難しい!夏のサスペンドバス

気になるテーマでブログ内を検索!

難しい!夏のサスペンドバス
Image by boatus.com

夏の日中となると、いくらバス釣りが好きとはいえ暑くてかないません。バスも日中はディープでサスペンド気味になり、釣りにくくなってしまいますね。でも、せっかくならそんなバスだって釣りたいじゃないですか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”The Summer Conundrum Of Suspended Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:boatus.com ”The Summer Conundrum Of Suspended Bass”By Lee McClellan

夏、本番!

ということで、私たちアングラーにとって楽しいような辛いような季節になってきましたね。

夏の日の長さは、冬に比べるともう倍ぐらい釣りをする時間が増えたような気になります。とってもお得な気分ですよね。

しかしそのおかげで、私たちの体力は削られていきます。翌日の仕事に影響するほど疲れ果ててしまうこともありますよね。

私が住んでいる長野県北部は全国的には涼しい方ですが、それでもお昼には休憩して水分補給や栄養補給をしたり、涼しいところで体を冷やさないと大変です。

これ、人間だけじゃなくて、夏のバスにとっても同じです。

バスだって明らかに暑すぎるときはあまり動きたくない、涼しいところで休み休み働かないと明日に響いちゃう、なんて思っているはずなんですよね。

実際、野尻湖のスモールマウスは夏は日中になると沖のディープの中層にサスペンドしています。釣れるか釣れないかというと、釣れません。

ということで、シャローをのぞいてみると、小バスのオンパレードという…

まだ若いバスたちは、夏の暑さなどお構いなしに日中でも動き回っていますね、きっと明日の仕事のことなんて考えていないか、体力がありあまっているのでしょうね。このあたりも、人間と似ています。(このたとえは若い人が働かないと言っているのではないですからね!人間の子供のことに例えてるんですからね)

涼しい長野でもこんな感じなのですから、もっと暑い地域ではもっと大変なはずです。

私は野尻湖や木崎湖以外のフィールドはあまり経験豊富とは言えませんが、琵琶湖のディープ、相模湖などの急深リザーバーで夏に釣りをした感じでは、ラージもサスペンドしているのが多いですもんね。

ということは、夏の日中なんて釣りをするだけ無駄なんじゃないか、朝まづめと夕まづめだけやっていた方がいいんじゃないか、そんな風に考えてしまします。

はたして、本当にその方がいいのでしょうか。サスペンドするバスを釣ることができれば、1日無駄なく過ごせるのではないでしょうか!?

この記事は、アメリカのプレジャーボートオーナー協会サイト「Boat Us」のコラム記事で、夏にサスペンドするバスをどう釣るかについて解説されています。

夏の日中にバスを釣るのが苦手な方でしたら読んでみる価値ありだと思います。

それでは読んでいきましょう。

ルアーをサイズダウン

引用文(タップすると開きます)
However, you can effectively target bass suspended over deeper water in the middle of the day by downsizing your lures and tackle, then slowing down your presentation. If you can find the fish, this can be one of the most reliable ways to catch bass than at any other time of the year. “Bass are going to pick off an easy meal, but they aren’t actively feeding," said Chris Hickey, black bass research biologist for the Kentucky Department of Fish and Wildlife Resources. “But, once you find them, they’ll spend all summer there." Water temperature, dissolved oxygen and the lake’s water fertility all play a role in where bass will suspend during the dog days of summer. “It’s an issue of comfort," Hickey explained. “They don’t want to sit in 3 feet of water that is approaching 90 degrees. Their metabolism increases as water temperatures increase, and that can stress them. They find a neutral zone of comfortable water temperatures." That cozy zone usually resides just above the thermocline — the breakpoint between the warmer, oxygenated water on top and the colder oxygen-depleted layer underneath. Fish rarely venture into this bottom layer because of the lack of oxygen. “They’ll chase food under the thermocline," Hickey said, “but can’t hang out there." In fertile reservoirs such as Barren, Taylorsville, Nolin, Green and Guist, the summer thermocline is roughly 12-16 feet deep. Bass suspend over humps, points and channels at this depth in July and August.

