野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

バズベイトを科学する その②(全2回)

      2017/06/01

Pocket

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”10 Ways to Catch More Buzzbait Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

少し長いので2回に分けてお送りしています。今回はその2回目です。

1回目の記事はこちらhttp://wp.me/p7t7tG-RQ

引用先:scout.com”10 Ways to Catch More Buzzbait Bass”By WALKER SMITH 07/27/2015(海外サイトです)

 

 

前回では、バズベイトの特徴、使い時、種類、トレーラーフック、スピードの5つについて解説されました。

バーニーシュルツ氏の写真を見ていると、メガバスCEOの伊東由樹氏とどこか似ていてものすごく親近感が湧いてしまうのは私だけでしょうか。

今回もそんなバーニーシュルツ氏が後半の5つについて濃い解説をしております。

早速読んでみましょう。

 

6.ブレードカラーの問題

Schultz’s blade color selection is surprisingly simple. Over the years, he has developed a system that allows him to quickly choose the most productive color for the current situation.

  • Silver or white— “Whenever I’m fishing for shad-oriented bass, I have a lot of success with silver and white blades,” Schultz said. “We always hear people preach about ‘matching the hatch’, and this is a prime example of it.”
  • Gold or black— In overcast and lowlight conditions, Schultz relies heavily on gold and black blades in order offer the bass a larger, easier-to-track silhouette. Black blades can be especially effective when night fishing after-hours.
  • Black or white— “For some reason, subspecies such as spotted bass and smallmouth bass respond excellently to opaque blade colors,” Schultz said. “If your local fisheries have healthy populations of these fish, grab a black or white blade and hang on. They’ll crush it.”

シュルツのブレードカラー選択は驚くほど簡単です。 長年にわたり、彼は現在の状況から最も生産的な色をすばやく選択できるシステムを開発しました。

  • シルバーまたはホワイト - 「シャッド指向のバスを釣るときはいつも、シルバーとホワイトのブレードで多くの成功を収めています。 「人々は「マッチザベイト」についての解説を常に聞いており、これはその代表的な例です」
  • ゴールドまたはブラック - 曇った状態や暗い状態では、シュルツはゴールドとブラックのブレードに大きく依存しており、バスに大きくて追いやすいシルエットを与えます。 黒いブレードは、夜間の釣りには特に効果的です。
  • ブラックまたはホワイト - 「何らかの理由で、スポッテッドバスやスモールマウスバスなどの種には、こういった不透明なブレードのカラーが優れています。 あなたのフィールドにこれらの魚がいる場合は、黒または白のブレードを投げてみて下さい。 彼らはそれにバイトするでしょう。」

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

7.ナイロンラインか?PEラインか?

Much like the trailer hook debate, line preference is another polarizing issue in regards to buzzbait fishing. After experimenting with several different line types, Schultz has found a relatively overlooked line type that works excellently for this technique.
“Many folks believe there are only two line options for topwater fishing—monofilament and braided line,” Schultz said. “But I’ve actually settled on using copolymer for most of my buzzbait fishing. I’ll use 15-pound Sufix Superior for my 1/4-ounce buzzbaits and 20-pound Sufix Superior for my 1/2-ounce buzzbaits. It’s a very buoyant line with just the right amount of stretch. I’d rather have a little bit of stretch because the bass don’t always hook themselves well on the initial strike.”
There are times however, in which he’ll bulk up his line selection to 40 or 65-pound Sufix 832 Braid. If he’s around “ridiculously thick cover” and giant bass, he’ll utilize the zero-stretch properties of braided line in order to muscle the fish away from any snag-inducing cover.

