japan bass fishing baits online store
野尻湖釣具店スポンサー広告募集
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

秋のバス釣りはベイトフィッシュとザリガニの両方に見えるルアーがいい!?

秋のバス釣りはベイトフィッシュとザリガニの両方に見えるルアーがいい!?
Photo by bayoulifemag.com

秋のバス釣りはベイトフィッシュを追うというのがセオリーであると思います。しかしすべてのバスがベイトフィッシュを食べているわけがなく、それだけにこだわってしまうと危険な気がします。では、どんなルアーを使うと効果的なのでしょうか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”THE SHAD, CRAWFISH CONNECTION FOR FALL BASS FISHING”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bayoulifemag.com”THE SHAD, CRAWFISH CONNECTION FOR FALL BASS FISHING”by Kenny Covington|Nov 3,2021

バス釣りの季節ごとのパターンを超大雑把に分けると、春はワンド、夏は岬、秋はベイトフィッシュ、冬は北風がブロックされる場所。

こんな感じになると思います。

これが超大雑把とはいえ、バスという魚が季節ごとにだいたい同じような行動をとるというのは興味深いことであり、バスアングラーとしてはこれを利用しない手はありません。

しかしこの春夏秋冬のパターンのうち、ひとつだけおかしなものがありますね。

そう、秋のベイトフィッシュというところです。

他の季節は全部動くことのない地形を表しているのに、秋だけが地形ではなく、ベイトフィッシュという動くものがパターンとされています。

これは、元々地形やカバーに依存する性質を持つはずのバスなのに、秋のバスはベイトフィッシュに依存しているということですよね。

では、秋のバスが本当にベイトフィッシュばかり食べているのかと言えば、そんなことはないはずです。

そのフィールドにいる色々な生き物を食べているはずで、ベイトフィッシュにこだわったパターンだけをやってしまっては大きな落とし穴にはまってしまいそうですよね。

では、どうしたらより効率的なパターンフィッシングができるのでしょうか。

この記事は、アメリカ南西部のバイユー地方を中心とした生活総合ウェブマガジン「Bayou Life」のコラム記事で、ライターのケニー・コビントン氏が、秋のバス釣りをより合理的にするルアーを紹介してくれています。

面白い考えだと思いますので、ぜひ読んでみてください。

秋のバス釣りはベイトフィッシュとザリガニの融合ルアー

引用文(タップすると開きます)
One of the more common beliefs held in bass fishing is when fall sets in is that, bass focus their feeding habits on the overabundance of shad that appear throughout our lakes and rivers. While to a certain degree this is true, I have also found this time of year is an excellent opportunity to use crawfish imitations and colors. While shad are usually the dominant forage during the fall and early winter, crawfish are still a valuable resource in a bass’ diet. Crawfish provide more nutrients, aren’t digested as quickly as a shad or other baitfish and are much easier for a bass to catch. In addition, bass feeding on crawfish don’t have to spend near the energy as a bass chasing shad, so fish targeting crawfish don’t have to feed as often. I have noticed the bigger fish I catch this time of year, especially when it gets colder, often times are feeding on crawfish. That’s not to say that larger bass don’t feed on shad because they do, but the crawfish scenario has happened enough for me to take notice. One of my #1 theories in my fall and winter tournaments has always been: shad lures for numbers of bass, crawfish lures for quality bass. So now that we have put this month’s column in motion, let’s explore the lures I use to exploit this particular theory I have. First of all, the number of lures I choose to use this time of year is probably less than any other time and are all you would need on the deck of your boat regardless of the body of water you fish. These select lures can be effectively used as crawfish or shad imitations and have proven to be solid fish catchers:

バス釣りでよく見かける格言のひとつに、秋のバスはベイトフィッシュの大きな群れに着く、というものがあります。ある程度はそうなのですが、この時期、実はザリガニ系ルアーやザリガニカラーを使う絶好の機会でもあります。

