【小ネタ】テキサスリグで移動するとき

過去の本日はこんな記事を書いてました。読んでみてくださいね。

気になるテーマでブログ内を検索!

60

こんにちは!店長の小山です!

本日は超小ネタをお伝えしたいと思います♪

皆さんはテキサスリグって使いますよね?

ラインにバレットシンカーを通し、ワームフックを結ぶだけという、いたってシンプルなリグ。お好みによりガラスビーズやペグ止めゴムなんかも先に通したりしますけどもね♪

61

写真のようにフックポイント(針先)をワームの中に埋め込んでしまうため、根掛かりの心配が少なく、バイトもダイレクトに伝わってくる、いかにもバスフィッシングらしいリグですよね!

しかし、困ることもあります。

ポイント移動する時、リールやガイドにフックを引っかけたいところですが、せっかくフックポイントを隠したのにまたフックポイントを出して引っかけてしまうと、次に使うときにまたフックポイントを隠さなければならない…何度もやったらワームの寿命が縮んでしまう!もったいない!ということになりますよね?

62-1

そこで、フックポイントを出さずにテキサスリグをロッドに収納する方法を紹介します♪

まあ簡単なのですが、ラインをたるませた状態でリールのハンドル(メインシャフト)の付け根と、メカニカルブレーキダイアルの間にシンカーを挟むのです。

63-1

そこに挟んだら、あとはハンドルを回してラインをピンと張って固定すればOK!という具合です♪

(あまり強く締め込みすぎてしまうとティップが折れてしまうので注意)

64-2

こうすれば、次のポイントに着いたときにフックを刺し直す必要もないのでワームも無駄に痛みませんし、パッと外して素早くキャストができます。

テキサスリグ以外でも、ベイトリールでオフセットフックを使ったヘビダンやスナッグレスネコリグやノーシンカーリグなどでも使えますね。

知っている方のほうが多い小ワザかもしれませんが、意外と誰も教えてくれないことなのでご紹介させていただきました♪

本日は以上です!

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。

過去の本日はこんな記事を書いてました。読んでみてくださいね。