トレーラーフックの議論と同じように、ラインの好みは、バズベイトフィッシングに関して意見の分かれる問題です。いくつかの異なるラインを試した後、シュルツはバズベイトのための優れたラインを見出しました。
「多くの人々は、トップウォーター用ラインはナイロンとPEラインの2つのラインしかないと信じています。しかし、私はバズベイトフィッシングのほとんどをコポリマー(ナイロンとフロロの合成)ラインを使用して解決しました。1/4オンスのバズベイトに15ポンドのSufix Superiorを使用し、1/2オンスのbuzzbaitsには20ポンドのSufix Superiorを使用します。それは適度な伸びがあり非常に浮力の高いラインです。バスは最初のバイトで必ずしも十分に掛かるわけではないので、むしろちょっとした伸びがあったほうがいいのです」
しかし、彼はライン選択を40ポンドまたは65ポンドのSufix 832 Braidに一括して行うこともあります。ジャイアントバスが途方もなく厚いカバーの周りにいるのならば、PEラインの伸びの無さを利用して、力ずくでそのカバーから引きずり出します。

 

8.何度か投げてみる

Although buzzbaits are known for their efficiency, they also have an uncanny ability to irritate inactive bass to the point of biting. To take full advantage of this, Schultz stresses the importance of making repeated casts to likely hiding spots.
“Repeated casts to an area can make the difference between a good day on the water and an incredible day,” Schultz said. “In the summer and early fall months, it can sometimes take five or six casts to a specific spot before you get a bite.”
Think of it like this: If someone pokes you in the face, you might let it slide a time or two. But if they keep doing it, eventually you’re going to get ticked off and do something about it. That’s exactly what these repeated casts do to big bass. They might not even be thinking about feeding, but sooner or later they’ll try to kill that disturbance out of sheer aggression.

バズベイトは効率がいいことで知られていますが、やる気のないバスをバイトさせるまでイライラさせる驚異的な能力もあります。 これを最大限に活用するために、シュルツは、バスのいる可能性の高い場所に繰り返しキャストすることの重要性を強調しています。
「エリアへの繰り返しのキャストは「素晴らしい日」と「信じられないほど素晴らしい日」ほどの差をつけることができます」とシュルツ氏は語った(笑)。 「夏から秋の初めまでの数ヶ月間は、バイトさせるまでにその場所に5〜6回のキャストがかかることがあります。」
これは次のように考えてみましょう:誰かがあなたの顔をツンツンとつついた場合、それは1〜2回なら平気かもしれません。 しかし、それをやり続けられたら、結局あなたは怒って、何かをするはずです。 それはまさにこれらの繰り返しキャストがビッグバスに何をもたらすのかということです。 彼らは今は餌を食べたいと考えていないかもしれませんが、遅かれ早かれ、彼らはその騒がしい侵略者を殺そうとします。

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

9.即アワセは厳禁

It’s perhaps the most common mistake anglers make when topwater fishing—they set the hook the moment the bass strikes. It’s a really hard habit to break. But if you can train yourself to avoid the overwhelming temptation, you’ll instantly become a much better topwater angler.
“You always want to keep visual contact with your buzzbait, much like frog fishing,” Schultz said. “I know it’s tough, but don’t set the hook on the blowup. You want to make absolutely certain that the lure is in the fish’s mouth before you swing. So when I see that buzzbait disappear and feel the first sign of tension on my line, I’m going to try to break my rod. You have to swing hard to drive those hooks into its mouth. It’s all a matter of practice and discipline.”
Schultz also notes the importance of keeping a level head. Let’s face it—everyone is going to swing and miss from time to time, especially with topwater lures. So don’t get down on yourself when it happens. Take every miscue as a learning experience.

それはおそらく、トップウォーターフィッシングのときに釣り人がする最も一般的な間違いでしょう。バスが出た瞬間にアワセてしまう。やめるのが本当に難しい習慣です。しかし、その圧倒的な誘惑を避けるように自分を鍛えることができれば、すぐに優れたトップウォーター・アングラーになるでしょう。
「フロッグでの釣りと同じように、あなたは常にバズベイトが見えているはずなので、難しいのは分かっていますが、バイトの瞬間にアワセを入れないでください。フッキングする前にルアーが魚の口に入っていることをまず確認したい。だから私はバズベイトが消えて、ラインテンションが張ったのを感じたら、ロッドをたてます。強くロッドを煽り、バスの口にフックを刺さなければなりません。それはすべて練習と訓練のなせるわざです。」
シュルツはまた、冷静さを維持することの重要性を指摘しています。フッキングに失敗して逃がしたところに直面したとしましょう。特にトップウォーターのルアーではそうなのですが、それが起こったときに自分自身を責めないでください。あらゆるミスを学習体験として捉えてください。

 

10.バズベイトを投げるターゲット

While every fishery is unique to some degree, Schultz believes there are five buzzbait hot spots worth targeting regardless of your geographic location. If you’re looking for a quick way to gain some confidence in this technique, these high-percentage areas are superb starting points.

