6月のバスを釣るには

      2018/05/29

スポンサーリンク

Photo by gameandfishmag.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Your Game Plan for June Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:gameandfishmag.com”Your Game Plan for June Bass”by Game & Fish Staff | May 14th, 2018(海外サイトです)

 

6月といいますとあじさいとカタツムリと一緒に梅雨のイメージがなんとなくあるのですが、全国的に見ると実際は7月の方が梅雨という感じでしょうか。

バス釣りの6月は、それこそ地域によって大きくずれるとは思うのですが、アフタースポーンのパターンもほぼ終わり、サマーパターンへ移っていく期間なのではないかと思います。

確実に魚の居場所がわかるというスポーニングシーズンからサマーパターンへと移るということは、まずそのフィールドごとの夏の場所というのを知らなければならなかったり、夏の釣り方を知らなければなりません。

そのうえで、スポーニングエリアからサマーパターンになるその中間を釣る、というのが6月の釣りということになるのでしょう。

しかしそんな釣りは、よほどそのフィールドに通い慣れた手練れの方であればできることなのでしょうが、それほどそのフィールドに通ったことのないアングラーにとってはとても難しい釣りのように感じてしまいます。

6月というのは、一見さんお断りの季節なのでしょうか…?

そんなことはありません(笑)

この記事は、アメリカのフィッシングメディア「GAME & FISH」の記者、ジェイソン・ヘイリー氏が6月の釣りに向けて書いてくれた記事で、ヘイリー氏も6月はプロでも難しくなる場合があるとしながらも、対策を共有してくれています。

6月はどんなことを心がけていればいいのか。ぜひ読んでおきましょう。

 

トップからスタートする

Todd Harrington of Living Waters Guide Service shows anglers the ropes on Oregon’s Umpqua River and Lake Havasu, Arizona. He says he believes smallmouth bass “start looking up” when the water reaches 60 degrees. That means topwater action!

There’s nothing like a visible strike breaking the surface and breaking the calm of a warm summer morning. When I’m fishing in June, I’m always starting with a topwater bait: buzzbaits in shallow grass; poppers in stump flats or stick-ups; walk-the-dog-style baits, like Zara Spooks, in open water; and, for both smallmouths and largemouths, frogs pulled across matted vegetation.

Cover water fast with your boat and your bait. Just see if “it’s happening” or not. It may not be, but one bite is all you need to find out. Change the rate of your retrieve or your cadence. The bite can be very specific at times. You might have to experiment to find it. Once you do, you should be able to reproduce it while the morning bite lasts. Don’t dilly-dally too long in one place. In summertime, the first few hours of daylight may be the best fishing time of the day.

I love poppers for targeting structure: docks, pilings, submerged boulders, stumps and tree tops. I use a spinning rod. Long, precise casts are the key. Hit your target and twitch it a few times without moving it from the strike zone. In early spring, you’ll want to let the ripples dissipate before moving the lure but consider a faster retrieve pace this month.

“Walk the dog” baits, like the Lucky Craft Sammy, allow anglers to cover water fast in searching patterns. Bass targeting baitfish in open water are particularly susceptible to these baitfish-in-distress imitators. Look for them busting bait on the surface of the water and throw into the mess.

Buzzbaits are great over grass. You may have to use heavy tackle and start horsing these fish immediately to get them on top and out of gnarly cover below, so pay close attention and focus on every cast. Be right on the strike, getting your hook-set in an instant, pulling the fish immediately to the surface followed by “skating” them across the surface to the boat before they have time to dig down on you.

Braided line is great for this scenario. I use 65-pound Seaguar line and Smackdown buzzers (and soft-plastic frogs). If the grass mats are scattered or the grassbed lies beneath the surface, I use monofilament or 20-pound Seaguar AbrazX. Mono is easier to fish, it will lay limp for you, and it floats. And have a plastic worm handy to follow up on short-strikes. Get right back in there while the fish is of a mind to eat. You can’t go wrong with a Senko for that.

