晩夏のバス釣り:クリス・レーン

      2019/09/07

晩夏のバス釣り:クリス・レーン
Photo by wired 2 fish.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Late Summer Bass Tactics with Chris Lane”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:wired2fish.com ”Late Summer Bass Tactics with Chris Lane” Aug 23, 2019

まだまだ日中はうだるような暑さになり、釣りをしていても休憩をしながらでないと身の危険を感じるほどだと思いますが、みなさま、お身体は大事にされてますでしょうか。

それでも夕方頃になると、いつの間にか鈴虫やコウロギなどの秋の虫の鳴き声が派手に聞こえ始めていることに気が付きます。

もうそろそろ秋なんですね。

日が沈むと吹く風がこれまでよりもサラッとした感じがして、さらに快適さが増し、ルアーを投げる手も進みます。

これまで夏バテ気味で外に出られなかった方も、やっと動きやすくなってきたと思います。ありがたいことです。

さて、バス釣りにはこの季節がどう影響するのでしょうか。

これまで暑すぎて外に出られなかった方にとっては久しぶりのフィールドですのでカンが鈍っているかもしれませんし、毎日フィールドに出られていた方にとっても、変化に対応しなければならないタイミングになっているはずです。

このタイミングで、晩夏のバス釣りというものを知っておきたいところですよね。

この記事は、アメリカのバスフィッシング専門メディア「Wired 2 Fish」の記事で、メジャーリーガーのクリス・レーン氏に、晩夏のバスフィッシングの考え方を取材したものです。

アメリカのプロは晩夏という季節をどのように釣っているのでしょうか。

早速読んでいきましょう。

クリス・レーンの晩夏のバス釣り戦略

引用文(タップすると開きます)

The searing heat of summertime may dissuade some bass anglers from hitting the water but not Power-Pole ambassador Chris Lane. Lane plies his waters of the Tennessee River throughout the lazy, hazy days of summer and imparts a three-prong strategy focusing on times of day to successfully target largemouth bass. "Morning hours are prime time," says Lane. "Not only is it cooler out for the angler, but bass feel that comfortable cooling period and feed with more aggression." Lane sets up on grass flats in 1 to 2 foot of water during sunup hours, pushing the Power Pole down in the shallows and working the surface with topwater poppers. "I use the River 2 Sea Whopper Popper and Lane Changer, casting over the grass flats and chugging the lure across the surface at a slow to moderate pace. Big fish feed during the morning hours in summer so I expect to get the largest of the bass during that time."

夏の猛烈な暑さは、バスアングラーたちにフィールドに出ることを思いとどまらせるかもしれませんが、パワーポールの使い手であるクリス・レーンはそうではありません。 レーンはこの夏に通いこんだテネシーリバーのラージマウスバスを狙うために、日中を3つの時間帯に分けてその釣り方を教えてくれました。

「朝は重要です」とレーンは言います。 「釣り人にとって涼しいというだけでなく、バスもその涼しさに快適さを感じ、より積極的に当たってきます。」 レーンは、日の出の時間帯は水深30センチ〜60センチのウィードフラットへ向かい、シャローでパワーポールを下げ、トップウォーターポッパーを水面で操ります。 「River 2 Seaのウォッパープロッパーやレーンチャガーを使用してウィードフラットへキャストし、スローからミディアムのペースで水面のルアーをチャギング(水しぶきが上がるようにジャークすること)します。私もこの時間帯に最も大きいバスを釣ることが多いので、夏の朝はビッグバスがフィーディングする時間なのでしょう。」



晩夏の日中から夕方のバス釣り

引用文(タップすると開きます)

Once the sun is high in the sky, Lane goes deeper to find schooling fish. "Usually the Tennessee River starts flowing in the afternoon as people start using their air conditioners which pulls water for energy. That's when the fish push out to the ledges in about 12 to 20 feet of water. I put the Pole down just outside the ledge and start working down deep along the slopes with crankbaits, Lucky Strike football jigs or worms in plum, mud bug and black and blue colorings." Lane slows his retrieve down, allowing for bass to key in on the lures in the sluggish temps. "I'll keep casting to the same spots once I find a hit as bass are schooling up during the day. Where you find one fish, you're bound to find a few more." As the sun begins to drop, Lane reverts back to tossing topwaters. "Sunset fishing means creating commotion again on the surface. At dusk, bass are pushing and pinning baitfish up to the top. Any lures showing off blurping, spitting action will get a strike as fish will be busting on top crashing bait schools." Throughout the summer, from sunup to sundown, Lane advises to adapt tactics from shallow to deeper waters to find bucket-mouth bass on the feed. Once the fish are located, use your Power-Pole to keep you planted where you need to be.

太陽が高くなる日中、レーンは魚の群れを見つけるためにややディープを探ります。 「テネシー川は、日中になると人々がエアコンを使い出すので、通常は午後になると発電放流(ダム)による流れが発生し始めます。その時、バスは水深約3.6~6メートルの棚(急な水深の変化)のアウトサイドに出てきます。その斜面に沿ってクランクベイト、ラッキーストライクのフットボールジグ、プラムカラーのワーム、マッドバグ(ザリガニ)にブラック/ブルーのカラーリングのものを使っていきます。」

レーンはリトリーブをスローダウンさせ、高水温でやる気のなくしたバスの興味を引くようにします。 「バスは日中には群れを作っているので、ヒットしたら同じスポットにキャストし続けます。1匹の魚を釣ることができたら、さらに数匹追加できるはずです。」

太陽が沈み始めると、レーンはトップウォーターに戻します。 「夕まづめは、再び水面が騒がしくなることを意味します。夕暮れ時には、バスはベイトフィッシュを水面まで追い込んで襲っています。」

夏の間、日の出から日没まで、レーンはシャローエリアからディープエリアまで戦術をアジャストし、ラージマウスバスのフィーディングに合わせるようにすると言います。魚を見つけたらパワーポールを使用して、必要な場所に降ろすようにしてください。

晩夏のバス釣り:クリス・レーン
Photo by wired 2 fish.com

クリス・レーンはパワーポールを使ってシャローにボートを固定し、トップを投げまくる作戦を採っているようですね。

パワーポールというのはボートに付ける装置の事で、ボートから水中に向かってポールを伸ばし、ボトムに突き刺してボートを固定するというものです。

お値段は数十万円しますので、なかなかみんながみんな使える装置ではありません。

しかしながらこの記事は、このパワーポールがなければ晩夏のトップは釣りにならないという意味ではなく、それくらい腰を据えて粘るということなのだと思います。

夏の天気は、場所にもよると思いますが、晴れていれば夕方頃から風がやや強くなって、太陽が山に隠れると同時に風が止むというパターンが多いのではないでしょうか。

薄暗くなって風が止んだ時、そんな場面をイメージしたらまさにトップタイムという感じがしますよね。

日中はちょっとディープな釣りになるということで難易度が上がりますが、朝夕はトップということで非常にエキサイティングな釣りを楽しめそうですね。

ただ、夕方になって涼しくて快適で、しかもトップの釣りですから、ルアーが目に見えるのでついつい長い時間やってしまい、気が付くとあたりが真っ暗になっていることも多いのがこの時期だと思います。

真っ暗になると非常に危険度も上がるのが釣りですから、くれぐれも危険のないように、まわりの暗さに注意しながら釣りを楽しんでくださいね。

ちなみにこの記事はラージマウスバスの記事でしたが、スモールもこの時期は夕方にトップの反応が良くなりますよね。

ぜひ狙ってみることにしましょう。

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を

 - 攻略法,  夏

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status