秋、10月の野尻湖:ソアリンシャッドのダウンショットでバス釣り!

こんにちは!店長の小山です!

本日はソアリンシャッドⅡの入荷情報と同時に10月11日の野尻湖釣行の様子をお伝えいたします。

この日の野尻湖の様子

この日の野尻湖の最低気温は12℃、最高気温は24℃というところ、天気は終日曇りから小雨、水温は19℃前後、水質はターンオーバーしているところとしていないところで様々ですが、ひどい濁りはない様子です。

このごろ個人的にはキャロシャッドが良い調子でしたので、この日も特に不安はなく、あとはどうやっていいサイズを釣るかが課題だと持っていました。

それではひとまず動画の方をご覧ください。

なぜかキャロシャッドは不発で理由もわからないままなのですが、その代わりと言えるのでしょうか、リアクションの釣りの対極にある食わせの釣りが良かったという結果になりました。

釣り方

動画の中でも書かせていただいたのですが、10センチくらいのショートリーダーのダウンショットで細かくシェイクし続けて、なおかつボートを止めないように超ゆっくり進めていくとバイトが出るという感じでした。

ショートリーダーですのでシェイクし続けても大きなアクションにはなっていないと思われますが、放置やシェイクしないズル引きではバイトが出ませんでした。

バイトの数も私なりには結構多く、乗らないバイトも多数あったのですが、当たりのパターンといいますか、当たりルアー、当たりカラーに辿り着いた感はありました。

ソアリンシャッド入荷しました!

今回も良く釣れてくれたこのソアリンシャッド。先日の木崎湖釣行の時にもちらっとお伝えさせていただいたのですが、相模湖発祥のローカルベイトで、野尻湖のスモールマウスにもテストを重ねられた商品なんですね。

基本構造はシャッド型のピンテールワームでハンドポワードです。

基本はワーム上面がノンソルト、下部の方がソルトインとなっており、しっかりと上下の向きがあります。

ピンテールワームとしてはテール先端が太く感じられるかもしれませんが、この素材から生まれるテールのピリピリ感は非常に独特で、この太さがベストなのだと思います。指でつまんで持っているだけでテールが細かく震え、とても釣れそうです。

相模湖のローカルベイトという位置付けではありますが、今回のように野尻湖のスモールも問題なく釣れますし、全国どのフィールドでも釣果は期待できるかと思います。

サイズは1.8インチ、2インチ縦割り、2.3インチを入荷しております。

カラーは次の通り

どちらかと言えばクリアウォーター寄りのカラーラインナップですが、マッディでは使えないということもないはずですよね。

また、「2インチ縦割り」という商品なのですが、以前、通常のソアリンシャッドを縦半分にしてダウンショットで使う使い方がかなり釣れるということが判明したらしく、それをあえて縦割りとして商品化されたものなんだそうです。

今回の釣果はこの縦割りを使っております。

この時期のスモールはベイトのサイズ、カラー、シルエットにうるさいことが多く、縦割りにすることでより今のワカサギのシルエットに近くなっているのだと思います。

またダウンショットで使った理由は、縦割りにしたソアリンシャッドが結構な縦扁平になるため、ワームの上下をしっかり保つようにするためのダウンショットでした。

まだ野尻湖のラストスパートに間に合うタイミングかと思いますし、野尻湖以外のフィールドでもそろそろダウンショットなどが有効となってくるタイミングなのではないかと思いますので、ぜひお試しいただければと思います!通販はこちらから↓

また、さらに詳しい使い方などはプロフェッサーのホームページをご覧いただければと思います。

晩秋のバスたちはまだまだ食い気がたっぷりありますので、マッチザベイトな感じを意識したこういったワームでぜひいい釣果を狙ってみてくださいね!

もうひとつ、ボイル撃ちで一応釣れてくれたのがラッキークラフトの高速I字系ハードルアー、ビースイムトリガーです。

ジャンルとしてはシンキングペンシルなのでしょうか、そこにブレードが付いたもので、ブレードが回るようにリトリーブするとなると結構速いスピードで巻くようになりますが、ボイル撃ちなどで、バスは狂っているけどもルアーは見切られるようなときに良いルアーではないかと思います。

今回は大型は出ませんでしたが、飛距離も出ますしボイル撃ち向きのルアーかと思います。

こちらもぜひお試しくださいね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店をフォロー!