リビングウォーター・ガイドサービスのトッド・ハリントンは、オレゴン州のアンプクアリバーとアリゾナ州レイクハバスでアングラーたちにコツを見せています。彼は、水温が15.5℃に達するとスモールマウスたちは「上を見始めるはずだ」と言います。つまりそれは、トップウォーターアクションを意味します!

夏の静かな朝、水面に飛び出すような目に見えるバイトを捕る釣りではありません。私が6月に釣るときはいつもトップウォーターのルアーからスタートしています。シャローのグラスエリアではバズベイト、スタンプまたは立木エリアにはポッパー、オープンウォーターエリアではザラスプークのようなドッグウォーク。そして、これはスモールでもラージでも両方に効く、フロッグでマットの上を這わすこと。

ボートとルアーを使ってエリアをすばやくカバーしてください。 "トップに出る"かどうかだけを見てください。出ないかもしれません。しかし1回でも出れば、それがすべてです。そうしたらリトリーブスピードやリズムを変更してみます。バイトというのは決まった時に出るものです。それを見つけるために実験しなければならないかもしれません。一度見つけてしまえば、モーニングバイトは再現性を持って続くことができます。一ヶ所であまりに長く粘らないでください。夏は最初の数時間が、その日の最高のフィッシングタイムであり得るためです。

私はポッパーを使ってストラクチャーを撃っていくのが好きです。桟橋、杭、水中の大岩、スタンプ、レイダウンの先端などです。スピニングロッドを使用します。正確なロングキャストが鍵です。ターゲットに向かってキャストしたら、ストライクゾーンから移動させないように2,3回トゥイッチしてください。早春はルアーを動かす前に波紋が消えるまで待つ方がいいのですが、今はもっと速いリトリーブのペースにします。

ラッキークラフト・サミーのような ドッグウォークルアーは、アングラーは素早くエリアをサーチすることを可能にします。オープンウォーターでベイトフィッシュを追っているようなバス特に、このような弱ったベイトフィッシュを模したルアーに影響されやすいです。バスが水面でボイルしているような場面に遭遇したら、そこへ向かって投げます。

バズベイトはグラス(水草)エリアで有効です。トップの釣りとは言ってもバイトがあるとすぐにウィードの中に潜られてしまう危険があるため、ヘビータックルを使って、細心の注意を払い、すべてのキャストに集中してください。バイトがあったらその瞬間にフッキングし、魚をすぐに水面へ出して、ボートの方へ滑らせるようにするのが望ましいでしょう。

PEラインはこの釣りに最適です。私はシーガーのスマックダウンブザーの65ポンドを(ワームやフロッグにも)使用しています。グラスマットが濃くない場合やウィードが水面より下にある場合は、ナイロンまたはシーガー・アブラックスフロロの20ポンドを使用します。ナイロンは柔らかいため釣りに使いやすく、しかも浮きます。また、ショートバイト対策としてフォローにワームを手元に準備しておきましょう。魚が食べ損なったらすぐにそれを投げてください。それにはヤマセンコーが間違いないでしょう。

 



温度変化を追ってください

You can bet there are notable variations in water temps on your pond, right now. Find warmer water or maybe colder water, but a change in water temperature is all it might take to locate feeding bass. This may be at one end of the lake/river or the other, at the top of the water column or near the bottom.

Key is getting around on the water and spot-checking the surface temperature. Idle near incoming creeks or waterfalls. Check shady cliff walls and north-facing banks versus sunny stuff. Get enough of a sample size to draw some conclusions. Examine your graph. Look for a thermocline and observe how fish (baitfish or target species) are relating to it. Once you get bit a time or two, target those types of places and run that pattern throughout the lake.

Post-spawn, summer bass tend to leave creeks and head to the main lake, particularly largemouths, but they will always seek out cleaner water if their spring haunts are warming too fast and losing oxygen. In fact, waves of bass may actually migrate this month toward the backs of creeks where fresh, incoming water attracts bait and creates favorable water quality.

Try going right up into the whitewater and tossing spinnerbaits, trout-fishing style. Current can be huge this month, as things tend to get warm and stagnant. Whether I’m bait-casting or spin-fishing, I’m typically trying to draw a reaction bite now, rather than enticing fish to strike a quivering bait.

