野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

バイブレーションに必要な5つのカラー♪

      2017/01/04

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 Must-Have Lipless Crankbait Colors”という記事を引用して紹介いたします♪

引用先:scout.com”5 Must-Have Lipless Crankbait Colors”by WALKER SMITH 10/27/2016(海外サイトです)

バイブレーションプラグを主要なルアーとして使われている方は多いと思います。

飛距離が出せて、スローからファストリトリーブまでいろんなスピードで使うことができて、なにより結果が出やすい。

まずは広いエリアをサーチして・・・と思ったら一投目でヒット!なんてことは結構良く聞く話です(私はありませんが)。

しかしこのバイブレーションというルアーは困ったことに非常に多くのカラーが出回っていて、いつ、どこで、どんな色をチョイスしたらいいのかよくわからないのが現実です。

おこづかいに余裕があればいいのですが、そうでなければなるべく色は絞っていきたいもの。

そこでこの記事です。数あるバイブレーションプラグのカラーの中から、まず出発点として持っておきたい5つのカラーを条件別に解説したものです。

これを参考に、持つべき色、足りない色を知り、完璧に武装してください♪

 

1.シルバー

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

Conditions: Sunny or cloudy, clear water
Lure pictured: Bill Lewis Rat-L-Trap in Chrome Black Back
When most folks are looking at lipless crankbaits, they’re going to be immediately drawn towards this color. It makes total sense: Most baitfish we see are silver, so we match the hatch. I’ve caught fish on this color in nearly every situation imaginable, but you’ll have your most consistent success when using silver lipless crankbaits in relatively clear water.
The flash of this color has a lot of drawing power in clear water. This means that the bass will see it from a few feet away and come towards it to attack it. Combine a tight, wiggling action, loud rattles and an intriguing baitfish-like color scheme and you have all the makings for a darn good day on the water.

  • コンディション:晴れ・曇り、クリアウォーター
  • ルアー画像:ビルルイス ラトルトラップ (ブラックバッククロム)

ほとんどの人はバイブレーションのプラグを見ると、このカラーに向かって引きつけられてしまうと思います。それが意味するものとは、私たちが目にするベイトフィッシュのほとんどはシルバーです。マッチザベイトということですね。私はあらゆる状況下でこのカラーでバスを釣りましたが、比較的クリアウォーター下でシルバーのバイブレーションを使用したほうが安定した釣果を得られます。

この色のフラッシングはクリアウォーター下で多くの集魚力を持っています。これは、バスが数フィート離れたところからそれを見て、攻撃するために向かって来ることを意味します。しっかりとした動き、騒々しいラトル、興味深いベイトフィッシュのような配色を組み合わせて、水上で楽しいひとときを過ごしてください。

 

2.ゴールド

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

Conditions: Sunny, stained water
Lure pictured: Bill Lewis Rat-L-Trap in Gold
If you find yourself fishing stained water in sunny conditions, it’s hard to beat some sort of gold-colored lipless crankbait. Gold colors penetrate dirty water much better than silver or chrome, which of course increases the likelihood of a bass tracking it down. We’re still taking advantage of the sun by using a reflective color, but just in a different hue to increase visibility.
You don’t need to get too picky on the different color patterns here; you could probably spray paint your favorite lipless bait gold and catch fish— but don’t do that, I’m just making a point.
Personally speaking, I prefer a darker back to my gold lipless baits in order to provide a bit more contrast and flash as it wiggles back and forth.

  • コンディション:晴れ、ステインウォーター
  • ルアー画像:ビルルイス ラトルトラップ (ゴールド)

晴れでステインウォーターという環境での釣りをするなら、ゴールドのバイブレーションはこの上ない選択です。ゴールドの色は銀やクロムよりもはるかにマッディーウォーターに馴染むのに優れ、もちろんそれを探しているバスの可能性を増やします。反射色で関心を引くために太陽を利用していますが、可視性を高めるための色合いは様々です。
そのさまざまな色のパターンを選り好みする必要はありません。あなたのお気に入りのバイブレーションにゴールドのペンキを塗ってバスを釣ることができるでしょうが、まだ塗らないででください、私はちょっとしたことをしています。
個人的に言えば、私はもう少しコントラストを強くするために金のバイブレーションの背中を暗くするのです。それが前後に揺れ、光るのを好みます。

 

3.ホワイト

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

Conditions: Cloudy, clear water
Lure pictured: Megabass Vibration-X Jr. Rattle In in Bahama Milk Pearl
You’re bound to have some really good days of fishing with this combination. Reflectiveness and flash isn’t such a big deal in cloudy weather because there’s no prominent light source. This means opaque colors will provide a much more noticeable underwater silhouette.
There are a lot of different white color patterns on the market. Some have green backs, some have some lateral chartreuse striping going on and others might be solid white. They will all catch fish as long as the sides—the largest surface area on the lure—are prominently white. If you catch more fish on one white color pattern than the others, stick with it. Confidence is your best friend.

