野尻湖釣具店ルアー通販

バス釣り初心者さんにおすすめのルアー&リグ

バス釣り初心者さんにおすすめのルアー&リグ
Photo by missilebaits.store

バスプロの方々がやることを初心者さんが同じようにやってみても、まずうまくいかないと思います。しかし、初心者さんに向いているルアーやリグを使えば、プロの方と同じような釣果になることも不思議なことではありません。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Best Beginner Bass Fishing Techniques”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:missilebaits.store”Best Beginner Bass Fishing Techniques”by John Crews| July 27, 2020

今回は初心者さん用の記事をお届けしようと思うのですが、これを今ご覧の方は、バス釣り初心者さんでしょうか。

どのくらい、バス釣りをされていますでしょうか。

と言いますのも、私が初心者だったころを思い出してみたとき、まあ今もそうなのですが、ありとあらゆるルアーが店頭に並んでいたもので、それをそれぞれどうやってバス釣りに使うのか、覚えるのに苦労するものでした。

バス釣りを続けていればまだ、それは自然と身についていくものなのですが、なんせ初めのうちは大変だったような気がします。

今日のバス釣りはそのころよりももっと細分化がされ、そのことでバスタックルをはじめルアーひとつひとつの役割や機能も分けられるため、覚えるのはもっと大変なのかもしれません。

私の立場からすると、バス釣りを始めたばかりの方々が大変な思いをしてしまって、バス釣りがこんなに大変ならもうやりたくない…といったことになってしまうのは辛いのです。

そこで、初心者さんに必要なこと…できるだけシンプルで、覚えやすく、根掛かりしにくく、よく釣れる。そのようなルアーやリグを紹介できる記事というものを読んでいただけたらなと思うのです。

この記事は、アメリカのルアーメーカーのひとつ「ミサイルベイツ」の公式HPのミサイルブログの記事で、同社の社長でありトッププロでもあるジョン・クルーズ氏が、初心者の方々におすすめするリグやルアーについて解説してくれています。

ジョン・クルーズはアメリカを代表するトッププロのひとりですが、彼もはじめは初心者でしたし、彼の経験に基づいて紹介してくれるものは間違いないはずです。

初心者さんはもちろん、ベテランさんでも十分楽しめる記事だと思います。

ぜひ読んでみてください。

ワッキーリグ

引用文(タップすると開きます)
The wacky rig is the rig to start bass fishing with. It is basic and catches bass in ponds, rivers, and lakes. A wacky rig is just a straight worm that has a hook stabbed right through the middle. It is best fished on a spinning rod and reel. A number of worms can work on a wacky rig like the Missile Baits Quivers and 48, Yamamoto Senko, or Zoom Trick Worm. I have even used a number of different hooks to put through the middle but a Gamakatsu G-Finesse Stinger hook might be my favorite because you can use the regular version or the weedless version around cover.
バス釣り初心者さんにおすすめのルアー&リグ

ワッキーリグはバス釣りを始めるためのリグです。とても基本的なリグで、池、川、湖でバスを釣ることができます。 ワッキーリグは、ストレートワームの真ん中にフックを刺したリグです。 スピニングタックルを使うのが良いでしょう。 ミサイルベイツ・クィーバーやTHE48、ゲーリーヤマモト・ヤマセンコー、Zoom トリックワームなど、ワッキーリグでは多くのワームを使うことができます。 これまでいろいろなフックを使ってきましたが、カバーのあるなしでウィードガードを付けたり外したりできるタイプのフックが良いかもしれません。

テキサスリグ

引用文(タップすると開きます)
The Texas rig was one of the first ways that anglers used soft plastic worms. It consists of a bullet shaped weight on the line above a hook that is buried into the worm so it is weedless. I love a Texas rig. It would be best to start with a 1/8 ounce to 1/4 ounce weight and a Gamakatsu EWG hook in a size that fits the soft plastic you are fishing. You want to make sure you rig your worm on the hook so that it sits straight on the hook. The Texas rig is great to cast but also leads an angler into other techniques like flipping and pitching down the road.

テキサスリグは、バス釣りがはじめられたころからあるリグのひとつでした。これは、ワームにフックの先端を隠してウィードレスにしたものに、バレットシンカーを通したラインを結んだものです。 個人的にはテキサスリグが大好きです。 まずは1/8ozから1/4ozのシンカーで、使うワームに合ったワイドゲイプのフックを使うのがいいでしょう。 フックに対してワームをまっすぐにセットする必要があります。 テキサスリグはキャストして使うのもいいですし、慣れてきたらフリッピングやピッチングなどの他のテクニックも試すことができます。