この時期、池では顕著な水温の変化が発生します。より暖かい水や逆に冷たい水を探してください。水温の変化というのはバスのフィーディングする位置を特定するために必要になるためです。これは、湖や川のどちらかの端、水の表層またはボトム近くであったりするかもしれません。

キーはエリアを移動し、水温をチェックすることです。小川の流入や滝の近く、崖や壁の日陰の部分や北向きのバンクや日当たりの良い場所を確認してください。なんらかの結論を出すためには十分なサンプルを取ってください。魚探も調べます。サーモクラインを探し、魚(ベイトフィッシュやバス)がどのようにそれに関連しているか観察します。どこかで1回2回とバイトがあったら、それと似たような場所をターゲットにして、そのパターンを求めて湖の中を走りまわってください。

ポストスポーンの夏のバス、特にラージマウスバスは、クリークを離れメインレイクへ向かう傾向がありますが、春が猛暑となり低酸素状態になると、クリアウォーターを求めるようになります。実際、この時期は水質の良い新鮮な水が流れ込むことでベイトやその他の生き物が引きつけられるため、流れ込みをさかのぼるバスがいるかもしれません。

ホワイトウォーター(急流)では、スピナーベイトをトラウトフィッシングの要領で投げてみてください。あたたかい水が溜まってくるこの時期は、流れが巨大なチャンスとなる可能性があります。ベイトでもスピニングでも、私は通常、食わせの展開をするのではなくリアクションバイトを狙っていきます。

 

派手に行こうぜ

Sometimes, when it’s sunny and the air is hot and still, you’ll swear you’ve landed on the Dead Sea. Fishing is so slow, it’s virtually impossible to get a bite with your soft-plastic comfort baits. At times like this, the tendency for many anglers is to slow down and camp out on a point, getting comfortable. Avoid it. The fish only need to be woken up.

Time to get creative. Burn your spinnerbait. Stop it and drop it. Snap it off the fall to get those blades turning again. Bump the bottom and snap it loose. Sometimes this erratic movement, or simply popping it loose, can trigger a strike.

Try slow, steady retrieves with crankbaits over grass beds. Make sure it has a rattle to call them up out of there. Target the tops of grass beds with a plug that will just tick the tops of the weeds. If you get it hung up momentarily, snap it free. Oftentimes, the rod will load up with a fatty simultaneously. If the weed lines are well defined, parallel cast along the deep edge and watch bass fire out of there to eat it.

A 3/4-ounce jig with a small swimbait or craw-patterned trailer can draw reaction bites this month, also. If your lake gets stocked with trout, don’t overlook trout-style swimbaits or glide baits. Some giants will always be keyed in on that food source. You’ll want to power-fish it along the shoreline, pitching at likely targets. Let it fall rapidly on slack line.

Pick it up once and hop it. Burn it back and recast. You want a high-speed reel for this technique. When you feel a thump, bring the line tight and swing. Get its head turned toward the boat and keep winching. Pop that heavy wire hook out of its jaw, snap a photograph (or blow it a kiss) and let ’em go for the kids to catch another time.

My best tournament fish to date was caught in June pitching a black-and-blue Ten Mile Craw custom jig made by Big Bass Baits. That year, the wind would kick up each afternoon, and the current would run down the bank parallel to the primrose mats and boat docks. I’d swung and missed on a fish in the same spot the day before.

I returned the same time the next day and made the same cast to land a 6.42-pound largemouth. I’m guessing it was the fish from the day before. She was in bite mode again in the wind, and I got her to chase.

For sure, wind, mudlines or the presence of deep-water cover can up your odds of cashing in on these reaction fish. Use spinnerbaits, jerkbaits, cranks or the infamous Alabama rig. Oh, and don’t forget topwater – even in the afternoon.