秋から初冬にかけては、通常はベイトフィッシュがメインベイトとなりますが、ザリガニも依然としてバスの貴重な食料源です。ザリガニには多くの栄養があり、ベイトフィッシュほど速く消化されず、バスにとっても捕えるのが簡単です。さらに、ザリガニを食べる際、ベイトフィッシュを追うよりもエネルギーの消費が少ないため、ザリガニを狙っているバスはそれほど多くフィーディングをする必要がありません。

この時期、特に寒くなってくると、ビッグフィッシュが釣れるようになると思います。多くの場合、ザリガニを食べています。ビッグバスはベイトフィッシュを食べないということではありませんが、ザリガニパターンは充分通用するということです。私の秋から冬のトーナメントで重要視している考えの1つは次のとおりです。数を釣るならベイトフィッシュ系ルアー、ビッグウエイトを目指すならザリガニ系ルアー

今回のコラムでは、私のこの考えに沿って使用するルアーを紹介します。まず第一に、私がこの時期に使用するルアーの数は、おそらく他の季節よりも少なく、釣りをするフィールドを問わず持って行くのはこれだけです。これから紹介するルアーは、ザリガニとベイトフィッシュに似せたものとして効果的に使用でき、ちゃんと釣れていることも証明されています。

ラバージグ

引用文(タップすると開きます)
The most effective lure ever created for cool or cold water bass fishing is a jig. I have found it to be deadly in the fall. To keep things simple, I keep the size of my jigs basic, it is either a 3/8 or a ½ ounce version and usually have both tied on. I determine my jig size based on water clarity. The clearer the water, the heavier jig I prefer. In stained or muddy water I will use the lighter version. When you are jig fishing the rate of fall is critical, no matter if you are fishing trees, docks or casting it in treetops. As far as colors go, my first choice is always black/blue this time of year. I will use other colors such as Texas craw in dirty water or a California 420 skirt that I make for clear water lakes like Caney or Claiborne. When it comes to picking out jig trailers, keep things basic. I try to match my trailer to the jig I am throwing, for example, if I am using a Texas craw colored jig, I like a black neon colored trailer. I don’t contrast my colors too much however, I have had good luck using a green pumpkin or a junebug colored trailer with a black/blue jig. One additional jig note in fall fishing, don’t forget a swim jig. This is deadly when fished around dying grass, lily pad stems, shallow banks or laydowns. The swim jig is an excellent shad imitation and a great tool when bass no longer hit moving baits like a spinnerbait or a Rat L Trap. I use shad color skirts paired with a white crawfish trailer. Once the water temperature goes below 55 degrees I switch to a boot style swimbait trailer.

これまで、低水温期になるにつれて最も効果的に活躍してきたルアーはラバージグです。私は秋から効果的になると思います。よりシンプルにするために、ラバージグのサイズのベースは決めておきます。それは3/8ozと1/2ozで、通常は両方とも結んでおきます。これを水の透明度によって使い分けます。クリアウォーターの時ほどジグを重くします。マッディウォーターのときは軽めにします。ラバージグの釣りにおいて、レイダウン、桟橋、立木などどこにキャストするかに関わらず、フォールスピードは重要です。

色に関して言えば、私が最初に使うのは、この時期はブラック/ブルーです。他につかうカラーとしては、マッディウォーターでのテキサスクロー(ブラック/レッド)や、クリアレイクでのカリフォルニア420カラー(ウォーターメロン系)のスカートを使用します。トレーラーを選ぶときも極力シンプルにします。トレーラーは投げるラバージグのカラーに合わせます。たとえば、テキサスクローカラーのジグを使う場合は、ブラックネオンカラーのトレーラーが好きです。グリーンパンプキンやブラック/ブルーのラバージグには、カラーのアクセントは出にくいですがジュンバグカラーのトレーラーを使って良い思いをしています。

秋のラバージグの釣りでは、スイムジグを忘れないでください。これは、枯れウィード、リリーパッドの茎、シャローバンク、レイダウン周りで釣りをするときに効果的です。スイムジグはベイトフィッシュを模しており、スピナーベイトやバイブレーションなどの巻き物系ルアーに反応がない時にいい場合があります。私はシャッドカラーのスカートに白のクローワームをトレーラーで使用しています。水温が13℃を下回ったら、トレーラーはシャッドテールワームになります。

