釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

気になるテーマでブログ内を検索!

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

こんにちは!店長の小山です!

本日はProfessor(プロフェッサー)から発売中のソアリンシャッドⅡの亜種にあたります「ソアリンシャッド縦割り」の自作方法についてご紹介させていただきます。

ダウンショットで使うと非常に良くバスが釣れるワームですので、ぜひ覚えていってくださいね。

ソアリンシャッド縦割りとは?

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

ソアリンシャッドはもともと、相模湖を中心としたハイプレッシャーバス攻略のために開発された「ソアリンリグ(逃げ惑う小魚を演出してボイルを起こさせるためのリグ)」専用ワームという位置付けだったようなのですが、木崎湖のプロガイドである喜代浜友貴さんが偶然?これをタテ半分にしてダウンショットで使ってみたところ、全国のフィールドで良い釣果が出たため、知る人ぞ知る自作カスタムルアーになった、というものだったようです。 すみません、後で確認したところ、代表の石川さんが発見したのだそうです(石川さんとこれをご覧の皆さん、間違いがありまして申し訳ありません)。

しかしこの釣果が確かなものだと分かり改めてメーカーさんの方で正規品として製品化されたものが、「ソアリンシャッド2.0インチ縦割り」なんですね。

ちなみに当時喜代浜さんが縦割りで使っていたものはソアリンシャッド1.8インチで、これは木崎湖のスモールマウスをはじめハイプレッシャーレイクのラージマウス達にも効果抜群です。

製品版は2インチですのできっかけとなった1.8インチよりも大きいのですが、サイズ感とシルエットの違いがいい感じに出ていますので、このわずかな違いを使い分けるのがいいのではないかと思います。

どちらも釣れます。

ソアリンシャッドを自分で縦割りにする方法

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

ソアリンシャッド2インチ縦割り以外のものを縦割りにするには、今のところ自分で作業して作るしかありません。

しかしこのワーム、ハンドポワード独特の柔らかさと粘りがあるため、簡単そうで意外とうまく行かないのです。

ということで、私がやっている縦割りの方法をご紹介させていただこうと思います。

まずは動画の方をご覧ください。あわせて水中アクション動画と木崎湖でのバス実釣シーンもございますので、ぜひご参考になさっていただければと思います。

ソアリンシャッド縦割りをより有効に活用するポイント

動画の中でもご説明させていただいておりますが、ちょっと言葉足らずな部分もあったかもしれませんので、補足的に改めて確認していきます。

カットする時

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

カットする時はスクレーパーで一気にギロチン状態が私はベストだと考えています。ハサミでも可能ですがワームが逃げるのでやりにくいですし、カッターでも可能ですが真っ直ぐ刃を引くのが意外と難しいんです。刃を止めながら慎重にやると結局ギコギコしてしまい、断面がギザギザになってしまうんですね。

また、ハサミ・カッターを使ってカットするとテール部分にクセが付いてしまうことがあり、これはライター等であぶると直すことができるのですが、スクレーパーでカットするとクセが付きにくいような気がします。

ということで、やはり、スクレーパーという道具が良いかと思います。私が使っているOLFA(オルファ・スクレーパーL型・品番 35LB)はホームセンターで600円くらいだったと思います。

製品版のソアリンシャッド2インチ縦割りも、購入時は連結されていますので、この連結を切り離すのに結局は使うことになるかと思います。

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法
出典:『教授』の釣り日記

ちなみに喜代浜さんが使っているのはもっとプロっぽい工具のものです。カッターの刃を付け替えられるやつで、数千円くらいするやつですね。(ちなみにスクレーパーを使ってカットする方法は喜代浜さんが発見したとのことです。私も喜代浜さんに教えていただきました)

スクレーパーの先は平らではなく、できるだけ鋭い刃になっているものがいいでしょう。

手や指を怪我しないよう、十分にご注意ください。

フックにセットする時

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

動画に出てきたフックはたまたま私が使っているもので、これがベストということではありません。

ご自身のタックルに合ったフックをお使いください。

ソアリンシャッド縦割りにフックを刺す時は動画でご説明させていただいた通り、ワームのほんの鼻先にチョン掛けするのがベストです。

ソアリンシャッドのボディ下半分のソルトインの部分が高比重なため、シェイクをした時に下側の慣性が大きくなり、ワームが自分でロールしようとする作用が働くんですね。

ただ、フルキャストするとワームが身切れしてしまうこともあるのでご注意ください。

もったいないと感じる場合はフックをもっと深く刺してもらってもテールはしっかりアクションしてくれますので大丈夫です。ただし、ダウンショットでのロールアクションによる釣果はぜひ体感してみてくださいね。

ソアリンシャッドのお求めは野尻湖釣具店の通販で!

ソアリンシャッドは非常に独特な発想から生まれたワームではありますが、汎用性もあります。

今回のように、手間は増えますが縦割りにしてダウンショットで使うと効果絶大であることが分かっていますし、ノーマル状態でもライトキャロライナリグで使うとスモールマウスバスに有効であることが分かっています。

また非常に魅力的なカラーラインナップも特徴的で、開発者のこだわりを感じることができます。

ぜひ色々なカラーでお試しください。

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法

全国通販承有中ですので、プロフェッサー製品がお近くの釣具店にないという方は当店の通販をご利用くださいませ。

今回、この撮影のために木崎湖のスモールマウスを釣ってきましたが、幸運にも45アップが連発し、舞い上がってしまうという結果になりました。

開発者さんの立場を考えたら幸運だなんていうのは失礼かとは思うのですが、ぜひ皆様にもこのように舞い上がるような幸運が訪れることを願っております!

ちなみにSoaring(ソアリン)とは、【舞い上がる】という意味ですからね、縁起のいい商品名ですよ!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

釣れる!ソアリンシャッド縦割りのおすすめ自作方法
当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。