japan bass fishing baits online store
バス釣りアパレルTシャツ
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

コンパクトラバージグの有効性【マイク・アイコネリ】

バス釣りコンパクトラバージグの有効性
Photo by bassmaster.com

バスをより効率的に釣るには「場所」「ルアー」「バスの状態」の3つについて知っておく必要があります。この記事では、「コンパクトラバージグ」という、比較的新しいジャンルのルアーについて学んでみましょう。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Essential compact jigs”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bassmaster.com”Essential compact jigs”Written by Michael Iaconelli|June 21, 2022

バス釣りの楽しいところは、数あるルアーのなかから適材適所(だと思われるもの)を見つけ出して釣り上げるのがひとつにあると思います。

適材適所なルアーを選ぶというのは、バスがいる場所を見つけたら、ポイントの状態やバスの状態を考えてあげなければいけないということ。

考えると言ってもその変数は数多く、水温、天気、水深・レンジ、カバー、濁りなどがあり、さらにこれらの組み合わせがあることまで考えると一発で正解に辿り着くのはかなり難しいのではないでしょうか。

また、そのためにはルアーそのものの特徴や適正なんかも知っていないと、決定することすらできませんからとても効率的とは言えません。

バス釣りを効率的にするには、場所、バス、ルアーの3つの知識が必要ということになります。

これは、身近な例えでいいますと、奥さんや彼女さんに「仕事の帰りに甘いもの買ってきて」と頼まれたときにどうするか問題に似ています。

「甘いものってなんだ?そういえば昨日クリームプリンの話したっけ、じゃあクリームプリンを買いにどこどこのスーパーに寄って帰るかな」これが正解なのに、そういうことを考えないで、自分の好みだけで寿司屋の甘い玉子の握りをおみやげ買って帰ったらえらい目に遭うじゃないですか(笑)

甘いものといっても相手が望むものは何か、どこで買うか、何を買うかを考えないといけないという。うーん、バス釣りってそんなに複雑でしたっけ(笑)!?

今回ご紹介する記事はコンパクトラバージグなのですが、これはプリンに例えると普通のプリンではなく、クリームプリンということです。その違いが分からなければ、相手のご機嫌をとるのは難しいでしょう。

この記事は、アメリカバスマスター公式サイトのコラム記事で、エリートプロのマイク・アイコネリ氏が、コンパクトラバージグについて解説してくれています。

彼がコンパクトラバージグについてどんなことを考えているのか、ぜひ学んでいきましょう。

 気になるところだけ読んでもOKです 

なくてはならないコンパクトラバージグ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
The Bassmaster Elite Series tournament on the Delaware River in 2014 is one of the most challenging and rewarding events I’ve ever fished. It was held in Philadelphia, just across the river from New Jersey, my home state. I won the event with 47 pounds, 14 ounces. The river proved so stingy that no other angler managed to sack 40 pounds. I felt right at home there because Philadelphia is my birthplace. I was fishing the Delaware River from the bank with my uncle and grandfather when I was only 2 or 3 years old. When I later got hooked on bass fishing, I learned how to coax bites from the abundant manmade cover on this tidal river. In the Elite tournament, I fished things like pilings, seawalls and old beat-up docks. I caught 80% of my bass on a prototype compact jig made by Missile Baits, which would later be dubbed the Mini Flip Flipping jig. I dressed the hook with a brown, purple and cinnamon colored Berkley Powerbait Crazy Legs Chigger Craw. I’ve long been a proponent of downsizing my baits when fishing is tough. But over the last five years, compact jigs have become more productive for me than full-size jigs regardless of the conditions. A compact jig is not the same thing as a finesse jig. Finesse jigs tend to be lighter than standard jigs as well as smaller. A compact jig looks like a shrunken version of a full size jig, but it comes in most of the same weights. The Mini Flip, for example, is available in 1/4-, 3/8- and 1/2-ounce sizes. Those are the main sizes I rely on with full size jigs. The beauty of that is I don’t have to change tackle when I’m fishing a compact jig. If I’m pitching one around docks, I use the same 7-foot, 2-inch, heavy-action rod I pitch standard jigs with. A compact jig typically has a smaller profile head, a smaller hook and thinner skirt material. Many of them also have a tone-downed weed guard. I love a compact jig for flipping and pitching because it gets into and out of cover without hanging up as much as a full size jig. I’m actually more efficient with it. I always downsize the trailer that I put on a compact jig. Instead of the 4-inch trailers I typically use with full-size jigs, I’ll go with the same trailer in a 3-inch version. That’s true whether the trailer is a Chigger Craw, a double tail or a chunk. If you’re in a pinch, you can bite down a 4- or 5-inch trailer. Compact jigs catch more bass anytime the bite is tough, such as on a bluebird, high-sky day after a cold front. Bass also get finicky due to heavy fishing pressure. Given that our bass are beat on every single day anymore, compact jigs are likely to get more bites than standard jigs anytime you go fishing. Sometimes bass shun standard jigs simply because they are bigger than what the bass are eating. They may be targeting small bluegills, crayfish or minnows. In this instance, a compact jig does a better job of matching the hatch. When Missile Baits came out with the Mini Flip Flipping Jig in 2014 only a few companies were making true compact jigs. A dozen or more companies now make them in flipping, casting, swimming and football versions. Fish them the same way you fish standard size jigs and they’ll often produce more bites for you.

