野尻湖釣具店セール

人生最高のクリスマスプレゼント

人生最高のクリスマスプレゼント
Image by aonmag.com

お正月や誕生日など、特別な日にはなぜか釣りをしたくなってしまうというのが釣り人あるあるのひとつではないでしょうか。しかし、自分の余命があと半年とわかったとき、それはより重要な意味を持つ釣行になるかもしれません。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”The Christmas Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:aonmag.com ”The Christmas Bass”BY JOHN N. FELSHER ON DECEMBER 2, 2019

釣り人にとって1年で特別な日というのは、なぜだか釣りをしたい日でもありますよね。

大みそかやお正月、誕生日、海の日、釣りの日(10月10日)、そして今日、クリスマス。

なぜそういった日に釣りに出掛けたくなるのでしょうね。

おそらくですが、特別な日に釣れた魚というのはより一層記憶に残りやすく、何物にも代えがたい、形のない自分だけの財産になるというのが自分で分かってしまうのでしょう。

もしみなさんもそうなら私はなんだか嬉しくなってしまうのですが、そんな釣り人の想いというのは実は世界共通のようなんです。

この記事は、アメリカ・アラバマ州のアウトドアウェブ新聞「Alabama Outdoor News」の記事で、アウトドアライターのジョン・N・フレッシャー氏が書いたコラム記事で、とある余命わずかのオールドアングラーが、クリスマスをフィッシングガイドと過ごした1日のようすが書かれています。

実はこの物語がフィクションかどうかもよく分かりませんし、また、これを読んだ人によって感想は賛否両論あるかもしれませんが、私にとっては良いお話だと思いましたので、ご紹介させていただきますね。

