野尻湖釣具店セール

初夏のバスを釣る方法

初夏のバスを釣る方法
Photo by LURE NET

初夏は過ごしやすい気候や、スポーニングから回復したやる気のあるバスたちのおかげで、とても釣りが楽しい時期になりますよね。しかし、何でも釣れるかと言えばそれほど甘くもなく、やはり初夏に釣れるルアーを知っておいた方が良いのかもしれません。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”HOW TO CATCH EARLY SUMMER BASS”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:lurenet.com ”HOW TO CATCH EARLY SUMMER BASS”By Bill Cooper June 3, 2020

初夏の釣りは、きっとバスアングラーさんなら好きな釣りになるのではないでしょうか。

スポーニングネストを釣るのが好きではない方にとってはやっと開放的な気分で釣りができる時期が来たということになりますし、バス自体もスポーニングの疲れが癒えるころのようで、バスにやる気があるため色々なルアーで釣れるようになり、いろんなルアーで釣るのが好きな方にもうってつけのタイミングですね。

気温や天気も日焼け対策さえすれば過ごしやすいタイミングですし、初心者の方に釣りに教えるにも最適かもしれません。

私もこのタイミングが大好きです。

バスのやる気があるのがもちろん嬉しいことですが、昆虫や鳥やリスなどあらゆる生き物にやる気があるような、非常にパワフルな期間という感じがするんですよね。

これからどんどん真夏に向けて暑くなっていきますが、野尻湖や木崎湖は本当に夏が快適で、暑いことは暑いのですが、他の生き物と同様、人間もまだパワフルに動ける場所です。

バスの引きもものすごく強い時期です。ぜひ遊びにいらしてください。

さて、初夏がいいのはもちろん野尻湖や木崎湖だけではありません。

全国的に釣れる時期ですし、色々なルアーで釣れていることでしょう。

ただ、やはりバスという魚は習慣の生き物ですので、毎年の傾向というものがあり、釣れやすいルアーというものがあるんですよね。

そこで、この初夏というタイミングでより良い釣果を出すために知っておきたい有効なルアー、そして釣りに対する姿勢というものを知っておいた方が良さそうです。

この記事は、アメリカのルアー通販専門店「LURE NET」のブログ記事で、初夏のバス釣りに有効なルアーや釣り方が共有されています。

どんなルアーを持っていればいいのか、ひとまず読んでいくことにしましょう。

初夏に有効なルアー

引用文(タップすると開きます)
Bass will be holding in shallow water and have longer days to to feed and remain active, again resulting in prime bass fishing opportunities. War Eagle spinnerbaits are a great choice to begin the day. They are relatively easy to fish. A beginner can throw and retrieve a spinnerbait rather easily. A little coaching about speed or retrieve is all i takes to put them on bass. Too, a lot of water can be covered in a short period of time while tossing spinnerbaits.

Right at daybreak big bass are suckers for big top water baits like a Heddon Zara Spook or Tiny Torpedo, or an Arbogast Jitterbug or Buzz Plug. The BOOYAH Counter Strike Buzz is a terrific choice for anglers who love the early morning buzz and the action that goes with it. Big baits with big profiles that have a lot of action and make a lot of noise will often bring explosive strikes from hungry bass. Those are the strikes from which daydreams are made.

As the morning action slows, transition to soft plastics. Sticking to big baits may still bring the big bite. YUM’s 6-inch Dinger in green pumpkin, or black/blue laminate are great choices for big bass. Use an appropriate weight to get the baits down quickly. Let the bait settle all the way to the bottom and let it sit for a good minute. If a bass does not pick it up, raise your rod tip slightly to raise the bait a few inches from the bottom. Let it settle again. If a bite still doesn’t come, begin slowly retrieving the bait steadily while making contact with the bottom. If you encounter brush or rocks and the bait hangs on the obstacle, shake your rod tip. The action will make noise and let bass know something is up. When the Dinger drops off the rock or over the limb, hang on for the strike.

YUM Bad Mammas and CrawBugs can be deadly this time of year. Crayfish are a favorite of hungry bass, and they will attack them readily. Matching colors with available live crayfish in the can bring quick hits. Another tip is to carry a variety of sizes in baits. If the larger baits fail to bring strikes, downsize to the smaller baits. Size does matter at times, even to bass.

A key factor to catching big early summer bass is to remain flexible. Don’t get stuck on a favorite lure or bait when it is not producing fish. Early summer is the time to carry the largest selection of baits with you. Bass are likely to hit a wide variety of baits, but it is great fun to see which bait produces best.

When you are fishing shallow this time of year, remember to keep boat noise to a minimum and wear the best polarized glasses you can afford. Spotting a monster bass, presenting the right bait and hooking up is sure to make your day.

