野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

秋に釣りをするべき3つの理由

      2017/09/27

Pocket

Photo by mysterytacklebox.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”3 Reasons You Should Fish During Hunting Season”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mysterytacklebox.com”3 Reasons You Should Fish During Hunting Season”(海外サイトです)

 

秋という季節は、春と並ぶ季節の大きな変わり目です。

夏と冬という厳しい季節に挟まれているため、大きな変化が生まれますよね。そのもっとも目立つものが、気温の変化です。

秋の大きな気温の変化は、大自然に紅葉をもたらし、多くの植物が実を付けます。実りの秋です。

しかし、われわれバスアングラーにとっては実りの秋と言える状況とはちょっと違う場合もございますよね。

私の経験では、ボートで湖へ出て魚探を掛ければ、確かに多くのベイトが集まり、爆釣の予感が漂ったりするのですが、現実はなかなかに厳しいもの。

そんな厳しい状況だからか、湖上の釣り客は減り、その中を熱心に通っているアングラーさんや、秋が得意というアングラーさんは良い思いをしていることがあるようです。

冬に向けて準備をしているバスはベイトをたらふく食べて巨大になっているため、これを釣ることができるアングラーさんは1年のうちで最高の日を過ごすことになるのでしょう。

この記事は、多くのバスアングラーが敬遠する秋の湖上へ出ているアングラー(ちなみにアメリカでは秋はハンティングの季節ということで、バスアングラーの多くがアウトドアマンのため、秋に狩猟を楽しむ方が多いようです)が「だから秋にバスを釣りに出掛けるんだ」という理由を3つ、挙げています。

ちょっと読んでみませんか。

 

1.めっちゃ釣りしやすい

Photo by mysterytacklebox.com

Launch your boat in the fall and one of the first things you’ll notice is the lack of company on the water. Most other fishermen are 20 feet up in trees, and the recreational boaters are long-gone. Fall fishing days can make even the busiest urban lakes feel like wilderness excursions. A side benefit of this is that known community holes can become gold mines in the fall due to lack of angler pressure – so don’t be afraid to hop on that popular ledge or point.

秋にボートを出した時、最初に気がつくことの1つは水上のボートの少なさです。 他の多くの釣り人は陸上にいて、プレジャーボートも営業終了しています。 秋の釣りの日は、慌ただしい都会の湖でさえも田舎への遠足のように感じることができます。 この状況がもたらすメリットは、いつものメジャースポットが、釣り人によるプレッシャーがないために秋の宝の山になる可能性があるということです。その人気のポイントに行くことをためらわないでください。

 

2.めっちゃエサ食べてる

Photo by mysterytacklebox.com

Cooling water temps in the fall trigger the feeding instincts of all fish species. Baitfish group up in easy to find locations, and the gamefish are all over them. Get in the right pocket on a fall day and you can see some of the biggest feeding frenzies of the year. Find a way to match the hatch and pay great attention to the baitfish. It’s also power-fishing time, and classics like crankbaits, spinnerbaits, swimbaits, and topwaters take top billing. Get out there, find the bait, and chuck and wind.

秋の水温低下は、すべての魚種のフィーディング本能を引き起こします。 ベイトフィッシュは、場所を見つけるのが簡単なほど大きな群れになっていて、バスもそれに接しています。 秋の日にはそのおいしいスポットに入ってください。すると、あなたは一年の中で最も大きな狂気のフィーディングを見ることができます。 ベイトフィッシュに注意して、マッチザベイトさせるルアーを見つけてください。 それはまた、パワーフィッシングの時間であり、昔からあるクランクベイト、スピナーベイト、スイムベイト、トップウォーターなどで、最高の報酬を受け取れます。 そこへ行き、ベイトを見つけて、投げて巻いてください。

 

3.めっちゃデカい

Photo by mysterytacklebox.com

If you check the headlines and message boards, fall trips routinely result in giants coming boatside. The 9.33 pound smallmouth that recently broke the 100 year old Michigan state record is just one example. Fall bass are putting on weight for the winter, and the colder water temps bring the big ones up shallow. Try fishing bigger baits to imitate the often larger forage that trophies consistently target. Swimbaits, football jigs, Carolina Rigs, and jerkbaits are prime trophy hunting bass fishing lures in the fall.

釣り情報や掲示板をチェックしてみると、秋の釣行は日常的にデカバスが釣られているのを目にすることができます。 100年ぶりに破られたミシガン州レコードの9.33ポンド(4.2キロ)のスモールマウスはほんの一例に過ぎません。 秋のバスは冬に向けて重くなり、下がった水温はビッグバスをシャローへ戻します。 超デカバスがターゲットにしているような大きな餌を模倣した、より大きなルアーで釣ってみてください。 スイムベイト、フットボールジグ、キャロライナリグ、ジャークベイトは、秋の超デカバスを仕留めるバスフィッシングルアーの一種です。


 

いかがでしたか。

冒頭で私が思っているような、「魚探にベイトもバスも映るのに釣れない」という現象は、上手な方にはあてはまらないのです…。むしろ、それを釣る方法を見つけることで上手になるわけですので、私の場合は何かが間違っているのでしょう。

ここに書かれていることはすべて真実だと思います。

釣れるかどうかは、あとは自分次第だと思いますので、あきらめずにいろいろ試したり、練習してみたいと思います。

琵琶湖などで火が付いたビッグスプーンやマグナムクランクなどはかなりのインパクトを残していますが、実際にそれで釣っている方は1日中腕がパンパンになるまで投げ倒して、やっと1本釣れたのが10ポンドオーバーだったみたいな釣りをしていることがほとんどですので、イージーに釣っているわけではなく、やはり練習や我慢も必要なのでしょう。

ただし、同じ重さのデカバスでも、秋のバスは春の低水温からやっと動き出したバスと違って、引きが強いのです。

だから、必ずしもイージーではない秋が好きな方がいらっしゃるんですよね。

私も混雑していない湖上は大好きなのですが、あとは釣果が付いてくれば最高ですので(笑)、そうなるように頑張りたいと思います!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法,