クランクベイト

引用文(タップすると開きます)
I target bigger bass when I am throwing a jig, but the true workhorse this time of year is a crankbait. The squarebill crankbait craze we have seen over the past several years has made a lot of fishermen put down their standard crankbaits. I think this is a mistake because I believe I catch more fish on a standard crankbait this time of year than I do with a squarebilled one. When I use the term “standard crankbait,” I am referring to those styles such as the 200 Series Bandit or the Norman Middle N. The former of the two has caught more fish in this state than probably any other crankbait ever made, the latter of the two is my personal favorite. Both lures are effective fish catchers and allow you to cover a lot of water effectively. What makes crankbait fishing so effective is you can mimic a crawfish or a baitfish based strictly on the color of the lure you are using and in the depth of water you are fishing. If I am focused on shad I can throw it around areas such as creek channels, flats, standing timber, where shad are in abundance. If I want to mimic crawfish I can choose a crawfish color and pick areas where my bait can dig up the bottom and leave a trail such as an escaping crawfish would do. For whatever reason I have found, no matter if I am targeting a crawfish or shad forage, a chartreuse color based crankbait will catch fish no matter what body of water you are fishing in the fall. A lot of fishermen I know like a chartreuse with a black back crankbait but my personal favorite color is Firetiger. Another key to this lure is to fish it on 10-12 lb. monofilament, this line size will definitely catch you more fish.

ビッグバス狙いではラバージグを投げることになります、この時期の真のメインルアーはクランクベイトです。ここ数年のスクエアビルクランクベイトの流行により、多くのアングラーが普通のクランクベイトを使わなくなりました。この時期はスクエアビルクランクベイトよりも普通のクランクベイトの方が釣れると思うので、これはもったいない話だと思います。

「普通のクランクベイト」というのは、バンディットシリーズの200やノーマンミドルNなどのようなクランクを指します。前者はこの時期、おそらくこれまでに発売されたどのクランクベイトよりも多くのバスを釣っています。後者は私の個人的なお気に入りです。どちらのルアーもよく釣れるルアーで、広い範囲を効果的にカバーすることができます。

クランクベイトで効果的なのは、使うルアーのカラーとレンジに合わせて、ザリガニもベイトフィッシュも模倣できることです。ベイトフィッシュを意識するなら、ベイトフィッシュが豊富にいるクリークチャンネル、フラット、立木エリアなどの周りでキャストします。ザリガニを意識する場合は、ザリガニカラーを選んで、ルアーをボトムに当てていって、逃げるザリガニのような痕跡を残すことができるエリアを選びます。

また、秋のザリガニかベイトフィッシュのどちらを意識しているかどうかに関係なく、釣るフィールドにも関係なく、チャート系のクランクベイトもよく釣れます。私が知っている多くのアングラーはブラックバックチャートが好きですが、私の個人的なお気に入りの色はファイアタイガーです。

このルアーのもう1つの鍵は、10〜12ポンドのナイロンラインで釣りをすることです。このラインの太さは間違いなくより多くのバスが釣れると思います。

チャターベイト

引用文(タップすると開きます)
For whatever the reason, if I am catching fish on a spinnerbait, I can’t catch them on a chatterbait and vice versa. I am still learning the nuances of the chatterbait and I must say, it is a lure that stands on its own. As late fall turns to early winter, I have found the chatterbait to be another exceptional fish catching tool. It not only catches numbers but it also can catch the biggest bass in the area you are fishing. And what’s even better? It’s easy to fish. A chatterbait is the ultimate cast and retrieve lure. I have fished it every way you can imagine but I still catch more fish just simply fishing it. No fancy rod movements or stop and go retrieves, just throw it out and slowly bring it back to the boat. I believe this natural presentation is what makes it such an effective fish catcher once the water cools down. Because of the blade movement, no matter the water clarity, the fish can find it and eat it. Now the question of “does it resemble a shad or a crawfish.” To me it does both. With the chatterbait I can throw either shad (spot remover or chartreuse/white) or crawfish (orange or red) colors. The chatterbait is an excellent complement to a jig and surprisingly both lures are very similar in how they can be fished. I can crawl them along the bottom or I can swim them in and around grass and both can be very effective when fished around shallow laydowns and isolated tree tops.