時には、晴れて、気温が上がり、最悪の日に来てしまったなんて思うこともあるでしょう。これはワームじゃないとダメだと思い、釣りをスローダウンしますが、それでもバイトはありません。このような時の多くのアングラーの傾向としては、なんとかして釣ろうとしてスローダウンして一点で粘ることです。避けてください。魚の目を覚まさせればいいことです。

クリエイティブに行くべきです。スピナーベイトの早巻き。ストップ&フォール。再びブレードを回転させるためのジャーク。ボトムにぶつけて、緩める。時にはこの不規則な動き、またはただテンションを抜くだけで、バイトを引き起こすことがあります。

ウィードの上をクランクベイトを通す場合は、スローなステディリトリーブを試みてください。バスを引き寄せるためのラトルがあることを確認してください。ちょうどウィードトップをかすめるくらいに潜るルアーを使って、ウィードの先端を狙ってください。もしちょっと引っ掛かるようなら、弾いて外します。多くの場合、それと同時にロッドがデカバスによって絞り込まれます。ウィードラインが明確にわかる場合は、深い側のエッジに沿って平行キャストすると、そこから食べるためにバスが飛び出してきます。

3/4ozのジグに小さなスイムベイトやザリガニ模様の付いたトレーラー付けると、この時期はリアクションバイトを引き出すことができます。そのフィールドにトラウトがいる場合は、トラウト系のスイムベイトやS字系ルアーを見落とさないでください。デカいバスはそれらを常に食糧源としているため、鍵となるでしょう。パワーフィッシングをしたいなら岸沿いにそれを投げ、可能性のありそうな場所へ落とします。ラインスラックを出してフォールを早めてください。

ピックアップは素早く行います。早巻きをして、キャストし直します。このテクニックにはハイスピードリールが必要です。バイトがあったら、ラインを張り大きくアワセます。そのままバスの頭をボートの方に向け、巻き続けます。その太いフックがバスのあごにしっかり掛かっているところを写真に撮ったり、キスしたり、子供たちに自慢するために呼んでもいいでしょう。

これまでのトーナメントでのベストフィッシュは、6月にBig Bass Baitsのテンマイルクローカスタムジグのブラック/ブルーで釣ったものです。その年は、午後になると風が強くなり、その流れはバンク沿いのプリムローズのマットと桟橋の下を並行して流れます。前日に同じ場所でバラしたのでした。

私は翌日同じ時間にそこに戻ってキャストをして6.42ポンドのラージマウスをランディングしました。おそらくそれは前日にバラした魚だと思っています。そのバスは風によってバイトしたのだろうと思い、そのバスを追ったのです。

風、濁りの境い目、ディープのカバーの存在は、確実に魚が反応する確率が上がります。スピナーベイト、ジャークベイト、クランク、または悪名高いアラバマリグを使用してください。そうそう、午後になってもトップウォーターは忘れないでくださいね。

 



ジャンクフィッシング

Bass-fishing junkies use the term “junk fish” all the time. What does it mean? In short, it means “winging it” — going out on the lake without a dominant fishing pattern and using your instincts when it comes to what, where and how, and June is a stellar time for a junk fisherman. There are so many ways to catch bass this month, especially on fisheries with multiple species of baitfish that make for killer dinner options.

When targeting junk fish, I start with topwater lures. If they bite, stay with it until it ends when the sun gets too high or the breakfast buffet has closed. At midday, when it’s warm, deep-crank weed lines or off-shore humps, or drag creature baits in cooler, deeper water to stir up mud. When the shade starts to drape across the water later in the day, toss soft -plastics into it and watch your line walk away.

See a long bank? Put the trolling motor on high and blow down it. If the wind kicks up, throw bigger, louder reaction baits. You can get away with that now, even in clear water. When it lies down, slow down and down-size your lure. Keep an eye on your sonar.

If your Navionics chip shows a rock-pile in 30 feet, check it closely for fish returns. If you mark a school of bass, drop-shot those puppies or drag a creature bait around them for a few minutes. And when that shoreline holds a dock, toss a worm under it.

