japan bass fishing baits online store
野尻湖釣具店スポンサー広告募集
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

ラージマウスバスにとって安全な場所【カバー水中映像】

ラージマウスバスにとって安全な場所【カバー水中映像】
Photo by in-fisherman.com

私たち釣り人は、水中をイメージして釣りをしています。バスはカバーに着く魚ですが、どんな風にしているのか、実際に見たことはありますか?この貴重な映像を見れば、イメージが間違っていたことに気付くかもしれません。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Hook ‘n Look: Where Largemouth Bass are Most Secure”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:in-fisherman.com”Hook ‘n Look: Where Largemouth Bass are Most Secure”March 03, 2022|By Dan O’Sullivan

私たち釣り人は、ほとんどの人が水中を想像して釣りをしています。

水中を見ながら釣りをすればもっと多くの魚が釣れると思うのですが、このハイテクの時代になってもまだ、誰もが気軽に使えるような水中を自由に見れる技術はありません。

水中というのは電波が届かないのでカメラで撮影するにもワイヤレスでの遠隔操作ができませんし、音波で水中を測定するソナーではまだビデオのような高画質な映像は見れません。

バッテリーを積んだカメラ(やダイバーさん)を潜らせて、水中を録画するしかないんですよね。

そんなわけでか、水中映像を映してくれる番組は人気があります。

私が大好きなYouTubeチャンネルのひとつ、HOOK’n LOOK(フックンルック)もそのひとつです。

そして今回は、そのフックンルックの映像が、アメリカのゲームフィッシング専門メディアの「In-Fisherman」に採り上げられています。

テーマはラージマウスバスの安全地帯ということで、デカいバスの居場所についてイメージと現実のギャップがないか、調査してくれているんですね。

これ…やってはいけないことかもしれないのですが、とても面白い内容だったので日本語字幕に書き換えて当店のチャンネルにアップロードしました。(※違法ではありませんがよろしくはない)

一応、このブログからしか見られない限定公開にしたことと、広告収入を得ないように設定しておきましたが、もしどこかからクレームが入ったらすぐに削除するつもりです。削除されましたら英語版でお楽しみください。

ひとまずIn-Fishermanの記事から掲載していきますね。

 気になるところだけ読んでもOKです 

バスの安全地帯はどこなのか

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
We all know that largemouth bass are cover-related creatures. The shade and protection offered by a single pier, or a row of docks, the overhead canopy of a grass mat, some brush or laydown tree can give the predator a place to live and feed from. Cover oriented bass can be some of the most aggressive fish and therefore, some of the easiest to catch. But as anglers we often don’t give ourselves a chance at the strike because of our own behavior. While they may be comfortable, our lack of boat control, cast control or even our own laziness can keep us from getting more bites. In this edition of Perspectives with Hook ‘n Look, Kim Stricker and The Outdoor Channel Mitch Petrie spend some time in the underwater world of the largemouth bass around some docks to see what the find. The result is that the find not only a plethora of game fish along with the bass, but they find that anglers may not be working hard enough to make the tough presentation deep under the piers. They also discover the comfort level of the fish with movement and encroachment into their sanctuary that would show us how our boat placement and cast control can influence the bass and have an effect on our effectiveness as anglers. By taking a look at the footage captured in this segment, we can begin to better understand how a bass will position itself around cover, and how we can begin to better understand how that knowledge can better us as anglers. See Stricker’s Where Largemouth Bass are Most Secure video below:

ラージマウスバスがカバーに着く生き物であることは誰もが知っています。単発の桟橋または桟橋が並ぶ場所、ウィードマットが天井になっている場所、オダやレイダウンが作り出すシェードやカバーは、捕食者に住み家とエサをもたらす場所になっています。

カバーに着くバスというのはルアーに対してかなり積極的である可能性があるため、釣りやすい状態であると言えます。それなのに、アングラーの方が上手く攻めきれず、バイトチャンスを逃してしまうこともあります。バスにとっては快適な場所ほど、ボートコントロール、キャスト精度、アングラーの集中力のキープなど、釣るのが難しい部分がありバイトチャンスを逃してしまっているのです。

今回のHook’n Lookでは、キム・ストリッカーとアウトドアチャンネルのミッチ・ペトリーが、桟橋の下の水中というラージマウスバスの世界に入り、何が見えるのかを確認します。結果から言うと、バスと一緒に他のゲームフィッシュがいることが分かっただけでなく、アングラーによる桟橋の奥の奥までルアーをプレゼンテーションすることがまだ不充分である可能性があることがわかりました。

彼らはまた、ボートポジションやキャストコントロールがバスにどんな影響を与え、アングラーにとって有利になるか不利になるかに影響を与える、バスのカバーへの移動、そしてカバーに入った時のバスの快適さの状態を見ることができます。この映像を見ることで、バスがカバーの周りにどのように存在し、そしてそれを知ることでアングラーとしてどう役立つかをよりよく理解することができます。

ぜひ次の動画をご覧ください。

日本語字幕版

見れない場合は英語版

ラージマウスバスにとって安全な場所【カバー水中映像】
Photo by in-fisherman.com

動画を見て分かったことなどありましたでしょうか。

私にはいくつかありました。

まずひとつめの誤解は、桟橋の真下より周りの方がバスがいるのではないかということ。

映像の桟橋は周りにウィードが豊富にあったからかもしれないのですが、桟橋の下にいるビッグバスと、桟橋の先端にもビッグバスが数匹いましたね。

釣りやすいバスは桟橋の下のシェードにいるバスだということでしたが、それだけに囚われていると取りこぼすような気がしました。

ふたつ目は、桟橋の付け根のシャローの横にあるウィードマットの中にまでバスがいるということ。

桟橋の下は日光が当たりませんから、ウィードが生えません。なのでスキッピングで奥の奥までルアーが届くのですが、それだけでは不十分なんですね。

それとは別に、そのまわりのウィードマットまでしっかり狙うことが重要そうです。桟橋の付け根を見て、ウィードマット(の天井)ができていたら狙うようにしようと思います。

最後に、ディープに逃げたバスがまた戻ってくるということです。

何かに警戒してそこから逃げたバスはカバーやシェードから外れるため、さらに警戒心が強い状態になってしまうよですが、少しして戻ってきたバスはまたやる気まで戻っている状態のようです。

もしそうだとすれば、カバーに近づきすぎてバスを散らしてしまった場合でも、少し時間を置いてから入り直すことは、かなり有効のようです。

もしバスを散らしてしまった場合でも、できるだけバスがいた位置や、バスが向いていた方向を確認できればベターですよね。

入り直した時に少し遠目から狙うことができますからね。

あなたはこの動画からどんなことに気が付きましたか?

ブログのコメントやツイッターへのリプライで意見を聞かせてくださいね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

野尻湖釣具店スポンサー広告募集
リサイクルショップ店長・チーム作り成功のための本