グレッグ・ハックニーのお気に入り3ルアー

      2018/09/07

スポンサーリンク

Photo by BASS FAN.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Greg Hackney Why Hackney Favors Square-Bill, Swim Jig, Stick Bait”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bassfan.com”Greg Hackney Why Hackney Favors Square-Bill, Swim Jig, Stick Bait”By Rob Newell August 17, 2017(海外サイトです)

 

バスプロの方にする質問の中で私がもっとも好きなもののひとつに、「もし1回の釣行で1つしかルアーを使えないとしたら、何を持って行きますか」というものがあります。

この質問はそのプロの持っている最もバーサタイルなルアーのマルチな使い方を聞き出せる(得意とは限らない)ほか、私のような素人でも真似しやすい、多くの人にとって「平均的に使える」回答を得ることができると思うからです。

しかし、ひとつだけというのは時に混乱もします。

プロの方というのはそれこそあらゆるシーン、あらゆる状況を考えて導き出しますから、大雑把な回答では結局役に立たない情報になってしまう場合があるんですよね。

では、「3つのルアーしか使えないとしたら?」という質問ならどうでしょう。

3つに選択肢を広げることによって、そのプロの釣りの傾向が浮かび上がってくるでしょうし、おそらく最も得意な釣りが入ってくるはずです。そうすると、ひとつひとつのルアーに対する回答が少し専門的になりますが、結局のところ分かりやすい説明を得ることができるのではないでしょうか。

この記事は、アメリカのバスフィッシング専門メディア「BASS FAN」の記者、ロブ・ニューウェル氏が、バスマスターエリートプロのグレッグ・ハックニー氏に取材をしたもので、グレッグハックニーがどんな場所で釣るにも常に持っていくルアーを3つ、挙げてもらっています。

グレッグハックニーと言えば2014年のバスマスターアングラーオブザイヤーを勝ち取り、今年(2018年)はメジャーリーグフィッシングのワールドシリーズを勝った超一流のバスアングラーです。

そんな彼が心から信頼するルアーとは、どんなものでしょうか。ぜひ読んでみてください。

 

スクエアビルクランク

No cover in the upper 7 feet of the water column is safe from Hackney’s square-bill. Riprap, natural rock, docks, cypress trees, scattered vegetation are all subject to being probed by the Louisiana resident.

“No matter where we go, there are bass usually living in 1 to 7 feet of water,” Hackney said. “And it’s hard to beat a Strike King KVD 1.5 square-bill for searching that zone of water. It’s an efficient bait for covering water in all seasons, from the pre-spawn through the fall.”

His favorite shallow cranking targets are laydowns or any kind of wood targets. But he also has a couple of tricks up his sleeve for old square-lips as well.

“Everyone thinks you’ve got to be cranking 15- and 20-foot plugs in the summer on TVA lakes – that’s not necessarily the case,” Hackney noted. “A lot of fish get on some of those shallower river bars in places like Kentucky Lake, Pickwick and Chickamauga. Those fish are totally catchable on a 1.5.”

Hackney dominated an FLW Tour event on Pickwick Lake in 2014, catching 97 pounds of bass over four days on shallow river bars when others were looking deep. He used bigger swimbaits during the event, but it was the 1.5 that initially sniffed out the mother lode.

In addition, Hackney contends that a square-bill is deadly on smallmouth up north in open water.

“That’s another common misconception with square bills – that they must hitting bottom or hitting something all the time to be effective,” he said. “That’s not always the case, either. The neat thing about the KVD 1.5 is it’s always hunting center, making it look like it’s deflecting off something, even when it’s not. I’ve had smallmouth come up from 10 feet of water and blast it when cranking over shoals.”

Hackney fishes the 1.5 with 16-pound Gamma Edge fluorocarbon line on a 7-foot, 4-inch Quantum Tour KVD cranking rod with a Quantum Smoke HD 200 reel in a 6.3:1 gear ratio. He says the bait will run 5 to 6 feet on that set-up. As for colors, Hackney likes Cataouatche special for stained water, sexy shad for clearer water and chartreuse perch when targeting smallmouth.

水深2.1メートル以内にカバーの無い場所はハックニーのスクエアビルにとって安全ではありません。リップラップ、天然の岩、桟橋、サイプレスツリー、そこかしこにある水生植物などを探っていくのがルイジアナのアングラーなのです。

「どこに行っても、通常は水深30センチ〜2.1メートルにバスがいます。」とハックニー氏は述べています。 「このゾーンを探るにはストライキキング・KVD1.5スクエアビルクランクが絶対です。これはプリスポーンから秋まで、すべての季節をカバーするための効率的なルアーです。」

シャロークランクで彼がターゲットとするお気に入りのものは、レイダウンなどあらゆる種類のウッドカバーです。そうです、彼はまた、昔からスクエアビルクランクのコツをいくつか持っているのです。

「TVA湖では、夏に4.5メートルや6メートル潜るプラグをクランキングする必要があると誰もが思っていますが、必ずしもそうであるとは限りません」とハックニー氏は言います。 「多くの魚がケンタッキーレイク、ピックウィックレイク、チカモーガレイクのような場所にある川のサンドバーの上に乗っています。こういった魚は1.5で完全に捕獲可能です。」

ハックニーは2014年にPickwick LakeでFLWツアーの試合に勝ちましたが、他のアングラーがディープを探っているときに川のシャローサンドバーで4日間にわたって97ポンドのバスをキャッチしていました。彼は試合中に大きなスイムベイトも使用しましたが、最初にメインのバスを釣っていったのは1.5でした。

さらにハックニー氏は、スクエアビルは、北部のオープンウォーターのスモールマウスにとっても有効であると主張しています。

「それはスクエアビルに対する誤解のひとつなのです - それらを効果的に使うにはいつでも何かにぶつけたり当てていく必要があると言われていますが、必ずしもそうではありません。 KVD 1.5についてのキモは、常にまっすぐ走らせますが、何もないところでも、何かから逸れたように見せかけることです。私はスモールの群れの上を通した時、3メートル下から突き上げての爆発バイトを引き起こしました。」

ハックニーは、KVD1.5を7フィート4インチのQuantum Tour KVDクランキングロッドに6.3:1のギア比のQuantum Smoke HD 200リールにガンマエッジフロロカーボンライン16ポンドで使っています。彼はこのセッティングで、ルアーを1.5~1.8メートルレンジを通すと言います。カラーについては、スモールマウスを釣るのであればステインウォーターではCataouatche(ブラックバックチャート)が、クリアウォーターではセクシーシャッドやチャートリュースパーチがスペシャルだということです。

 



スイムジグ

Interestingly, a swim jig is gaining popularity in the must-haves category among top bass pros and Hackney says there is good reason why.

“The swim jig has not always been such a mainstream lure,” Hackney said. “It used to be viewed more as a window bait, with specific seasons and covers. But over the last 10 years a lot of anglers have figured out bass will bite a swim jig just about anywhere at anytime and now it has earned a year-round spot on the deck for a lot of pros, myself included.”

Hackney likes a swim jig so much, he designed one for Strike King, aptly named the Hack Attack Heavy Cover Swim Jig. His favorite model is a 3/8-ounce size in a green-pumpkin color.

“By simply changing the colors or the trailers on a swim jig, you can make it imitate so many types of baitfish,” he said. “In green-pumpkin it looks like a bream, mix in a little yellow and you’ve got a perch, go with white or pearl it looks like a shad – the versatility of the swim jig is outstanding.”

In addition, Hackney says changing the trailers on a swim jig turns it into a totally different lure.

“Most of the time I fish a swim jig up in the first two feet of the water column,” he noted. “When I do that, I always go with a Rage Craw trailer. It’s a flat trailer that gives the bait some lift and makes it sort of hover on a pause. That’s perfect for shallow, clumpy vegetation, or skipping around docks or bushes.”

If he wants to make the swim jig go deeper, Hackney changes to a Rage Swimmer swimbait in either the 3.75- or 4.75-inch version.

“This is more of that northern style of swimming a jig, where you want to slow roll it down there in that 5- to 10-foot range – over ledges or through brushpiles – it’s basically like a swimbait,” he added. “Putting that swimbait trailer on it lets it get down deeper and gives the jig a completely different action.”

Hackney also alters his line for the two different swimbait uses. When fishing the shallower one, he normally employs 50-pound test Gamma Torque braid and when swimming it deeper in clearer waters where fish might get a better look at it, he goes with 16- or 20-pound fluorocarbon. He fishes it on a 7-foot, 6-inch medium-heavy action Quantum Tour KVD casting rod with a 7.3:1 Quantum Smoke HD 200 reel. The higher gear ratio helps him speed up the lure and is critical for taking up the slack during the hookset.

“So many times swim jig fish will hit coming towards you, putting a lot of slack in the line,” he said. “Being able to take up that slack fast helps.”

興味深いことにスイミングジグは、トッププロの間で人気を集めており、ハックニーはそれには理由があると言います。

「スイミングジグはこれまでそれほど主流のルアーではありませんでいた。 それは、特定の季節やカバーへの手段として有効となるルアーだと見なされていました。しかしこの10年で、多くのアングラーはバスはいつでもどこでもスイミングジグにバイトするということが分かり、今では自分を含め多くのプロのデッキの上に置いてあります。」

ハックニーはスイミングジグが大好きです。彼はストライクキングでその1つを設計し、Hack Attack Heavy Cover Swim Jig(ハックアタックヘビーカバースイムジグ)という名前を付けました。彼の好きなモデルは、グリーンパンプキンの3/8オンスです。

「スイミングジグはカラーやトレーラーを交換するだけで、さまざまな種類のベイトフィッシュを模倣することができます。 グリーンパンプキンは、ブリーム(ベイトフィッシュの一種)のように見え、少し黄色い色合いが混じっていて、パーチのようでもあります。ホワイトやパールはシャッドを模します。このように、スイムジグの多様性は抜群なのです。」

さらにハックニー氏は、スイミングジグのトレーラーを変更すると、それをまったく異なるルアーに変えてしまうといいます。

「ほとんどの場合、表層から60センチ以内を泳がせて釣ります。 私の場合は、いつもストライクキング・レイジクローをトレーラーにしています。それは、ルアーを少しリフトしてポーズを入れると、ホバリングをするようなフラット系トレーラーです。これは、シャローで絡み合ったベジテーションまわり、または桟橋やブッシュ周りでスキッピングするのにも最適です。」

スイミングジグをもっと下のレンジで使うのであれば、ハックニーはレイジスイマースイムベイトの3.75インチまたは4.75インチバージョンに変更します。

「これはスイミングジグの北部のスタイルです。そこでは1.5〜3メートルレンジの棚やオダを通す時に使う基本のスイムベイトです。そのスイムベイトをトレーラーにすると、ルアーのレンジは深くなり、ジグに全く異なるアクションが与えられます。」

ハックニーはまた、2つの異なるラインをスイムベイトに使い分けています。シャローを釣るとき、彼は通常、50ポンドのPEラインを使用し、魚によく見られるようなクリアウォーターのディープを泳がせるとき、16から20ポンドのフロロカーボンを使います。7フィート6インチのミディアムヘビーアクションのQuantum Tour KVDキャスティングロッドに7.3:1のQuantum Smoke HD 200リールで釣っています。高いギア比は、ルアーのスピードアップに役立ち、フッキング時のたるみを取るために重要です。

「多くの場合、魚は自分の方に向かって襲い掛かってくることになり、ラインがたるんでしまいます。そのたるみを素早く回収するためにハイギアは役立ちます。」

 

スティックワーム

Hackney’s final selection covers his bases when he has to slow down and get more finessey to earn a bite. For that, he turns to a straight 5-inch stick worm either fished weightless or topped with a 1/8- to 5/16-ounce tungsten weight, depending on cover.

“Again, this is a lure that can be changed to be used in several different situations,” Hackney said. “And don’t ask me what a bass thinks it is. Because, honestly, in the water, it doesn’t do much at all. It just has a subtle glide and shimmy to it that drives bass crazy.”

Hackney’s choice of stick worm is pretty simple, opting for a Strike King Shim E Stick in either green-pumpkin or black and blue. If he is casting it weightless, he puts a 4/0 hook in it and just lets it flutter down in the cover in between pulls. His other favorite way to use it is to pitch it with a weight, usually a 3/16-ounce.

“It’s just a great all-around pitching bait,” he said. “From pitching vegetation or bushes to wood or even docks in the summertime – that thing covers a lot of situations.”

Whether he is fishing it weightless or pitching it on a weight, he uses 16-pound test Gamma Edge on a 7-foot, 6-inch Quantum Smoke flipping stick.

During the 2012 St. Johns River Elite Series, Hackney was blind-pitching a Shim E Stick to bedding bass in lily pads when a 10-pound, 9 ounce Florida behemoth gave him one of the most thrilling battles of his life. That bass earned Hackney the Carhartt Big Bass of the Year award. As part of his prize, Carhartt presented him with a replica of his Florida giant in its native habitat.