どういうわけか、スピナーベイトでバスが釣れている時は、チャターベイトでは釣れません。逆もまた同様です。私は今もチャターベイトについては研究中ですが、私が言わなければならないことは、これはチャターという独自のジャンルであるということです。チャターベイトは晩秋から初冬にかけてのもうひとつの優れたバスルアーであることがわかりました。数が釣れるだけでなく、そのフィールドのマックスサイズのバスをキャッチすることもできます。そして、さらに良いことがあるのですが分かりますか? 釣りが簡単だということです。

チャターベイトは究極のキャスト&リトリーブのルアーです。私はこれを思いつく限りの方法で釣ってみましたが、単純に投げて巻くだけの方がよく釣れます。派手なロッドアクションやストップアンドゴーリトリーブはありません。キャストしたらゆっくりとリトリーブします。このナチュラルなシルエットが、水温が下がっても効果的にバスを釣ることができるのだと私は信じています。ブレードがアクションすることで、水の透明度に関係なくバスが見つけて食ってきます。

さて、「チャターってベイトフィッシュとザリガニのどっちに似てるの?」という質問です。私にとってそれは、両方ということができます。チャターベイトは、ベイトフィッシュ(半透明スカートまたはチャート/ホ​​ワイト)でもザリガニ(オレンジやレッド)などのカラーを投げることができます。チャターベイトはラバージグを補完するものであり、驚くべきことに、両方のルアーは釣り方も非常に似ています。ボトムを這わせることも、ウィードの中や周りを泳がせることもできます。また、どちらもシャローのレイダウンや立木のトップの周りで釣りをするときも非常に効果的です。

秋のバス釣りはベイトフィッシュとザリガニの両方に見えるルアーがいい!?
Photo by bayoulifemag.com

秋はベイトフィッシュだけじゃなく、ザリガニも重要なベイトである。

これがケニーコビントン氏の意見です。

たしかにその通りでしょう。

しかし、彼は、だったらベイトフィッシュにもザリガニにも模倣できるルアーを使おうということで、記事の3タイプのルアーが紹介されたということなんですね。

さすが、合理的な国、アメリカのアングラーです。

たしかに、ラバージグ、クランクベイト、チャターベイトには、どれもベイトフィッシュカラーもザリガニ系カラーも豊富にありますし、使うレンジもそれひとつで合わせることができます。

面白い考えだと思いました。

バスのベイトとなるものの代表的なものとして、表層から中層ですとワカサギ、鮎、オイカワ、昆虫類などがいて、ボトム系ですとザリガニ、エビ、ゴリ系、ヒルやミミズ系などの生き物なんかがいますが、これらのベイトをミックスで食っている状況はそれほど多くないような気がします。

複数のベイトをミックスで食っているのは、秋という季節特有なのかもしれません。

それか、メインベイトやメインエリアを絞りにくい秋だからこそ、このような作戦が成功しやすいのかもしれません。

これは根拠のない私の勝手な想像ですのでどうでもいいのですが、重要なのは、このように柔軟性を持って秋という季節に対応するということなのかな、と思うのです。

2021年も相変わらず秋が苦手な私ですが、やはり色々な経験を多くして、データを積み重ね、柔軟に対応できるようになりたいものです。それしかないかもしれません…。

いつか「秋が得意な季節です」と言えるときが来るのでしょうか?

みなさんも、この記事は相当濃い情報だったと思いますので、繰り返し読んでよく覚えてくださいね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

野尻湖釣具店スポンサー広告募集
リサイクルショップ店長・チーム作り成功のための本