野尻湖釣具店ルアー通販

雨のバス釣り完全ガイド

雨のバス釣り完全ガイド

バス釣りで雨という天気は、バスを釣る上ではメリットでしょう。しかし、そのメリットを上回るネガティブを持っている方は、どうしても雨が好きになれません。ただし、雨のポジティブ要素をもっと理解できたとしたら、話は変わるかもしれませんよね。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”41 Tips For Catching Fish in Rain (Before, During, After)”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:freshwaterfishingadvice.com”41 Tips For Catching Fish in Rain (Before, During, After)”by Eric Matechak

雨が嫌いなアングラーさんというのは、結構いらっしゃいます。

本当は雨パワーというのが存在し、晴天無風の天気よりははるかにバスを釣りやすいことも分かっている方がほとんどです。

それでも、雨が嫌いなんですよね。わかります。

当たり前のことを言うようですが、私もバスが釣れる状況というのは嫌いじゃありません。

しかし雨は、バスが釣りやすくなるというポジティブのほかに、めんどくさいというネガティブも運んでくるんですよね…。

カッパを着るのがめんどくさい、後でバッグやボックスを乾かすのがめんどくさい、濡れたら着替えたりするのがめんどくさい、釣れたら釣れたでスマホで写真撮るのもめんどくさい、雨の中運転するのもめんどくさい…などなど、面倒臭いことが結構あると思います。

雨が降ったらおとなしく家でのんびりする方が楽ってもんです。

しかしですね、それは、ポジティブよりネガティブの方が上回っているからそのような判断になるわけで、ポジティブの方がもっともっと増えてくれば、雨は苦にならなくなるものなんですよね。

雨の中釣りに行かれる方の中には、雨というコンディションでしかできない釣りを楽しんだり、雨がもたらす効果を最大限に利用することができる方が多いわけで、簡単に言うと「めっちゃオイシイ思いをしている」わけなんです。

もしかしたら、雨のなか釣りに行くのが嫌いという方が知らないことをたくさん知っているのかもしれません。

ということは、それを知ったとしたら、雨でも釣りに行きたくなるかもしれませんね。

この記事は、アメリカの様々な釣りやテクニックを紹介するベテランアングラーの釣りブログ「freshwater fishing advice」の記事で、運営のエリック・マティチャック氏が、雨の釣りで成功するためのガイドを細かに解説してくれています。

雨のバス釣りで成功し、あわよくば雨が好きになるために、ぜひ読んでみてください。

 気になるところだけ読んでもOKです 

季節ごとの雨の釣り

引用文(タップすると開きます)
How Fish Respond to Rain by Seasons Winter During winter, fish are trying to find as warm of water as possible. Any warming of water temperatures will spike feeding activity. Rainfall typically will have a warming effect on water temperature. Fish will emerge from deep wintering holes and move closer to creek inlets that will be pumping the most warmer water into a lake. This can be a great time and place to catch smallmouth bass, catfish, carp, pike, and walleye. Spring During early spring, rain will have a warming effect similar to winter. As spring progresses and the air temperature rises, rain begins to have a cooling effect on lakes. Fish will naturally be shallow for the spawn. If a fish is spawning, they aren’t going to leave their beds to feed if it rains. If they aren’t spawning, most fish will move to the back ends of deep creeks as well to the mouths of feeders streams to take advantage of the influx of nutrients, food, and cooler temperatures. Summer Summer temperatures can get very hot. Fish are the most active sunrise, sunset, and at night. During the day, most fish are tucked up under or tight to structure. Rain is a welcome relief and fish become very active as a storm approaches. Before and during a rainstorm can be a great time to fish. Overcast conditions can really make fish aggressive. Fish will also move to the mouths of creeks to feed. Fall During fall, rain can actually start a lake’s annual turnover event which is when a lake goes from cooler water down deep and warm water up top in summer and flips it so warmer water is now on the bottom of a lake as winter takes hold. Fish will move in shallow when it rains taking advantage of food availability hoping to pack on some weight before the lean winter hits. This can be a time when fish are very hungry and easier to catch.