クリスマスの夜長、お時間があるようでしたら読んでみてください。

 気になるところだけ読んでもOKです 

クリスマス・バス

引用文(タップすると開きます)
“A week, maybe two­—six months tops if you’re lucky,” the doctor said. “Lucky?” the man responded. “I’ve never been lucky in my life. Why start now?” “I’m sorry, but your condition is untreatable,” the doctor explained. “It’s too far advanced now. We can’t do much for you except give you some drugs to lessen the pain and make the last few days of your life as comfortable as possible. Any strenuous activity now will only make it worse. You should go home and rest.” “Rest? Very soon, I’m going to be resting for a mighty long time,” the man snapped. “What difference does it make whether I go now, next week or six months from now? If I’m only going to live a few days, I’m going to LIVE those days. I’m going fishing one last time if it kills me, and I don’t care what you or anyone else says about it.” Ignoring the advice of his doctor and the objections of his family, the Old Angler called his favorite bass fishing guide. Booked solid, they had no openings. However, they usually close for the holiday each Christmas Eve and Christmas Day. For such a good customer, though, they made an exception and scheduled a trip for Christmas Eve. “I’ve been a bass fisherman all my life,” the Old Angler told his hosts as he arrived at the fish camp on the lakeshore the evening before his scheduled angling adventure. “I’ve caught plenty of bass and won several tournaments, but I’ve never caught a largemouth bass weighing 10 pounds. I’ve always wanted to catch one in double digits, but so far, my best fish weighed slightly more than seven pounds.” “Well, we should have plenty action tomorrow, but this lake is more known for numbers, not giant bass,” the guide remarked. “I can’t promise anything, but I’ll see what I can do for you. We’ll catch some fish and have a good time.” On Christmas Eve morning, the guide awakened the Old Angler with a steaming cup of coffee prepared just the way the old man liked it. Across the lake to the east, shadowy flooded timber in silhouette began to glow with faint pink coronas as the sun lightened the horizon. Above, sparkling stars still shining brilliantly like they did 2,000 years earlier promised an excellent, if chilly, day for fishing. “I haven’t eaten bacon in years,” the Old Angler told the camp cook. “My doctor said it’s not good for me, but he’s not here today, and I feel lucky! Please make me a big plate full of the greasiest, fattest bacon you can find with lots of salt and hot sauce and a biscuit with a heap of butter on it.” “You got it,” the cook replied handing him a heaping plate of hot pork. After breakfast, the Old Angler climbed into the boat with some help from his guide. The guide taped tubes to the Old Angler’s nose so he could breathe. Then, the guide placed a portable oxygen bottle beside the Old Angler. Finally, the Old Angler asked the guide to hand him an antique rusty metal tackle box still sitting on the dock. “You won’t need your tackle box today,” the guide advised. “I have plenty of baits for us to use. We’ve been catching a lot of bass on soft plastics and jigs around the humps. We’ll probably also do some flipping around the trees and working crankbaits or spinnerbaits along the ledges. I have all the tackle you’ll need.” “I know, but this tackle box is special,” the Old Angler replied. “It was my father’s box, and I haven’t used it for many, many years. It’s full of memories. Each bait in the box tells many stories, but my favorites are topwater poppers. I just love to watch a bucketmouth bass smash a lure on the surface. Even if I don’t open it, I’d like to bring it along with me. It won’t take up much room.” “No problem,” the guide replied. “I’ll just put it in the locker for you.” For several hours, the Old Angler and the guide canvassed the lake looking for fish. Burning a lot of gasoline with little to show for it, they tossed nearly every type of lure the guide could pull from his immense tackle collection. They fished shallow and deep, but nothing worked. So far, the only “catch” happened when the guide hooked the Old Angler’s oxygen hose with his lure while casting, nearly hurtling the frail old man from the boat. After reattaching the oxygen hose, they stopped to eat a little lunch. Undeterred, the guide vowed he would find fish that afternoon or die trying. “We haven’t caught anything all day,” the Old Angler said. “Do you mind if I throw something from my old tackle box? I’d like to use my favorite topwater bait.” “Help yourself,” the exasperated guide replied. “We haven’t had a strike all day with anything I’ve recommended. It’s not really the time of year to throw a topwater bait in this lake, but whatever you throw can’t do any worse than what we’ve been doing already.” The Old Angler pulled out an ancient, badly scarred wooden popper. Most of the paint disappeared from it long ago, leaving only a few black flecks on bare discolored wood. Only a few threads remained where once brilliant yellow feathers streamed off the back of the wooden plug. Rust had already consumed one of the three treble hooks and nearly closed the nose eye. “I’ve never seen anything like that,” the guide frowned incredulously. “That’s your favorite lure? What is it?” “It’s a one of a kind bait,” the Old Angler told the guide. “I call it, ‘The Christmas Special.’ You see, we used to have a tire swing hanging from an old oak tree in our front yard when I was a boy. A hurricane came one year and broke the branch off so we lost the swing. My dad carved this plug with his pocketknife from a piece of the old branch, attached hooks to it and painted it. Then, he gave it to me for Christmas that year. We didn’t have much money for toys in those days, so it was all he could give me. I haven’t used it in decades, but I’d like to try it today.” “Go ahead,” the guide replied. “Let’s see what it can do.’” The Old Angler tied on The Christmas Special and tossed it toward a grassy tree-lined shoreline. It landed next to a stump and sat there until the large concentric rings faded. Then, the Old Angler jerked the rod, making the popper gurgle on the surface, sending ripples hurtling across the placid water. Soon, the plug disappeared into an explosion of foam and frosty mist. “Got him,” the angler shouted. “It’s a big largemouth bass!” “Looks like 8 pounds, 3 ounces,” the guide remarked after netting and weighing the fish. “Congratulations. This beats your personal record. Want to have it mounted?” “No. It lived a long time in this lake,” the angler replied. “It’s close to the end of its life. Let it go to live out its last days swimming freely the way God intended it to do.” The Old Angler threw The Christmas Special toward the shoreline again. Cast after cast, bass smashed the lure with fury while the guide couldn’t buy a strike on anything he threw. Eventually, the guide just stopped fishing altogether and kept the net handy as the Old Angler caught bass after bass, releasing each one to fight again another day. “This has already been the best fishing day of my life,” the Old Angler remarked as the sun approached the western horizon. “Just one more cast and I’m done.” Once more, the Old Angler tossed the ancient wooden popper toward a grassy point pockmarked by several stumps. The lure sat motionless in the water for a moment next to a stump, silhouetted by the sun setting directly behind it. The wrinkled hands of the Old Angler popped the rod once more and the lure disappeared into another frothy swirl. Breathing and heaving heavily, the struggling Old Angler fought the fish harder than any other fish he hooked that day. Each time he pulled it close to the boat, it ripped off more line from the screaming reel. Eventually, the Old Angler subdued it, pulling it close enough to the boat for the guide to net it. “That’s a giant bass for these waters! It weighs 10 pounds, 4 ounces. I think that’s a new camp record,” the guide exclaimed! “Might be a lake record!” Frayed from restraining so many fish that afternoon, the line broke and the battered lure fell from the fish’s mouth into the bottom of the boat at the guide’s feet. After releasing the large bass, the guide turned to shake the hand of the Old Angler and congratulate him, but instead saw the old man crumpled on the bow deck of the bass boat. The guide tried to revive him, but couldn’t so he called 911 with his cell phone. Soon, an air ambulance helicopter equipped with pontoons appeared and landed in the water near the boat. The medics and the guide placed the Old Angler in the helicopter, and it disappeared into the darkening sky for the flight to the hospital. At the hospital, the Old Angler’s family gathered to await the news. Shortly before midnight, the doctor came into the waiting room to summon the family. “There’s nothing we can do,” the doctor explained. “He doesn’t have much time left and wants to see everyone. Come this way, please.” “We told you not to go fishing,” The Old Angler’s eldest daughter scolded the man stretched prostrate on the emergency room examining table. “We knew you weren’t strong enough for such a trip. We told you something would happen if you went fishing.” As the clock tolled midnight, the pale Old Angler smiled. Grasping the hand of his youngest great-granddaughter, he turned to the family and said: “Yes, something did happen today. I received the best Christmas present of my life.”