“It’s one of the coolest things I have from my tournament fishing career,” Hackney added. “Which is why the Shim E Stick will always be a must have in my boat.”

ハックニーの最後のチョイスは、スローダウンしてバイトを得るためによりフィネスにならなければならないとき、万全の体勢を取るものです。そのために、彼は5インチのスティックワームをノーシンカーか、カバーに応じて先端に1/8〜5/16オンスのタングステンシンカーを入れたもののどちらかを使います。

「これはまた、いくつかの異なる状況で使用するために変更が効くルアーです。 そして、バスがこれを何だと思っているのかは私に聞かないでください。正直なところ、水の中のことは、何とでも言えてしまうからです。この微妙なグランイドと震えに、バスは狂って襲い掛かってしまうのです。」

ハックニーのスティックワームの選択はかなりシンプルで、ストライキキング・シミースティックのグリーンパンプキンかブラック/ブルーのどちらかを選んでいます。ノーシンカーでキャストする場合、4/0フックでカバーの間をフラッターフォールさせます。他のお気に入りの使い方としては、通常3/16オンスのシンカーを入れてのピッチングです。

「これはまったく素晴らしい万能ピッチングベイトです。 夏特有のベジテーションやブッシュ、ウッドカバーや桟橋まで、さまざまな状況をカバーします。」

ノーシンカーかシンカー有りかにかかわらず、彼は7フィート6インチのクアンタムスモークスティックに16ポンドのガンマエッジフロロカーボンラインを使用します。

2012年のセントジョンズリバー・エリートシリーズでは、ハックニーはリリーパッドエリアのベッドのバスに対しシミースティックをブラインドでピッチングし、10ポンド9オンスのフロリダモンスターによって彼の人生で最もスリリングな戦いの1つをもたらしました。そのバスはハックニーにカーハート・ビッグバスオブザイヤーを獲得させました。カーハートからは副賞として、フロリダのジャイアントバスが住むレプリカのジオラマを贈呈しました。

「これは私がトーナメントのキャリアで得た最もクールなものの1つです。」とハックニー氏は付け加えました。 「これでシミースティックはいつも私のボートになければならなくなりました」

ビッグバスオブザイヤーの副賞を受け取るグレッグ・ハックニー


 

いかがでしょうか。アメリカの最強バスアングラーのひとり、グレッグハックニーが教えてくれたルアー3選。とても分かりやすい解説で、今すぐ投げに行きたくなってしまいますね。

ハックニーに限らず、アメリカのプロトーナメンターの方々の話を聞いてつくづく思うのは、「広い範囲を素早くカバーする」という言葉が非常に多く出てくるということです。

「広い範囲をじっくりカバーする」タイプの私には耳の痛い言葉なのですが(笑)、広い範囲にいるアグレッシブな魚のみをサッサと釣って回る、それができるって実際すごいことだと思います。

私は多くのプロアングラーさんと交流があるわけではないのでプロアングラーさんの中での一般的なことは言えませんが、一緒に釣りをしたことがあって知っているプロアングラーさんは、エリアを見切るのが非常に早いという共通点があります。

例えば、私が同じエリアをクランクで20投でカバーするところを、通すコースとコースの感覚をもっと広く取り、10投で見切るような感覚です。

そのルアーで魚を引っ張れる距離を知っている感じなのでしょうか。それとも、このルアーでこれだけ通して食ってこなければアグレッシブな魚はひとまずいないと言い切れる自信があるのでしょうか。

いずれにしても、私には持っていない能力を持って判断していきます。

皆さんに「どうしてそんなに早い判断ができるのですか」と聞いても、「分かりません、なんとなくです」と皆さん答えます。じゃあ多分、なんとなくなのでしょう(笑)

その「なんとなくは」おそらく私の何倍も何百倍もルアーを投げてこそ身に着いた感覚なのかもしれませんが、何千回、何万回とキャストして自信をつけたルアーというのは素晴らしいものなんだと思わされます。

グレッグハックニーもおそらくスクエアビルやスイムベイトなんかを死ぬほど投げ倒しているのだと思いますが、私も素早く広いエリアをカバーできないかもしれないにしろ、これで食わなきゃアグレッシブな魚は今はいないかな、と思えるような何かを見つけたいなと思います。

みなさんのお気に入りルアーはどんなもので、自分自身にどんな意味をもたらしてくれているのでしょう。すごく気になります。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status