ルアーをサイズダウンし、タックルをそれに合わせ、プレゼンテーションをスローダウンすることで、日中のディープにサスペンドするバスを効果的に狙うことができます。バスを見つけることさえできれば、これは他のどの季節よりもバスを釣るための最も信頼できる方法の1つになる可能性があります。

ケンタッキー魚類野生生物資源省のブラックバス研究生物学者のクリス・ヒッキー氏は、「バスは積極的にフィーディングはしないものの、簡単に食べられる獲物は襲う。」と言います。 「また、もしバスの居場所を見つけたら、夏の間はずっとそこで過ごしているでしょう。」

水温、溶存酸素、水質などはすべて、夏にバスがサスペンドする場所に影響を与えます。 「それは快適さによるのです。 彼らは水温32℃にもなろうとしている水深1.5mの場所にいようとは思いません。水温が上昇すると代謝が増加し、ストレスがかかる可能性があります。快適な水温のあるニュートラルゾーンを探します。」

その居心地の良いゾーンというのは、通常はサーモクラインのすぐ上にあります。つまり、上層の温かくて酸素の多い水と、その下の冷たくて酸素の少ない層の間の分岐点です。酸素が不足しているため、バスは危険を冒してまで下の層に入ることはめったにありません。

「バスはサーモクラインの下でベイトを追いかけまわしているでしょう。しかし、そこに居続けることはできないのです。」とヒッキー氏は言います。

バレン、テイラーズビル、ノーリン、グリーン、ガイストなどの栄養度の高い水のあるリザーバーでは、夏のサーモクラインはおよそ3.6〜4.8メートルの深さにできます。バスは7月と8月にこのレンジにあるハンプ、岬、チャンネルラインでサスペンドします。

ジグ&ポーク

引用文(タップすると開きます)
A lightweight jig-and-pig combination in green pumpkin, black-and-blue, green-and-brown or brown-and-orange swum just above these structures will produce strikes. The channel drops in the lower one-third of Barren River Lake are a dynamite place to practice this technique in summer. You may catch all three species of black bass. A skirted grub worked in the same manner as the jig is another excellent presentation for these fish. Good colors to try include watermelon with red flake, pumpkinseed or black. Don’t overwork your jig or skirted grub. Simply swim them just above bottom on a slow, steady retrieve. You want your lure to stay in the strike zone in front of the fish for as long as possible. A lot of anglers would try a crankbait for these suspended bass, but the erratic nature of the lure often turns off idle fish. “Bass don’t want to spend their metabolic energy chasing prey in summer," said Jeff Ross, assistant director of fisheries and former black bass biologist for Kentucky Fish and Wildlife. “They are in a lazy mode. They aren’t going to chase a lure."

軽めのジグヘッドにグリーンパンプキン、ブラック/ブルー、グリーン/ブラウン、ブラウン/オレンジなどのポークを組み合わせてこれらの地形変化のすぐ上を通すとバイトが出ます。バレンリバーレイクの3本のチャンネルラインのディープレンジは、夏にこのテクニックを練習するのに適した場所です。3つの種のブラックバスがすべて釣れるかもしれません。ジグと同じように有効なのがスカート付きのグラブで、これもサスペンドバスに対する優れたプレゼンテーションです。ウォーターメロンレッドフレーク、パンプキンシード、ブラックなど、色んなカラーを試してみてください。

ジグやグラブはアクションさせ過ぎないでください。単にスローステディリトリーブをして、ボトムの真上を泳がせるだけです。ルアーをバスの目の前のストライクゾーンをできるだけ長く通したいイメージです。多くのアングラーはこれらサスペンドバスにクランクベイトを試みますが、ルアーのイレギュラーな性質がニュートラルな状態のバスのスイッチをオフにしてしまうことがよくあります。

ケンタッキーフィッシュアンドワイルドライフのアシスタントディレクターであり、元ブラックバス生物学者だったジェフ・ロス氏は、「夏のバスは、わざわざエネルギーを使って獲物を追いかけたくありません。彼らは怠け者モードになっています。ルアーを追いかけるつもりもありません。」