You might not expect it under a summer sun, but if you see bait getting pushed to the surface by underwater marauders, pause and fish ’em. Try ripping a jerkbait through the activity. Suspending rip-baits are a great choice for that. Designed to dive and suspend at key depths, the right rip-bait (or jerkbait) can be stopped in front of schooling bass long enough for them to commit. The next twitch of your rod tip might stop it cold with a hard-fighting bass.

Junk fishing requires a healthy tackle investment. You must have enough rods/reels rigged up and on deck to cycle through them, as necessary. With enough time on the water, your situational fishing instincts will develop, and you’ll learn to enjoy junk fishing. Hopefully, this won’t be at the expense of missing an obvious winning pattern!

バス釣りマニアの間ではよく「ジャンクフィッシング」という言葉を使います。どういう意味でしょうか?要するにこれは「アドリブを効かせる」ことを意味します。パターンを決めずに湖に出て、本能に従って、何を、どこで、どのように使うか。そして6月はジャンクフィッシャーマンが輝く月です。この月は特にフィールドには様々なベイトがいて、バスのディナ―の選択肢が増えるため、バスを釣るにはそれは様々な方法があるためです。

ジャンクフィッシングをやろうとするならば、トップウォータールアーから始めます。バイトがあるようなら、太陽が高くなったり、モーニングバイトが終わったと感じるまで続けてください。日中の暖かい時は、ディープクランクでウィードラインや沖のハンプをやったり、ディープの冷たい水でクリーチャーワームを泥煙を上げるようにズル引きします。夕方になり日陰が水面を覆うようになってきたら、その中にワームを入れて、ラインが動くのを観察します。

長いバンクはどうしたらいいか?エレキを使って素早くチェックします。風が吹きつけている場合は、大きなリアクションルアーを投げます。クリアウォーターであっても構いません。風がないようなら、ルアーを小さくしてスローダウンします。魚探は常に見ていてください。

魚探に水深9メートルのロックパイルが映ったら、戻って釣ってチェックしてください。バスのスクールが映ったら、ダウンショットやクリーチャーベイトをズル引いて2、3分様子を見てください。またショアライン沿いに桟橋がある場合は、その下にワームを入れてみて下さい。

夏の太陽の下では信じられないかもしれませんが、バスが水中から水面に向かってベイトフィッシュを追い込んでいるのを見た場合は、止まってそれを釣ってください。ジャークベイトで積極的にジャークしていきます。サスペンドジャークベイトはこのときいい選択肢になります。少し潜ってサスペンドするように作られているため、ジャークベイトはバスの目の前でうまく止めることができます。次にロッドティップでトゥイッチしたとき、急に激しいバスのファイトが始まるかもしれません。

ジャンクフィッシングには、それに合ったタックルが必要になります。必要に応じてロッドやリールを使いまわすため、十分な装備をデッキの上に置いておかなければなりません。フィールドで十分な時間を使い、状況に合わせた釣りが本能的にできるようになってくると、あなたはジャンクフィッシングを楽しむことができるようになってくるでしょう。うまくいけばこれは、明らかなウイニングパターンがわからなくても怖くないということなのです!


 

いかがでしたか。

6月は梅雨に入るまでは急に夏のような状態になりますから、ちょっとタフな展開かもしれないと決めつけてしまうことが私にはあります。

特に琵琶湖など広いフィールドで釣っていると、今は夏なのか春の終わりなのか、魚はいるけど食わないのかいないのか、なんていう考えが頭の中を行ったり来たりして、どんどん釣りがスローになっていきます。

この記事では全体を通してアグレッシブに、地形変化やベイトフィッシュや目に見えるカバーを撃っていくということが書かれています。なんならジャンクフィッシング的でもいいので、とにかくアグレッシブに。ということなんですね。

よく使われる言葉で言うとすれば、アフター回復のバスを狙うということなのでしょう。

スポーニングから回復して、体力も食い気も戻ったバスがいるので、そのバスを探して狙って行った方がいいということなのでしょうか。たしかに私としても、ジャークベイトなんかで釣れるようならそっちの方がいいなと思います(笑)

もし、アフタースポーンだろうからスローにスローに、と思われていた方は、この記事のようにその正反対に、アグレッシブに攻めてみることを試してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法,

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status