季節ごとの雨に、バスはどのように反応するのでしょうか。

冬の間、バスはできるだけ温かい水を見つけようとします。水温が上昇すると、フィーディング活動が急上昇します。冬の雨は通常、水温を上げる効果があります。

バスはディープの越冬地から出てきて、最も温かい水を湖にもたらす流れ込みのあるワンドに近づきます。このときが、スモールマウスバスやラージマウスバスを釣る最適なタイミングと場所です。

春先の雨は、冬と同じように水温を上げる効果があります。春が進み水温が上がってくると、今度は雨が水温を下げてくれる効果を発揮します。バスは産卵のためにシャローへあがっています。

バスが産卵している場合、雨が降ったとしてもフィーディングのためにベッドを離れることはありません。産卵していなければ、多くのバスは栄養素、餌、およびより低く快適な水温を求めて水深のあるクリークのバックウォーターやメインレイクへの流れ込みに移動します。

夏の気温は非常に暑くなるはずです。バスが最も活発なのは日の出、日の入り、そして夜です。日中、多くのバスは物陰の下に隠れているか、ピッタリと着いています。この状況で雨は歓迎すべき要素であり、嵐が近づくとさらにバスは非常に活発になります。

暴風雨の前と最中は釣りをするのに最適なタイミングです。厚い雲は本当にバスをアグレッシブにしてくれます。バスはまた、フィーディングのためにクリークマウスに移動します。

秋の雨は、湖に毎年恒例となるターンオーバーのきっかけになる可能性があります。これは、夏に温まった水が冷やされて深いところに行き、温かい水が上に上がりますが、冬が本格化すると温かい水が湖のボトムにあるようになります。

雨が降ると、バスはシャローへ移動します。冬が本格化する前にできるだけエサを食べてある程度の体重をキープしようとします。このとき、バスは非常に空腹で釣りやすい時期になる可能性があります。

雨のバス釣り完全ガイド

雨の前、雨の最中、雨の後の釣り方

引用文(タップすると開きます)
How to Fish: Before, During, After Rain Before Rain Fish aggressively and fast for pre-rain fish. Bass and pike, in particular, are very willing to chase down fast-moving prey before the rain sets in. The dropping barometric pressure will trigger active feeding. Topwater options like poppers, buzzbaits, frogs, and chatterbaits work super well. Big swimbaits work well too. Perhaps the best bass bait you could use is a square-bill crankbait grinding that bill into the bottom substrate near rocks. During Rain When it is raining, fishing can still be really good. Topwater baits can work as long as they have good noise or water displacement since the sound of rain will make it harder for fish to hear. Buzzbaits and poppers are good. You can still go with the square-bill crankbait too. Fly fishing is really good during a rain event too for trout in streams. After Rain After rain, it is important to slow your approach way down. Whereas fish were very active before the rain willing to chase down fast-moving lures, now they become very sluggish. Now is the time to start fishing tight to deeper cover with vertical baits. Jigs, plastic worms, and salamanders are good ideas. Fish those baits slow and tight to cover for sluggish bites. Fish won’t be aggressively feeding but you can still catch bass.

雨の前

雨が降る前のバスを釣るには積極的かつ素早く釣ります。バスは雨が降り始める前に動きの速い獲物を喜んで追いかけます。気圧の低下は活発なフィーディングを引き起こします。

ポッパー、バズベイト、フロッグ、チャターベイトなどのトップウォーターは非常に有効です。ビッグベイトもいいでしょう。最高なのはおそらく、岩のボトムをリップで叩くように使うスクエアビルクランクベイトです。

雨の最中

雨が降っているときでも、釣りは引き続き良いものです。雨の音でバスが音を聞き取りにくくなっているので、いい音を出したり水を掻き回すタイプのトップウォータールアーが有効です。バズベイトやポッパーがいいでしょう。スクエアビルクランクも引き続きおすすめです。

雨の後

雨が降った後は、アプローチを遅くすることが重要です。雨の前は速く動くルアーを追いかけるようにバスは非常に活発でしたが、このタイミングは非常に動きが鈍くなっています。ここでは、バーチカルに働くルアーでしっかりと水深のあるカバーでの釣りをする時です。

ジグ&ワームやリザードなどがおすすめです。そういったルアーをゆっくりとタイトに釣り、スローになったバイトに備えます。バスは積極的にフィーディングしませんが、それでも釣ることはできます。

