野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

秋のフラットについて知っておきたいこと

      2017/10/19

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Everything You Need to Know About Fall Flats”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”Everything You Need to Know About Fall Flats”By Walker Smith - Nov 4, 2013(海外サイトです)

 

夏の間、高水温を避けるため、バスは涼しいディープですとか、水通しのいい場所にいるようですが、秋になって水温がいい感じに下がってくると、再びバスは動き始めます。

野尻湖のようにワカサギが大量にいる湖では、それまで散り散りだったワカサギが広大なフラットエリアのなかのどこか数ヶ所に集まってそれぞれが巨大な群れをつくるようになり、バスもそこにつくようになります。

おかげで、良いワカサギの群れを見つけるのにはそれほど苦労しなくなり、同時にバスも見つけやすくなるのですが、そこから先は別問題で、必ずしもすぐにバスが釣れるというわけでもありません。

なにかが足りないのでしょうか?

この記事は、アメリカB.A.S.S.バスマスターのエリートプロであり元クラシックチャンピオンのマーク・デイビス氏によって書かれていますが、彼は数十年にわたってバスの生物学的習慣やバスの行動について研究し、学んでいたようです。

彼によると、秋のフラット攻略は行き当たりばったりではうまくいかない、うまく行くにはいくつかの直接的な要因があると信じています。

ぜひ知りたいと思いませんか。早速読んでみましょう。

 

フラットがいい時期

While select flats may hold bass throughout the entire year, Davis expects more widespread, consistent flats fishing success immediately following the first cool snap of the fall. It doesn’t take much to kick-start a feeding frenzy.

“When the fall months arrive, the water starts to cool because the daylight hours get shorter and the nighttime hours become longer,” Davis said. “The first little cold snap—when the air temperature dips into the 60 and 50-degree range—really kicks everything into gear. As soon as the temperatures begin to drop, a switch flips in those shad and tells them it’s time to go shallow.”

Fortunately for anglers, fishing flats for bass isn’t necessarily a short-lived phenomenon. In most fisheries around the country, the pattern produces for Davis throughout the early winter as well.

“A lot of folks think flats fishing is a quick deal, but it can certainly continue until the earlier winter months,” Davis said. “They may be deeper on the flats, but they’ll still be there. When they get deeper, they can get harder to find because you can’t see the bait or any surface disturbance. But trust me, they’re definitely still around.”

いいフラットには年間を通してバスがストックされることがありますが、デイビスは、秋の最初の寒波が来てからは、より広範囲でのフラットでの釣りの成功を期待します。秋の荒食いが始まるのにあまり時間はかかりません。

「秋が到来すると、昼間の時間が短くなり、夜間の時間が長くなるため、水温が下がり始めます」とデイビス氏は語る。 「気温が15.5℃から10℃の範囲に入る最初の寒波は、まさにすべてのギアが変わります。温度が下がり始めると、ベイトのスイッチがシャッドに切り替わり、シャローへ向かえと教えてくれます。」

釣り人にとっては幸運なことに、フラットエリアでのバス釣りは必ずしも短い期間ではありません。全国のほとんどのフィールドでは、初冬までデイビス氏の言うパターンが生み出されています。

「フラットの釣りは短い期間のものだと多くの人が考えていますが、それは初冬の時期まで確実に続いています」とデイビス氏は語る。「彼らはフラットのもっと深いところに落ちるかもしれないが、まだそこにいるはずです。ディープへ行くと、ベイトや水面でのボイルを見ることができなくなるため、見つけるのが難しくなります。しかし、私を信じてください、彼らはまだ間違いなくいます」

 

シャッドを知り、バスを知る

If you make an effort to learn and understand the behavior of bass forage, both the quantity and quality of your catch will likely increase. Because fall fishing is so heavily dependent upon the progress of the shad migration, it’s important to become a student of the shad.

