野尻湖釣具店ルアー通販

【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう

【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう
Photo by shopkarls.com

非常にシンプルな構造のメタルバイブというルアーですが、各社それぞれに個性を持たせており、意外にも様々な特徴のあるジャンルでもあります。しかし、どれにも共通していることは、低水温期に良くバスが釣れるということなんですよね。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Blade Bait Fishing 101: Heavy Metal Bassin’”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:shopkarls.com”Blade Bait Fishing 101: Heavy Metal Bassin’”

私が住んでいる長野県北部という地方はまあまあ冬が厳しいことで有名です。

他県の方から見て、また地元のバスアングラーさんから見ても、冬のバス釣りには向いていない地域だと思う方も多いかもしれません。

たしかに、他にももっと冬が厳しい地域はあるものの、長野県の冬の寒さはなかなかのもので、多くの池や小川は凍ってしまって、実質的に釣りになりません。

では、長野県に住むバスアングラーの方々は冬のバス釣りをしないのかと言えば、答えはNOでしょう。

凍っていないフィールドを探してはルアーをキャストする長野県民アングラーさんが意外なほど多いことを私は知っています。

そして、そんなアングラーさんの多くが結んでいるルアーも私は知っています。

そうです、メタルバイブというルアーです。

もちろんこれは長野県アングラーに限ったことではありません。

全国の「分かっている」アングラーさんの多くは、この厳寒期、メタルバイブというルアーに絶大な信頼を持っているんですよね。

現在、市場には多くの種類のメタルバイブがありますが、基本的には薄い板の腹側に鉛のウェイトが取り付けられ、ラインアイが背中側にあるという構造はほとんど変わりません。

そのシンプルな構造の中でも、フォールスライド幅が大きいもの、レスポンスが良いもの、ブレードが付いたものなど各社の製品には個性があるもので、見た目ではほんのわずかの違いですが、アクションや特徴に差が出るというところに、ルアーづくりの奥の深さがうかがえる非常に面白いジャンルのひとつだと思います。

さらに面白いことに、シンプルななかに様々な特徴のあるこのメタルバイブというルアーのどれを使っても、結果として晩秋から冬、そして早春までの厳寒期のバスが釣れるということ。

これが「分かってしまう」と、アングラーさんは冬でも凍っていないフィールドを探し、キャストをしてしまうということなんです。

ではここで、そのメタルバイブについて、どんなルアーだったかおさらいしてみましょう。

この記事は、アメリカのタックルショップ「Karl’s bait & tackle」のブログ記事で、メタルバイブの釣りについて解説してくれています。

まだメタルバイブでのバス釣りをされたことがないアングラーさん必見ですよ。

メタルバイブの釣り

引用文(タップすると開きます)
The blade bait is a unique bait that produces tons of vibration from the metal blade. They can be fished with a simple retrieve, almost like a lipless crankbait, but they truly excel when fished another way: the lift and drop. Lifting and dropping your rod will let the blade bait do its thing and as you lift, the bait will vibrate up. Then, lower your rod, and it will fall back down to the bottom. You can experiment with different cadences regarding how high to lift your rod and how quickly to raise it, but as with everything in bass fishing, let the fish tell you what they prefer and try different movements until you find what is working that day. Many of the bites will occur as the bait falls, so pay close attention to your line and use a high visibility braided line with a fluorocarbon leader to make it easier to detect bites. Spinning tackle is great for blade baits, but you can also fish them on casting gear. Another time when bites will occur is right when you lift to make another lift and drop. Sometimes bass will crush the bait, and other times it will just feel heavy, so be ready for anything. Another cool thing about fishing blade baits is that you may catch various species while bass fishing. It seems that everything loves a blade bait and you might hook into a walleye, trout, crappie, perch, pike, striper, or anything else that coexists with bass in your home waters.
【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう
Photo by shopkarls.com

メタルバイブは、金属板から激しい振動を発生させるという個性を持つルアーです。通常のバイブレーションルアーのように、シンプルなリトリーブでも釣ることができますが、リフトアンドフォールで釣ることで本当の実力を発揮します。

ロッドティップを上げたり下げたりすることでメタルバイブはリフト&フォールができ、リフトの時にルアーが振動し、ロッドを下げるとルアーがボトムに着きます。ロッドを持ち上げる高さやスピードなど、さまざまなリズムが存在しますが、他のルアーでの釣り方と同様に、どんなアクションが有効かはバスに教えてもらうしかなく、その日に何が有効なのかがわかるまでさまざまなアクションを試してください。

