をしました。

分厚いウィードマットでのパンチングは、自分なりに自信を付けようと何年も取り組んできたのですが、どうしても自信を持つことができませんでした。当時、私はフロリダでたくさんのトーナメントに出ていましたので、フリッピングロッドは必需品でした。そこで私はリッチにパンチングの仕方を教えてくれるように頼んだところ、彼は引き受けてくれました。私たちはフロリダにある秘密のフィールドへ出かけました。そこはもう、多くのアングラーに叩かれてしまいましたが、当時はビッグバスがたくさんいて、パンチングにはピッタリの場所だったと思います。

優秀なフリッパーの釣り方を間近で見させてもらったわけですが、彼に聞かなければ分からないことがありました。それは、ピッチングの全体の流れのなかでの彼のロッドの持ち方です。彼はロッドティップを高い位置でキープすることで、マットの上をラインが引きずってルアーをフォールさせる抵抗にならないようにしているのです。彼の方法を見て、私はなぜそうするのか理由を尋ねてはじめて、彼は説明してくれました。それからそれを真似してみたところ、バスがたくさんいる良いフィールドということもあり、そのテクニックに少し近づくことができました。これをもし1人でひたすらパンチングをしていたら何か月かかったか分からないことですが、詳しい友人とその日釣りをしただけで、自信を持つことができました。

まとめ

引用文(タップすると開きます)
So yeah, the obvious and most effective choice would be to take the tutelage if it’s available to you. But there’s not going to be a hammer in our lives for every technique. My dad taught me a ton about power fishing in dirty water, Howes taught me how to punch, a few others along the way have helped me dial in a particular technique or two… but the rest comes from using these other simple tips to build confidence. In order to gain confidence in a new bait, it’s extremely important to commit to it. Don’t give yourself an out. Make sure you’re putting yourself in a good situation to get several bites. If you’re not, it’s best just to hold off on using that new bait so you don’t damage the confidence that you do have in it. And lastly you should control all the variables you can. When I went punching with Rich, I didn’t take a 7-foot medium heavy. I had a 7-foot, 8-inch extra heavy rod, 65-pound test Sufix 832 Braid, a 4/0 VMC Heavy Duty Flippin’ Hook and a 1 1/2-ounce tungsten weight. I controlled the variables I could control. All of these things will help you build confidence in the next bait you want to try.
釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

やはり、最も分かりやすく効果的なのは、もしできるのであれば、指導を受けることでしょう。しかし、すべてのテクニックを常にだれかに教えてもらうのも難しいと思います。私の場合は、父がマッディウォーターでのパワーフィッシングについてたくさん教えてくれ、ハウズは私にパンチングを教えてくれ、その後も誰かが私の自信につながる特定のテクニックを覚えるのを助けてくれましたけども。

新しいルアーで自信を持つには、それをやり切ることが非常に重要です。あきらめないでください。バイトが出やすい環境で使っていることを確認してください。そうでないのなら、新しいルアーを使うのはやめ、自信を失わないようにする方がいいでしょう。そして最後に、コントロールできることはすべてすること。リッチとパンチングをしたとき、私が使ったタックルは7フィートのミディアムヘビーロッドではありません。7フィート8インチのエクストラヘビーロッド、65ポンドのPEライン、VMCの太軸4/0フック、1.5ozのタングステンシンカーでした。

コントロールできる部分はすべてしたのです。

これらのすべてをすることで、あなたが次に使いたい新しいルアーへの自信を深めるのに役立つはずです。

釣ったことがないルアーで釣るためには
Photo by wired2fish.com

この、自信を持つというのがなかなかできないんですよね。

私の場合は性格が楽天的なためか、新しいジャンルのルアーでも使う前から変な根拠のない自信があったりするんです。

たとえばビッグベイトに初めて挑戦した時。

釣れると聞いたので買ってみたましたが、こんなデカいルアーで本当にバスが釣れるのかと思いつつ、いや、みんな釣っているのだから自分に釣れないわけがないと思って使ってみると、やっぱり釣れません。

ああそうか、ビッグベイトの釣りは自分はいいや、他に釣れる方法くらい知ってるし。

と、自信を無くしたのをごまかしながらしばらく過ごします。

その後、どうやらビッグベイトばかり使って釣りをするビッグベイターという人たちがいるらしいということを知り、えー?そんなに釣れる?そんなに面白いのかなあ?と思いつつ、もう一度チャレンジしたら、今度は釣れた!

ということがあるんですよね。

それ以来、ビッグベイトは普通に、使うべき時に自信を持って投げられるようになりました。釣れるか釣れないかは別としてですけどね(笑)

私が釣りに対する自信を失った時というのは、自信がない時ではなく、自信過剰だったときだったんですね。

新しいことをするときは、素直にしっかり学ぶことだと思います。

もし自分が新しいことを始める先駆者のひとりとなるような場合は、学べるものがありませんので、しっかりデータを取ることだと思います。

ウソ偽りのない、ごまかしもない素直な心が、やがて自信へと変わっていくのでしょう。

今後も新しいルアーやテクニックはどんどん出てくると思いますが、これは自分のものにしたいというものはしっかり素直な気持ちで取り組みたいなと思います!

それではまた。

毎度ありがとうございます!