“Bass are just like any other wild animal—they will always follow the food source,” Davis said. “There are several theories as to why shad migrate, but I believe they go shallow to feed. They have a much higher probability of surviving in deeper water, so that tells me they’re obviously up there to feed on plankton and other small organisms. They certainly don’t migrate to be eaten by a big bass.”

Davis also points to a common misconception surrounding fall bass fishing. Contrary to popular belief, the bass don’t always follow shad to the shallows. There are several instances in which the shad are swimming into a virtual death trap.

“On a lot of river system lakes, the hot summer temperatures force a lot of the bass to prematurely move shallow,” Davis said. “They don’t have a choice if you consider the circumstances. The dissolved oxygen levels become so poor that the bass are forced to seek more favorable water conditions. So when the water cools and the shad finally start sliding onto the shallow flats, the bass are already there, just waiting. They know what’s coming.”

バスのエサとなるものの動きを学び理解する努力をすれば、釣れる数と質の両方が向上する可能性があります。秋の釣りは、シャッドの移動の進行に大きく依存するため、シャッドのことを学ぶことが重要です。

「バスは他の野生動物とまったく同様です。彼らは常にベイトに依存します。 シャッドがなぜ回遊するのかについてはいくつかの説がありますが、私はシャッドも浅いところでエサを摂るからだと信じています。彼らはもっと深いところにいた方が生き延びる可能性がはるかに高いのに、プランクトンや他の小さな生物を食べるためにそこにいることは明らかです。彼らは大きなバスに食べられるために回遊しているのではありません。」

デイビス氏はまた、秋のバスフィッシングに関する一般的な誤解を指摘しています。一般的に言われていることとは対照的に、バスは必ずしもシャローへ来たシャッドを追ってきているとは限らないと。シャッドは泳いできて罠にかかっているのだといういくつかの例があります。

「多くの河川水系の湖では、暑い夏の気温により、多くのバスが早めにシャローからいなくなることがあります。 彼らは状況から考えると、選択肢がないのです。高水温により溶存酸素レベルが非常に低くなってしまうため、バスはより良い条件を探すのです。ということは、水が冷えてきてシャッドがシャローへ戻ってくるとき、バスはもうすでにそこにいて、待っているのです。彼らは何が来るのかを知っているのです。」

 

シャッドのサイズがバスのサイズを示す

Fall bass fishing gives anglers of all skill levels the opportunity to catch huge numbers of bass in a single day. If you’re looking for bigger bass, however, things can get a bit tricky. According to Davis, it’s essential to find shad that are further along in their respective life cycles.

“Throughout the fall, the shad aren’t going to be the same size,” Davis said. “Like bass, shad don’t all spawn at the same time. Some spawn in April, some spawn in May and some wait until June. Shad that spawned and hatched out early are going to be bigger in the fall because they have a few more months of growth under their belts.”

If you can find a prominent population of 4-inch shad, you can expect to see an increase in the size of your catch. Although it’s not a totally failsafe theory, it’s one that has helped Davis throughout his career.

“When you find bigger shad in the 4-inch range, you’ll generally notice larger bass feeding on them. Smaller shad usually mean smaller bass, but that doesn’t mean you should totally ignore them—there may be a few bigger, less active bass hanging around so it’s a good idea to go ahead and make a few casts.”

In addition to being bigger, Davis also believes bass feeding on larger shad are much more gullible in regards to artificial lures. After all, it’s easier for anglers to upsize than it is to match miniscule forage.

“You’ll have a much easier time catching bass that are actively feeding on big shad,” Davis said. “There are dozens of lures that imitate a 3 or 4-inch shad. When you’re up against acres of small shad, it can be extremely difficult to accurately imitate them.”

秋のバス釣りは、すべてのレベルの釣り人に、1日で多くのバスを捕まえるチャンスを与えます。しかし、より大きなバスを探しているなら、少し慎重にならざるを得ません。 デイビス氏によると、それぞれのシャッドの成長に沿ってさらにディープのシャッドを見つけることが不可欠だということです。

「秋を通して、シャッドは同じサイズになるわけではありません」とデイビス氏は語った。 「バスと同様に、シャッドも同時にすべてが生まれるわけではありません。 4月に産卵したり、5月に産卵したり、6月まで産卵する個体もあります。それぞれが秋まで数カ月以上にわたって成長しているため、早期に産卵して孵化したシャッドは、秋には他より大きくなります。」

あなたが4インチくらいのシャッドの群れを見つけることができれば、いいサイズのバスをキャッチできることが見込まれます。それは絶対に確実とは言えませんが、彼のキャリアを通して物語っていることです。

「4インチくらいの大きなシャッドを見つけたら、一般的にはより大きなバスがフィーディングしているでしょう。シャッドが小さければ通常はバスも小さくなることを意味しますが、それを完全に信じるべきでもありません。大きくてアクティブなバスも掛かるので、キャストは何回かすることをお勧めします。」

デイビス氏は、大きいシャッドを食べているバスは、ルアーで釣ることもより簡単であると考えています。結局のところ、釣り人は小さい餌にマッチザベイトをさせるより、大きな餌にする方が簡単なのです。

「大きなシャッドを積極的に捕食しているバスはルアーに食いつきやすくなります。 3インチから4インチのシャッドを模倣する数十種類のルアーがありますが、大量の小さなシャッドに直面したとき、それらを正確に模倣することは非常に難しいかもしれません。」

 

良いフラットとは何か

“I’ve seen so many times when you have great looking cover and the bass are paying absolutely no attention to it,” Davis said. “When it’s the heart of the shad migration, bass will actually use the bait balls as cover, almost like a big security blanket. It gives them the best of both worlds—a constant food source and plenty of shade. You can throw at the good looking stumps all you want, but you’ll catch more bass concentrating underneath the bait balls.”

In lieu of cover, Davis suggests concentrating on finding four specific flats characteristics in order to enjoy the most consistent success.

Stained water—“First thing I look for is some sort of off-color water,” Davis said. “If you can go up on a flat and see the bottom in five or six feet of water, you won’t catch as much. Ideally, you want to find 18 inches of visibility or less. It makes bass much less spooky and easier to fool."

Ditches—“Ditches are a huge deal when you’re looking for productive fall flats,” Davis said. “It can be just a small drain, but I really like to have some sort of defined depression. A ditch intersecting with a flat gives bass an easier, more natural path of entry and also gives them quick access to the security of deep water.”

Wide—“You’ll have better success concentrating on broad, wide flats instead of narrow ones,” Davis said. “When wind blows into these flat pockets, it turns the water up, moves plankton, creates a little stain and gets both the shad and bass more active. Wind doesn’t affect narrow flats nearly as much—you may find a few tiny schools, but the huge schools will be in wide basin pockets.”

Hard bottom—“You can have a lot of success on flats in the fall by targeting composition changes such as gravel to sand, gravel to mud or even pea gravel to chunk rock,” Davis said. “Just like bass like a hard spot out on a river ledge, they love it on flats too. A hard bottom isn’t necessary with this technique but it can certainly help a flat be more productive.”

デイビス氏は、「ものすごくいいカバーなのに、バスがそれを気にしていないということを、何度も見たことがあります。」と語った。 「バスが広大なフラットでシャッド中心の捕食に移行したとき、ベイトフィッシュの群れをカバーとして使用します。それは彼らに最高の食糧源といい感じの日陰の両方を与えるからです。釣れそうなスタンプに好きなルアーを投げてもいいのですが、ベイトの群れの下にいるバスに集中したほうが多くをキャッチできます。」

デイビス氏はカバーの代わりに、最も成功するために4つの特定のフラットの特徴を見つけることに集中することを提案しています。

ステインウォーター - 「私が探す最初のものは、色のついた水です。 フラットエリアに立って見たときに水深1.5から1.8メートルのボトムまで見ることができれば、それほど釣れることはないでしょう。理想的には、50センチ以下の視認性が求められます。それはバスの警戒心を失くし、騙すのが簡単になります。」

溝 - 「よく釣れる秋のフラットを探しているとき、溝は大きな見つけモノです。 ちょっとした溝でも、明らかに窪んでいるようなところは本当に好きです。フラットエリアに通っている溝はバスの簡単でより自然な通路となり、安全なディープに素早くアクセスできるものになります。」

広さ - 「狭いところではなく広いフラットに集中したほうが成​​功するだろう」とデイビス氏は語る。 「フラットエリアに風が吹き込むと、水が当たり、プランクトンが動き、少し濁り、シャッドとバスの両方がアクティブになります。風は狭いフラットエリアにはほとんど影響を与えません。小さな群れは見つけることができますが、巨大な群れは広い流域のフラットエリアにいるでしょう。」

ハードボトム - 「秋のフラットエリアでは、砂利から砂、砂利から泥、小石から石などのボトムの質の変化をターゲットにすることで、多くの成功を収めることができます。 川棚の上にあるハードスポットのようなところを好むバスのように、彼らはフラットでもそういうところを愛しています。必ずしもハードボトムが必要ということではありませんが、より良いフラットという意味ではあった方がいいでしょう。」

Photo by scout.com

回転扉に似ている

We’ve all heard anglers talk about the importance of finding a “sweet spot” in a specific area, but it doesn’t really come into play when you’re fishing flats during the shad migration. According to Davis, the bass activity is similar to a revolving door.

“Casting angles are huge throughout most of the year, but they're not too big of a deal now,” Davis said. “Remember, you’re targeting shad fish—they’re not going to set up on cover like they normally would. These bass are constantly roaming and moving with the shad, so you may find a sweet spot for five casts, but then the school will move and you have to change things up.”

In order to get the most out of these shallow bass, Davis casts similar to a merry-go-round. After a few casts to his right, he’ll make a few casts to his left and so on. He believes this approach gives him a better chance of locating the active school.

特定の地域で「スイートスポット」を見つけることの重要性を釣り人がよく話しているのを聞いたことがありますが、移動しているシャッドにつくバスを釣っているときは関係ありません。 デイビス氏によると、バスの活動は回転するドアと似ているといいます。

「キャスティングの角度は1年を通して大事なことだが、この時期はそれほど重要性を持ちません。 覚えておいてください、あなたはシャッドにつくバスを標的にしています。彼らは通常どおりにカバーに依存していません。 これらのバスは常に回遊していて、シャッドと一緒に動いているので、5投もすればスイートスポットを通るキャストになるかもしれませんし、群れが動いてしまえば、あなたはまた投げる場所を変えなければならないのです。」

これらのシャローのバスを最大限にキャッチするために、デイビス氏はメリーゴーランドのようなキャストをします。 彼は右へ数投のキャストの後、左に数投のキャストをします。 彼は、このアプローチは活発な群れを見つけたときに良い方法だと考えています。

 

釣れる時間帯

Many believe the most productive fall fishing hours to be early in the morning, but Davis has a different theory on things. When fishing flats for schooling bass, he does the large majority of his catching from mid-day to early evening hours.

“This pattern is always a mid-day deal,” Davis said. “Very seldom is it productive early in the mornings. I don’t know exactly why it is, but the sun seems to activate both the baitfish and the bass. It could have something to do with warmth, but nobody really knows. Similarly, the fishing will also be much better on sunny days as opposed to cloudy days.”

多くの人が、秋に最もよく釣れる時間帯は早朝だと信じていますが、デイビス氏はそれについて異なる理論を持っています。 フラットエリアで群れているバスを釣るのは、大部分を日中から夕方までの間だと捉えています。

「このパターンは、日中に行われるものです。 午前中の早い時間帯で釣れることはあまりありません。 なぜそうなるのか正確にはわかりませんが、太陽はベイトフィッシュとバスの両方を活性化するようです。 水温上昇と関係があるかもしれませんが、本当のところは誰もわからないと思います。 同様に、釣るとなれば曇りの日ではなく晴れた日の方がはるかに良いでしょう。」

 

基本となるルアー

Lipless crankbait—“A Strike King Red Eye Shad is one of the most versatile baits you can use throughout the fall,” Davis said. “You can burn it, yoyo it through the water column or even crawl it across the bottom. It looks just like what they’re eating, so it’s a definite fish catching machine. Sometimes you can even throw it out and let it sit on the bottom for a few seconds and jerk it a few times. It’s crazy, but it really works.”

Walking topwater—“If I see a lot of surface activity, I’ll throw a Strike King KVD Sexy Dawg to get some great blowups,” Davis said. “I like the bigger model because I can cast it further and it tends to catch bigger fish. If you’re around smaller shad, however, don’t be afraid to use the smaller one.”

Flat-sided crankbait—“When the bass and shad move out to the deeper ends of the flats toward the end of fall, a Strike King KVD HC Flat Side Crankbait is an outstanding selection,” Davis said. “It has a very lifelike, tight action and is very castable. With big line and a casting rod, you can keep it in the 3-foot range or you can move down to 8-pound line and a spinning outfit and bump the bottom in the 8 to 10-foot range. It’s extremely versatile.”

バイブレーション -「ストライクキング・レッドアイシャッドは、秋の間に使用できる最もバーサタイルなルアーの1つです。 「早巻きで使ったり、中層のリフト&フォールまたはボトムでのスローリトリーブもできます。見た目にもベイトフィッシュのようなので、まさにフィッシングマシーンのようです。時には着底したら数秒間放置した後、何度かジャークさせるということもできます。変な使い方かもしれませんが、これが効くのです。」

ペンシルベイト系 - 「水面の様子をよく観察し、ボイルが起きているようならストライキキング・KVDセクシードッグを投げるでしょう。私は大きなモデルが好きなのですが、それはロングキャストでき、ビッグフィッシュを捕まえる傾向があるからです。しかし、小さなシャッドの周りにいる場合は、小さなものを使用するのを恐れないでください。」

フラットサイドクランクベイト - 「バスとシャッドが、秋の終わりごろディープフラットへ移動するとき、KVD HCフラットサイドクランクは素晴らしい選択です。 それは非常に生き生きとしたタイトアクションを持ち、非常に飛距離も出ます。ベイトロッドと太いラインの組み合わせでは1.5メートルのレンジをキープでき、スピニングロッドに8ポンドのラインだと2.4~3メートルのボトムバンプをさせることができ、非常にバーサタイルです。

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

アメリカと日本の違い、湖ごとの違い、シャッドとワカサギの違い、スモールマウスとラージマウスでその特徴は違ってくるとは思いますが、ここに書かれていることがすべて応用が効くものであることはよく分かりますよね。

フラットエリアと言ってもすべて同じではなく、良いフラットがどういうものかを理解して、投げるべきルアーがなぜ有効なのかを理解して、シャッドの行動、投げる方向、釣れる時間帯などを理解して色々な湖に応用することで、秋のフラットを攻略することができるということなんですね。

まあその、「応用」というものがどれだけ難しいかという話なのですが(笑)、これは色々やってみるしかないと思います。いろいろやってみる中で、何かに反応した、どれにも反応しない、じゃあ次はこれで、という結果を積み重ねていくしかないですよね。

幸い、この季節はいるかいないかわからないピンポイントのカバーを撃っているわけではなく、魚探にベイトとバスが映っているという確信のもとでそれができるわけですので、いろいろ試す価値があると思います。

湖上のボートが減るこの時期、誰にも邪魔されずにいい群れを独り占めできることもありますので、秋が苦手な方ほどぜひ出かけてみてください。きっと釣りがもっと上手になっていくと思います。

私も出かけなければなりませんね(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, ポイントについて,