バイトの多くはルアーのフォール時に発生するため、視認性のいいPEラインにフロロカーボンリーダーを結んだものを使って、ラインに細心の注意を払い、バイトが分かりやすいようにします。メタルバイブの釣りはスピニングタックルが良いですが、ベイトタックルでも構いません。

バイトを感じるもうひとつのタイミングは、リフトする瞬間です。バスがルアーを抑え込む感触があることもあれば、ただ重く感じる場合もあるので、とにかくその準備をしておいてください。

メタルバイブのもうひとつ優れた点をあげるとすれば、バス釣りをしていてもさまざまな魚種が釣れるということです。ウォールアイ、トラウト、クラッピー、パーチ、パイク、ストライパーなどなど、そのフィールドでバスと一緒に暮らしている魚ならすべてが釣れる可能性があります。

メタルバイブ。いつ、どこで投げるのか

引用文(タップすると開きます)
These baits will work all year long but excel late in the fall, into winter, and through spring when the water is at its coldest temperatures of the year. Part of the reason they work so well this time of year is that many shad and other baitfish are dying off and the blade bait imitates them perfectly. You can fish them everywhere, but deeper water is generally the prime location to fish them due to the time of year. Fishing near mainlake points, deep flats, and on the edges of deep weed lines are a few places to look for first. They are also excellent around rocks but beware; they will hang up often if you are fishing them correctly near the bottom. Blade baits can be fished by casting out and working them back in or simply dropping them below the boat and fishing vertically. They work great in northern climates late in the fall when the water is down into the 40s, and when fishing those frigid temperatures, they may be your best option but will work equally well in other areas that never get that cold. The blade bait is a tried and true method for catching bass late in the year and can provide some of the best action when nothing else seems to work. Learning to master fishing a blade bait will provide tons of bass fishing fun with the chance to catch everything else that swims in your lake.
【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう
Photo by shopkarls.com

メタルバイブは一年中釣ることができますが、秋から冬にかけて、そして水温が最も低くなる春までが特に有効です。その時期にこれが有効になる理由のひとつとして、多くのベイトフィッシュが低水温により死にかけていることと、メタルバイブがそれを完全に模倣していることです。

場所もどこでも釣ることができますが、この時期であれば一般的にはディープエリアが絶好の場所です。メインレイクの岬まわり、ディープフラット、ウィードエッジの深い側などが、最初に探ってみるべきポイントでしょう。岩場での釣りにも有効ですが、注意してください。そういったところのボトム付近で釣るということは、根掛かりしてロストする危険も伴います。

メタルバイブは、キャスト&リトリーブやボートの真下に落としてバーチカルに釣ることができます。このルアーは晩秋に水温が4℃まで下がるような極寒の地域では最高の選択肢になりそうですが、そこまで寒くなることのない地域でも同じように有効です。

メタルバイブは、真冬にバスを釣ることについてはすでに実証されている間違いない方法であり、何をやっても釣れないような状況で最高の結果を出すことがあります。メタルバイブの釣りを学ぶということは、あなたのホームフィールドでバス釣りを楽しみつつ、そこに住む魚すべてを釣るチャンスがあるということです。

【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう
Photo by shopkarls.com

冬にバス釣りのSNSを見ていると「メタルバイブでバス釣りしてたら○○が釣れた」というのをタイムラインで時々見るのですが、それが個人的にひとつの楽しみであります(笑)

そういう方の投稿を見る限り、それはがっかりしたりイラついているようなそぶりはなく、どこか嬉しそうな感じがありますよね。

真冬という季節、たとえバス釣りをしていても、他の魚のバイトがあるということは非常に価値のあることで、思わずホッコリしてしまうのです。

メタルバイブというルアーには、そういう偉大さがあります(笑)

そして、そういう楽しみもありながら、実際はしっかりバスが釣れてくれるルアーだと思います。

冬はバスが超スローになりますので、釣りも超スローにアジャストするというのはまったく間違ったことではありませんが、それでもダメなとき、真逆な釣りにも見えるこのメタルバイブというルアーが有効だとも書いてありましたね。

また、もうひとつ重要なのは、フォールターンオーバーの時期です。

この時期もバスがスローになるのか、何をやってもダメなことがあります。

そういう時にメタルバイブを投げると、思わぬ?結果が出ることって、ありますよね。

【低水温期のバス釣り】メタルバイブを投げよう

これは私が思わずやってしまったメタルバイブフィッシュです

晩秋のターンオーバーで何をやってもダメというなか、メタルバイブに替えたところでこんなバスが出てしまいました…

結局この日はこの1本とディープクランクの1本で終わってしまったのですが、サイズ以上に大きな1本だと感じることができました。

晩秋からのタックルボックスにはぜひ、メタルバイブを入れて持ち歩くようにしましょうね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!