スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

      2018/08/14

スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

 

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Worms For Smallmouth”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:In-Fisherman”Worms For Smallmouth  July 23rd, 2015”(海外サイトです)

※この記事は、2016年7月19日の記事を再編集しております。

 

アメリカでスモールマウスバスを釣るという時に、昔から最も安定した釣果を得られるのはチューブワームだと言われることが多いです。日本ではあまり目にも触れず、耳にもしたことがないジャンルのワームです。実際アメリカでもここ数年までやや廃れてきたジャンルであったのですが、最近になってチューブワームが再注目されてきているようですね。

野尻湖では、ルアー解禁当初から数年間はハードルアーでも結構釣れていました。私は当然のことながら、当時は今よりもっと釣りが上手ではなかったのでそれほど釣ったわけではありませんが、それでも、釣りが少しは上達した今よりもハードルアーで釣っていました。

そんな野尻湖も今となっては安定した釣果を得るためにはワームが必須と言えます。

ところが、日本は基本的にスモールマウスバスは認可されません。ということで日本のメーカーのスモールマウス専用ワームというのはごく少なく、ラージマウスバス向けに開発されたワームまたはラージマウスを相手にテストを重ねられて発売されたワームを流用することになりますよね。

そうなると、釣具屋さんに売っているワームのどれを使ってもスモールは釣れるかというと、そうもいかなくなってきます。不可能ということはありませんが、向き、不向きというものがあるのではないかと思います。

では、スモールマウスバスに適したワームというのはどんなものがあるのでしょうか。

この記事は、アメリカのゲームフィッシング専門メディア「In-Fisherman」の記事で、対スモールマウスバス用のワームとしてどんなものが有効かというのを解説してくれています。

アメリカの記事ですので日本のスモールマウスバス事情とは異なる点があるかと思いますが、まずは読んでみたいと思います。

 

ワームの有効性

Worms are versatile and can be presented on drop-shot rigs, Carolina rigs, Texas rigs, and all manner of jigs and hooks. Consequently, smallmouths take worms on shallow structure, deep structure, and suspended in between. Smallmouths eat worms in rivers, in lakes, in reservoirs, and in the Great Lakes.

But any ol' worm won't do. The best smallmouth worms are small–in the 4- to 6-inch range–and we usually cut the 6-inch worms back an inch. Color, texture, thickness, and action are equally critical and have to be carefully matched to every situation. But, rigged right, with the proper care given to all the variables involved, a worm is dangerously right for bronzebacks. Most of the time, nothing works better.

ワームは用途が広く、ダウンショット、キャロライナリグ、テキサスリグ、ジグヘッドなどあらゆるリグに対応します。そのためシャローからディープ、またその間にサスペンドするスモールマウスも釣ることができます。またスモールマウスは川でも、湖でも、リザーバーでも、五大湖でもワームにバイトしてきます。

しかし、何のワームでもいいというわけにはいきません。最も適しているのは4インチから6インチのワームでしょう。または6インチワームを切って使うやり方もあります。
色、皮膚感、厚みやアクションはどれも重要で、あらゆる状況に対し慎重にマッチさせなければなりません。しかし、正しくリグし、正しくマッチしたワームをチョイスできれば、スモールマウスバスにとってワームは危険と言えるでしょう。多くの場合、それ以上のものはありません。

 



アクションテール

The idea of swimming a plastic bait is old, but even old dogs get new ticks. A worm is, perhaps, at its best for smallmouths when brought back on a straight retrieve–no lift-drop of the rod tip, no speeding up, no slowing down, no drop, and no rise, just a straight, horizontal retrieve.

The trigger is in the action of the tail and the mesmerizing slow-and-steady progress of the bait through the water. Often as not, especially during spring and summer, smallmouths seem to gauge their chances of actually capturing prey by approaching it slowly and watching for a reaction. If they get really close and their target doesn’t spook, chances are they’ll bite–that’s if the bait looks, smells, and performs just right.

The right size, color, and action is critical with smallmouths. Smallmouth bass, as I mentioned, seem not to be worm-oriented in most environments when traditional tactics are employed. But the uncanny thing about worms is how well they imitate minnows. In minnow-imitating colors like smoke, smoke with metal flake, smoke with black flake, green smoke, white, salt-and-pepper, clear-blue, natural shad, amber with black flake, or any of a wide number of related shades, a swimming worm becomes a perfect minnow imitation.

When rigged on jigs, actiontail worms in that magic 4- to 5 1/2-inch range look most like a minnow smallmouths want to eat. Most actiontails have a small sickletail or a fairly long rippletail. Either can be effective, depending on the time and place. Sickletails put out a constant but subtle pulse on a steady retrieve. It's a hum rather than a buzz, compared with a 4-inch grub or a long actiontail. Sickletails like the Persuader Curly Tail and the Berkley 4-inch Power Worm excel in clear water, in highly pressured venues, after cold fronts, and in cold water.

“Snake tails” or rippletail worms put out as much vibration as a grub, but probably sound and feel different to nearby smallmouths. The profile is certainly different–long and slender. The blur of the tail imitates the swimming action of a minnow. Rippletails tend to excel in stained or cloudy water, during activity peaks and during summer or whenever the water is warm.

In spring, during prespawn, smallmouths love smaller sickletail worms presented on a 1/16-ounce jig with 6-pound monofilament.

On a retrieve so slow that the worm is barely moving forward, a 1/16-ounce head almost perfectly counterbalances the resistance of the worm and the line, Water striking this head pushes it up slightly, allowing an ultraslow presentation. The worm moves forward so slowly, in fact, that the tail has to be designed perfectly to create action. The right sickletails look more natural and work more efficiently at a tedious pace.

The best jig for summer is a little heavier, and my favorites remain Gopher Tackle Mushroom Heads and Inhaler Legacy Locs from 3/32 to 1/4 ounce. Over a pure rock field, the Mushroom Head with the VMC Vanadium-series hook excels. The hook is light and thin, so it doesn't add much weight to the package while delivering sure hooksets with 6-pound line.

ワームのスイミングというともう古いと思われるかもしれませんが、「老犬は芸を覚えず(技は早いうちに覚えたほうが良いという意味)」ということわざもあります。 ワームは、ロッドティップを上下したりせず、スピードアップも、スローダウンも、フォールもさせず、ポーズも入れず、まっすぐで水平なリトリーブをしたときが、スモールマウスには最適なのです。

水中をスロー&ステディリトリーブしたときのテールアクションにバイトのきっかけがあります。 多くの場合、特に春と夏には、スモールマウスは捕食しようとゆっくりとルアーに近づいて反応を観察し、バイトする機会を伺っているます。 ルアーの見た目、臭い、正しいアクションができていると、バスはかなり近づいてきて、ターゲットが警戒していないと察知するとバイトするチャンスと考えるようです。

正常なサイズ、色、アクションはスモールマウスバスにとって重要です。ワームの不思議なところは、ワーム(ミミズ)ではなく小魚を模倣しているところです。小魚を模したカラーとしては、スモーク、スモークラメ、スモークブラックフレーク、スモークグリーン、ホワイト、ソルト&ペッパー(クリアーに白黒の粒)、クリアーブルー、ナチュラルシャッド、アンバー(琥珀色)ブラックフレークなどがありますが、これら多くの色は小魚を模した色で、スイミングワームは完全に小魚をイミテーションしたものになります。

ジグヘッドリグを使うとき、アクションテール(カーリーテール系)ワームの4インチから5.5インチの間のものが最も小魚を追うスモールマウスバスが好むように見えます。大部分のアクションテールは、カール部分の小さなシックルテールまたはカール部分の長いリップルテールがあります。時間や場所によりどちらも有効です。
シックルテール(カーリーテール)ワームはステディリトリーブで安定しつつ繊細な波動を出します。シックルテールとは例えば「 Persuader Curly Tail」や「バークレーパワーワーム4インチ」のようなものを指しますが、クリアウォーター、ハイプレッシャー下、寒冷前線の通過後の水温低下時で優れています。

