野尻湖釣具店セール

冬のクリアウォーターバスを釣るには

冬のクリアウォーターバスを釣るには
Photo by major league fishing.com

バス釣りには不思議なことに、その地域ごとに特有の有効な釣り、よく釣れるやり方のようなものがあったりするものです。しかし、そういうものを知らなくても、釣れないというわけではありません。バス釣りには普遍的な部分も必ずあるからです。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Elam Gets the Most Out of Clear-Water Bass Fisheries in the Winter”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:majorleaguefishing.com ”Elam Gets the Most Out of Clear-Water Bass Fisheries in the Winter”By Tyler Brinks – December 24, 2019

釣りという自然を相手にした遊びをしていると、不思議なことがたくさんあることに気付きます。

まあ、不思議なことと言いましも所詮は私のようなレベルの話なのですが、たとえば、隣り合った2つの釣り場があったとして、片方はクリアウォーターなのに、もう片方はかなり濁っているとか、地形的なことを考えるとここは絶対深いはずなのにめちゃくちゃ浅いとか、そんな感じです。

自然が作り出すものには2つとして同じものはないんだなと思うことがよくあるんです。

釣り自体もそうです。

自分のホームではこのワームがよく釣れるのに、他のところへ持って行っても釣れずに、意味も分からずに自信をなくしたり、でもまたホームで使うと釣れたりします。

それでホッとするのと同時に、「ああ、これはきっとここの釣り場でよく釣れる特別な理由があるんだろうな」と思ったりするものですが、これがいわゆるローカルベイトといわれる、その地域特有の釣れ釣れルアーが生まれたりする要因のひとつなのだと思います。

そういう、その地域やフィールド特有の有効ルアーや有効カラーを知っていると釣りがかなり有利になるため、ボート屋さんや釣り仲間からの情報収集は欠かせないものですが、情報がシークレット扱いになっていることも多く、そうそう良い思いができるわけでもないんですよね。

特にこの冬のような厳しいコンディションの時など、有用な情報は本当にありがたいのですが…。

しかし、そういう情報が手に入らないとしても、がっかりすることもないようです。

この記事は、アメリカメジャーリーグフィッシングサイトのコラム、メジャーリーグレッスンの記事で、メジャーリーガーのジェームズ・エラム氏にインタビューされたものです。

彼が言うにはバス釣りは普遍的なことも多く、全国どこへ行っても通用するやり方があると言っています。

冬はクリアアップするフィールドが多いためか、今回はクリアウォーターフィールドについて解説してくれています。

ぜひ読んでみましょう。

天気とフィーディングの関係を知ろう

引用文(タップすると開きます)
One of the best times of day to catch a bass is early in the morning as the sun just starts to rise, and that’s true even in the dead of winter. However, Elam finds that after lunch can be the best fishing of the day.

“I believe bass during the winter feed later in the day more often, and will move shallower to feed,” Elam said. “The time from around noon to four o’clock is a major feeding window.”

Bass anglers tend to turn into amateur meteorologists before a fishing trip, and Elam is no different, paying close attention to the extended forecast.

“We get winter fronts once a week like clockwork in Oklahoma, and the best fishing days are always the three days before the system comes through,” he added. “The ideal conditions for me are sunny days with a little breeze.”

バスを釣るのに最適な時間帯の1つは、朝まずめといって太陽が昇り始めるころです。これは真冬でも同じです。 しかしエラムは、ランチの後にその日の最高の釣りになり得ることを発見しました。

「冬のバスは、午後になって餌を食べる頻度が高くなり、フィーディングのためにシャローへ上がってくると考えています」とエラムは言います。 「正午から4時までの時間は、重要なフィーディングタイムでしょう。」

バスアングラーというものは釣りの前になると天気予報師さながらになる傾向があるものですが、エラムも例外ではなく、週間天気予報には細心の注意を払っています。

「オクラホマでは計ったように、週に1回の寒冷前線の通過があります。最高の釣り日は、前線が通過する3日前で、私にとって理想的なコンディションとは、晴れた日で少し風が吹いていることです。」

冬に狙い目の場所

引用文(タップすると開きます)
During the coldest months of the year, Elam is looking for high-percentage areas that hold baitfish and hungry bass.

“One of the first things I look for, no matter where I’m fishing, is a flat with a ledge nearby,” he said. “This could be a creek channel swing with a deeper flat on it or a slow tapering point that drops to deeper water at the end. I also look for transitions where steep bluffs change to a more gradual slope, because that will also congregate the forage.”

一年で最も寒いこの時期、エラムはベイトフィッシュと空腹のバスの両方が生息する割合の高い地域を探しています。

「どこで釣りをするにしても、私が最初に探すものの1つは、近くに棚(段差)があるフラットです」と彼は言いました。 「これは、チャンネルスイング(チャンネルラインがヨレる場所)とディープフラットが隣接するところであったり、あまり尖っていない岬がディープまで落ちる突き当たりだったりします。 また、垂直岩盤が緩やかな傾斜に変わるような場所も探すようにします。

低水温時のルアーセレクト

引用文(タップすると開きます)
There’s a point each year when Elam makes the switch from crawfish imitators to something that looks like a shad.

“I’ll throw a jig or crawfish-colored crankbait until that bite starts to fade away,” Elam said. “Then it becomes a shad-driven bite, and a lot of times they are eating smaller shad, so I downsize my lures.”