「おそらくあと1~2週間、運が良ければあと半年の命でしょう。」医師はそう言いました。

「"運が良ければ”だと?」男は答えた。 「人生で幸運だったことなど1度もない。どうしてこんなことになったんだ?」

「申し訳ありませんが、あなたの体は治療ができないのです。」医師は説明します。 「病状はあまりにも進んでしまいました。痛みを和らげ、人生の最後の数日間をできるだけ快適にするための薬を与える以外に、私たちがあなたのためにできることはありません。いま、あなたの趣味に走れば悪化するばかりです。家でゆっくりしていてください。」

「家でゆっくり休めだと?もうすぐ私には永遠の休みが来るというのに」とすかさず男は言い返しました。 「今釣りに行くのか、来週行くのか、6か月後に行くのか、どんな違いがあるというのだ?まだ何日も生きられるというのなら、その日を懸命に生きよう。もうじき死ぬというのなら、私は最後にもう一度釣りに行く。あんたや他の誰かが何と言おうと知ったことか。」

医者の助言や家族の反対も聞かず、そのオールドアングラーは彼の御用達のバス釣りガイドに電話します。しかし、予約はいっぱいでした。ただし彼はお得意さんということで、通常はやっていないクリスマスイブとクリスマスに例外的にガイドの予約を入れてくれました。

「私はこれまでずっとバス釣りをやってきたわけだが。」オールドアングラーは、釣行前夜にガイドと湖畔でのキャンプで話しました。 「私は多くのバスを釣り、トーナメントで優勝したこともあったが、10ポンドのラージマウスバスは釣ったことがない。いつも10パウンダーを目標にしてきたが、これまでのところ、私の最高のバスのウエイトは7ポンドちょっとというところだ。」

「まあ、明日はいろんなことをやるつもりですが、この湖はビッグバスというよりは数釣りをするフィールドです。」とガイドは言います。 「お約束することはできませんが、できるだけあなたの希望通りになるようにします。まずは、バス釣りを楽しみましょう。」

クリスマスイブの朝、ガイドの料理人は彼の好きな入れたてのコーヒーでオールドアングラーを目覚めさせました。湖の東側では、太陽が地平線を明るくしていくにつれて、色を失くした木々がわずかにピンク色がかって輝き始めました。頭上では、2000年前と同じようにきらきらと輝く星が、肌寒い日でも素晴らしい釣りの日になると言っているようです。

「私は何年もベーコンを食べてないんだ。」オールドアングラーはキャンプの料理人に言いました。 「医者が身体に良くないと言うんだが、しかし彼は今日ここにいない。これこそが私にとっての幸運なのさ!塩分と辛いソースがたっぷり入った、脂っこくて分厚いベーコンと、バターがたっぷり入ったビスケットの料理を作ってくれないか。」

「これでいいかい。」料理人は彼に山盛りの豚肉プレートを渡して答えた。

朝食のあと、オールドアングラーはガイドの助けを借りてボートに乗り込みました。ガイドは酸素チューブをオールドアングラーの鼻にテープで留め、呼吸ができるようにしました。次にガイドは、オールドアングラーの横に携帯用酸素ボンベを置きました。オールドアングラーは最後に、桟橋に残った錆びて古ぼけた金属製のタックルボックスを取ってくれと言います。

「今日はタックルボックスは必要ないですよ。」とガイドは言います。 「私たちが使うためのルアーはたくさん用意してあります。ハンプ周りでたくさんのバスを釣るためのラバージグやワーム。レイダウン周りをフリッピングしたり、ブレイク沿いにクランクベイトやスピナーベイトを投げることもあるでしょう。あなたが必要とするすべてのタックルを用意してますから。」

「それはわかってる。でも、このタックルボックスは特別なんだ。」オールドアングラーは答えました。 「これは私の父のボックスなんだ。でももう何年も使ってない。思い出がいっぱいなのさ。ボックスの中のルアーにはどれも思い出があるけど、私のお気に入りはトップウォーターポッパーなんだ。ラージマウスが水面を割るのが大好きだからね。開けなくてもいいから持っていきたい。場所も取らないだろうし。」

「問題ありません。」とガイドは答えました。 「ではこのボックスはこのストレージに入れておきましょう。」

さて、数時間かけ、オールドアングラーとガイドはバスを探して湖を駆け回りました。彼らはバスを探すためにたくさんのガソリンを燃やし、ガイドの持つ膨大なルアーのほぼすべてのルアーを投げ尽くしました。彼らはシャローからディープまで釣りましたが、まったく釣れません。

これまで唯一フッキングしたものは、ガイドがキャストのときにオールドアングラーの酸素ホースをルアーで引っ掛けてしまったことだけでした。酸素ホースを再び取り付けた後、彼らは昼食を食べるために休憩しました。ガイドはもはや、この日の午後は一か八かの賭けに出るしかないと考えていました。

「ここまで何も釣れてないわけだが」とオールドアングラーは言いました。 「私の古いタックルボックスから何かを投げても良いだろうか?こうなったらお気に入りのトップウォーターポッパーでも投げてみたい。」

「自分を信じてほしいところだけど」とやや機嫌悪そうにガイドは答える。 「私がやってもらったことでここまでバイトがないのも事実です。この湖でこの時期にトップウォーターを投げるのは正直おすすめできませんが、なんでも投げてみましょうか、これより悪くなることもないでしょうからね。」

オールドアングラーは、ボロボロの年季の入ったウッドのポッパーを取り出しました。塗装の大部分は剥げ、むき出しになって変色したウッドにもカビのようなものが生えています。かつてはちゃんとした黄色のフェザーがあしらわれていたであろうウッドプラグのリアフックには、ほんの数本だけ巻かれた糸が残っていました。3つのトレブルフック​​の1つはサビで使い物にならない状態で、ラインアイもふさがっています。

「見たことのないルアーですね」とガイドが眉をひそめました。 「それがお気に入りのルアーなんですね。何というルアーなんですか?」

「このルアー、いいだろう。」オールドアングラーはガイドに言います。 「いうなれば「クリスマススペシャル」というところかな。これはね、私が少年だったとき、庭の古い樫の木からタイヤのブランコをぶら下げていたんだが、ハリケーンが来て枝を折ってしまったもんで、ブランコがなくなってしまったんだ。そこで父は折れた枝からポケットナイフでこのプラグを削ってフックを取り付けて塗装して、その年のクリスマスにそれを私にプレゼントしてくれたんだ。当時はおもちゃを買うお金なんてなかったから、父が私にくれたのはそれだけさ。もう何十年も使ってなかったが、今日はなんとなく試してみたい気分なんだ。」

「どうぞ」とガイドは答えました。 「それで何が起きるか見てみましょう。」

オールドアングラーはクリスマススペシャルを結び、草が生える並木道の岸に向かって投げました。それはスタンプの隣に着水し、波紋が消えるまで待ちます。オールドアングラーがロッドをトゥイッチさせ、ポッパーを水面でアクションさせると、穏やかになった水面が再び波紋を出しました。次の瞬間、ルアーは爆発のような水しぶきとともに消えました。

「来た!」とオールドアングラーは叫んだ。 「これはデカいバスだぞ!」

ランディングネットに入ったバスを見てガイドは「見た感じ8ポンド3オンスくらいありますよ」と言います。 「おめでとう!これはあなたの自己記録越えです!記念に剥製にしましょうか?」

「いや。こいつもこの湖に長く住む住人だ。」オールドアングラーは答えた。 「彼にも寿命の終わりが近づいていることだろう。神が与えた命がある間を自由に泳いで生きるためにリリースしよう。」

オールドアングラーは再びクリスマススペシャルを岸に向けて投げました。ガイドでさえ釣れないのに、彼はキャストするたびにバスがルアーにヒットしてきました。結局、ガイドは釣りをやめ、オールドアングラーがバスを次々と釣ってはすべてリリースし次のファイトに備えるためのサポートに徹しました。

「私の釣り人生で最高の日になったな。」太陽が西の地平線に近づいたとき、オールドアングラーは言いました。 「あと1回キャストして終わりにしよう。」

オールドアングラーは古いウッドのポッパーをもう一度さっきのスタンプに向かって投げました。スタンプの横で動かさずにいるルアーを見ると、ちょうど沈む夕日を正面に受け、シルエットだけになっています。オールドアングラーのしわの寄った手がロッドをトゥイッチした時、ルアーは再び爆発とともに消えました。

オールドアングラーは手こずり、息を殺し、その日に釣ったどのバスよりも激しくファイトします。バスをボートに寄せるたびに、リールはドラグを鳴らし、ラインが引き出されます。最終的にはオールドアングラーは勝負に勝ち、ガイドがネットインします。

「このフィールドでは見たことがないくらいのバスだ!重さは10ポンド4オンスくらいはありそうです!」とガイドは叫びました。 「この湖の記録になるかもしれませんよ!」

この日の午後、あまりにも多くのバスを釣ったためか、ちょうどラインが切れ、ボロボロのルアーがバスの口から外れ、ガイドの足元に落ちました。ビッグバスをリリースした後、ガイドがオールドアングラーの手を握って祝福しようと振り返ると、オールドアングラーはバスボートのデッキに倒れていました。ガイドは応急処置を試みましたが、どうにもならず、携帯電話で救急病院に電話しました。

やがて、ゴムボートを積んだ救急ヘリコプターが現れ、ボートの近くに着水しました。レスキュー隊とガイドでオールドアングラーをヘリコプターに乗せると、暗くなった空を病院へと姿を消しました。病院では、連絡を受けたオールドアングラーの家族が集まって待っていました。午前零時になる少し前、医者は家族のいる待合室に入ってきました。

「私たちにできることは、もはや何もありません」と医師は説明します。 「彼に残された時間はあまりありませんが、みなさんに会いたいと言っています。こちらへ来てください。」

「釣りには行かないでって言ったじゃない。」オールドアングラーの娘は、救急治療室の診察台に横たわる男を叱った。 「私たちは、あなたにはもう釣りをする体力は残ってないと分かってたわ。釣りに行ったら何かが起こるって。」

時計が午前0時をさすと、青白い顔をしたオールドアングラーは微笑んだ。孫娘の手を握り、家族の方を向いてこう言いました。「そうだな、たしかにその何かが今日起きたよ。人生で最高のクリスマスプレゼントをもらったんだからな。」

人生最高のクリスマスプレゼント
Image by aonmag.com

彼がその後、どの程度生きていたのかもわかりませんが、その年のクリスマスイブには目標であった10パウンダーのバスと、0時を過ぎて日付が変わったクリスマス当日には、自分を心配する家族に囲まれたことが、人生で最高のクリスマスプレゼントとなったんですね。

私にも皆さんにも、自分が大事にしていることや大切な人がいると思いますし、また、自分を大切に想ってくれている人がいるかもしれません。

ときには、そういう人を思って過ごしてみましょう。

それではまた。

メリークリスマス!