スネークテールまたはリップルテール(カール部分がより長いもの)は、グラブのような大きな波動を出すため、近くのスモールマウスバスは違いを感じ取っているようです。見た目はたしかに長く細いのですが、違うのです。これもテールがぼやけることで小魚を模しています。リップルテールワームはステインウォーター、活性の高い時、夏の間、または常に水温の温かい場所で有効のようです。

春、プリスポーンの時期のスモールマウスは6ポンドナイロンラインに1/16オンスジグヘッドのシックルテールワームが好きなようです。

ワームがかろうじて前進するくらいゆっくりとリトリーブをしますが、このとき1/16オンスのジグヘッドがワームとラインとのバランスが取れています。ヘッドに当たった水がわずかにリグを押し上げ、ゆっくりとしたプレゼンテーションが可能となります。実際、ゆっくりワームを前進させたときにしっかりテールがアクションするよう、設計されています。

夏の間は、ベストなジグは少し重くなります。私のお気に入りは3/32から1/4オンスの「Gopher Tackle Mushroom Heads」と 「Inhaler Jigs」です。ロック地帯においてマッシュルームヘッドは優れています。フックは軽くて細いので、6ポンドラインでフッキングパワーがが届かないということもありません。

1607192.0

photo by In-Fisherman

 



スプリットショットとドラッギング

“My favorite is a 4-inch Berkley Power Worm with a sickletail,” he says. “Most fishermen who split-shot for largemouths fish it to maintain bottom contact. For smallmouths, I feel it's more efficient to swim it. I cover open water with it. It's not a slow technique. Even with a fast reel, I'm crankin' it almost at a slow spinnerbait pace, holding the rod tip down in a ready position for hooksets.

“The split shot takes the bait down, like a jig. But unlike a jig, you have separation between the bait and the sinker, so the bait has a slight side-to-side action. You have to rig the worm perfectly on the hook.

I place the shot anywhere from 8 inches to about 18 inches from the bait, depending on how far I want to cast. The closer to the bait you place the shot, the farther it casts.

Senko-style worms in the 4- to 5-inch size range that now flood the market are, as should be expected, highly effective for smallmouths. “I rig Yamamoto Senkos on a Texas rig, unweighted, with a 1/0 Mustad Mega Lite hook,” Hoffman says. “Just let it fall and drag-hop it along bottom. Just a slow lift. Actually, I'm trying to drag it, but it lifts off bottom and I let it fall back.

“The fall is the key to a Senko. It's a dropbait for smallmouths. The tail vibrates on the drop, so I use this bait when smallies are pinned to the bottom. The Senko is as close to a magic bait as you can find.

The art of dragging a worm is simple. I prefer dragging a white, black, crawdad, or smoke blue-flake actiontail worm on a 1/8- to 3/8-ounce ballhead jig like the Owner Ultrahead or Yamamoto Round Head. Carolina rigging works, too–especially with a floating finesse worm, like the Venom Air-Light.

Just about any worm style can be dragged effectively, but I usually start with a rippletail style, like the YUM Ribbontail, which is a 6-inch worm. A 6-inch worm cut back to 5 inches is perfect for draggin’ and one of the go-to styles for strolling, because its added bulk keeps it from falling fast on a light head. By late summer, lots of smallmouths in natural lakes and southern reservoirs are down 20 feet or more on humps, submerged islands, gravel flats, and other features.

Lots of anglers drag tubes for these deeper bass, but worms work better in many cases because bass aren’t conditioned to them. Just drift in the wind with the line out at anything from a 60- to a 45-degree angle and keep the jig right on or just above bottom. Use a drift sock to slow the boat in a stiff wind, or use the trolling motor to aid the drift in a slight breeze, but keep the boat moving between 1.5 and 3 mph. Match the weight of the jig to the depth and speed, from 1/8 to 3/8 ounce, on 6- to 8-pound line.