ポッパー

引用文(タップすると開きます)
Watching a bass blast a lure on top of the water is so exciting. Topwater is the favorite way to catch bass for most any experienced angler. I recommend starting with a popper of some type. The Rebel Pop-R is the one of the original poppers for bass. It is a great option but new poppers are still coming out like the new SPRO E-Pop. The reason is because they catch bass! Throw out a popper and give it a tug. You can also tug 2 or 3 times in a row to trigger a blow up. There is no doubt when you get a bite so just be ready.
バス釣り初心者さんにおすすめのルアー&リグ

水面を爆発させてバイトするバスを見るのは非常に興奮します。トップウォーターは、経験豊富なアングラーの多くがバスを釣るための大好きな方法です。 たくさん種類がありますが、ポッパーから始めることをお勧めします。 レーベル・POP-Rは、バス用の元祖と言えるポッパーの1つです。 他にも、SPRO・E-Popのように新しいポッパーもまだまだ発売されています。 なぜならそれは、バスが釣れるからでしょう! ポッパーを投げたら、キュッと引いてみてください。 また、2〜3回続けて引くことでバイトを誘うこともできます。 バイトは突然にやってきますので、準備しておいてください。

ダウンショットリグ

引用文(タップすると開きます)
The drop shot rig is a standard for any serious bass angler, and it is very simple to fish for beginners. A drop shot is a hook tied to the line and then the tag (leftover end of the knot) is put back through the hook eye and then a weight is tied to that piece of line. The distance between the hook and weight should be anywhere between 6” to 18”. Starting with a 1/8 ounce weight would be a good middle of the road for beginners. Straight thinner soft plastic worms are the way to start here as well.

ダウンショットリグは本格的なバスアングラーのスタンダードですが、初心者でも簡単に釣ることができます。 ダウンショットは、フックをラインに結び、余ったラインの先をフックのアイに上から通し、シンカーを取付けたものです。 フックとシンカーの間は、20㎝~60㎝程度になります。 初心者の方であればシンカーの重さは1/8ozくらいから始めるといいでしょう。 ワームも細めのストレートワームから始めるといいと思います。

スピナーベイト

引用文(タップすると開きます)
The spinnerbait has been around for many, many years for a reason. The flash and vibration are a definite trigger for bass. The best thing to know is that spinnerbaits are often best in stained or darker waters. Bass have a lateral line on the sides of their bodies that sense vibration in the water and that is how bass feed at night and in muddy water. The spinning blades create vibrations that bass can sense a long way away. Spinnerbaits can be fished up near the surface or down near the bottom after letting it sink before retrieving. Bass often hit that spinnerbait so violently that it, no doubt, is one of my favorite ways to catch a bass. Learning those baits and how to fish them will allow an angler to catch bass on many different types of bodies of water. Don’t worry about all the other hundreds of baits and rigs out there that are used for bass getting started. Yes, they all can work. The problem is that each one takes confidence to catch fish with. Start with these and you will be catching bass wherever you go in no time!

スピナーベイトは、理由があるために何年も前から存在しています。ルアーが出すフラッシングと波動はバスがバイトするきっかけになります。知っておくべきこととして、スピナーベイトは多くの場合、濁りがあるときや暗いところで有効であるということです。バスは体の横に側線があり、水中の振動を感知します。これが、バスが夜間や濁りの中でもフィーディングできる理由です。回転するブレードは、バスが遠くからでも感じることができる波動を出します。スピナーベイトは、キャストしたら希望のレンジまで沈めることで、表層でもボトム付近でも使うことができます。バスはスピナーベイトに激しくバイトして来るので、私が好きなルアーのひとつなのです。

ここに紹介したルアーや釣り方を学んでもらえれば、多くの異なるフィールドでバスを釣ることができます。バス釣りを始めるにあたって、何百種類もある他のルアーをすべて覚える必要はまったくありません。たしかにすべてのルアーでバスを釣ることはできますが、問題なのは、一人一人が自信を持ってバス釣りをすることです。これらから始めれば、どこへ行ってもバスを釣ることができるはずです!

バス釣り初心者さんにおすすめのルアー&リグ
Photo by missilebaits.store

今日のバス釣りは細分化がされ、ルアーやタックルを細かく使い分けるほど、そのタックルやルアーの性能をうまく引き出せるのでしょう。

しかしそれは、昔からあるタックルやルアーをそのまま使っていてはバスが釣れないということではありません。

昔からあるルアーを昔のままに使ってもバスは釣れますので、ジョン・クルーズが言う通り、まずは自信を持って釣りをするのがいいのかもしれませんね。

そうは言っても、今日の市場に誕生してくるルアーというのは非常に優秀だと思います。

そのようなルアーの中から、初心者さん向きというコンセプトのものをその通りに使うということも、バス釣りが上達するステップだと思います。

急に何百種類も覚えていくよりは、いくつかに絞ってとにかくフィールドに出て使い込む、使い切るというのが良いのではないでしょうか。

私も初バスを釣るまでに2年かかりましたので(笑)、くじけずフィールドへ通いましょうね!

それではまた。

毎度ありがとうございます!