  • Riprap— Whether it’s bridges, marinas or wing dams, there’s often something magical about fishing a buzzbait around rocks. This pattern is often best around the shad spawn, but remains effective throughout the rest of the summer and fall. Long casts parallel to the riprap are key.
  • Flooded brush and terrestrial grass— “It’s common to see a lot of flooding throughout the summer months,” Schultz said. “This creates an awesome opportunity for buzzbait action. When that water gets homeowners’ lawns or creeps into the woods of natural pockets, you’ll likely find some big bass with this lure.”
  • Isolated cover— Solitary pieces of cover such as stumps, isolated pad fields or even someone’s pontoon boat are historically productive areas for buzzbait fishing. This cover concentrates fish from a considerable distance and makes their location much easier to predict.
  • Submerged grass— “Anytime grass is near or touching the water’s surface, you have a tailor-made buzzbait situation,” Schultz said. “Also, anytime there’s a void between a grass line and the bank, make sure you make a few casts towards it. A lot of anglers overlook these areas.”
  • Docks— Although boat docks routinely see a considerable amount of fishing pressure, not many people dissect them with buzzbaits. The most important part of this approach, however, is to hit your lure against the dock posts. This can trigger reaction strikes from those bigger and smarter bass, resulting in some awesome catches.

すべてのフィールドはある程度の個性がありますが、シュルツはあなたのフィールドの地理的な位置に関係なく、価値のある5つのバズベイトホットスポットがあると考えています。あなたがバズベイトに対し確信を得たいと思っているなら、これらのスポットは確率の高い抜群の選択肢です。

  • リップラップ - 橋、マリーナ、ダムサイトのいずれの場合でも、岩の周りをバズベイトで釣ることは、魔法のようなことがしばしば起こります。このパターンはだいたいシャッドスポーンのころに最適ですが、他に夏と秋にも有効です。リップラップと平行なロングキャストが鍵です。
  • 沈みブッシュと陸生の草 - 「夏の間に洪水が起こるのはよくあることです。これはバズベイトアクションのためのすばらしい機会を作り出します。増水した水が陸地の芝生や自然にできた木の割れ目にまで忍び寄ると、このルアーでいくつかのビッグバスが見つかるでしょう。
  • 孤立したカバー - スタンプ、隔離されたリリーパッド、係留されたボートのような孤立したカバーは、バズベイトフィッシングにとって常に生産的なエリアです。このカバーはかなりの範囲から魚を集中させ、その位置を予測しやすくします。
  • 沈んだウィード - 「ウィードが水面近まであるか、水面に触れているときはいつでも、バズベイトにぴったりの状況になっています」とシュルツ氏は語る。 「また、ウィードラインとバンクの間に空白があるときは、必ずそれに向かって何回かキャストをしてください。多くの釣り人がこれらの地域を見過ごしています。」
  • 桟橋 - ボート桟橋は日常的にかなりの量のフィッシングプレッシャーがありますが、多くの人がバズベイトでそれらを攻略することはありません。しかし、このアプローチの最も重要な部分は、桟橋の脚に対してルアーを当てることです。これは、より大きくて利口なバスからのリアクションバイトを誘発し、素晴らしいキャッチをもたらします。

 

いかがでしたでしょうか。

アフタースポーンの頃から梅雨が重なってきて、いよいよトップウォーターシーズンの開幕となります。

この記事を読んで改めてバズベイトで釣ってみたいと思った方、そういえばタックルボックスの片隅でほこりをかぶったままのバズベイトがあると思い出した方は、ぜひバズベイト独特のバイトを味わってみてください。

そういう私が、なによりバズベイトでロッドを曲げてみたい、そんな気持ちでいっぱいです(笑)

2回に分けてお送りしたバズベイトの10のヒント、これを理解したらバッチリのはずです。

それから一番大事なことがあります。

日焼け止めと虫除けは忘れずに!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと