野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

見落としてはいけない、夏スモールへのアプローチ

      2017/06/30

Pocket

Photo by midwestoutdoors.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”SUMMER SMALLIES ON OVERLOOKED, CREATIVE PRESENTATIONS”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:midwestoutdoors.com”SUMMER SMALLIES ON OVERLOOKED, CREATIVE PRESENTATIONS”ANDREW RAGAS JIGGING, AUG 1, 2016 (海外サイトです)

 

皆さんは、バス釣りを初めてどのくらい経ちますでしょうか。1年目…5年目?それとも10年以上でしょうか。

長く釣りをしているベテランアングラーさんほど思っていることがあります。それは、「釣りに関する科学技術の進歩」です。

科学技術の進歩は広く及んでいて、ロッドやリールの性能の向上をはじめ、魚探の精度向上やサイドスキャンなどの新しい発想が生まれたり、バスの生態学をもとにした新しいルアーの開発、新しいジャンルの開発も進んでいて、「こんなルアーやアクションでも釣れるんだ」という驚きが毎年のようにありますよね(逆に新しいルアーの開発過程でバスの知らなかった生態が発見できたりすることもあるようですね)。

ベテランアングラーさんは、すでに多くのマイパターンを持っていて、実は新製品を使わなくても結果を出せる方が多いんです。

でも、新しいことに挑戦したい、もっと爆釣するパターンを見つけたいという向上心や探究心、またはもっと楽に釣りたいという堕落心(?)から、新製品に手を出さずにはいられませんよね(笑)

そしてそれは、釣れるはずなのに誰も使わなくなってしまったパターンやアプローチを生むことを意味します。

この記事は、そんな向上心あふれるアングラーさんの陰に隠れてしまった、夏のスモールに効くアプローチを紹介しています。

釣れるはずなのに、誰もやっていない。これは夏のスモールマウスバス釣りにとって思いがけない結果を生むことになるかもしれません。ぜひ読んでおきましょう。

 

ラパラ・ジギングラップ(アイスジグ)

During the heat of summer, I turn to jigging lures to catch bass from deep, open water and along the deep edges of mid-lake rock bars. I began using Jigging Raps by accident while walleye fishing on the deep, clear and cold lakes of northern Wisconsin. Since its first accidental catches, I have regularly caught suspended smallmouths from open water as deep as 40 feet.

The Jigging Rap is no secret to ice and walleye anglers utilizing it for vertical jigging and pounding the bottom. The Jigging Rap emulates the erratic characteristics of wounded baitfish and can be both jigged vertically and casted and worked along the bottom with a snap and jerk retrieve. It’s not an everyday lure, but one that’s worth keeping in the boat.

夏の間、ディープのオープンウォーターから、そして湖の真ん中にあるのロックバーのディープエッジに沿ってバスをキャッチするために、ジギングルアーに目を向けます。 私はウィスコンシン州北部の冷たいディープクリアレイクでウォールアイ釣りをしながら、たまたまジギングラップを使いました。 最初はまぐれで釣れてそれ以来、定期的に水深12メートルのオープンウォーターでサスペンドしているスモールマウスを捕まえました。

ジギングラップは、氷上でのウォールアイフィッシングでのバーチカルジギング、ボトムノックで使うことにおいてなんらシークレットではありません。ジギングラップは、負傷したベイトフィッシュの不規則な動きを再現し、バーチカルでもキャスティングでも、トゥイッチやジャークでリトリーブしてボトムに沿って動かします。 毎日使うようなルアーではありませんが、ボートに積んでおく価値はあります。

 

フルークのキャロライナリグ

Throughout the Great Lakes smallmouth fisheries, bass anglers have applied Carolina rigging concepts with soft plastic minnows to catch fish from these perch-, alewife- and smelt-rich waters. Very few smallmouth anglers are using the C-rigged minnow on inland waters. The Carolina-rigged fluke is a virtually weedless presentation that maximizes both the coverage of water and expanded strike zones. It fishes best along deeper weedlines, sparser cabbage beds, weed openings, larger pockets and sand grass. It can additionally be used around deep structure and drift-fishing large flats.

With anywhere from a 1/8- to 1/2-ounce egg sinker, or Lindy No-Snagg weight running along the main line separated by a bearing swivel with 18 to 24 inches of 12-pound fluorocarbon connecting you to the hook, a suspending fluke has never looked more realistic in the eyes of big smallmouths. Rigged weedless on a 2/0 Eagle Claw TroKar HD worm hook, the 4-inch GNUGEN Live Minnow, TriggerX Minnow and 4 1/4-inch Flukez by Stankx Bait Company have all received their share of big bites these last few seasons from smallmouths.

五大湖などのスモールマウスバスレイクでは、バス釣り人は、キャロライナリグにミノー系ワームをベイトフィッシュの多いところで使って釣りました。内陸部の湖でミノーワームのキャロを使用しているスモールマウスアングラーはごくわずかです。フルークのキャロライナリグは、広いエリアをカバーしつつストライクゾーンを拡大することの両方を最大限にするウィードレスプレゼンテーションと言えます。それは、ディープのウィード、シャローのウィードベッド、ウィードポケット、藻抜けエリア、砂のボトムに生える草に沿って使うことで最も魚を釣ります。それはさらに、ディープの地形変化まわりや広大なフラットエリアでのドラッギングで使用することができます。

1/8〜1/2オンスのエッグシンカー、またはLindyの No-Snagg weight(ノースナッグウエイト)をメインラインに通し、ベアリングスイベルを介し45~60センチのフロロ12ポンドを結び、フックを付けます。サスペンドするフルークはこれまで、大きなスモールマウスには現実的ではないとされてきました。 イーグルクロー・TroKar HDワームフックの2/0に4インチのGNUGEN Live Minnow、TriggerX Minnow、Stankx Bait Companyの4 1/4インチFlukezなどは、数シーズン前にはスモールの相当な数のバイトがありました。

 

スイムジグ

Another set of presentations anglers aren’t utilizing enough are swim jigs and ribbed paddle tail swimbaits. This presentation is fished best with slow swimming retrieves and several rips in between, giving smallmouths the effect that the bait is in distress and evading, dropping down into the abyss of weed growth and the rock habitats they dwell near. A few swim jigs I’ve enjoyed swimming through cabbage beds are Terminator’s 3/8-ounce Swim Jig rigged with a 4-inch Kalin’s Lunker Grub and Jonn Graham’s handmade Warrior Jigs, also at 3/8 ounces rigged with 3- and 4-inch Big Hammer Swimbaits. With swim jigs, the importance and success of the technique lies upon the lively swimming action of the trailer and main color scheme of the skirt.

釣り人があまり利用していない他のプレゼンテーションとしては、スイミングジグにリブのあるスイムベイトの組み合わせです。 このプレゼンテーションは、エサが落ちてくるのをウィードの切れ目やロック地帯でスモールマウスが隠れて待っているところをゆっくりとリトリーブするのに最高です。 私がウィードベッドで使うのを楽しんできたスイミングジグは、ターミネーターの3/8オンスのスイムジグに4インチのカリンズ・ランカーグラブ、それとジョングラハムのハンドメイドのウォーリアージグに3~4インチのビッグハンマースイムベイトです。スイミングジグで成功するにはトレーラーの活発なスイミングアクションとスカートの主な配色にあります。

コンパクトスイムベイト

Soft swimbaits catch smallmouths as well as they do open-water largemouths, but few guys still use them when it comes to smallmouths from lakes and rivers. However, I don’t fish my swimbaits for smallies anywhere in or near open water; it’s always done while casting for structure and cover-oriented fish, and during the summer and fall when fish are using weedlines to ambush perch and other baitfish during their seasonal migrations.

Some of the best swimbaits I’ve used are quite simple, affordable and well detailed to represent baitfish and other prey fish. I recommend checking out the Storm WildEye series of swimbaits. They come in packs of three to five in pre-rigged models and accurately represent the real thing. I cannot tell you the amount of smallmouth bass I’ve caught with their Shiner and Yellow Perch colors.

スイムベイトはスモールマウスを捕まえるだけでなく、オープンウォーターでのラージマウスにも有効ですが、湖や川のスモールマウスに使用している人はあまり見かけません。 しかし、オープンウォーターやその近くでスモールマウスを釣るためにスイムベイトを使うというわけではありません。 夏から秋にかけて、ストラクチャーやカバーに付きたがっている魚が、ウィードラインでベイトフィッシュを待っているときに投げるのです。

私が使っている最高のスイムベイトのいくつかは、非常にシンプルで手頃な価格で、ベイトフィッシュや他の魚をよく表現しています。 ストーム・ワイルドアイシリーズをお勧めします。 これは1パックに3つから5つ入りで、あらかじめリグられており、実際のものをリアルに表現しています。 私がシャイナーとイエローパーチカラーでキャッチしたスモールマウスバスの量は数えきれないほどです。

 

小型のマスキー用バックテール(スピナー)

Quite often, muskie anglers fishing inline bucktails catch giant smallmouths by accident. Since 2011, I’ve spent a significant amount of time on various Wisconsin flowages and river systems catching smallmouths on muskie bucktails on purpose or by accident. I won’t attempt to convert you to try muskie fishing, but I highly recommend upsizing your tackle to accommodate these downsized blades that can be fished successfully in rocks, wood and weed beds. By using a bucktail, you can catch some of the largest bass in the entire system.

The most common types of bucktails I bass-fish with are single- and double-bladed models in size 5, 6, 7, 8 for blades. All are single, treble-hook lures made from marabou, hair, silicone skirt material, and flashabou. Some downsized muskie bucktails I catch smallmouths with are Mepps Musky Killers, Musky Mayhem Showgirls, Llungen Lures S-8 and LT-9 and Toothy’s Tackle Tidbits. The bigger smallmouths pound on them frequently during summer.

非常に頻繁に、マスキー(カワカマス)の釣り人は、偶然にも巨大なスモールマウスをバックテールスピナーで釣っています。 2011年以降、ウィスコンシン州のさまざまな河川や水系に、意図的に、または偶然、スモールマウスを捕まえることにかなりの時間を費やしてきました。 私はマスキー釣りそのものを試してみろとはいいませんが、私は岩、木やウィードベッドでも正常に釣ることができるこの小型ブレードを強いタックルで使うことをお勧めします。 バックテールを使用することで、全タックル中でも最大のバスを捉えることができます。

私がバス釣りをしている最も一般的なタイプのバックテールは、ブレードのサイズが#5,6,7,8のシングルブレードとダブルブレードのモデルです。 これらすべてマラブー、ヘア、シリコンスカート素材、およびフラッシュティンセルから作られたシングル、トレブルフックのルアーです。 メップス・マスキーキラー、マスキーメイヘムショーガール、Llungen Lures S-8、LT-9、Toothy's Tackle Tidbitsなどでスモールマウスをキャッチしています。 夏の間に頻繁に大きなスモールマウスが釣られています。

 

ツインテールグラブ

Yesterday’s angling generation experienced the advent of the twin tail grub. From there, several variations of twin tail-style grubs with tentacles, appendages and skirts evolved into what’s become known as spider or hula grubs. Because of this, we seem to have forgotten about the original twin tail grub, a simple bait that spawned several variations. Displaying characteristics of crayfish, twin tails have become my best producers in recent years on lakes and rivers because they are capable of matching the profile of a bottom-scurrying crayfish. Additionally, they give conditioned smallmouths a downsized presentation, most effective during the spawning season and periods when crayfish are most abundant along lake and river bottoms.

昔からの世代の釣り人はツインテールグラブの出現を経験しました。 そこから、触手、付属物、スカートなどのツインテールスタイルのグラブのいくつかのバリエーションが、スパイダーやフラグラブとして知られるようになりました。 このため、いくつかのバリエーションを生み出したシンプルなルアーであるオリジナルのツインテールグラブが忘れ去られてしまったようです。 近年、ツインテールグラブは見た目もザリガニの特徴を示し、底を掻き回すザリガニの姿も一致させることができるので、湖と川で最も優れたルアーとなっています。 さらにダウンサイズすれば、産卵期間中およびザリガニが湖と川の底に最も豊富にあるという条件付きの時期に最も効果的なプレゼンテーションを提供します。

 

トップウォーターフローティングミノー

The Original Floating Minnows from Rapala and Rebel Lures are some of the oldest, most effective fishing lures in history. One such trick I’ve learned is how to fish them as a topwater.

I was introduced to this method during a 2014 late summer trip to Rainy Lake in Ontario. Fellow smallmouth aficionado, Johnny Amato, illustrated the effective manipulation you could give to the minnow with the proper light action rod and line.

What I observed is twitching the Rebel Floating Minnow across the surface is a good way to get exciting topwater strikes when presented with calm conditions. Through midsummer, this simple surface minnow presentation works well on calm mornings and evenings around open-water areas where smallmouths are busting schools of baitfish on the surface. When it’s calm, smallmouths will see and hear subtle surface baits from a distance—bite-sized minnows like these draw them in.

ラパラとレーベルのオリジナルフローティングミノーは歴史上最も古くて効果的なルアーのひとつです。 私が学んだ1つのトリックとは、それをトップウォーターとして使う方法です。

私は2014年の夏休みの間、オンタリオ州のレイニー湖にこの方法を導入しました。 仲間のスモールマウス愛好家、ジョニーアマートは、適切なライトアクションロッドとラインでミノーに与えることができる効果的な操作を説明しました。

私が気づいたのは、レーベル・フローティングミノーを水面でトゥイッチすることは、ベタ凪の条件で行うとエキサイティングなトップウォーターストライクを得る良い方法ということです。 真夏の一日を通して、このシンプルなサーフェスミノーのプレゼンテーションは、スモールマウスがベイトフィッシュの群れを襲っているオープンウォーターエリアのまわりの静かな朝と夕方にうまくいきます。 ベタ凪のとき、スモールマウスは水面を見て、音を聞き、遠い距離からこれらの小さなミノーを見に来るでしょう。

 

ハゼ系ワーム

In the Great Lakes, one of the most abundant smallmouth forage species is the invasive round goby. These small, 2- to 4-inch bottom-dwelling fish lack a swim bladder and are always confined to the lake’s bottom, utilizing the same rock habitat as the smallmouths.

Several tackle manufacturers have created goby imitation tubes and plastics to match the hatch. When fished properly, the goby imitating plastic is deadly. What many are unaware of is that the goby’s cousin, the native sculpin, flourishes in many of the lakes and rivers we fish. Most bass anglers still don’t know of their existence outside of the Great Lakes, which is why I’ve taken goby- and sculpin-imitating plastics and swimbaits to my inland waters of the north.

Paddle tail plastics such as the Stankx Bait Company Gobius Drop Swim 3 1/2-inch Sultress and Poor Boys Erie Darter baits are made for dragging and hopping by jig as well as drop-shot. Meanwhile, the Stankx 4 1/2-inch Gobius—a hand-poured replica with an internal weight system—and Storm’s WildEye Goby excel when swum along the bottom.