私のお気に入りはバークレーのパワーワームシックルテール4インチです。多くの釣り人はラージマウスを釣るときにスプリットショットをボトムコンタクトさせるために使いますが、スモールマウスバスを釣るためにはスイミングさせることが効率的だと感じています。これでオープンウォーター全域をカバーします。ただ、スローな釣りではありません。スピナーベイトのスローローリングくらいの速さでリーリングし、ティップを下げ、フッキングに備えています。

スプリットショットはジグのようにワームを沈める目的がありますが、ジグとの違いはワームとシンカーが分離しているため、ワームがわずかに横にスライドするような動きをします。フックには完璧(まっすぐ)にワームをセットしてください。

ワームから20センチから45センチくらいまでの間にスプリットショットを撃ちます。それはどれくらい飛ばしたいか次第です。より遠くへキャストするなら、ワームの近くへスプリットショットを撃ちます。

市場に出回っている4~5インチのセンコー系のワームもまた、ご存知の通りスモールマウスバスに非常に効果的です。私はテキサス用のトレーラーにゲーリーヤマモト・ヤマセンコーを使います。マスタッド・メガライトフック1/0を使い、ペグ止めをします。ボトムまでフォールさせ、ボトムに沿ってズル引きします。するとスローに浮いたりします。実はズル引きと言いながらちいさなリフト&フォール状態になっているのです。

フォールがセンコーの鍵です。これはスモールマウスのためのドロップベイトなのです。フォール時にテールがバイブレーションするので、スモールがボトムを意識している時にこれを使います。きっとセンコーマジックが見られることでしょう。

ワームのドラッギングテクニックはシンプルです。オーナーのUltraheadやゲーリーヤマモト Round Headのような1/8〜3/8オンスのボールヘッドジグに、ホワイト、ブラック、クローダッド、スモーク/ブルーフレークなどのアクションテールワームを使用することをお勧めします。キャロライナリグも、特にVenom Air-Lightのようなフローティングフィネスのワームが有効です。

どんなスタイルのワームでも効果的にドラッギングはできますが、通常は6インチのワームであるYUMリボンテールのようなリップルテールスタイルから始めます。 6インチのストレートワームを5インチにカットしたものは、普通よりボリュームがあるためジグヘッドのウェイトに対し速くフォールしすぎないため、ドラッギングスタイルに最適です。夏の終わりころには、ナチュラルレイクやリザーバーのスモールマウスは水深6mまたはそれ以下にあるハンプ、水中島、砂利のフラットなどの特徴を持つところにいるようになります。

多くの釣り人はこれらのディープのバスにチューブをドラッギングしますが、バスがスレていないという意味でストレートワームが機能します。風に流されながらラインが60度から45度の角度になったとき、ジグが正しい姿勢をキープするようにします。強風時はドリフトソックス(パラシュートアンカー)を使用してボートを減速させたり、風が弱い時はエレキを使って、ボートを時速2.4~4.8㎞になるようにします。ラインは6~8ポンド、ジグのウェイトは1/8から3/8オンスで深さと速度を調節してください。

1607192

photo by In-Fisherman

 



ダウンショット

Worms For Smallmouth In the Great Lakes, southern reservoirs, and northern natural lakes, some or all smallmouths drop deeper by midsummer, down to deep humps, shipwrecks, rockpiles on flats, and gravel bars in the 18- to 25-foot range. This move to deeper water accelerates through fall, as more and more bass leave shallow habitat.

Drop-shot rigging is relatively simple. A hook is attached 6 inches to 6 feet up the line, depending on where you're marking fish on sonar or how far off bottom you're getting bit. This is accomplished by tying a palomar knot, leaving a tag end long enough to place a worm the desired distance above bottom.

Drop-shot rigs probe every nook and cranny of those deep holding areas smallmouths use from late summer through fall. When smallies turn off completely after a cold front, a drop-shot-rigged worm planted right in their faces and left there to work for several long minutes can at times be the only way to catch any number.