クリアレイクでの釣り

引用文(タップすると開きます)
Things get a little more complicated for clear, low fertility lakes such as Cumberland, Paintsville, Laurel, Dale Hollow and most mountain lakes east of Interstate 75. These lakes can hold dissolved oxygen in their depths. This is the reason they can support cool water fish species such as walleye, striped bass, trout and smallmouth bass. Black bass, especially smallmouth bass, often suspend 6-10 feet deep over ledges that start at 40 feet and fall off into the old river channel. Bass also hold at the same depths over 25-50 feet deep long, sloping points. Use a 4-inch finesse worm or a 3-5 inch grub rigged on a 1/16-ounce lead head jig to catch these fish. Cast your lure over a channel drop or long point and slowly retrieve it. If this does not produce a hit, then let your lure sink for five seconds on the next cast before you begin your retrieve. Keep adding five seconds to every cast until you find the active zone of the fish. Slow down once you find this active zone and watch your line intently. Often the line will suddenly go slack, tighten or move to the side. A bass probably has just inhaled your lure. Avoid lines heavier than 8-pound test if you’re bass fishing in a clear, infertile lake. Set a light drag and let the fish run. There is little structure in deep, rocky infertile lakes for the fish to hang upon and break your line. Many anglers may balk at using such light line, but in these types of lakes during the day in summer, lures fished on heavier lines simply don’t get bitten by bass.

カンバーランド、ペインツビル、ローレル、デールホローなど、透明度が高く、栄養素の低い湖や、高速道路75号線よりの東にあるほとんどの山上湖では、状況はもう少し複雑になります。これらの湖は、ディープでも溶存酸素が多く保持できます。これが、ウォールアイ、ストライプドバス、トラウト、スモールマウスバスなどの冷水魚が暮らせる理由です。

ブラックバス、特にスモールマウスバスは、水深12メートルまで落ちるチャンネルラインの1.8~3メートルにある地形変化でサスペンドすることがよくあります。バスはまた、水深7.5~15メートルまで落ちる岬の同じレンジにもサスペンドしています。

これらのバスを釣るには、4インチのフィネスワームまたは3~5インチのグラブを1/16オンスのジグヘッドで使います。ルアーをチャンネルのブレイクや長い岬にキャストし、スローリトリーブします。これでヒットしない場合は、次のキャストでルアーをプラス5秒間カウントダウンしてからリトリーブを開始します。バスのアクティブゾーンが見つかるまで、キャストごとに5カウントずつ増やしていきます。

アクティブゾーンを見つけたら速度を下げ、ラインを注意深く見ます。多くの場合、ラインは突然たるんだり、引っ張られたり、横に動いしたりします。これが、バスがあなたのルアーを咥えたサインです。

クリアレイクでバス釣りをしている場合は、8ポンドよりも太いラインを避けてください。ドラグは緩めに設定して、バスを走らせます。深くて岩が多い湖であれば、サスペンドしていたバスがラインを切るための障害物はほとんどありません。アングラーによっては、細いラインを使用することに抵抗があるかもしれませんが、夏の日中のクリアレイクでは、太いラインで釣りをしていてバスが噛むことはありません。

難しい!夏のサスペンドバス
Image by boatus.com

サーモクライン付近でサスペンドするバスを釣る方法を簡単にまとめますと、

ジグ&ポークかジグヘッドグラブの小さめなのを変なアクションを付けずにスローステディリトリーブ、ということでした。

人間も「夏といえば避暑地、避暑地と言ったら軽井沢」みたいに、バスにも夏の定番スポットというのがあって、いっぱいバスが集まっているから、そういう場所を見つけてしまえば夏中そこで釣れるチャンスがあると、そういうことが書かれていましたね。

サーモクラインは、例えば4mにできたとしたらその湖のどこでも4mのところにありますので、バンク沿いなら各バンクの4mライン、また水深4mにある岬やハンプや浚渫などの地形変化だけを狙っていけば効率がいいですし、地形変化のない沖で釣るのならば、サーモクラインはある意味中層に出来たボトムみたいなものですから、そのライン沿いを横に移動するルアーを使うという解釈でいいのではないでしょうか。

まあ、その感覚をつかむのが非常に難しい訳で、暑いし辛くなっちゃうんですけどね(笑)

ただ、バスの夏の日中の居場所を見つければ、ずっとそこで釣れるチャンスがあること、狙った水深を横に釣る技術を磨けば強力な武器なりそうだということで、夏の日中でもそういう練習に時間を使えば、ゆくゆくはもっといい釣りができるようになりそうです。

私は夏の日中には強い方ですのでそれほど休憩したりはしないのですが、そこまで考えて釣りをしていませんでしたので、ちょっともったいなかったと思っています(笑)

スモールもラージも、似たような動きをする夏の日中パターン、ぜひモノにしたいですよね!

頑張りましょう。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。