野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

釣り糸にやってはいけない9つのルール♪

   

Pocket

160

papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトで”10 Common Mistakes in Fishing Line Care”という記事があったので引用して紹介するよ♪

引用先:wired2fish”10 Common Mistakes in Fishing Line Care”(海外サイトです)

みんなはラインが釣り人と魚をつなぐ重要な道具なのは知ってるよね?

大きい魚が掛かった時に限ってラインブレイク…これってよくある話なんだけど…っていうか魚が大きいんだからラインに負担がかかるのは当たり前!

その釣り場に合ったタックルを選ぶとか、ドラグ調節とか、考えなきゃいけないことはあるけど、普段のラインの取り扱いでもブレイクを防げる方法はあるし、やってはいけないこともあるんだ!

今回はそんな釣り糸に関するルールをまとめた記事なので、今まで気にしてなかったって人はチェックしてみてね!

1.ルアーを強く留めない

引用

Adding a hook hanger to rods really gave anglers a way to store their rods neatly with baits already attached. However we've seen a lot of rods stored in this manner with big kinks in the line. The reason is they attach the lure to the rod and then ratchet down the reel as tight as possible. The top eyelet is pinching a groove in the line as the rod is stored. The longer it is stored, the worse the kink can be, and now there is a weak spot in the line. The solution is to simply not fasten the line down so tight. With the advent of Rod Gloves you really don't have to tighten everything down so much. Even if the lure pops loose, the Rod Glove keeps it in place

フックハンガーがロッドにあることで、ルアーを結んだままロッドに掛けておくことができます。しかしこれは多くのロッドでラインに折れ目が付いてしまうことになります。ルアーをロッドにかけて、出来るだけきつくリールを巻いておくということが原因です。ロッドを置いてある間、トップガイドによってラインがつままれています。それが長くなるほど、ラインの折れによって弱い部分ができていきます。解決するのは簡単です。そんなにきつく留めないこと。ロッドグローブの登場によって本当にその必要がなくなりました。ルアーがちょっと暴れたとしても、ロッドグローブがそれをキープしてくれますから。

2.バックラッシュ

引用

It's no big deal, but as you pull and pick it at, it often pulls loops in the line into points, and the pull against them again creases the line and makes a weak spot. It also will lead to further backlashes as that crease has a tendency to resist as it goes through the line guide. Obviously reels have a lot of mechanisms to control backlashes, but nothing works better than your thumb. The tendency to let the reel handle the line is what leads to backlashes. Train your thumb to be more sensitive and be mindful of changing situations like turning into the wind when casting to avoid more overruns.

バックラッシュ自体は大したことではありません。しかし、それをつまんで引いたりしているうちにループができることがあり、それをまた引っ張ることでラインに折れ目ができ弱点になります。その折れ目がラインガイドを通るときに抵抗になり、またバックラッシュが起きやすくなります。たしかに、リールにはバックラッシュを抑えるメカニズムが搭載されていますが、いずれも親指よりも効果がありません。リールがラインを処理することはバックラッシュに繋がるものです。より敏感に親指を訓練し、キャスティング時の風向きなどに注意するべきです。

3.急いで結ばない

引用

This is one place a lot of compromises in fishing line occur. A lot of anglers will get in a hurry to get a new lure tied on or the same lure retied (which is good practice) that they don’t wet the knot and cinch it down quickly causing a friction and burning that can break down the strength of the line. When tying your knots, avoid twisting or overlap in your knots, pull them tight slowly to avoid friction and always wet your line before cinching it.

これは多くの釣り糸に対する妥協のひとつです。新しいルアーに替えるときや同じルアーを結びかえるとき(それ自体は良いことなのですが)、急いでいるため結び目を濡らさずに固く結んでしまい、摩擦熱による強度の低下を引き起こします。ラインを結ぶときは、ねじれを避け、摩擦を回避するため、締める前には常に濡らしてからゆっくり強く締めていくようにしてください。

4.結び直すこと

引用

We have a tendency when the fishing is fast and furious to just keep casting without ever checking our line. That can be a real problem when the bigger fish are biting. The deeper a fish takes a lure in its mouth, the more the line has opportunity to rub on the rough teeth. Just pinch the line between your fingers and run it from the lure up a foot or two and check for nicks after every fish to avoid that errant break off.

速く激しい釣りをしている時、ラインをチェックすることを忘れてしまう傾向があります。より大きな魚がバイトした時こそ、本当の問題が起きるのです。魚の口の中深くにバイトするほど、ラインにはその鋭い歯に擦れてしまうことになります。魚が釣れた後にはラインの1フィートから2フィートくらいを指でつまんでみて、ラインブレイクを回避するための確認をしてください。

5.ラインを替えていない

引用

Fishing line doesn’t last forever. That mono from last season is not going to be as good as it was last season. The cheaper the line, the more you need to change it too. Today’s more advanced lines like braid don’t have to be changed as much as fluorocarbon and monofilament. The weather, heat and light can all have effects on the line. If your line is feeling brittle, breaking easily and not casting smoothly you need to put fresh line on before you have a costly mishap.

ラインは永遠ではありません。昨シーズン使っていたものは、昨シーズンの時ほどよくありません。安いラインを使っているほど、交換する必要があります。PEラインの場合はナイロンやフロロほど交換する必要はありません。天気、熱や光はラインに影響を与えます。なんだか切れやすいと感じるならば、大きな災難になる前に新しいラインに巻き替えておく必要があります。

6.ライトの当たる場所に保管しない

引用

heat can have effects on fishing line, but studies have shown that light seems to do even more to breakdown fishing line. If at all possible, try to store all your fishing line in a cool dark space. That will prolong its life and keep it fishing like new.

熱がラインに影響を与えることはわかっています。しかし調査によると、光もラインに悪影響を及ぼすことがわかっています。もし可能ならば、全てのラインは暗い場所に保管するようにしてください。それはラインの寿命を延ばし、新品の性能をより長く持続させます。

7.リールにフックを掛ける

引用

This is another one of those quick fixes we do when we’re running around on the lake. Not only will the lures scratch your reel, but they digs and nicks in the reel can compromise fishing line. Not to mention a hook swiping back and forth against your spool of line and line guide has the potential to knick your line as you bounce down the lake. Use the hook hanger on the rod. A scratched rod is better than a nicked line.

これは湖を走るときにする応急処置のひとつです。ルアーはリールを傷つけるだけでなく、ラインを掘ったり刻んでしまったりしてラインを危うくする可能性があります。湖でバウンドした時などにフックがスプールやラインガイドを掘ってしまう可能性があるということです。ロッドのフックハンガーを使ってください。(それによりロッドに傷が入る可能性がありますが)キズのあるロッドはキズのあるラインよりも優れています。

8.トップガイドに当たるまで巻かない

引用

Nothing will damage a top guide more than reeling a lure into and running down the lake. With advances in weights like Tungsten, a very hard object like tungsten rattling against ceramic as you run down the lake is a recipe for cracking, chipping and breaking of the top guide on your rod. And nothing cuts line like a damaged top guide.

トップガイドまでルアーを巻き取ってしまうなら、湖を走っているほうがまだトップガイドにダメージを与えません。タングステンのようなシンカーの進歩で、タングステンのような硬い物体はセラミック(SIC)のトップガイドに当たると壊れたり傷を付けます。そして、傷のついたトップガイドはラインを切ってしまいかねません。

9.根掛かりの後

引用

Then when you wrench it down under the weight of a heavy fish or snag, the line digs into itself making creases and kinks that compromise the line. Try to keep even tension on the line when spooling and keep your tension centered on your rod to get a nice even spool on your reel.

重い魚を釣った後や根掛かりした後、スプールのラインにラインが食い込んでしまいます。(この部分が次のキャストでバックラッシュの原因となるので)巻きとるときに(食い込んだラインを引き出して)同じテンションで巻き取るようにしてください。

ラインを大切に

papet-smileそんな感じで、普通にやっていることがよくよく考えたらラインにダメージを与えているっていうことがよくわかるよね!

本当にひどい釣具屋さんに行くと、ラインが何か月も同じ場所に陳列されてて蛍光灯の明かりで劣化しているから、新品でもすぐに切れちゃうから、注意してね♪

でも、ほとんどが自分の不注意でラインブレイクは起きるから、ここに挙がっていることを意識して、ここ一番のビッグフィッシュに対応しようね!

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと