野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

”マイクアイコネリ”プリスポーンクランク8つのシークレット!その2(全2回)

      2017/04/18

Pocket

photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”8 Prespawn Crankbait Secrets You May Not Know”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”8 Prespawn Crankbait Secrets You May Not Know”by WALKER SMITH 04/29/2014(海外サイトです)

長い記事なので2回に分けてお送りしています。(今回は全2回中の2回目です)

 

この記事は1~8の項目に分けて書かれてはいますが、決して順序立てて書かれているというワケではなく、重要度の高い順というワケでもなさそうですので、この2回目の記事から読まれても問題はございません。こちらの記事に興味を持たれたら、前回の記事も併せてお読みいただければいいかと思います。

それでは続きをどうぞ♪

 

6.赤でいいのですか?

The popularity of red crankbaits explodes in the early spring months and it’s largely due to a common misconception among anglers. Contrary to popular belief, not all crawfish are red in color.

“Early spring bass fishing usually coincides with the crawfish becoming much more active as they emerge from their winter hiding spots,” Iaconelli said. “So in a way, people are right—bass eat a bunch of crawfish this time of year. But are they all red? Absolutely not.”

If they’re not all red, what color are they? That depends largely upon your geographic location. Iaconelli has a few tricks up his sleeve that help him determine the predominate colors of a fishery’s crawfish population.

“Throughout Texas and many parts of the Tennessee River, you’ll notice a lot of red tones to the crawfish,” Iaconelli said. “But in other areas of the country, you’ll see a lot of oranges, greens and blues. You can research an area’s colors online sometimes, but when you get to the lake, kick rocks over at the boat ramp and start looking for crawfish. Also pay close attention to the bass’ throats because you’ll see all kinds of antennas and pincers sticking out.”

赤いクランクベイトの人気は、早春に爆発しますが、これは主にアングラーの間でよくある誤解が原因です。一般に考えられていることとは対照的に、すべてのザリガニが赤ではありません。

「早春のバス釣りは通常、ザリガニが冬の隠れ場所から出てくるのと同時期になりますので、はるかに活発になっています。 」アイコネリは言います。「なんといっても、みんなはこう…今が一年で一番ザリガニを集中して食べている。と思っていますね?しかし、ザリガニはすべて赤ですかと言えば、それは違います。」

彼らはすべて赤ではない場合、ではどのような色なのか?それは地理的位置に大きく依存します。 アイコネリは自分の引き出しの中にいくつかのコツを持っていて、その釣り場のザリガニの個体数の主な色を決定するのに役立てています。

「テキサス州とテネシー川の多くの地域では、赤い色調のものが多いことに気付くでしょう」とアイコネリは言います。「しかし、国の他の地域では、オレンジ、緑と青が多く見られます。その地域のザリガニの色をネット上でも調べることはできますが、湖に着いたらボートのランプで岩を蹴ってみて、ザリガニを探してみてください。またバスの喉から突き出ている触覚とハサミにも細心の注意を払ってください。

 

6.考えなしのリーリングにサヨナラを

photo by scout.com

After fishing a while without any action, it’s easy to start daydreaming of more productive days and better fishing. If you want to optimize your early spring cranking, however, you need to stay focused for the entire duration of each and every cast.

考えなしに釣りをして、良い釣り、良い日になればいいなと妄想するのは簡単です。しかし、早春のクランキングを楽観したいのであれば、どのキャストのすべての間、集中しておく必要があります。

ラパラ・シャッドラップを完全サスペンドにする方法

Neutral buoyancy is a very desirable crankbait characteristic in cold water temperatures. Iaconelli changes the belly hook of his No. 5 Shad Rap to a No. 4 VMC Short Shank Round Bend Treble and the tail hook to a No. 5 VMC Short Shank Treble. Just by upsizing his trebles, he's able to make a No. 5 Shad Rap suspend perfectly on 6 to 8-pound fluorocarbon.

“Like we've already discussed, a change in direction is everything when you're cranking,” Iaconelli said. “You can achieve this with two different approaches—physical deflection and crankbait design. By picking a crankbait that runs a little deeper than the depth you're targeting, you'll be able to deflect that lure off of small rocks, stumps and submerged trees to elicit reaction strikes. Or you can use a ‘hunting' crankbait such as the Scatter Rap. With just a quick increase in your retrieve speed, you can make it change directions easily.”

It's also good practice to keep a close eye on your retrieve speed throughout the day. By increasing your retrieve speed as the water warms, you'll enjoy much more consistent success.

浮力が釣り合うことは、冷水温度において非常に望ましいクランクベイトの特性です。 アイコネリはシャッドラップ05のベリーフックをVMCショートシャンクラウンドベンドトレブル#5に変更し、テールフックをVMCショートシャンクトレブル#5に変更しましています。トレブルフックをアップサイズするだけで、05シャドラップを6〜8ポンドのフロロカーボンで完全にサスペンドにすることができます。

「私がすでに説明したように、クランキング中は方向転換がすべてである」とアイコネリは話す。「物理的に逸らすこととクランクベイトの設計という2つの異なるアプローチでこれを達成することができます。あなたが目標としている深さより少し深いところを通るクランクベイトを選ぶことで、小さな岩石、切り株、水中の木からルアーを逸らしてリアクションバイトを誘発することができます。または、ラパラ・スキャッターラップなどの「ハンティング」クランクベイトを使用することもできます。リトリーブ速度をすばやく向上させるだけで、方向を簡単に変更できるようになります。

1日中のリトリーブ速度を注意深く監視することも良い方法です。水が暖まるにつれて検索速度を上げることで、より一貫した成功を収めます。

水温0℃から4℃

“When I’m fishing a Shad Rap in cold water, I’m fishing it very slow and will incorporate several long pauses into the retrieve,” Iaconelli said. “The fish aren’t necessarily looking to chase down a meal, so a deliberate presentation is the way to go.”

「私が冷たい水でシャッドラップで釣っているときは非常にスローに釣り、リトリーブ中に何回かのロングポーズを組み込むだろう」とアイコネリは語った。 「バスは必ずしも食事を追いかけるとは限らないので、意図的にプレゼンテーションすることが秘訣だ」

 

水温4℃から10℃

“I’ll reel my Scatter Rap at a moderate pace, but I also make sure to utilize small changes in speed throughout the retrieve,” Iaconelli said. “I’ll pause it for a second or two and then burn it for a few handle turns to make the bass react.”

「私ならスキャッターラップを適度なペースで巻くつもりだが、リトリーブ中に小さなスピードの変化を利用することも確実にしている」とアイコネリは語った。 「1〜2秒間停止してから、数回ハンドルを回してバスを反応させます。」

 

水温10℃から15.5℃

This temperature range is conducive to faster retrieves and fewer pauses,” Iaconelli said. “The bass’ metabolism is high, they’re on the move and they’re not afraid to chase down their food.”

「この温度範囲はリトリーブの高速化とポーズの短縮につながります」とアイコネリは述べています。 「バスの代謝は高く、彼らは動いており、獲物を追うのを恐れていない」

 

7.マップを読み、点と点をつなげる

Early spring bass are looking to spawn, hence the term “prespawn period”. As you search for a productive crankbait pattern, it’s important to understand the value of map study. It allows you to pinpoint the bass’ wintering locations and nearby spawning grounds, giving you a distinct advantage over other anglers.

“Bass are going to winter in the deepest, most vertical areas of a lake,” Iaconelli said. “It’s where they spend the most extreme times of the year in both the winter and summer months. If you can locate a few likely wintering holes on a map and find nearby spawning pockets, all you have to do is connect the dots. The bass will always travel along the contours—they’re not making random, uncalculated movements. Look for any features that jut out and interrupt these contour lines such as underwater points, long boat docks, grass lines, rip rap or even boat ramps.”

Unlike many other bass fishing presentations, crankbaits allow you to cover massive amounts of water in a short amount of time. To use this to your advantage, Iaconelli suggests casting at a 45-degree angle to the bank. While parallel and perpendicular angles often focus on specific depth ranges, these quartering casts will allow your crankbait to hit every depth zone along a particular contour, increasing your odds of generating a strong, replicable pattern.

早春のバスは産卵することを目指しているため、「プリスポーン期間」という用語が使われています。生産的なクランベイトパターンを見つけ出すには、地図を調査する価値を理解することが重要です。それはあなたが他の釣り人よりもはっきりとした優位性を与える冬のバスの居場所とその近くの産卵場所を特定することができます。

「湖の最も深い、最も切り立ったエリアでバスが越冬するだろう」とアイコネリは語った。 「冬と夏の両方で、バスが最も過酷な時期を過ごす場所です。あなたが地図上にいくつかの越冬場所の可能性の高いスポットを見つけることができ、その近くのスポーニングスポットを見つけることができれば、後はそのスポット同士を接続するだけです。バスは常に等深線に沿って移動します - ランダムで、計算されていない動きをしていません。等高線を妨害する水中ポイント…長いボートドック、ウィードライン、リップラップ、ボートランプなど、これらのあらゆる特徴を探してください。

他の多くのバスフィッシングのプレゼンテーションとは異なり、クランクベイトは短い時間で大量のエリアをカバーすることができます。この特徴を活かすために、アイコネリはバンク対しに45度の角度でキャストすることを提案します。平行または垂直の角度は特定の深度範囲に重点を置くことがありますが、これらの45度キャストはクランクベイトが特定の等深線に沿ってすべての深度ゾーンに当たることを可能にし、強力で再現性の高いパターンを生成する確率を高めます。

 

8.主要なスポーニングエリアを認識する

Many fisheries have hundreds, if not thousands, of shallow bays, pockets and fingers, making it difficult to pinpoint likely spawning grounds. When you find them, however, it makes it much easier to catch early spring bass with a crankbait. If you know from where the bass are coming and where they’re headed, you’ll have a much clearer idea of their likely travel route.

Iaconelli looks for three important characteristics when searching for prime spawning areas.

多くの釣り場には、何千もあるとは言わないが、浅いワンド、ポケット、細長いワンドが数百あることから、産卵場所を特定するのは難しい。しかし、それらを見つけてしまえばクランクベイトで早春のバスをキャッチするのがずっと簡単になります。バスがそこへどこから来てどれくらい率いているのかを知っているなら、あなたは旅行ルートの可能性をはっきりと知ることができます。

アイコネリは、主な産卵場所を探すときに3つの重要な特徴を探します。

ハードボトム

“Bass are much more likely to spawn in areas with a hard bottom,” Iaconelli said. “We’re not necessarily talking about rock, but bottom compositions laden with sand or pea gravel are very high percentage areas. It’s tough to find spawners in areas with a muddy, soft bottom.”

「ボトムが硬いエリアではバスが出現する可能性が非常に高い」とアイコネリは語った。 「私は必ずしも岩について話しているわけではありませんが、砂や砂利の敷かれたボトムコンポジションは非常に高い割合を占めています。泥だらけの柔らかいボトムを持つエリアでは、産卵する個体を見つけるのは難しい」

 

光の浸透性

Light penetration does two important things,” Iaconelli said. “It warms up the water so it reaches suitable spawning temperatures and it also helps fertilize the eggs.”

「光の浸透は2つの重要なことをします」とアイコネリは述べています。 「それは適切な産卵温度に達するように水を温め、また卵を孵化させるのにも役立ちます。」

 

閉鎖的

“Creeks or pockets with an active flow of water in the back are not optimal for spawning activity,” Iaconelli said. “Bass prefer calm, stable water that isn’t prone to abrupt fluctuation. If an area is calm and flat without an excess of runoff or moving water, a bass is much more likely to spawn there.”

「増水や減水により水位が変わるクリークやポケットは、産卵には適していない」とアイコネリは語った。 「バスは、急激な変動を起こしにくい静かで安定した水を好む。もしあるエリアが流れや水の動きがなくても静かで水位変動がない場所なら、そこはバスにははるかに産卵しやすいでしょう。


 

プリスポーンクランキングに挑戦

いかがでしたか。

プリスポーンというと低水温=スローな釣り…シャッドやサスペンドジャークベイト…という選択肢になることが多いのかもしれません。

しかしこれは実際にマイク・アイコネリがトーナメントで結果を出してきたパターンですので、ここから学ぶことで自分自身がスキルアップすることは間違いないのではないでしょうか?次にプリスポーン時期にどこかの湖に釣りに行くときは、クランクベイトを持って行ってみたいですね。

これを読む限りでは、「手数で勝負」という考え方がメインだと思います。クランクベイトというルアーの力を信じて、一日投げきった時に答えが出るのかもしれません。

早春、誰も使っていないクランクでプリスポーンのビッグバスがドーン!というのは相当気持ちが良さそうです(笑)

挑戦するしかありません。

それから、アイクは「マップを読んで越冬場所とスポーニングエリアとバスのルートを考えることが重要」と言っていました。幸いなことに当店には他では手に入れることができない詳細な「野尻湖・木崎湖のオリジナルマップ」がございます!

野尻湖・木崎湖のプリスポーンバスをターゲットにしたい方にはオススメのアイテムとなりますので、どうぞご検討下さい。

野尻湖釣具店オリジナルのマップを見に行く

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと, ポイントについて,