野尻湖釣具店ルアー通販

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選
Photo by game and fish mag.com

「冬」と「プリスポーン」の境い目となるこの時期。季節の変わり目はいつもバス釣りが難しくなりますが、そもそも活性の低い冬からの季節の境い目は、どのようなことを考えて釣りをすればいいのでしょうか。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Early Pre-spawn Bass Fishing Tips and Best Baits to Use”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:gameandfishmag.com ”Early Pre-spawn Bass Fishing Tips and Best Baits to Use”By Skipper Mark|February 05, 2013

バスを釣るのはいつでも簡単ではありませんが、季節の境い目というのは、天気も安定せず、特に釣りにくい期間ではないかと思います。

2月というこの時期は、人間的には最も寒くまさに真冬という表現がぴったり来ますが、実際は日照時間が徐々に長くなる時期で、1月を底にして気温も徐々にですが上向いている月なんですね。

もともと活性の一番低い真冬から、徐々に、徐々に春へ向かおうとする季節の境い目です。

ですから、数釣りはさすがに望むことが難しいのですが、釣れるバスのクオリティはかなり高いことが多いんですね。

これから3月にかけては、産卵の前という意味のプリスポーン時期がやってきます。

今はそのプリスポーンの前の時期となり、日照時間が長くなることで水温が上がりますから、バスはより温かい水を求めて移動を始めるタイミングです。

一発の寒冷前線が通過するだけでまた冬に逆戻りするというシビアな時期ではありますが、寒冷前線が通過してまた太陽が戻ってくれば移動を始めるという、バスはどちらかと言えばポジティブな状態だと言えると思います。

では、このようなタイミングの時、私たちはどのように考え、行動するのがいいのでしょうか。

この記事は、アメリカのゲームフィッシング専門Webマガジン「GAME & FISH」のコラム記事で、プリスポーン前のバスに有効な4つのルアーを紹介してくれています。

なぜそのルアーが有効なのか、ぜひ読んでみましょう。

プリスポーンのバス

引用文(タップすると開きます)
Year to year, many bass anglers record and remember where spawning beds are located, which gives them a distinct advantage when fishing during the pre-spawn. When fishing from a canoe or kayak on a small private lake or from a high-peformance bass boat in a major reservoir, anglers make the most of this season by fishing the deeper channels leading to shallower areas. If the channel has a sharp bend or a hump, bass will often be holding there. A lake point close to a spawning flat is another hot spot for pre-spawn bass. In deep reservoirs void of cover, bass often spawn on ledges or shelves along steep ledges in creeks. Pre-spawn bass will almost always migrate to these deeper areas near their spawning grounds as they wait for conditions to become suitable for the spawn. The pre-spawn season is a productive time to fish beginning in the Deep South and moving north as days become longer, and as the air and water temperatures rise. Most major tournament trails will follow a northern direction as spring approaches for this reason. As winter gives way to spring, the pre-spawn moves upwards in North America and many anglers wait and watch the warming trends closely until the temperatures are just right. The spawn will follow this same trend. Mother Nature tells bass this before many fishermen have a clue to the changes taking place daily as the days become longer and the water becomes warmer.

多くのバスアングラーは、毎年のスポーニングベッドがどこにできるかを覚えていると思います。これは、プリスポーン中に釣りをするときにかなりのメリットとなります。小さなフィールドで手漕ぎボートで釣りをするときも、大きなリザーバーでバスボートで釣りをする場合でも、スポーニングシャローへ続くディープチャンネルを釣ることが、この時期の最大の肝となります。

チャンネルに鋭いカーブやハンプがある場合、バスはそこに溜まることがよくあります。スポーニングフラットに近い岬も、プリスポーンバスのもう1つの好ポイントです。水深がありカバーの少ないリザーバーのバスは、クリーク内の垂直岩盤や急な段差に沿ってあるベランダのような出っ張りに産卵することもあります。プリスポーンバスは、産卵に適した状態や条件になるのを待つため、多くの場合、スポーニングエリア近くのこういったディープゾーンに移動します。

プリスポーンの時期は、アメリカ南部から始まり、日照時間が長くなり、気温と水温が上昇するにつれて北部へその時期が移っていきます。このため、多くのトーナメントは春から始まって北の方へトレイルしていくのです。多くのアングラーは、冬から春に変わるときの、プリスポーン前線が北上する原因となる気温や水温の傾向を注意深く監視しています。実際の産卵のタイミングも同じように北上します。しかし、大いなる自然の生き物であるバスは、アングラーよりも早くこの日照時間の長さ、水温の上昇など毎日の変化を感じ取っています。

プリスポーンに有効なルアー

引用文(タップすると開きます)
Suspending jerkbaits are among one of the most popular pre-spawn bass lures. This is a go-to bait for many anglers for the late-winter conditions and seasonal cold fronts will come and go until spring finally hits as bass move from deep to shallow water. Crankbaits also are on many anglers list of top pre-spawn lures. The action of these lures is difficult to beat when targeting pre-spawn bass that are moving to shallow cover, such as rocks and submerged timber. The lures’ ability to bounce and bump cover is a great way to get bass to bite. Diving baits are great for colder temperatures while shallow-running squarebilled baits are well suited for searching flats for migrating bass after a warming trend. The mighty jig is the next lure to mention. Many bass gurus swear by this versatile bait for emerging lethargic pre-spawn bass. As water warms and cools with the coming of spring, bass will move with the water temps. Jigs are a versatile option for deep to shallow water. They are excellent crawfish and creature imitation baits; bass cannot resist slow moving crawfish meals in late winter and early spring. It is said that a bass will gain a pound for ever five pounds of crawfish they eat. Crawfish provide valuable protein needed to survive through reproduction, bedding and guarding a nest. As water warms in shallower coves more rapidly, baitfish – followed by bass – will seek out this warmer water. Bass will looking for schools of shad and other baitfish as well as crawfish. A jig and trailer fished in these areas can be extremely effective. A small jig with a craw trailer will give a slow descent, then dragging slow with short hops to resemble a defending crawfish will produce strikes. When necessary, the versatility of a jig allows anglers to adjust with the conditions from a slow crawl to swimming. Once considered a secret weapon, the spinnerbait has always been one of the top-selling lures in modern bass fishing. This versatile baitfish-imitation lure can be fished at every depth. With different blade combinations, spinnerbaits can be quickly changed to suit the mood of bass. These baits are great for searching during the pre-spawn season because retrieve speed can be varied greatly to suit finicky bass. A bass angler armed with these four baits can be very successful during the pre-spawn. These baits have been proven time and time again with tournament wins as Mother Nature cranks up the pre-spawn feeding of bass. However, as with any season, the best thing an angler can take fishing with him is his confidence, patience and good choices in lures.

サスペンドジャークベイト

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選
Photo by game and fish mag.com

サスペンドジャークベイトは、最も人気のあるプリスポーン用のルアーの1つです。これは、春になり産卵するまでの間、寒冷前線の影響でディープからシャローを行ったり来たりする、冬の終わり特有の環境下でのアングラーにとって頼りになるルアーです。

クランクベイト

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選
Photo by game and fish mag.com

クランクベイトは、多くのアングラーのプリスポーン用ルアーの1軍リストに入っています。このルアーのアクションは、岩や没んでいる木など、シャローカバーへ移動するプリスポーンのバスをターゲットにする場合に効果的です。ルアーが持つカバーを回避する能力や跳ね返るアクションは、バスのバイトを誘う最適な方法です。ディープクランクは気温が低い場合に最適で、シャローランニングのスクエアビルクランクは、バスがシャローへ移動したであろう暖かい日が続いた後のフラットエリアを釣るのに適しています。

ラバージグ

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選
Photo by game and fish mag.com

次はラバージグです。多くのベテランアングラーは、無気力なままシャローへ上がってきたプリスポーンバスに対し、バーサタイルに使えるラバージグに信頼を寄せています。春は来るまでに水温は上がったり下がったりを繰り返しますが、バスはその水温とともに動きます。ラバージグは、ディープからシャローまで、バーサタイルに使えるルアーなのです。これは、ザリガニなどの生き物を模倣する素晴らしいルアーです。バスは、冬の終わりから早春にかけての動きの遅いザリガニの魅力に抵抗することはできません。バスはザリガニを5ポンド(約2,250グラム)食べるごとに1ポンド(約450グラム)の体重が増えると言われています。ザリガニは、繁殖、ベッド作り、ネストの保護を含む生き残りに必要な貴重なタンパク質を提供するのです。

ワンド内のシャローの水温がより急速に上がると、ベイトフィッシュとそれに続くバスがこの温かい水を探します。バスはザリガニだけでなく、シャッドや他のベイトフィッシュの群れを探します。このようなエリアで釣りをするときに、ラバージグ&トレーラーは非常に効果的です。クロー系トレーラーが付いた小さなジグでスローフォールさせ、次にショートトゥイッチを織り交ぜたスローなズル引きで防御しているザリガニを演出し、バイトを誘います。天気などのコンディション次第では、必要に応じてスロースイミングなどで使うなどのバーサタイル性があります。

スピナーベイト

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選
Photo by game and fish mag.com

かつて秘密兵器と見なされていたスピナーベイトは、現代のバス釣りでは最も売れているルアーの1つです。ベイトフィッシュを模したこの用途の広いルアーは、あらゆるレンジで釣りをすることができます。ブレードの組み合わせを変えることで、スピナーベイトはバスの気分に合わせてすばやく対応できます。このルアーは、気難しいバスに合わせてリトリーブスピードを大きく変えることができるため、プリスポーン前のシーズン中にバスを探すのに最適です。

これらの4つのルアーを持つことで、プリスポーン前でも成功する可能性があります。これらのルアーは、母なる自然によるプリスポーン前の空腹時に行われるトーナメントでもたらした幾度とある勝利により証明されています。しかし、他のシーズンと同様に、アングラーがルアーと一緒に持って行くべき最高のものは、自分を信じること、忍耐力、ルアー選択の判断力です。

プリスポーン「前」のバスを釣るためのルアー4選

この時期の大きな特徴は、春の兆しが見えてきたかと思えば、また真冬に逆戻りというのを繰り返すということでした。

バスもそれに合わせて付き場を変えるということですから、それに対応できるようなルアー、ディープからシャローまで対応できるものというのが、ここに出てきた4つのルアーなんですね。

たしかに、アメリカで行われる早春のトーナメントでいつも活躍しているルアーだと思います。

しかし、この記事の最後には大変なことが書かれていました。

このルアーを持っているとしても、重要なのは自分を信じる心、忍耐力、ルアー選択の判断力だというのです。

なかなか厳しい現実を突き付けてくれますね(笑)

まあひとまず、忍耐力は大丈夫です。なんとかなります。

あとのふたつは、なんとか釣りながら身に着けるかするしかありません…よね。

まだまだスポーニングは先ですが、釣る場所の判断はスポーニングエリアを基準としたところが良さそうですので、その辺も忘れずに行こうと思います。

皆さんの住むあたりはどうでしょうか、春の兆しは見えてきていますでしょうか?

それではまた。

毎度ありがとうございます!