雨のバス釣り完全ガイド

雨のバス釣りに有効なヒント集

引用文(タップすると開きます)
1. In Lakes, Food Availability Trumps Comfort In lake systems, fish are seeking food first and comfort second. Fish will position themselves in water deeper, shallower, more turbulent, colder, or hotter than would prefer if food is present. A fish is often guided by its stomach so if you find food, you will find fish even if conditions don’t seem “comfortable” for fish. Keep this principle in mind as you read on. 2. In Rivers, Current Trumps Everything Food is more important than comfort in rivers too but current dictates everything for river fish. Current dictates where food is and also where bigger fish move to. If you can find current, you will find food and fish. To learn how to locate and catch fish in streams, rivers, and canals, you should read my complete guide. This thing is loaded with tips that will catch you a lot of fish. 3. Fish Topwater Topwater fishing is the best in low-light conditions. This dawn, dusk, and night fishing. Topwater can also be amazing when it is raining out. Rain causes reduced sunlight and water turbidity. As a result fish like bass and pike will aggressively follow and hammer topwater baits especially those like buzzbaits and poppers that produce noise. 4. Fish Faster Big fish are more aggressive right before and during the rain. Reduced light, cooling temperatures, and dropping barometric pressure makes fish more aggressive feeders. As such, they become very willing to chase and hunt quicker moving prey. Cast search baits like swimbaits, spinners, buzzbaits, and crankbaits with nice quick retrieves. Now is the best time to really get some fast aggressive bites. 5. Fish Where Water Drains into Lake Fish will tend to congregate at the mouths of feeder streams and rivers that feed into a lake or larger river during times of rain. Heavy rain upstream washed a lot of nutrients, microorganisms, and warmer or cooler water down into the lake. This attracts not only small fish but much larger fish. 6. Fish Along Banks Banks can be a great place to fish when it’s raining. Rainwater will wash down the sides of banks pushing small insects and nutrients into the water. These added food sources will attract shad, bluegills, yellow perch, shiners, minnows, crayfish, and suckers into shallow water. Obviously, bigger fish like bass and pike will follow them into shallow water. When it is raining out, fishing a couple feet from shore can give awesome success. 7. Focus on Storm Direction, Creek Orientation If you have a stream feeding into the lake from the west the storm is moving north to south, chances the lake won’t become that muddy since the storm had a lessened effect on the stream. However, if that same stream got hit by a storm moving east to west, that stream is going to be exposed to a lot more rain and longer time under the rain as well. This could make enough muddy water to completely dirty up a good-sized lake. 8. Fish Don’t Like Turbidity Fish do not like living in turbid water. Turbid water can stir up nutrients which is good but it also makes it harder for fish to see, messing with their ability to detect their surroundings using their lateral line, and it can irritate their gills as they breathe. Fish away from heavily turbid water. 9. Find Places Free of Turbid Water As mentioned, fish try to avoid very turbid water. Look for backwater sloughs, coves, and eddies off the main current and off the main body where fish can find some sanctuary from the muddy and irritating conditions that are present elsewhere in the water. If you can find clear water in a lake full of muddy water, you will find a lot of fish. 10. Wind Determines Fish Location Wind can play a big role in where fish will be when it’s raining out. Steady winds can blow plankton and nutrients to one of the sides of the lake. Often times, baitfish and bigger fish will follow chase. However, somethings these wind-driven sides of the lake can become much colder than baitfish want to tolerate and they actually are repelled by this. In this event, look for the closest structure or feature 6-12 feet in depth. This is a great place to search first.

湖では、快適さよりもベイトの多さが優先されます

湖で生きるバスは、まず最初に食べ物を求め、次に快適さを求めています。バスは食べ物がそこにいる限り、自分が好むと好まないにかかわらず、深くも浅くも、流れがあろうと、冷たくまたは熱くとも、そこにいます。

バスは食べることに貪欲であるため、食べ物を探しているようなら、バスにとって快適そうに見えない場所にもバスを発見することができます。この先この記事を読み進めるうえで、この原則を忘れないでください。

河川では、流れがすべてにおいて勝ります

川でも快適さより食べ物の方が重要ではあるのですが、川のバスにとっては流れがすべてを決定します。流れは、食べ物がどこにあるか、そしてバスにとっては居場所をどこにするかを決定します。流れを読むことができれば、ベイトとバスを見つけられるでしょう。

トップウォーターで釣る

トップウォーターフィッシングは、ローライトコンディションでの釣りに最適です。夜明け、夕暮れ、そして夜。

トップウォーターは、雨が降っているときにも素晴らしいことがあります。雨は日光を軽減し、水を濁らせます。その結果、バスは特にバズベイトやポッパーのようなサウンド発生させるトップウォータールアーを積極的に追いかけ、激しくバイトします。

速い釣りをする

ビッグバスは雨の直前と雨の間に積極的になります。ローライト、水温低下、気圧の低下により、バスはより積極的にフィーディングするのです。

そうです、バスは速く動く獲物も追いかけ、喜んで狩りをするようになります。スイムベイト、スピナーベイト、バズベイト、クランクベイトなどのサーチベイトをキャストし、ファーストリトリーブしていきます。今こそ、アグレッシブなバイトをさせる最適なタイミングです。

湖の流れ込みを釣る

バスは、雨のタイミングでメインレイクや大きな川への流れ込みや川の河口に集まる傾向があります。上流での大雨は、多くの栄養素、微生物、そしてより快適な水温の水を湖に流し込みます。これは小魚だけでなく、大きな魚まで引き付けます。

バンク沿いを釣る

雨が降っているとき、バンクは釣りをするのに最適な場所です。雨水はバンク際の地表を洗い流し、小さな虫や栄養分を水に流し込みます。このようなボーナス的な食料源により、小魚、ブルーギル、ザリガニ、ヒルなどをシャローへ寄せます。もちろん、バスのようなビッグフィッシュもそれを追ってシャローへ向かいます。雨が降っているときは、岸から数メートル以内を釣ることで素晴らしい成功を収めることができます。

嵐の方向に対する流入河川の向きに注意する

嵐が北から南に移動していて、湖に東西の方向で流れ込む川がある場合、嵐が川に与える影響は少なく、湖にはそれほど濁りが入らない可能性があります。

ただし、同じ川でも嵐が東西方向に移動した場合、その川は多くの雨にさらされ、下流まで長時間にわたって影響を受けることになります。これにより、湖によっては完全に濁ってしまうほどの濁りが入ってくる可能性があります。

バスは濁りが好きではありません

バスは濁った水のなかに住むのが好きではありません。濁った水は栄養素をかき混ぜてくれる効果がありますが、バスの視界は奪われ、側線で周囲の音を検出する能力も低下させ、呼吸のためのエラにも悪影響を与える可能性があります。釣りは濁った水を避けるようにします。

濁っていない水、濁っていないエリアを探す

前述のように、バスは濁った水を避けようとします。あらゆる場所が濁ってしまった場合にバスにとっての聖域となる、バックウォーターやワンド、または反転流を探してください。濁り切った湖でクリアウォーターを見つけることができれば、多くのバスを見つけることができます。

風が魚の位置を決定する

風は、雨が降っているときのバスの居場所を決める大きな役割を果たします。吹き続ける風がプランクトンや栄養分を湖の片側に吹き寄せる可能性があります。多くの場合、それをベイトフィッシュとバスも追いかけます。

しかし、風によって動かされた湖の水というのは、ベイトフィッシュによっては低すぎる水温となる可能性もあり、実際にそのせいで魚が寄り付かないこともあります。その場合、近くの水深2~4メートルあたりにあるカバーや地形変化を探します。そこが最初にサーチすべきエリアです。

雨のバス釣り完全ガイド
引用文(タップすると開きます)
11. Fish Structure, Not Cover It is vital that we differentiate structure from cover. Cover is anything that can decay or be moved by currents or other factors. We are talking small logs, weeds, and other organic matter. Structure is features that aren’t going anywhere. Bridge pilings, docks, boulders, and big logs are considered structure. Focus on fishing structure during rainstorms as they will hold more fish than cover ever will at this time. 12. Avoid Thunderstorms! I recommend fishing in the rain as long as you want to and are enjoying yourself. Don’t mess around when it comes to lightning though. You don’t to be the tallest thing on a big lake or river far away from the boat launch during a violent thunderstorm. If you hear thunder rumbling in the distance, just call it a day. Better to be safe and live to fish another day. 13. Rain Can Change Micro-Environments When rain occurs, it is typically warmer than the water temperature during the winter and cooler than the lake’s temperature during the summer. As rainwater washes down streams into the lake, a small pocket of warmer or colder water will exist around that creek mouth. This can attract a lot of fish. It can also elevate oxygen-levels and add food to the water creating its own micro-environment. This is a really nice at-depth water thermometer that can read down to 300 feet. Even though it is an investment, you can use this in so many different types of fishing situations. 14. Rising Water: Possibilities & Setbacks Rising water after a rainy day can create possibilities and setbacks for fishermen. It can flood new ground and give defined spots where fish are likely to position like creek mouths but it also creates so many new hiding spots for fish that it becomes much harder to find them. Simply put, an abundance of options means fish can be more spread out and some cover may not have any fish at all. You could waste a lot of time trying to find fish in flooded water. 15. Known Landmarks may be Submerged Anytime you start getting heavy rain, you have to know the water in the lake or river is bound to swell some. Sometimes it can swell so much that know structure and cover you have fished for ages is underwater and invisible to the naked eye. I’m talking lily pads, rocks, weeds, and stumps. Just because you can’t see it does not mean fish won’t still use it. Relocate these features as best you can to catch fish. 16. Be Careful Boating in High Water To piggyback off my last tip, structure like boulders, logs, and docks are no less dangerous and formidable simply because they are underwater. These structures can ruin your boat and be very dangerous for anyone inside if these are struck at speed. Be extra careful navigating your boat through raised water as you can never truly know what’s underwater just in front of your boat. 17. Obey Buoys & Markers Buoys and river markers are there for a reason. They are usually put in place to accommodate for flooded water so make sure you obey their warnings. Do not drive your boat outside of markers as this can result in bad things for you and your boat. These markers are hopefully updated often enough to provide boaters a fairly accurate representation of the dangers in each section of river or lake. When it’s raining out, these can really save your butt. 18. Seek out Clear Water Anytime you see muddy or turbid water following a rain event, you will want to find the clearest water you can find. Turbid water stirs up particles which can make it hard for fish to see, make it hard for them to detect things with their lateral line, and also irritate their gills when they breathe so fish try to avoid these turbid settings. If you find a pocket of relatively clear water in a sea of dirty water, you will find fish here. 19. Fish Points of Creeks When streams feed into lakes at an angle, they will create a point of sand and vegetation that angles out into the lake. Fish will position themselves around these points when it’s raining out. When the current flow is raging, fish will position themselves in the eddy on the lakeside of the point facing the stream. When the current is less strong, fish could move right in front of the current and start feeding. 20. Ignore Creeks in Light Rain We know that feeder creeks can be excellent places to fish during and soon after a rainstorm because they wash nutrients, microorganisms, and warmer or cooler water into the lake. When you get a lot of rain resulting in localized swelling of the streams, that is the perfect approach. But if you only get a little rain, it will have zero effect on streamflow and fish will not gravitate to the mouths of these streams.