  • コンディション:曇り、クリアウォーター
  • ルアー画像:メガバス バイブレーションX Jr.ラトルイン (バハマミルクパール)

あなたはこのコンビネーションで本当に楽しい釣りをすることになります。明確な光源がないので、曇りの天候では反射率とフラッシュはあまり重要ではありません。これは不透明な色がはるかに顕著に水中のシルエットを提供することを意味します。
マーケットには多くの異なる白のパターンがあります。グリーンバックだったり、チャートタイガーだったり、他にはソリッドホワイトかもしれません。ルアーの最大の表面積である側面が白く目立っている限り、すべて魚を捕まえます。あなたが他のものよりも1つの白い色のパターンでより多くの魚を捕まえたいなら、それをつけてください。自信はあなたの親友です。

 

4.チャートリュース

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

Conditions: Cloudy, stained water
Lure pictured: Megabass Vibration-X Jr. Rattle In in GLX Western Chartreuse
I’m surprised more people don’t own chartreuse lipless crankbaits. I’ve seen some big-time beatdowns with this color under cloudy conditions and in stained water. One of my buddies co-anglers wrecked an almost 20-pound, 3-fish limit on Lake Seminole a few years ago with this combination.
Again, since there’s no sun to add any flash to the lure, an opaque color is favorable for an optimal silhouette. Bright colors are known producers in dirty water, so you’re left with a chartreuse lipless crankbait. It might take you a while to gain confidence in such a funky looking plug, but stick with it—it will work if you’re around fish.

  • コンディション:曇り、ステインウォーター
  • ルアー画像:メガバス バイブレーションX Jr.ラトルイン (GLXウエスタンチャートリュース)

私はより多くの人々がチャートリュースのバイブレーションを所有していないことに驚いています。曇りやステインウォーターの条件下で、この色で良い時間を過すところを見ました。私の仲間のうちの1人は、数年前にこのコンビネーションでセミノール湖にて3匹で約20ポンド(約9㎏)の自己記録を更新しました。
また、ルアーにフラッシュを加える太陽がないので、不透明な色はシルエットを出すのに最適であり有利です。明るい色はステインウォーター下で有効ということは知られていますが、チャートリュースのバイブレーションが忘れられています。このようなファンキーな見た目のプラグには自信を得るためにしばらく時間がかかるかもしれませんが、それにこだわってください。あなたが魚の周りにいればうまくいくでしょう。

 

5.赤

Photo by Walker Smith/Wired2Fish

Conditions: Stained water
Lure pictured: Lucky Craft LV 500 in Spring Craw
This color could be considered the mind-blower of this guide. Red-colored lipless crankbaits work excellently in the prespawn period and surprisingly enough, they put off some really good contrast in dirty water; especially if they have an orange belly.
For whatever reason, this color is a major player on nearly every prominent grass fishery in America. There are different theories as to why it’s so productive, but we’ll leave that to other folks. In my personal experience, I have not visited a grass fishery whose bass don’t go nuts for a crawfish-colored lipless crankbait.

  • コンディション:ステインウォーター
  • ルアー画像:ラッキークラフト LV500 (スプリングクロー)

このカラーはこの記事の幻覚剤であると考えます。赤色のバイブレーションは、プリスポーン時期に優れた性能を発揮し、驚くべきことに、マッディーウォーター下ではかなり良いコントラストが得られます。特に腹をオレンジに塗られている場合は。
どんな理由であれ、この色はアメリカのほぼすべてのウィードのある釣り場の主役です。なぜそれがとてもよく釣れるのかについてはさまざまな理論がありますが、私たちはそれを他の人々に任せます。私の個人的な経験では、バスがザリガニ色のバイブレーションを見て狂わないウィード系の釣り場を知りません。

 

この5色が出発点

この記事に出てくる5色はあくまでも「この系統色」という意味で、その色だけ、ではないと思います。

たとえばシルバーなら、ただのシルバーよりワカサギっぽい方が良さそうならそれでいいですし、ゴールドならよりブルーギルっぽい方が釣れると思えばそれでいい、という感じです。

そしてこの中では「白」のバイブレーションがあまり日本的ではない感じですね。売っているのもあまり見ないような気がします。

アメリカでは釣れる定番色のようですので、試す価値はありそうですよね!日本では釣れるのに人気のないルアーとか、色とか、結構ありますからね…。

釣れないから誰も使わないのか、誰も使わないから釣れそうなのか…何とも言えないところですが…結局のところ、欲しい色が増えてしまって節約になりませんね(笑)

いろいろ試してみましょう♪

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス, タックルのこと