2014年にデラウェアリバーで開催されたバスマスターエリートの試合は、これまでの私の試合の中でもっとも挑戦的でやりがいのある試合のひとつでした。それは私の地元ニュージャージーから川を渡ったところのフィラデルフィアでの試合です。私は47ポンド14オンスでその試合に優勝しました。デラウェアリバーはかなり釣れない川で有名で、他のアングラーは40ポンドにも届かないスコアでした。

フィラデルフィアは私のホームでもあるため、私はリラックスして試合に臨めました。なんせ私が2、3歳のときにから叔父や祖父と一緒にオカッパリの釣りをしていたところです。のちにバス釣りに夢中になったとき、私はこのタイダルリバーに多くあるマンメイドカバーで釣る方法を学びました。

そのエリートでの試合は、杭、護岸、古い桟橋跡から釣りました。釣れたバスの80%はミサイルベイツの当時プロトだったコンパクトラバージグで釣ったものです。このジグは後にミニフリップフリッピングジグと呼ばれることになります。トレーラーにはブラウン、パープル、シナモンカラーのバークレーパワーベイト・クレイジーレッグス・チガークロウを付けました。

私はこれまで、タフな場面ではルアーをサイズダウンすると考えてきました。しかしこの5年間で、コンパクトラバージグはタフとかコンディションに関係なく、フルサイズのラバージグよりも釣れるようになりました。

コンパクトラバージグはスモラバと同じではありません。 スモラバは、標準のジグよりも軽いだけでなく、小さい傾向があります。コンパクトラバージグというのはフルサイズのラバージグを小さくしたように見えてほとんど同じ重さのものです。たとえばミニフリップには、1/4オンス、3/8オンス、1/2オンスのサイズがあります。これらは私がフルサイズのラバージグで使っていた重さと同じです。

コンパクトラバージグのメリットは、フルサイズのラバージグのときとタックルを変える必要がないことです。桟橋まわりでピッチングする場合は、普通のラバージグをピッチングするのと同じ7フィート2インチのヘビーアクションロッドを使用します。

コンパクトラバージグは通常、ヘッドが小さく、フックが小さく、スカートの量が少なくなっています。また、多くは控えめなウィードガードが付いています。フルサイズのラバージグのように、根掛かりを恐れずカバーを撃てるコンパクトラバージグが私は大好きで、実際にそれはより効率的です。

コンパクトラバージグではトレーラーも小型化しています。フルサイズのラバージグで使うのが4インチのトレーラだとすれば、同じ系統の3インチのものを使用します。トレーラーが例えばチガークロウ、ダブルテール、チャンクのどれだったとしてもそれは同じです。もし4~5インチのトレーラにバイトがなければ、ですが。

コンパクトラバージグは、寒冷前線が通過した後の晴れた日など、バイトがなかなか出にくいでも、多くのバスが釣れます。また、高いフィッシングプレッシャーに直面しているバスは気難しいもの。現代のバスはもはや毎日のように叩かれているので、コンパクトラバージグは常に標準のラバージグよりも多くのバイトを得る可能性があります。

バスは、いま食べているものよりも大きいという理由だけで、標準のラバージグを避けることがあります。彼らは小さなブルーギル、ザリガニ、ベイトフィッシュをターゲットにしている可能性があります。この場合、コンパクトラバージグはマッチザベイトにより近付きます。

2014年にミサイルベイツがミニフリップフリッピングジグを発売したとき、コンパクトラバージグを製造しているメーカーはごくわずかでした。現在は多くのメーカーが、フリッピングジグ、キャスティングジグ、スイミングジグ、フットボールジグでコンパクトタイプを製造しています。使い方は普通のラバージグと同じ方法ですが、多くの場合、より多くのバイトが得られます。

バス釣りコンパクトラバージグの有効性
Photo by bassmaster.com

コンパクトラバージグについて、全体像がかなり分かりやすく解説されていたのではないでしょうか。

これまでのラバージグと同じタックルで、同じように使って、バイトがより多くなる。

つまりはこういうことでしたよね。

アメリカではここ数年のコロナの影響で多くの方がバスフィッシングをするようになり、フィールドはますますハイプレッシャー化しているようです。

私たち日本でもかつてのバスブームを体験された方ならご存知のように、バス釣りのパラダイスと呼べるフィールドが各地に存在していました。

それがブームとともに徐々にハイプレッシャー化でそのように呼べるフィールドはなくなっていったということが起きましたからね。

あらかじめ断っておきますが、私はパラダイスがなくなってしまったことを嘆いているのではありませんし、ノスタルジーに浸りたいわけでもありません。

ただ時代の流れをありのままに受け入れていますし、それでいいと思っています。

そういった環境の変化から、次の新しいアイテムが生まれ、バスとアングラーとのいたちごっこが楽しめるわけですからね。

というわけでコンパクトラバージグの可能性を感じられた方が多いと思われますが、当店にもピッタリの商品がございます。

ニシネルアーワークスさんのフィネスフットボールジグです。

ウェイトは3/8ozと1/2ozで通常のラバージグと同じですが、アイクが言った通りフックが小さく、ラバーも少ない仕様なんです。

ただしブラシガードがないジグですので、ウィードやオダなどのカバーには向いていませんが、ロックやコンクリートなどのマンメイドカバー系の攻略に優れています!

このようなコンパクトラバージグの効果についてはぜひ、あなたの手でお確かめいただければと思います!

お値段は3/8ozが660円、1/2ozが748円となっております。いずれも税込で送料は全国250円から通販を承ります。

ご注文お待ちしております!

それではまた!

リサイクルショップ店長・チーム作り成功のための本