カバーではなく、地形変化を釣る

ストラクチャー(地形変化)とカバーを区別することが重要です。カバーは、流れやその他の原因によってなくなったり動いてしまう可能性のあるものです。たとえば小さな木、ウィードのようなカバーなどがそれです。ストラクチャー(地形変化)はどこにも行かないものです。

橋脚、桟橋、岩、大きなウッドカバーは地形変化と見なされます。暴風雨のときの釣りはこのような変化に注目してください。このような時はカバーよりも多くのバスが地形変化に着くようになるでしょう。

雷雨を避けてください!

雨の中を楽しく釣りをすることはおすすめしますが、カミナリに関してはぐずぐずしてはいけません。

激しい雷雨に遭ったとき、広い湖や大河川であなたのボートが一番背が高い状態はよくありません。遠くで雷鳴が聞こえただけだとしても、その日はストップフィッシングです。生きて他の安全な日に1日釣りをする方が良いでしょう。

雨はミクロの世界を変える可能性があります

雨が降ると、通常は冬は水温を温め、夏は水温を下げてくれます。雨水が湖に流れ込むことで、その流れ込みの周りは温かい水または冷たい水のポケットのようになります。これがたくさんの魚を引き付けることになります。

また、酸素レベルを上げ、ミクロの世界を作っている微生物に影響を与えることにもなります。水温計は良い道具です。ちょっとした投資にはなりますが、あなたはこれで非常に多くの異なるタイプの状況で使うことができます。

増水:メリットとデメリット

雨の日の後に水位が上がると、アングラーにとって可能性と挫折をもたらす可能性があります。地面だった場所が水没すると、流れ込みに着くバスのように付き場が明確になる可能性もありますが、バスにとって非常に多くの新しい隠れ場所にもなるため、バスを見つけるのが難しくなるのです。

簡単に言えば、可能性が増えることによって、バスもより広範囲に広がり、一部のカバーにはバスがまったくいない可能性があることを意味します。増水したところでバスを探す場合、多くの時間を無駄にする可能性があります。

知ってる場所が水没で見えなくなる可能性がある

大雨が降り始めたら、湖や川の水位は上がることを知っておく必要があります。時には非常に高い水位になることもあり、あなたが長年釣りをしてきた地形やカバーが水中に沈み、肉眼では見えないこともあるでしょう。

リリーパッド、岩、ウィード、スタンプなどがこれにあたります。見えないからといって、バスがもうそこにいないというわけではありません。バスを釣るためには、できるだけこれらの特徴を覚えておきましょう。

増水時のボート走行に注意してください

先ほどの項目に補足する形になりますが、岩、ウッドカバー、桟橋のようなストラクチャーは、それらが水中にあるというだけで、これほど危険なものはありません。これらの構造物はあなたの操船するボートを破壊する可能性があり、もし高速走行時に当たったら、乗っている人全員が危険です。

ボートの先の水中に何があるのかを知ることはできないので、増水時のボート走行は特に注意してください。

ブイやマーカーを利用する

川にブイやマーカーがある理由はまさにそこにあります。こういったものは通常、増水に対応するために設置されているので、それを利用するようにしてください。マーカーがない場所でボートを運転しないでください。これは、あなたとあなたのボートにとって最悪の結果をもたらす可能性があります。

マーカーとは、ボートに乗る人に川や湖にある危険を正確に知ってもらうためにあるものです。雨が降っているとき、これらは本当にあなた自身を救うことになります。

川の流れ込みが作り出す岬

湖に対して川が斜めに流れ込んでいる場合、湖にはその角度で砂やウィードの岬が作られます。雨が降ると、バスはこれらの岬の周りに着くようになります。

流れが激しい時、バスは湖に流れ込む川の脇にできる渦の中にいるようになります。流れが弱くなると、バスは流れの真正面に移動してフィーディングする可能性があります。

小雨なら流れ込みは無視する

流入河川は、栄養分、微生物、温かい水または冷たい水を湖にもたらすため、暴風雨の最中および直後に釣りをするのに最適な場所になる可能性があると学びました。

雨がたくさん降って川の水がかなり増水した場合は、かなり素晴らしいアプローチです。しかし、雨が少ししか降らない場合は、川の流れに影響はなく、バスはその川の河口には引き寄せられません。

雨のバス釣り完全ガイド
引用文(タップすると開きます)
Switch Baits Often When fishing in rain, it is important to not fall in love with one bait. Switch your lure-types often to find something fish will respond to. I don’t mean switch patterns from a black spinnerbait to a gold spinnerbait. I mean switch types of lures. Try a spinnerbait, then a buzzbait, then a square-bill. Keep experimenting until you catch something or determine you are in the wrong spot. 22. Fish Deep for Unaffected Water If you start noticing unfavorable conditions for fish like really cold rain, muddy water, and advanced turbidity, look for fish down deeper. For the most part, the deepest holes in a lake won’t be as affected by the rain and conditions as the upper 2/3 will be. Fish will move down to deeper water to be cushioned from the nastier conditions around them. This is a great place to fish when you’ve had no luck finding them elsewhere. 23. Baitfish are Attracted to Feeder Streams Feeder creeks and drainages wash sediment and microorganisms both off the land and downstream into the lake. Baitfish like bluegills, shad, and minnows really like feeding on these microorganisms and schools of baitfish will draw in close to the mouths of these streams for food. Bass, catfish, walleye, and pike will follow the food. This can make for great fishing action if you select baitfish-pattern lures matching shad or bluegills. 24. Noisy, Water-Displacing Baits When it’s raining out, you are already competing with the noise of rain falling on the water’s surface. Reduced light, water turbidity, and increase ambient noise can make it tougher for fish to find your lure. A great way to catch fish now is by using a noisy lure like a chatterbait or a buzzbait. You can also use a bait that displaced water like a square-bill crankbait and a popper. 25. More Flexibility with Bait Choice in Rain The beauty about fishing either during or right after a rain is the water is stirred up and much less clear than it otherwise would be. This means you can get away with a lot more lures and fish won’t be able to tell it isn’t real. Instead of worrying about making sure your lure matches an exact bait item, you can toss around a wide range of lures and have success simply because fish can’t see it as well. You can also use a stronger, thicker diameter fishing line too. 26. Rain Can Distort Fish’s View of You Rain can really help you when it comes to hiding from fish. Many fish have remarkable vision and they can detect threats coming from above the surface of the water. A steady rain can distort the surface of the water and affect a fish’s ability to make out what you are or even see you at all. Use the rain to your advantage. It can allow you to get much closer and get away with sudden motions that you couldn’t get away with on a clear day. 27. Get Out of Main Current Quick in Rivers It is important to get your boat out of the main current in flooded rivers quickly. Not only can it be dangerous to linger in strong current too long but submerged debris floating downstream can damage your boat, motors, and even rattle sensitive on-board electronics. Not to mention the risk of driving over submerged structure you can’t see. Only travel in heavy current as long as absolutely needed. For information on fishing for catfish in flooded rivers, check out this article. 28. Park Boat in Calmer Water Once you get out of the strong, dangerous current, it is important to park your boat in much calmer waters. Not only will your boat be protected from impact in calmer water, but you’ll also be able to anchor safely and start fishing. I would recommend you park your boat in a protected eddy or back slough just outside the current so you can still cast near the seams. These will be where most fish are hiding out the storm. 29. Use a 2-Anchor System I think you should always consider using a 2-anchor system but especially in moving water like a flooded river after rain. Have one quality river anchor in the front of the boat and one in the back and tightly cinch down both ropes to keep your boat steady and safe. I really like this river anchor I found on Amazon and 20-pounds is a great weight for use in rivers. I think this is a good deal. Go with 2. 30. Fish Seams Anywhere you find good current, fish will be holding tight to the “seams”. Seams occur where fast-moving main current water meets slower eddy off to the sides. This calmer slack water holds fish resting out the of the main current who are waiting for food to be pushed past them. Cast your baits and lures into the main current and make sure to let them linger in these seam zones which is where most of your strikes will occur. This is especially important after a good rain.

ルアーチェンジを頻繁に

雨の中で釣りをするときは、1つのルアーにこだわらないことが重要です。ルアーのタイプを頻繁に切り替えて、バスが反応するものを見つけてください。黒のスピナーベイトから金のスピナーベイトに切り替えるという意味ではありません。ルアーの種類を変えてしまうのです。

スピナーベイト、バズベイト、スクエアビルクランクといった感じに変えてみてください。バスが釣れるか、ここにはバスがいないと判断するまで、実験を続けてください。

影響を受けていないディープを釣る

かなり冷たい雨、マッディウォーター、泥濁りなど、バスにとってかなりの悪条件だと感じたら、ディープのバスを探してください。多くの場合、湖の深い部分は、シャローに比べて2/3ほど雨やその他のコンディションの影響を受けません。

バスは周囲の嫌な環境を変えるためにディープに移動します。他の場所でどうしてもバスが見つからなかったときに釣りをするのには最適な場所です。

雨のルアー選びは柔軟に

雨の中または直後の釣りが有利な点は、水がかき混ぜられ、そうでなかったとしても普段より透明度が落ちることです。これは、より多くのルアーでだましやすくなり、バスにはそれが本物かどうかの判断ができないことを意味します。

ルアーが正確なマッチザベイトになっているかどうかを心配する必要はなく、バスがルアーを見にくくなるという理由だけで、さまざまなルアーを投げて成功することができます。より強く、より太いラインが使えるというのも有利になる点です。

雨はバスからあなたを見えにくくしてくれる可能性があります

バスから身を隠すことを考えたとき、雨は本当に役立ちます。バスは広い視野を持っており、水面より上から来る危険を察知することができます。

雨が降ることで水面を歪め、バスがあなたが何者であるかを理解する能力に影響を与える可能性があります。雨を利用してください。晴れた日には自分の動きで驚かせて逃げらてしまったバスも逃げないかもしれません。

流れの境い目を釣る

水の流れがあるところならどこでも、バスは流れの境い目にしっかりと着きます。流れの境い目とは、動きの速い流芯の水がそのわきを流れる遅い流れや渦とぶつかる場所です。この穏やかな方の流の中で、バスは食べ物が押し流されてくるのを待っています。

ルアーを流芯のほうにキャストし、この流れの境い目を長く引けるようにしてください。バイトのほとんどはここで起きます。これは、大雨の後は特に重要です。

引用文(タップすると開きます)
Be Aware of Submerged Debris Anytime you are fishing in a river, there will be some submerged debris moving beneath you. When it is raining out, this can be especially prevalent as floodwater uproots trees and moves them much faster in the water. This is a recommendation for your safety and your boat’s safety. You can also get your gear all fouled up by moving debris so if you see debris approaching your line, you’d be smart to reel it in fast and cast elsewhere. 33. Get Good Rain Gear I’m not going to recommend a specific rain gear item to you since there are so many styles and brands to choose from and new editions are being added constantly. You don’t have to spend a lot of money on rain gear but just don’t cheap out and get a cheap poncho. Get a nice rain jacket and nice rain pants. If you don’t, you are going to be soaked and get cold. The warmer and dryer you stay, the longer you can fish. 37. Fish Water You Are Familiar With Rainy days and flooded water is not the time to start exploring a new stretch of river. Go fish waterways you already know. They are going to look a lot different when you see them all swollen with dirty rainwater but at least you’ll know where fish typically hold up in that stretch. Structure may be submerged and invisible but fish will still associate loosely with them. 39. Fish Black Baits in Gray Water If you notice the stream water has a grayish tint to it, go with the blackest lures you can find. Dark brown, dark navy, and dark purple can work well too. I recommend black because it will appear the most visible to trout in gray floodwater. Most people think you want bright-colored baits in cloudy water but I think black is the best option. 40. Never Go Above Thigh-Deep You really shouldn’t go above thigh-high water in a river anyways but we all do it. I’ve gone chest-high countless times and often it resulted in flooded waders and a nice involuntary swim downstream. But in heavy water following rain, you really should not go above your thighs. This water can be very strong and also carry debris which can trip or injure your ankles and knees. Wading into deep flooded water is asking for really bad stuff to happen. 41. Be Safe & Careful Anytime you are fishing in the rain you should be careful. This is true whether you are fishing from shore, from a boat in a lake or a roaring river, or wading into a muddy stream. Just be careful and be sure of your every step. Don’t be careless and you’ll have a good, safe time. You may even catch a lot of fish for your efforts.