Even though he can’t use it on the Bass Pro Tour, Elam admits that an Alabama rig is hard to beat in clear, cold water.

“I never thought something could be better than a suspended jerkbait for cold water, but an Alabama Rig with 3-inch swimbaits is hard to beat,” Elam said.

Elam will also rig up a single swimbait or small grub on a 3/16-ounce head when fishing this time of year. He’ll also mix in shad-profiled crankbaits and jerkbaits.

“Jerkbaits are always good, and I find myself doing better with the deep-diving versions during the winter in clear water,” Elam advised. “If the water is a little stained, a shallower diver does better in my experience.”

As winter moves along and many waters experience a shad die-off, Elam switches to a vertical approach.

“That’s when I throw spoons, blade baits, and ice jigs,” he said. “Even a drop-shot, many times the bass see it fall, and that is the reason they get interested and bite it.”

毎年、エラムはザリガニカラーからシャッドカラーのルアーに切り替えるタイミングがあります。

「ラバージグやザリガニカラーのクランクベイトをバイトが出なくなり始める時期まで使います。そしてそれは、シャッドカラーのバイトが増える時期になるということです。そしてそれは多くの場合、小さなシャッドを食べているはずなので、ルアーのサイズも小さくするのです。」

エラムはバスプロツアー(試合)では使用できませんが、アラバマリグは低水温のクリアウォーターではかなり有効だと認めています。

「低水温期はサスペンドジャークベイトに勝るものはないと思いたいところですが、3インチのシャッドテールワームを付けたアラバマリグはかなり有効です。」とエラムは言いました。

エラムはまた、この時期に釣りをするとき、3/16オンスのジグヘッド(単発)にシャッドテールワームまたは小さなグラブを使います。彼はまた、シャッドカラーのクランクベイトとジャークベイトを併せて使います。

「ジャークベイトは定番であり、冬にクリアアップした水質ではディープダイビングタイプを使用することでより良い結果を得ることができます。」とエラムはアドバイスします。 「少し濁りが入っている場合は、あまり潜らないものの方が私の経験ではより良い結果が得られています。」

冬が進み、多くのフィールドでシャッドが死に絶えていくと、エラムはバーチカルアプローチに切り替えます。

「それは、スプーン、メタルバイブ、アイスジグを投げるタイミングです。 ダウンショットもそうなのですが、バスはフォールするものを良く見ています。それに彼らが興味を持つようで、バイトしてくる理由になるようです。」

冬のクリアウォーターバスを釣るには
Photo by major league fishing.com

暖かい格好で

引用文(タップすると開きます)
One of the downfalls of fishing in the cold is often just staying warm. Over the years, Elam has developed a system to keep him comfortable.

“I’ll rig up three spinning rods and three baitcast rods so I can swap back and forth,” he said. “The hand that you reel with is always going to be the one that seems to get the coldest, and that little trick helps,” he said.

Elam is also a big proponent of wearing the right clothing and is a fan of the Simms Challenger Insulated jacket and bibs: “It’s made for ice fishing and does an excellent job of keeping you comfortable and fishing longer.”

冬でも釣りができる理由のひとつは、ちゃんと暖かい格好ができるからです。 エラムは長年にわたって、暖かく快適に保つためのシステムを開発してきました。

「3本のスピニングタックル(右巻き)と3本のベイトタックル(左巻き)を交互に使うようにするんです。」と彼は言いました。 「リールを巻く方の手が最も冷たくなると思われますので、そんな些細なことがまあまあ役に立つのです。」と彼は言いました。

エラムはまた、適切な服を着ることを勧めていて、シムズ・チャレンジャーインサレーテッドジャケット上下のセットアップの愛用者です。「これはアイスフィッシング用に作られており、長時間にわたり快適な釣りができる素晴らしい仕事をしてくれます。」

冬のクリアウォーターバスを釣るには
シムズ・チャレンジャーインサレーテッドジャケットの上下セットアップ

最後のスピニングとベイトを交互に使うというのはちょっとどうかなと思いましたが(笑)、暖かい格好をするというのは賛成です。

当たり前のように思われるかもしれませんが、暖かい格好というのは出来ているようで出来ていないもので、着る物の組み合わせがちゃんと上手くいくと「今までは何だったんだ」と思うほど暖かさが持続できるものなんですよね。

シムスのジャケットは高額ですからそりゃあ暖かいでしょうと思われるかもしれませんが、それに加えてインナーやミドラーをしっかり自分に合ったものを着ないと、高額なジャケットを着ていても寒いものなんですよね。

寒さ対策につきましては以前にも書かせていただいた記事がありますのでそちらもあわせて読んでみてください。

ジェームズ・エラムは、普遍的な冬の釣りを示してくれました。

クリアウォーター系のフィールドであればだいたいどこも同じような動きをバスはしているということですから、これを覚えておいて、なんとかパターンにはめたいところですね。

ローカルベイト、ローカルカラーなどのシークレットを使いこなす最強ロコアングラーのみなさんも、きっとはじめはこういった普遍的なものから始めて、時間をかけて段々と超強力なパターンに辿り着いているはずですから、情報がなければ自分なりにいろいろ試していくしかないですもんね。

冬でもちゃんと釣ってる人は、やっぱりすごいです。

私も頑張っていこうと思います。

それではまた。

毎度ありがとうございます!