五大湖では、最も豊富なスモールマウスのエサとなっているもののひとつがハゼ系です。この小さな2〜4インチの底に棲む魚には、浮き袋がなく、住みかは常にボトムに限られ、スモールマウスと同じく岩場を生息地としています。

いくつかのタックルメーカーは、それに合わせてゴビを模造したチューブやワームを作りました。適切に釣れば、ゴビを模倣するワームは効果的です。多くの人が気づいていないのは、ゴビのいとこである、ネイティブスピルピンが、私たちが釣っている湖や川の多くで繁栄しているということです。ほとんどのバス釣り人はまだ五大湖の外での存在を知らないので、私はゴビとスケルピンを模倣したワームや泳ぎを北部の内陸のフィールドに取り込んだのです。

Stankx Bait CompanyのGobius Drop Swim 3 1/2インチSultressやPoor Boys Erie Darterのようなパドルテールワームは、ジグだけでなくドロップショットでもズル引き&ホッピングが可能です。一方、Stankx 4 1/2-inch Gobius(内部重量システムを備えた手作りのレプリカ)とStormのWildEye Gobyは、底でのスイミングに有効です。

 

ストローリングとトローリング

Strolling is a slow-jerk trolling tactic performed with jerkbaits and deep-diving hard baits. This technique involves the use of your bow-mount trolling motor and precision boat control and speed to artificially present your minnow-imitating plugs. Speeds typically run between 1 to 2 mph, and frequent rod snaps add an erratic action for triggering followers to strike. Electronics and GPS allow for necessary accuracy to determine the smallmouth’s depth and location, which then helps choose the best bait to target them.

Slow-trolling for smallmouths became one of last season’s best techniques. It grew in popularity among my circle of friends after Wisconsin finally legalized trolling on its inland waters. My good friend Cory Painter experimented with the technique on his home waters of the Madison Chain in Wisconsin. On Lake Mendota and Lake Monona, smallmouths frequently scatter and roam throughout the open- water regions and along deep milfoil weedlines in depths as great as 25 feet. Strolling the Rapala Shadow Rap 13, Painter was able to efficiently cover large expanses of water throughout summer and fall, minimizing the time needed to locate fish. Once individual fish were located, he was then able to focus on the general area near his waypoints for additional fish. The technique was successfully replicated on many other smallmouth waters following its breakout in Madison.

ストローリングは、ジャークベイトやディープダイビングのハードルアーで行われるスロージャークのドラッギング戦術です。この技術では、エレキでの精密なボートコントロールとスピードを使用して、ミノーを人為的にプレゼンテーションします。速度は通常時速1.6〜3.2㎞であり、頻繁なロッドによるジャークは追従者のトリガーとなるための不安定なアクションを加えます。GPS魚探は、スモールマウスの深さと場所を決定するのに必要な精度を可能にし、どのルアーがマッチするのかを決めるのに役立ちます。

スモールマウスのスロートローリングは、昨シーズン最高のテクニックの1つになりました。ウィスコンシンが内水でのトローリングをようやく合法化した後、私の友人たちの間で人気が高まりました。私の良き友人コリー・ペインターは、ウィスコンシン州のマディソン・チェーンの彼のホームレイクでこのテクニックを試しました。メンドタ湖とモナナ湖では、スモールマウスがオープンウォーターの、7.5メートルの深さのカナダモに沿って散らばります。 ラパラ・シャドウラップ13でのストローリングは、ペインター氏は夏場や秋季に大規模なエリアを効率的にカバーし、魚の位置を特定するのに必要な時間を最小限に抑えました。いったん魚が見つければ、魚を追加するためにウェイポイント(魚探のGPSにつけた印)の近くのエリアに集中することができます。このテクニックは、マディソンのスモールマウスバスが住む多くの水域でも再現され、ブレイクしました。


 

いかがでしたか。

毎年、数々のルアーが発売されていくということは、ルアーの選択肢が多くなっていくということです。

それはバス釣りの大きな魅力のひとつだと思います。

ここに紹介されたルアーやアプローチの仕方は、決して目新しいものではなかったかもしれません。

しかし、誰も使っていない新製品がバスの興味を引くのと同じように、誰も使わなくなってしまったアプローチだからこそバスの興味を引くという、逆転の発想にもなりますよね。

昔からある選択肢を忘れることなく、増え続ける選択肢を楽しみながら、時には裏をかいてみたりして、バス釣りを楽しんでいきましょう。

さて、昔のタックルボックスを引っ張り出してみたくなりませんか(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, スモールマウスバス,