Some of my favorite drop-shot tools are worm variants with a minnow profile, like the Reeper Tail from Bait Rigs Tackle. On a drop-shot rig, the Reeper rolls, twists, and undulates like a baitfish in severe pain or distress.

五大湖や多くのナチュラルレイクでは真夏には多くのスモールマウスバスがディープフラットのハンプ、沈船、ロックハンプ、5.5m~8mの砂礫帯などのディープに落ちます。ますます多くのバスがシャローから去り、よりディープエリアへの移動が秋を通して速まります。

ダウンショットリグは比較的シンプルです。バイトを得るためには魚探に写ったバスがボトムからどれくらい離れているかによってリーダーの長さを20センチから1.8メートルの間になるようにフックを取り付けます。ノットはパロマーノットを使い、余ったリーダーはあとで調節できるように長いままにしておきます。

ダウンショットリグは、晩夏から秋までそれらディープエリアにいるスモールマウスバスを隅々まで探すために使います。寒冷前線が通過した後などのターンオーバー時でも、ワームを彼らの顔の正面に置けて、数分間もの長い間そこに留まり仕事をするのは数ある中でもダウンショットが唯一の方法です。

私の好きなダウンショットワームはミノーシェイプやリーパーテールです。ダウンショットの上でリーパーはロールし、ねじれ、弱った小魚のようにもがきます。

1607193

photo by In-Fisherman


 

いかがでしたか。

全体的に、記事に登場してくるワームのサイズが大きいというのがさすがアメリカ、という感じがしますね。

相対的に小さな日本のフィールドと違って、アメリカの場合は広大な湖やエリアの中からバスにルアーを見つけてもらう釣りになるのでしょうから、ルアーやワームのサイズが大きくないと効率が悪くなってしまうということなのでしょう。

野尻湖ですと、そこにいるであろうバスにどうやって口を使わせるかっていう展開になりますから、ワームは小型化していきましたし、それでいいと思います。しかし、野尻湖でも本当に大きなスモールマウスだったら大きいルアーへ反応するかもしれませんし、だれも使ってないようなルアーやワームに反応するということは大いに期待できると思いますので、初めから小さなワームでもいいのですが、やっぱりいろいろ試してみるのがいいかもしれませんよね。

誰も使ってないような釣り方やルアーで釣ると、ちょっと気持ちいいですしね…その感じはきっと、私だけのものではないはず…(笑)

 

この記事によく出てきた4インチくらいのカーリーテール系。これもスモールマウス用としてはかなり古い印象がありますが、そんなことはありません。最近では6インチグラブがフットボールジグのトレーラーとして活躍している感じですが、スモールはカーリーテールが大好きですよね。

当たり前のことを言うようですが、カーリーテールは動かしてナンボのワームです。ジグヘッドのストレートリトリーブ、キャロライナリグでのドラッギングなどは、非常に相性のいい使い方です。スモール自身も動き続けているか、逆に動かないものが好きな傾向がありますから、動き続けるカーリーテールを使うのは理にかなっていますよね。

また、ワームはロッドティップを上下させたりスピードを変化させたりしないステディストレートリトリーブが最適、と書かれていました。これは私も大賛成で、ついついチョンチョンしたくなるのですが、そこをこらえてただ巻いているといいことがよくありますよね。知らなかったという方はぜひ試してみてくださいね。

 

さて、あまり多くの人が使わないという意味で効きそうなストレートワームやカーリーテールワームのジグヘッドストレートリトリーブやキャロライナリグ、ひとつ試してみてはいかがでしょうか。当店からのおすすめをいくつかピックアップしておきますので、ぜひご検討下さいませ。

スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

エンジン・フォールクローラー3インチの売場へ行く

 

スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

ゲーリーヤマモト・カットテール4インチの売場へ行く

 

スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

ゲーリーヤマモト・3インチヤマセンコーの売場へ行く

 

スモールマウスバスが釣れるワームと言えば【アメリカ版】

ゲーリーヤマモト・4インチワーム(カーリーテール)の売場へ行く

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を

 - 攻略法,  スモールマウスバス,  ルアー&タックルのこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status