水中のゴミに注意してください

川で釣りをしている場合、あなたの下の水中をゴミが流れています。雨が降ると、増水によって木片などを流し、水中ではかなり速く動いていたりするものです。

これはボートにとっての安全にも関係します。また、流れる木片でタックルを破損することも考え、木片がラインに近づいてきたのを見つけた場合は、すばやく回収し他の場所にキャストするのが賢明でしょう。

良いレインギアを手に入れよう

メーカーから常に新製品が出ており、色々なスタイルが選択できるため、なにか特定のレインギアをお勧めするつもりはありません。雨具にあまりに高額な予算を割く必要はありませんが、安物のポンチョで済ますのも良くありません。

適切なレインジャケットと適切なレインパンツを手に入れましょう。そうしないと、びしょ濡れになり寒さに凍えるでしょう。暖かくて乾燥しているほうが、長く快適に釣りをすることができます。

ホームフィールドで釣る

雨の日に増水したときは、新しいフィールドを新規開拓する時ではありません。あなたがよく知っているフィールドへ釣りに行きましょう。雨で濁って増水したホームのフィールドを見たとき、見た目は大きく変わってしまったようですが、少なくとも、そのあたりでいつもバスがどのあたりにいたかはわかります。地形変化もストラクチャーも水没して見えなくなっているかもしれませんが、それでもバスはそこにいます。

グレー濁りには黒いルアー

川を釣っていて水の色に灰色がかっていること気付いた場合は、持っている中でいちばん黒い色のルアーを使用してください。ダークブラウン、ダークネイビー、ダークパープルも有効です。黒は灰色の水で魚から最もよく見えるので、私は黒をお勧めします。多くの人は、濁った水中には明るい色のルアーを使おうとしますが、私は黒がベストであると考えます。

ウェーディングでは太ももより深くに行かない

川では常に太ももより深いところまで行くべきではないのですが、どうしても行ってしまうこともあります。私も何度も胸の高さまで行ってしまい、ウェーダーの中に水が入り、下流まで流されたことがあります。しかし、雨の後は本当に、太ももより深くに行くべきではありません。

増水した水は非常に強く、つまずきやすくなったり、足首や膝を傷つける可能性のあるゴミなどを運んでくる可能性があります。増水した川の深くに足を踏み入れることは自殺行為です。

安全に注意してください

雨の中での釣りはいつでも注意する必要があります。これは、岸から釣りをしている場合でも、湖や川でボートから釣りをしている場合でも、増水した川でのウェーディングの釣りをしている場合でも当てはまります。

注意深く、あなたのやるべきことを確認してください。不注意にならないでください。そうすれば、楽しく安全な時間を過ごすことができます。安全に注意するだけでも、たくさんのバスを釣ることができるかもしれません。

雨のバス釣り完全ガイド

はい、非常に多くの項目があったため、最後まで読むのが大変でしたでしょうか。

だから雨は面倒臭いんだよ、なんて言わないでください(笑)

どうでしょう、雨の釣りについて知らないことがひとつくらいはありませんでしたでしょうか。

もしこの記事の中に新たな発見があった場合、次の雨の日が待ち遠しくなるかもしれません。

または、新たな発見とまではいかなくても、なにか試してみたいことができたかもしれません。

たったひとつの何かがあっただけで、雨の日に釣りに出かけるモチベーションは爆上がり…これが釣り人というものではないでしょうか。すばらしい!

私は釣りに出かけるときはほとんどが動画の撮影をしたいもので、雨は歓迎しません。

それなのにどうでしょう、次は雨が降っても構わない、いえむしろ雨であってほしい、そんな風に考えてしまっているではありませんか(笑)

去年(2020年)は、観測史上最も長い梅雨になりました。

そのせいで私の好きな虫パターンは壊滅、ひどい年、ひどい夏でした。

そんな極端なことにはならなくてもいいのです。

今年はそれなりの雨とそれなりの日差しで、バス釣りをする皆さんにとっていい感じの季節進行といいますか、コンディションの変化のある都市になるといいですね。

晴れも雨も、釣りの一部です。

なんとか全部好きになって、全部を楽しめたらいいですね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!