スピナーベイト

スポーニングを終え、日が長くなってきても、バスは引き続きシャローに留まり、最高のバス釣りのチャンスを与えてくれています。ウォーイーグルのスピナーベイトは、1日の釣り始めに最適なルアーです。スピナーベイトは扱いが比較的簡単なルアーで、初心者でもキャストからリトリーブが簡単にできます。私がちょっとだけ教えることと言えば、バスが釣れるリトリーブスピードを調節しましょうということぐらいです。スピナーベイトはとにかく短時間で広く探ることができます。

トップウォーター

夜明けのビッグバスは、ヘドン・ザラスプークやタイニートーピード、フレッドアーボガスト・ジッターバグやバズプラグなどに引き付けられます。ブーヤー・カウンターストライクバズも、早朝のバズベイトやそのアクションに魅了されたアングラーに人気のバズベイトです。派手なアクションと大きなサウンドとシルエットを持つフルサイズのバスベイトは、空腹のバスから爆発的なストライクをもたらすことがあります。これは夢のような瞬間です。

ビッグワーム

早朝のバイトがなくなってきたら、ワームの釣りにチェンジします。大きめのワームにこだわれば、引き続きビッグバスのバイトが期待できるもしれません。 ヤム・ディンガーの6インチグリーンパンプキンまたはブラック/ブルーラミネートは、ビッグバスに最適です。適切なシンカーを使用して、ワームをすばやくフォールさせます。ワームはボトムに着いたら、しばらくそのままにしておきます。バスがそれで食わなければ、ロッドティップを少し上げて、ワームをボトムから数センチ上げます。そして再びボトムでステイ。それでもバイトがなければ、ボトムを取りながらゆっくりとゆっくりとズル引きします。オダや岩などにがあって、ワームがなにかの障害物に引っ掛かった場合は、ロッドティップを振ってください。これが波動を生み、何かがいることをバスに知らせます。ディンガーが岩やオダから外れたところで、バイトを待ちます。

クロー系ワーム

ヤム・バッドママやクローバグは、この時期に特に有効になる可能性があります。ザリガニは空腹のバスのお気に入りの食べ物であり、簡単にアタックしてきます。そのフィールドに生息しているザリガニとカラーをマッチさせることで、よりバイトが増えます。もう1つのヒントは、さまざまなサイズのワームを試すことです。大きなワームでバイトがない場合は、小さなものにダウンサイズしてください。バスはなかなか選り好みをするもので、サイズが重要になることがあります。

初夏のバスを釣るのに重要なこと

初夏のビッグバスを釣るための重要な要素は、柔軟性を保つことです。バスが釣れないからと言って、お気に入りのルアーだけにこだわりすぎないでください。初夏はあなたにとっての1軍ルアーを最も持ち運ばなければならない時期です。バスは多種多様なルアーに食ってくる可能性が高いですが、どのルアーが一番釣れるのかを探すことが楽しい部分でもあります。

この時期にシャローで釣りをするなら、ボートの発する音を最小限に抑え、持っている中で最高の偏光サングラスを着用することを忘れないでください。モンスターバスを見つけたら、適切なルアーをプレゼンテーションし、確実にフッキングすれば、あなたの最高の一日になるでしょう。

初夏のバスを釣る方法
Photo by LURE NET

初夏のバスは、一般的にはシャローに残ってカバーに入るバスと、ややディープ側のファーストブレイクに着くバスとに分かれる傾向があるようです。

そういうバスを相手にするというイメージを持てば、この記事に書かれているようなルアーやワームを使うことは、すごく納得がいきますよね。

特に朝のトップウォータータイムはいよいよ夏の始まりを感じさせる釣りですし、バイトの瞬間を目で見るというのはものすごいインパクトで、どんなに釣りに慣れたアングラーでも思い出に残る魚になりますもんね。

初心者の方にもぜひ釣れるまでトライしていただきたい釣りになります。

私のホームの野尻湖でも、この時期から朝イチの1時間が非常に重要になってきます。

モーニングバイトがトップで取れるかどうかでその日の釣果が大きく変わってしまいますし、なにより、その後の1日を過ごす気分が違います。なんせ、トップで釣るんですから(笑)

ただし、モーニングバイトを取れなくても問題ありません。

日中のスモールはややディープに落ちますが、スポーニングエリアの近くにあるミドルレンジのブレイクを探ればやる気のあるスモールが食って来てくれると思います。

もし地形が分からないようであれば、当店のマップが役に立つのではないかと思います。

A4用紙の冊子版はポイント解説も書かれておりますのでぜひご活用くださいませ。

湖上に出てボートから地形を確認したい場合はスマホにインストールできるスマホ版がお役に立つかと思います。

どちらもこれからの時期に重要な地形変化が詳しく載っていますので、野尻湖・木崎湖にお越しの際には、ぜひご活用いただければと思います。

野尻湖や木崎湖だけでなく、全国どこでもいい時期ですので、ぜひバス釣りを楽しんでいきましょうね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!